LINEギフトの使い方と贈り方!受け取り方や支払い方法も解説【LINEギフト】

今回の記事では、LINEギフトの使い方と贈り方!受け取り方や支払い方法も解説【LINEギフト】について紹介します。また、LINEギフトとは、LINEギフトの使い方と贈り方、LINEギフトの受け取り方についても紹介します。

LINEギフトの使い方と贈り方!受け取り方や支払い方法も解説【LINEギフト】のイメージ

目次

  1. 1. LINEギフトとは
  2. 1-1. ギフトとして贈れるもの
  3. 1-2. 人気のおすすめギフト
  4. 2. LINEギフトの使い方と贈り方
  5. 2-1. ギフトの贈り方
  6. 2-2. ギフトの支払い方法
  7. 3. LINEギフトの受け取り方
  8. 3-1. ギフトの受け取り方
  9. 3-2. 受け取ったギフトをお店で使う方法
  10. 4. LINEギフトはどんな時に贈るのがいいか

LINEギフトとは

まず、LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法の説明をして行きますが、LINEギフトとは、思い立ったらすぐに友人や家族、恋人にプレゼントを送ることのできるLINEの機能です。

そして、LINEを使っている人であれば、誰でもLINEのギフトを送ったり、購入、受け取ることができます。

また、大きな特徴として、相手の住所がわからなくてもLINEのギフトを贈り方がわかります。LINE内で相手と友達でありさえすれば、LINEのギフトを贈り方がわかるのです。

ギフトとして贈れるもの

そして、LINEのギフトとして贈ることのできる商品は、コンビニコーヒーやドーナツなどの気軽なものから、10万円を超えるガチギフトまで、豊富なラインナップの中から選ぶことができます。

LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法を紹介して行きますが次は、スタバの500円ギフト券など人気のLINEのギフトについてです。

人気のおすすめギフト

ここでは、LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法ではなく、おすすめギフトリストを説明して行きたいと思います。

まずは、 スタバ(500円)で、店舗で500円までのドリンクと引き替えできるチケットとなっており、スタバの500円ギフト券はLINEギフト人気ナンバーワンというだけあり、めちゃくちゃ女性受けいいです。

そして、スタバは全店舗が禁煙でカフェインレスのコーヒーがあるので、スタバの500円ギフト券は授乳中のママ友にも気兼ねなく贈れます。

次は、ハーゲンダッツギフト券(990円)で、全国のコンビニ、スーパーなど、ハーゲンダッツ取り扱い店でハーゲンダッツミニカップ2個と交換できます。なお、紙のチケットなので郵送で届きます。

次は、ミスタードーナツギフトチケット(500円)で、全国のミスドで使える500円のギフト券となっていて、ミスドのドーナツは1個100円~200円なので、ドーナツ3~4個と交換できます。また、200円ギフト券もあります。

また、ワイワイチーズバーガーセット(520円)で、モスバーガーのキッズセットの引換券となっており、何を作っても子供が「いや!食べない!」のイヤイヤ期だった頃に、いただくと嬉しいですね。

さらに、サーティーワンアイスクリームギフト券(500円)で、サーティーワンで500円までの商品と交換できますし、見た目が絵に描いたようなアイスクリームのせいか、子供にはハーゲンダッツよりこちらのほうが好評です。

加えて、プレゼントでは、ファミマカフェ(150円)で、全国のファミマカフェ併設店舗で、ブレンドMサイズかカフェラテいずれかひとつと交換でき、気軽に「おつかれさま!」って時に使えると思います。

また、バーデンハンターバスソルト(1包)(950円)で、プレゼントって、日常使うものでちょっと贅沢なものをもらうとめちゃくちゃ嬉しい上、入浴剤一つにこの値段は出せません。

そして、プレゼントでは、バードマーカー(745円)で、小鳥の形のクリップタイプのしおりとなっていて、形に残るものは趣味が合わないと相手が困るので避けたいのですが、すごくかわいいので思わずリストに入っていっます。

ここで、注意することとして、LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法で説明しますが、まずは早速ギフトを贈ってみよう!と思った方はちょっと待ってください。

なお、商品券や引換券には有効期限があります。ほとんどが受け取りから数ヶ月間有効ですが、中には30日という短めのものもあります。商品券の使い方などもきになると思います。

また、LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法で、有効期限を確認して、これなら使ってもらえそうだなと思うものを選ぶのがいいと思います。

関連記事
LINE無料通話のミュート機能の使い方を初心者向けに解説

LINEギフトの使い方と贈り方

まず、LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法や、使いどきについて紹介します。LINEギフトはこんなときに使ってみるのがおすすめです。

