Twitterアカウントを作れない!作成できない!原因・対処法は?

Twitterアカウントが作成できない・作れない場合の原因と対処法をご紹介します。Twitter側のエラーだけでなく、自分の通信環境や、別のユーザーの凍結が原因でアカウント作成できない場合があります。自分がアカウント作れない原因を突き止め、対処しましょう。

Twitterアカウントを作れない!作成できない!原因・対処法は?のイメージ

目次

  1. 1. Twitterアカウントを作れない原因、対処法~ユーザーID~
  2. 1-1. 同じユーザーIDがすでに使われている場合はエラーが出る
  3. 1-2. ユーザーIDとは?
  4. 1-3. 利用不可能なユーザーIDを使おうとしている
  5. 1-4. 過去に凍結されたユーザーIDを使用している
  6. 2. Twitterアカウントを作れない原因、対処法~SMS/メール認証~
  7. 2-1. 認証に何度も失敗する
  8. 3. Twitterアカウントを作れない原因、対処法~サーバー~
  9. 3-1. まずはTwitterアプリのアンインストール、再起動を試す
  10. 3-2. Twitterアプリを更新する
  11. 3-3. Twitter側のサーバーに問題がある
  12. 3-4. しばらく待ってみてから再度試す
  13. 4. Twitterアカウントを作れない原因、対処法~メールアドレス~
  14. 4-1. すでに同じメールアドレスが登録されている
  15. 4-2. 同じ電話番号が使われている場合も同様
  16. 4-3. 別のメールアドレス、電話番号を使用して登録する
  17. 4-4. 捨てメアドだと登録できない場合も
  18. 4-5. 通信環境に問題がある可能性も

Twitterアカウントを作れない原因、対処法~ユーザーID~

Twitterアカウントを作成できない原因、対処法をご紹介します。まずは、Twitterアカウント登録時にユーザーIDでエラーが出てしまう場合の原因と対処法をご紹介します。

同じユーザーIDがすでに使われている場合はエラーが出る

Twitterアカウントを作成できない原因として、すでに同じユーザーIDが他のアカウントで使われていることがあります。その場合、「ユーザー名は使われています。他のものを選んでください」というエラーメッセージが表示されます。

このTwitterアカウントを作成できない場合の対処法は、文字列を全て変えてしまうか、希望のユーザーIDに数字などの文字を足すことです。また、希望するユーザー名の前後にアンダースコア(_)を入れるのもおすすめです。

ユーザーIDとは?

そもそもTwitterアカウントのユーザーIDとはなにを意味するのでしょうか。

TwitterのユーザーIDとは、@につづく文字列のことで、Twitterアカウントのログインに使うIDのことです。

Twitter上では、同じユーザーIDのアカウントは作成できないため、各アカウントを識別することができます。

利用不可能なユーザーIDを使おうとしている

Twitterアカウントを作成できない原因として、利用不可能なユーザーIDを使おうとしていることが考えられます。

Twitterアカウントのユーザー名の長さは最大で15文字です。それ以上の文字数を入力するとTwitterアカウントを作成できないようです。

また、Twitterアカウントのユーザー名に設定できる文字は、英数字(文字A~Z、数字0~9)とアンダースコア(_)のみです。それ以外の記号やスペースが含まれているとTwitterアカウントを作成できないようです。

過去に凍結されたユーザーIDを使用している

Twitterアカウントを作成できない原因として、過去にTwitterで凍結されたアカウントのユーザーIDを使用しているとしていることが考えられます。Twitterで凍結されたアカウントのユーザーIDは一定期間設定することができません。

それは、自分以外の人のアカウントが凍結された場合でも当てはまります。Twitterのアカウント凍結とは、Twitterルールに違反しているアカウントの利用制限を行うことを意味します。

Twitterのアカウント凍結は、手違いのこともあるので本人協力の下アカウント凍結解除ができます。そのため、一定期間は凍結済みのアカウントで使われていたユーザーIDは設定できないようです。


Twitterアカウント登録時に希望のユーザーIDにエラーが出て登録できない場合は、そのユーザー名でアカウント検索を行い、アカウントのプロフィールを表示してみましょう。凍結済みのTwitterアカウントの場合、「凍結済みアカウント」のメッセージが表示されます。

関連記事
Twitter「このアカウントは一時的に制限されています」の表示の意味や原因は?
関連記事
Twitterを凍結された?アカウント凍結の原因と凍結解除方法
関連記事
Twitterの不具合の確認方法と対処法まとめ

Twitterアカウントを作れない原因、対処法~SMS/メール認証~

Twitterアカウントを作成できない原因、対処法をご紹介します。つぎに、SMS/メール認証に原因でアカウント登録ができないと思われる場合の対処法をご紹介します。

