【Chrome】「ERR_CACHE_MISS」の対処法を解説!

Google Chromeを利用している際「ERR CACHE MISS」と表示された際、そのエラーメッセージの意味や原因が分からない場合の対処法を紹介しています。「ERR CACHE MISS」と表示された場合の端末ごとの対処法を確認していってください。

【Chrome】「ERR_CACHE_MISS」の対処法を解説!のイメージ

目次

  1. 1【Chrome】「ERR_CACHE_MISS」の対処法
  2. エラーメッセージ「ERR_CACHE_MISS」の意味
  3. どういう時に表示される?
  4. PCでの「ERR_CACHE_MISS」の対処法
  5. Android端末での「ERR_CACHE_MISS」の対処法
  6. iPhone/iPadでの「ERR_CACHE_MISS」の対処法
  7. 最後に

【Chrome】「ERR_CACHE_MISS」の対処法

Google Chromeを利用している際「ERR CACHE MISS」と表示された経験はないでしょうか。

エラーメッセージ「ERR_CACHE_MISS」の意味

まずはGoogle Chromeのエラーメッセージ「ERR CACHE MISS」とはどのような意味なのかを解説します。

「前に入力した情報の再送信をページが求めています」という意味

「ERR CACHE MISS」とはGoogle Chromeで「前に入力した情報の再送信をページが求めています」という意味です。CACHEは文字通り「キャッシュデータ」を指します。「キャッシュ」とはそのWebサイトの一時的な表示データのことです。

どういう時に表示される?

では、「ERR CACHE MISS」はどのような場合に表示されるのでしょうか。

戻るボタンが正常に機能しなかった

Google Chromeで「ERR CACHE MISS」が表示される状況1つ目は、ブラウザの戻るボタンが正常に機能しなかった場合です。

「戻る」を利用した際、ページを早く表示するためにキャッシュを利用しますが、そのキャッシュの取得がうまくできなかったことが原因のエラーメッセージです。

入力した情報がうまく送信できなかった

また、入力した情報がうまく送信できなかった場合に表示されることもあります。フォームに情報を入力し、送信画面で送信ボタンを押した際に表示されるのがこのパターンでのエラーメッセージです。

PCでの「ERR_CACHE_MISS」の対処法

PCで「ERR CACHE MISS」が表示された場合の対処法の説明に移ります。

ページをリロード/再度読み込む

戻るボタンを押した際に「ERR CACHE MISS」が起きた場合であれば、ページのリロード(再読み込み)で解決する可能性があります。

ページのリロード(再読み込み)をしてみる(PC)

ただし、何かの決済の確定時に「ERR CACHE MISS」が表示された場合は、リロードすることで二重決済が発生する可能性もあるため、その可能性も考えて慎重にリロードを行ってください。

それでも解決しない場合は?

それでも解決しない場合は、下記のものを順に試してみてください。

ネットワーク環境の確認(PC)

まずはインターネット接続の環境の確認です。Wi-Fiなどネットワークに異常がないか確認してください。ネットワーク環境が不安定なために出たエラーメッセージの可能性があります。

Google Chromeの「設定」をクリック

次にGoogle Chromeのキャッシュや履歴の削除を行いましょう。キャッシュや履歴を削除することで回復する可能性があります。なお、キャッシュはGoogle Chromeの設定から削除を行います。

「閲覧履歴データの削除」を選択(PC)

Google Chromeの設定画面で「閲覧履歴データの削除」を選択します。

全てにチェックを入れる(PC)

「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」全てにチェックを入れます。

「データを削除」を押す(PC)

「データを削除」を押すことでキャッシュや履歴の削除ができます。

別のタブを閉じてみる(PC)

Google Chromeで開いている別のタブを閉じると回復することもあります。

拡張機能を一時停止してみる

また、拡張機能を入れている場合、その拡張機能を一時的に停止してみてもいいでしょう。

他のアプリを閉じてみる(PC)

Google Chromeの他に開いているアプリがある場合、そのアプリを閉じてみるのも効果的です。

パソコンを再起動してみる

それでもだめという場合はパソコンを再起動してみましょう。パソコン全体のキャッシュなどもこれで削除されますので、効果がある可能性が高いです。

「ヘルプ」から「Google Chromeについて」を選択

Google Chromeのバージョンが古いことが原因ということもあります。Google Chromeのバージョンはメニューを開いて行います。「ヘルプ」から「Google Chromeについて」を選択しましょう。

Google Chromeのバージョンを確認(PC)

「Google Chrome は最新版です」と表示されれば最新バージョンですが、そうでない場合はこの画面でアップデートを行ってください。

なお、ブラウザそのものではなく他のアプリが影響している可能性があります。最近インストールしたアプリなどがないかを確認しましょう。

迷惑アプリのせいで動きが不安定になっているために「ERR CHACHE MISS」のエラーメッセージが表示された可能性があります。

Android端末での「ERR_CACHE_MISS」の対処法

次に「ERR CACHE MISS」が表示された場合のAndroidでの対処法を解説します。

ページをリロード/再度読み込む

戻るボタンを押した際に「ERR CACHE MISS」が起きた場合であれば、ページのリロード(再読み込み)で解決する可能性があります。

ページをリロード(再読み込み)する(Android)

ただし、何かの決済の確定時に「ERR CACHE MISS」が表示された場合は、リロードすることで二重決済が起きる可能性もあるため、その可能性も考えて慎重にリロードを行ってください。

それでも解決しない場合は?