・使い道の具体例として、まず、恋人や友人、家族の誕生日や記念日や、遠方にいたり、忙しくてなかなか会えない友人にや、いつもお世話になっている人に、引越し祝いや結婚祝い、出産祝いに、新生活を応援したいときなどです。

ここからは、LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法について紹介して行きたいと思いますが、実際にLINEギフトを使っていきましょう。

ギフトの贈り方

ここでは、LINEギフトの使い方、贈り方、購入方法としてまず、ギフトの贈り方について紹介して行きます。下記がギフトを贈る側の手順です。

まずは、LINEのギフトを選ぶのですが、LINEアプリを開き、ギフトを贈りたい相手のトーク画面を開きます。次に、、「+」ボタンをタップし、下のほうにある「LINEギフト」を選択します。

また、LINEギフトの画面が表示されたら、贈りたいギフトを探し、ホーム、検索、欲しい、マイページに分けられているので、状況に応じて活用してギフトを探しましょう。

なお、贈り方や贈るものが決まっている場合には、LINEで贈りたいものが決まっている場合は、「検索」タブを開き検索して、検索手段として、キーワード検索、カテゴリ検索、価格検索などが出てきます。

また、贈りたいものが決まっていない場合には、まだ贈りたいものが決まっていない場合は、LINEギフトのホーム画面を下にスクロールするといろいろと出てきますので、一通り見ていくと良いです。

なお、以下のものも参考にしてみてください。

・人気のギフトでは、スタバのチケット(500円)、アイスクリームギフト券(500円)、ハーゲンダッツミニカップ(294円)、100円台のギフト、ファミマ、ローソン、ミニストップのドリップコーヒーなどの商品があります。

そして、欲しいものリストも活用して、「贈りたいギフトの候補がいくつかあるけど、どれを贈るかもう少し考えたい!」という場合は、商品画面下の「♡欲しい」をタップすると欲しいものリストに商品を登録することができます。

加えて、欲しいものリストを相手と共有することもできます。これを活用することで、欲しいものリストの中から相手に選んでもらうこともできます。

なお、相手と共有したい場合は、「欲しい」タブを開き、画面下の「リストをシェア」をタップしてから「LINEの友だちに共有」、「LINEのタイムラインに共有」のどちらかを選択します。

なお、使い方として、基本的には「LINEの友だちに共有」で良いかと思いますが、共有したい友だちを選択し、画面右上に出てくる「送信」をタップします。

そして、その後「トークに送信しますか?」で「OK」をタップすることで相手とシェアすることができます。

そして次は、LINEのギフトを贈るのですが、商品画面で、画面下の「友だちにギフト」をタップし、贈り先を選択して、相手が受け取り可能か確認し、「OK」をタップします。

次は、LINEでの購入手続き画面が表示されるので、商品と金額を確認し、「支払方法」をタップし、支払方法を選択します。

なお、支払方法には、クレジットカード決済、コンビニ支払い、Pay-easy決済の3つから選択することができ、ここではクレジットカード決済を選択します。

そして、支払方法を選択したら、「購入内容確定」をタップしてから、コンビニではなく、クレジットカード決済を選択した場合は、ここでセキュリティコードの入力があります。

また、コンビニでない場合は、セキュリティコードを入力し、「完了」を選択し、ギフトメッセージを送ることができますので、「今すぐ送る」または「後で送る」のどちらかを選択します。

そして、コンビニでない場合は、ここでは「今すぐ送る」を選択し、LINEのギフトカードを選びます。

なお、誕生日を祝うものからちょっとしたお礼に使えるものなど、LINEのギフトカードの種類は20種類ありますので、送りたい商品の写真がギフトカードの真ん中に載りますので、色合いなどを見て選ぶと良いですね。

続いて、メッセージを入力します。入力し終えたら「確定」をタップして、最後に確認画面が出てきますので、問題なければ「ギフトを贈る」をタップし、「ギフトを贈る」をタップします。

また、ギフトを送った後についてですが、ギフトを送った後、相手が配送先の住所を登録する必要があるのですが、相手が住所を登録するとこのような通知が来ます。

そして、これで相手がしっかり受け取ってくれたことがわかり安心できますが、一方で、ギフトの受け取り方で、ギフトを受け取る側の手順です。

まずは、メッセージを開き、LINEギフトが届くと、送り主とのトーク画面でこのように表示され、開くと、メッセージカードが表示されます。ここで、このままにせずに画面下の「ギフトを受け取る」をタップします。

