Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消える/送れない理由を解説!

時々、Instagram/インスタグラムのダイレクトメッセージが消える/送れない場合があるとの報告が寄せられる場合があります。Instagram/インスタグラムのダイレクトメッセージの消える等の不具合の理由や対処法について解説します。

Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消える/送れない理由を解説!のイメージ

目次

  1. 1. Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消える/送れない状態とは?
  2. 1-1. 過去の実例
  3. 2. インスタのダイレクトメッセージが消える理由
  4. 2-1. 相手がメッセージを削除した
  5. 2-2. 消える動画/画像だった
  6. 2-3. 大規模な不具合
  7. 3. Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消えるときの対処法
  8. 3-1. 相手がメッセージを削除した場合
  9. 3-2. 消える動画/画像だった場合
  10. 3-3. 大規模な不具合
  11. 4. Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消えないケース
  12. 4-1. 消えないケース
  13. 5. Instagramの「ダイレクトメッセージ」が送れない理由
  14. 5-1. [抜け]が起きている
  15. 5-2. ネットワークが不安定
  16. 5-3. スパムと判定された
  17. 5-4. 相手がストーリーのDMを開放していない
  18. 5-5. 大規模な不具合
  19. 6. インスタのダイレクトメッセージが送れないときの対処法
  20. 6-1. 相手がストーリーのDMを開放していない場合
  21. 6-2. 合わせて読みたい!Instagramに関する記事一覧

Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消える/送れない状態とは?

Instagram/インスタグラムのダイレクトメッセージは、他の人の目に触れるコメントとは違い、送った相手と自分だけでメッセージをやり取りすることができます。

時々、Instagram/インスタグラムでダイレクトメッセージが消える/送れないという状態が発生する事例が報告されています。

Instagram

過去の実例

Instagram/インスタグラムでダイレクトメッセージが消えた/送れない状態になった実例は、下記の通りです。

受信したダイレクトメッセージが消えた

実例のひとつは、受信したダイレクトメッセージの一部が消えた、またはスレッドが全部消えてしまったというものです。

受信した動画/写真が消えた

他には、受信した動画や写真が消えた例もあります。また、受信した動画を再生できない、写真を表示できないといった報告もあります。

メッセージが送れない

DMそのものを送ることができない、メッセージを送信しようとするとエラーが表示された例もあります。

Instagram - Google Play のアプリ
‎「Instagram」をApp Storeで

インスタのダイレクトメッセージが消える理由

基本的にInstagram/インスタグラムの自分のダイレクトメッセージが消える事はありません。しかし、相手のダイレクトメッセージが消える理由はあります。

相手がメッセージを削除した

メッセージを削除する

ダイレクトメッセージが消える理由は、相手がDMを削除した場合です。相手が個別の送信メッセージを「削除(送信取り消し)」を選択してダイレクトメッセージを削除すると、双方の端末から削除されます。

消える動画/画像だった

Instagram/インスタグラムのDM機能の中に、消える動画/画像を送る方法があります。消える動画/画像は、第三者に動画や画像を見られたくない場合、またはインスタグラム上にデータを残したくない場合に使用できる便利機能です。

消える動画/画像を送る方法の特徴は、動画/画像の再生可能回数を1回または2回に限定し、指定した回数を相手が閲覧すると自動的にデータが消えるようになっています。

消える動画/画像を送る方法

ダイレクトメッセージを送信する

消える動画/画像を送るためには、いつものように画面右上のダイレクトメッセージ送信アイコンをタップして、DMスレッド一覧を表示します。

「カメラ」をタップする

画面下部の「カメラ」をタップします。いつもと同じように編集した後、「送信先」を選択します。検索バーに入力するか、おすすめ一覧から送信先を選択し、個別に送信します。相手との個別スレッドやチャット内からも送信することができます。

大規模な不具合

過去には、Instagram側に大規模な不具合が生じた事もありました。例えば2019年3月には、日本だけでなく世界中を巻き込んだ大規模な不具合が生じ、DM履歴が表示されない/送れないなどあらゆる機能が使いづらい状況が生じました。

関連記事
【Instagram】PCでのダイレクトメッセージ(DM)機能が利用可能に!

Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消えるときの対処法

Instagram/インスタグラムのダイレクトメッセージが消える時の対処法について、大まかに解説します。

相手がメッセージを削除した場合

相手がメッセージを削除したために消えてしまったという場合は、残念ながら基本的に対処法がありません。どうしても残したい場合は、気になるメッセージを受け取った時点でスクリーンショットを撮り、保存しておく方がよいようです。

通知が来る

相手のメッセージを未読だった場合は、「送信者が送信を取り消したため、このメッセージは表示できなくなりました」という通知が来ます。

消える動画/画像だった場合

受信した動画/画像が「消える動画/画像」だった場合は、1回または2回に設定された既定回数を閲覧したら消えてしまうという機能ですので、受信した側はもとに戻すことができません。規定回数を変更することもできません。

スクリーンショットをとる

通知が送られる

この機能で受信した動画/画像もスクリーンショットを撮り、保存することはできます。ただし、スクリーンショットを撮った時点で、相手側にスクリーンショットしたことの通知が送信されます。