それでも解決しない場合は、下記のものを順に試してみてください。

ネットワーク環境を確認してみる(Android)

まずはインターネット接続の環境の確認です。Wi-Fiなどネットワーク設定に異常がないか確認してください。ネットワーク環境が不安定なために出たエラーメッセージの可能性があります。

「設定」をタップ(Android)

次にGoogle Chromeのキャッシュや履歴の削除を行います。キャッシュや履歴を削除することで回復する可能性があります。なお、キャッシュはGoogle Chromeの設定から削除を行います。

「プライバシー」をタップ(Android)

Google Chromeの設定画面で「プライバシー」を選択します。

「閲覧履歴データの削除」を選択

「閲覧履歴データの削除」を選択します。

全てにチェックを入れる(Android)

「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」全てにチェックを入れます。

「データを削除」を押す(Android)

「データを削除」を押すことでキャッシュや履歴の削除ができます。

他のタブを削除してみる(Android)

Google Chromeで開いている別のタブを閉じると回復することもあります。

他のアプリを閉じてみる(Android)

Google Chromeの他に開いているアプリがある場合、そのアプリを閉じてみるのも効果的です。

端末を再起動してみる

それでもだめという場合はスマホやタブレットを再起動してみましょう。端末全体のキャッシュなどもこれで削除されますので、効果がある可能性が高いです。

Google Chromeのバージョンを確認(Android)

Google Chromeのバージョンが古いことが原因ということもあります。現在利用しているGoogle Chromeが最新バージョンかどうか確認してください。

なお、Google ChromeのバージョンはGoogle Playストアで確認してください。アプリが最新であれば「開く」になっていれば最新バージョンなのでそのままでいいですが、「更新」になっている場合は更新を行いましょう。

iPhone/iPadでの「ERR_CACHE_MISS」の対処法

次に「ERR CACHE MISS」が表示された場合のiPhone/iPadでの対処法を解説します。

ページをリロード/再度読み込む

ページのリロード(iPhone)

戻るボタンを押した際に「ERR CACHE MISS」が起きたのであれば、ページのリロード(再読み込み)で解決する可能性があります。

それでも解決しない場合は?

それでも解決しない場合は、下記のものを順に試してみてください。

Wi-Fiの接続を確認(iPhone)

まずはインターネット接続の環境の確認です。Wi-Fiなどネットワーク設定に異常がないか確認しましょう。ネットワーク環境が不安定なために出たエラーメッセージの可能性があります。

Google Chromeのメニュー

次にGoogle Chromeのキャッシュや履歴の削除を行いましょう。キャッシュや履歴を削除することで回復する可能性があります。なお、キャッシュはGoogle Chromeの設定ではなくメニューの履歴の方から削除を行います。

履歴をタップ

Google Chromeのメニューを開き、「履歴」を選択します。

履歴の「閲覧データを削除」を選択

「閲覧データを削除」を選択します。

「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」全てにチェックを入れる

「閲覧履歴」「Cookieと他のサイトデータ」「キャッシュされた画像とファイル」全てにチェックを入れます。

「データを削除」をタップしてキャッシュや履歴を削除

「データを削除」を押すことでキャッシュや履歴の削除ができます。

Chromeの別のタブを閉じる

Google Chromeで開いている別のタブを閉じてみましょう。それで回復することもあります。

他のアプリを閉じる

Google Chromeの他に開いているアプリがある場合、そのアプリを閉じてみるのも効果的です。

iPhoneの再起動

それでもだめという場合はiPhoneやiPadを再起動してみましょう。端末全体のキャッシュなどもこれで削除されますので、効果がある可能性が高いです。

App Storeでアップデートを確認

Google Chromeのバージョンが古いことが原因ということもあります。現在利用しているGoogle Chromeが最新バージョンかどうか確認してください。

なお、Google ChromeのバージョンはApp Storeで確認してください。「アップデート」になっている場合は更新を行いましょう。「開く」の場合は最新バージョンですのでそのままで大丈夫です。

最後に

Google Chromeで表示される「ERR CACHE MISS」の対処法には様々あります。いずれも難しい作業ではないため、それぞれ試してみてください。

ThumbGoogle Chrome「ページが応答しません」が頻発?原因と対処法まとめ【2018年最新版】
Google Chromeは有名なWebブラウザですが、「ページが応答しません」が頻発するケ...
ThumbGoogle Chromeで「ホストを解決しています」と表示され繋がらないときの解決法!
Google Chromeで「ホストを解決しています」と表示されたことはありませんか?機械の...
ThumbChromeで「応答時間が長すぎます」と表示される原因・対処法を解説
Google Chromeを使用していると「応答時間が長すぎます」と表示されて、不安定になる...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