そして、ここから先は受け取るギフトの種類によって手順が変わってきますが、ギフトが自宅などに配送されるパターンと、バーコードが届くパターンの2パターンがあります。

まず、自宅に配送される場合、バーコードが届く場合では、配送先の住所を登録し、ここからは配送先住所を登録していきます。

次に、画面下の「配送先の設定へ」を選択して、「新しい住所を設定」を選択してから、住所を入力し、すべて入力し終えたら、画面下の「同意して登録」をタップします。

すると、確認画面が出てくるので「OK」を選択します。

次は、あとは待つのみで、配送先住所を登録すると、取引詳細画面に「発送待ち」と表示され、あとは届くのを待つだけです。

さらに、ここで詳細を確認することができ、発送前であれば配送先住所を変更することも可能ですし、ギフトが発送されたりすると、「LINE お買い物 通知」というところから通知があります。

そして、トークを開いてみると、状態が「発送完了」となっており、ショップからのトークが届いていたりします。

ここで、商品到着についてですが、今回届いたギフトを開けてみると、このように綺麗にラッピングされていました。

そして、例えば、袋を開けてみると「旅する焼エビ うに醤のペペロンチーノ」が入っていて、とてもおいしそうです。

ギフトの支払い方法

ここでは、コンビニを例に、LINEギフトの支払いができるコンビニと支払方法について紹介して行きます。まず、LINEギフトの料金はコンビニでも支払いができます。

そこで、コンビニ支払いにした場合、以下の情報を入力して行きます。まず、コンビニ、氏名、フリガナ、電話番号、メールアドレス、支払期限が購入日から3日後までに設定されています。

そして、支払いができるコンビニは以下の5つで、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、サークルKサンクス、デイリーヤマザキ

なお、共通点として、各コンビニに置いてあるマルチメディア端末を操作し、30分以内に現金で支払いを行います。

それでは、各コンビニでの支払い方法を見ていきますが、ローソン・ミニストップでのLINEギフト料金の支払方法です。

まず、ローソンとミニストップでは、店内にあるLoppiを利用して、Loppiトップ画面左ボタン『各種番号をお持ちの方』を選択し、14ケタのお客様番号を入力して、4ケタの確認番号を入力し、『次へ』を選択してください。

次に、支払い内容を確認し、『はい』を選択して、30分以内に印刷されたレシートをレジへ持っていき、現金で支払います。

また、ファミリーマートでのLINEギフト料金の支払方法についてですが、ファミリーマートでは、店内にあるFamiポートを利用します。

そして、Famiポートのトップ画面から『代金支払い』を選択し、『各種入力画面に進む』を選択してから、『番号入力画面に進む』を選択して、企業コード『20020』を入力し、8から始まる『注文番号12ケタ』を入力してください。

さらに、支払方法の確認画面が出て、支払いは現金のみですので、支払内容を確認のうえ、問題がなければ『確認』ボタンを押しましょう。

そして、Famiポートから、『Famiポート申込券』が発行されるのですが、発行から30分以内にレジで支払ってください。

次は、サークルKサンクスでのLINEギフト料金の支払方法についてですが、サークルKサンクスでは、店内にあるKステーションを利用します。

なお、Kステーションのトップ画面から『各種支払い』を選択して、右側の『6ケタの番号をお持ちの方』を選択し、受付番号6ケタを入力して、確認番号10ケタを入力しましょう。

ここで、『ご注意事項』を確認なのですが、画面に表示された内容を確認して、出力される『受付票』を持って、レジにて30分以内に現金で支払いましょう。

次は、デイリーヤマザキでのLINEギフト料金の支払方法についてですが、デイリーヤマザキでは、レジを利用します。

そして、レジの店員に『オンライン決済』の希望であることを伝え、レジ操作後に入力画面が表示されるので、『オンライン決済番号』を入力して、支払い内容が表示されるので、確認しましょう。

なお、表示内容が正しいことを確認し、『確定ボタン』を押すのですが、現金で商品代金を支払いましょう。

次は、LINEギフトの支払いをPay-easy支払いにしたときの流れについて話して行きますが、LINEギフトの料金はPay-easy支払いに対応しています。

次に、『Pay-easy支払い』の場合、以下の情報を入力しますが、まず、氏名、フリガナ、電話番号、メールアドレス、コンビニ支払いと同じく、支払期限が購入日から3日後までに設定されています。