認証に何度も失敗する

Twitterアカウントを作成する際、メールアドレスか電話番号を登録しますが、その際そのメールアドレス・電話番号が正しい物か認証が行われます。

メールアドレス・電話番号宛てに認証コードが送信され、それを入力することでTwitterのアカウント登録ができます。

この認証メールや電話番号充ての認証SMSが届かずTwitterのアカウントを作成できない場合の対処法をご紹介します。

メールアドレスでTwitterアカウントを作成しようとした場合は、スパムフォルダや迷惑メールフォルダにアカウント登録時認証メールが振り分けられていないか確認しましょう。

他のフォルダにもアカウント登録時認証メールが振り分けられていない場合は、もう1度入力したメールアドレスが正しいか確認します。

電話番号でTwitterアカウントを作成しようとした場合も同様に、アカウント登録時認証SMSが届かない場合は、電話番号が正しいか確認しましょう。

また、送られてきたTwitterアカウント作成用の認証コードを間違えて登録した場合、アカウントが作成できないことがあるようです。注意しましょう。

何度も認証メール・SMSを再送信すると、アカウント登録のための最新の認証コードを得られないためエラーが出てくることがあるようです。

むやみに再送信を繰り返すのではなく、まずは他のメールフォルダを確認して、正しい認証コードを入力して、アカウント登録を行うようにしましょう。

関連記事
Twitterのスパブロとは?意味ややり方を解説!相手にバレる?
関連記事
Twitterでログインできない原因・対処法を総まとめ【PC/ブラウザ/Android/iPhone】

Twitterアカウントを作れない原因、対処法~サーバー~

Twitterアカウントを作成でTwitterのサーバーに原因がありアカウント登録できないきない原因、対処法をご紹介します。つぎに、Twitterのサーバーに原因がありアカウント登録できないと思われる場合の対処法をご紹介します。

まずはTwitterアプリのアンインストール、再起動を試す

Twitterアカウントを作成できない場合、とりあえずTwitterアプリのアンインストールやスマホの再起動を試してみましょう。

アンインストールは、スマホにインストールしているTwitterアプリを削除することです。iPhoneの場合、ホーム画面でTwitterアプリを長押しタップすることで、アンインストールボタンが表示されます。

ボタンをタップし、確認画面で「削除」をタップするとアンインストールは完了です。

アンインストールアンインストールしたら、もう1度Twitterアプリをインストールしなおしてアカウント登録できるか試してみましょう。

アプリのアンインストールで不具合を解決する方法は、他Twitterでアカウント登録時以外にもあらゆる不具合に有効な定番の解決方法です。

ただ、アプリのアンインストールには保存しているログイン情報(アカウントのユーザーID・パスワード)なども削除されます。アプリをアンインストールする時は、ログイン情報(アカウントのユーザーID・パスワード)など確認してから行いましょう。

アプリのアンインストール・再起動をしてもTwitterアカウントが作成できない場合は、他の方法を試してみましょう。

Twitterアプリを更新する

Twitterアカウントを作成できない時、Twitterアプリを更新して最新版にしてみましょう。iPhoneの方は、「App Store」を開きます。

下のiPhoneの画面赤枠1「アップデート」をタップします。最新版でないアプリの一覧が表示されます。

Twitterを探し、赤枠2「アップデート」をタップします。「アップデート」にTwitterのアプリが表示されない場合、既にアプリは最新の状態です。他の方法をお試しください。

これで、「Twitterアカウントを作成できない時、Twitterアプリを更新して最新版にする対処法」のご紹介を終わります。

他のTwitterアカウントを作成できない対処法・原因を下でご紹介しています。ここでご紹介した方法でアカウント登録の問題が解決しない場合、是非お試しください。

Twitter側のサーバーに問題がある

Twitterアプリのアンインストール・Twitterアプリの更新をして、通信環境にも問題がない場合、Twitterのアカウントが作成できない場合は、Twitter側のサーバーに問題がある可能性が高いです。

Twitter側のサーバーに原因があるか確認するツールをご紹介をします。

ダウンディテクターを確認する

ダウンディテクターとは、Twitterの接続障害やTwitterのシステムダウンなどの不具合をリアルタイムで確認できるWEBサイトです。

ダウンディテクターでは、Twitterアカウントにログインできないなど、最も多く報告された障害などの不具合から、解決した不具合まで確認できます。

ダウンディテクターには、Twitter版ダウンディテクターの他、LINE版ダウンディテクター・Facebook版ダウンディテクター・PlayStation Network版ダウンディテクター・銀行版ダウンディテクターなど様々なサービスに対応しています。