大規模な不具合

過去の事例のように、インスタグラム側に大規模な不具合が生じる場合もあります。

自分側では対処できない

インスタグラム側の大規模な不具合の場合は、自分側では対処することができず、運営の復旧を待つしかありません。ネット上では再起動で治った例が報告されている事もありますが、基本的には治らないので待った方が良さそうです。

Instagramの「ダイレクトメッセージ」が消えないケース

Instagramのダイレクトメッセージが消えないケースもあります。

消えないケース

下記の3つのケースでは、自分側のメッセージ履歴が消えることはなく、通知も来ることがありません。

相手がブロックした場合

相手がブロックしただけではDMのやり取りをブロックすることができるだけで、ブロックされた側のこれまでのメッセージが削除されるわけではありません。相手がブロックしたら、こちらが送信したメッセージに「既読」はつかなくなります。

相手がDMのスレッドごと削除した場合

相手がDMのスレッドごと削除した場合も、こちらのダイレクトメッセージが消える事はありません。

相手がアカウントを削除した場合

相手がアカウントを削除した場合も同様です。メッセージの送信ができなくなるだけで、消える事はありません。

関連記事
【Instagram(インスタグラム)】DM(ダイレクトメッセージ)の使い方!見方も解説!

Instagramの「ダイレクトメッセージ」が送れない理由

Instagramのダイレクトメッセージが送れない理由は、幾つかあります。

[抜け]が起きている

メッセージが送れない理由の一つは、[抜け]が起きている場合です。[抜け]とは、連続してメッセージを送った時にまれに起こる現象のことで、送った順番が違ったり抜けたりすることです。

容量の大きな動画のアップロードに時間がかかり[抜け]が生じ、後から送った容量の少ないメッセージが先に送られてしまうという事も起こります。

ネットワークが不安定

インターネット環境が不安定な場合も、DMが送れません。電波が悪いとか、WiFiが入らないなどネットワークが不安定になっていないかどうかを確認します。

スパムと判定された

ダイレクトメッセージ内にスパム判定されそうなURLを含んでいたり、誹謗中傷と受け取られかねない文言が含まれていたり、短時間に同一メッセージを複数の人に送信しているなど思い当たることがあれば、スパム判定されているかもしれません。

運営側からスパムの定義は公開されていませんが、常識の範囲内で考えることが必要です。

相手がストーリーのDMを開放していない

メッセージを送信する

メッセージを送れない別の理由は、相手がストーリーへの返信やシェアなどダイレクトメールを開放していない設定の場合です。開放しているかどうかは、ストーリー下部に「メッセージを送信」という表示があるかどうかで判断できます。

大規模な不具合

DMが送れない/スレッドが全部消えてしまったなど不具合が生じた場合は、運営側の不具合の場合もあります。Twitterなどで同じ症状の人がいないかどうかを検索することができます。

関連記事
Instagramを非公開にするとどうなる?それまでのフォロワーは?

インスタのダイレクトメッセージが送れないときの対処法

インスタグラムのダイレクトメッセージが送れない時の主な対処法をご紹介します。

機内モード/wi-fiの再接続をしてみる

機内モードをオン・オフにする

ネットワークシステムが不具合を起こしている場合もあります。スマホ端末の設定画面で、機内モードのオン・オフを繰り返してみます。または、WiFiのオン・オフを繰り返してみたり、ルーターを再起動してみる事もできます。

通信障害がないか確認

スマホ端末の通信障害がないかを確認します。Twitter等で検索してみることができます。

通信制限にかかってないか確認

自分の端末に通信制限がかかっていないかを確認します。もし、通信制限がかかっている場合は、ギガの追加など契約の変更を行うことができます。

スパム判定されるような事をしない

複数人に短い時間内に同じ文章を送ったりするなど、スパム判定されかねない行動を慎むことができます。

ブラウザから送ってみる

Instagramのブラウザ(web版)から送ってみることができます。その際、PCは不可ですので注意が必要です。

相手がストーリーのDMを開放していない場合

相手がストーリーのDMを開放していない場合の対処法は下記の通りです。

プロフィールページからメッセージを送る

プロフィールページの「メッセージ」をタップする

相手がストーリーのDMの解放設定しておらず。どうしても感想などを伝えたい場合は、相手のプロフィールページにアクセスして、アイコン横の「メッセージ」をタップして送ることができます。

端末を再起動してみる

アプリを再起動してみたり、スマホ端末を再起動してみる事もできます。送れないと思っていたDMが、端末を再起動してみると実は送信完了していたという場合もあります。

合わせて読みたい!Instagramに関する記事一覧

関連記事
【Instagram】フォロー/フォロー解除方法!基本マナーも解説!
関連記事
PCブラウザの視聴に「インスタライブ」が対応【Instagram】
関連記事
【Instagram】新機能「ガイド」を追加!まずは健康関連から!
関連記事
【Instagram】ハイライトに後から動画を追加できないときの解決方法!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
kittiko
新しい事にチャレンジすることが好きです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