Twitter API Statusを確認する

Twitter API Statusとは、TwitteのAPIの状状況が確認できるツールです。

APIの状態とは、Twitterのパフォーマンスのことを指し、具体的にはTwitterシステムへの接続の可否・Twitterでフォロー中のアカウントの一覧取得・Twitterでのキーワード検索・Twitterの応答速度などを意味します。

アカウント登録がなぜかできない場合などTwitteの不具合による障害を感じたら、Twitter API Statusを確認しましょう。

しばらく待ってみてから再度試す

Twitter側のサーバーにエラーがある場合、Twitterユーザー側ができる対処法はありません。しばらく待ってみてから再度Twitterでアカウントが作れるか試してみましょう。

関連記事
Twitterアプリが重い5つの原因・対処法
関連記事
Twitterで認証コードが届かない原因・対処法【2段階認証】

Twitterアカウントを作れない原因、対処法~メールアドレス~

Twitterアカウントを作成できない原因、対処法をご紹介します。つぎに、Twitterのメールアドレスに原因でアカウントを作成できないと思われる場合の対処法をご紹介します。

すでに同じメールアドレスが登録されている

すでにTwitterで同じメールアドレスでアカウントを登録している場合、Twitterアカウントを作成できないエラーが表示されます。メールアドレスは、一度に1つのTwitterアカウントにしか使用できません。

メールアドレスがすでにほかのTwitterアカウントで使用しているかどうか確認するには、Twitterのパスワード再設定のメールを送信してみましょう。メールアドレスを設定しているアカウント名も表示されます。

同じ電話番号が使われている場合も同様

すでにTwitterで同じメールアドレスでアカウントを登録している場合と同様に、Twitterで同じ電話番号でアカウントを登録していると、新しくTwitterアカウントを作成できないエラーが表示されます。

電話番号も、一度に1つのTwitterアカウントにしか使用できません。

電話番号がすでにほかのTwitterアカウントで使用しているかどうか確認するには、Twitterのパスワード再設定のSMSを送信してみましょう。電話番号を設定しているアカウント名も表示されます。

別のメールアドレス、電話番号を使用して登録する

既に他のTwitterアカウントでのメールアドレス/電話番号が原因でエラーが表示されるならば、別のメールアドレス・電話番号を使用してアカウント登録しましょう。

捨てメアドだと登録できない場合も

捨てメアドだと、Twitterのアカウント作成ができない場合もあるようです。

15分間だけの捨てメアドを提供する捨てメアド作成アプリや捨てメアド提供サービスは多々あります。しかし、捨てメアドでTwitterのアカウントを作成しようとするとエラーが出たという報告が多くあげられています。

また、捨てメアドでTwitterのアカウントを登録できたとしても、すぐに捨てメアドでTwitter登録しているアカウントをロックされているようです。

捨てメアドでは、Twitterのアカウントを乗っ取られた時の対処・Twitterのパスワードを忘れた時などの対処ができません。

また、凍結された時など、捨てメアドで登録しているとアカウントの復旧ができません。後のことを考えると、捨てメアドで登録するのは避けた方がよさそうです。

Twitterからのメールが煩わしいという理由であれば、捨てメアドをアカウントに使う必要はありません。Twitterの通知設定から、メール通知の有無はいつでも設定できます。

また、友達や知り合いからTwitterアカウントを検索されたくないという理由においても、捨てメアドを使う必要はありません。Twitterアカウントのメールアドレスを用いた検索も、設定から拒否することができます。

通信環境に問題がある可能性も

Twitterアカウントを作成できない原因として、フリーWi-Fiの通信環境で接続していたり、速度制限がかかっている通信環境など、通信環境が不安定で接続エラーになる場合があるようです。

また、通信環境の悪さが原因でアカウント登録時の認証メールが届かないことがあるようです。そのため、Twitterアカウントを作成できない原因のことがあります。

通信制限がかかっているなど通信環境が悪いときに、4G/LTEでTwitterアカウントを登録しようとしていませんでしょうか。通信環境が悪いためにTwitterアカウントを作成できない場合は頻繁にあるようです。

Wi-Fiに接続することで通信環境を改善し、Twitterアカウントを作成できない問題を解決できるかもしれません。

また、フリーWi-Fiなど不安定な通信環境でTwitterアカウントを作ろうとした場合も、動作がおかしいと感じるようです。今一度、通信環境を見直して、Twitterのアカウントを作ってみましょう。

関連記事
Twitter「ツイートを読み込めません」と表示される原因・対処法
関連記事
Twitterの問い合わせ方法まとめ!問い合わせ電話番号窓口やメールアドレスは?

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
友田

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