そして、Pay-easy支払いが出来る金融機関ですが、Pay-easyは銀行のATMから支払いができます。

なお、Pay-easy支払いが出来るATMがある銀行は以下のとおりなのです。

まず、みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、青森銀行、荘内銀行、七十七銀行、群馬銀行、足利銀行、千葉銀行です。

さらに、横浜銀行、近畿大阪銀行、南都銀行、広島銀行、福岡銀行、親和銀行、東和銀行、京葉銀行、熊本銀行、ゆうちょ銀行です。

なお、対象である21の銀行では『パソコン・スマートフォン』『モバイル』でもPay-easy支払いができるのです。したがって、自分の都合がいい方法を選びたいです。

また、その他金融機関のATMは利用できませんが、『パソコン・スマートフォン』『モバイル』でPay-easy支払いができます。

次は、Pay-easyでのLINEギフトの支払方法についてですが、ATMやインターネットバンキングを利用したPay-easyの支払い方法は以下のとおりです。

まず、メニューの「Pay-easy(ペイジー)」を選美、請求書などにかかれている番号を入力し、内容の確認して、支払いと、とても簡単です。

ここから、『メニューの「Pay-easy(ペイジー)」を選ぶ』では、銀行のATMにより『税金・各種料金払い込み』になっている場合もあります。

さらに、支払方法は『現金』のほかに『キャッシュカード(自分の口座から支払い)』も選択でき、Pay-easy公式ページに『ペイジー利用デモ体験』があるので、まずは練習してみてもいいかもしれません。

または、マイページで贈ったスタバの500円ギフトの履歴などを確認できるので、過去にどんなスタバの500円ギフトを贈ったのかを、マイページで確認することができます。

そして、画面上のメニューバー、一番右『マイページ』をタップすると以下画面が出てきますが、贈ったギフト、もらったギフト、購入履歴、欲しいものリスト、閲覧履歴設定などです。

それでは、試しに『贈ったギフト』を見てみますと、過去に1度しか送ったことがないので、1件のみ出てきました。

そして、スタバの500円ギフト券をタップしてみると、購入日など詳細情報がでてきましたが、気軽にスタバの500円ギフト券を贈れるけど、誰にどれだけスタバの500円ギフト券を贈ったのかわからないのです。

そこで、そんな場合は、マイページで確認してスタバの500円ギフト券が遅れているか確認しましょう。

関連記事
LINEで着信拒否の設定をする方法!したら/されたらどうなる?【無料通話/ビデオ通話】

LINEギフトの受け取り方

ここでは、LINEギフトの受け取り方について紹介します。

ギフトの受け取り方

まず、LINEギフトがトークに届いたら、タップしてギフトメッセージやギフトの受け取り方法を確認しましょう。なお、商品によって受け取り方法や受け取り店舗が違うので、画面の指示に従ってください。

そこで、今回の例は、スタバの500円ギフト券ですが、「いつもありがとう!」というメッセージが添えられています。

一方で、ローソンの「Loppi」にQRコードをかざせばOKとのことなので、「Loppi」のバーコードリーダーにQRコードをかざします。

そうすると引換券が出てくるので、それをレジへ持って行けば「MACHI cafeドリンク(100円)」をもらえるのです。

受け取ったギフトをお店で使う方法

ここで紹介する、受け取ったギフトをお店で使う方法は上記で説明したので、ここでは、割愛します。

したがって、ここからは補足として、「ギフトURL」を送信したが、受取人がギフトを受け取らない。どうしたらいいかについて紹介します。

まず、受取人の方へ受け取りをしていただくようご案内して、迷惑メールに分類されたなどの理由で送信されていない場合もありますので、ご確認ください。

また、例えば、スタバの500円ギフトを受け取る前でしたら、別の方に同じ「ギフトURL」を贈ることが可能ですが、決済を済ませたスタバの500円ギフトの払い戻しはできません。

また、ギフトを決済時と違う組み合わせで贈りたい場合について紹介します。

まず、決済を済ませたギフトを、改めて組み合わせて贈ることができますし、マイページ内「贈ったギフト」>「ギフト履歴」でギフトを選び、ギフトを贈る作業を行ってください。

しかしながら、決済を済ませたギフトと、決済前のギフトを一緒に贈ることはできません。

また、「ギフトURL」とは何かと言いますと、ギフトを受け取るための情報と、メッセージカードを一つにしたURLです。

そして、 受け取った方は、スタバの500円ギフトを受け取る手続きをするまで、もしくは受取期限内であれば「ギフトURL」にアクセスすることができます。

さらに、、メッセージカードは、最初にアクセスしてから1週間で見られなくなりますので、会員登録をして、再度ギフトURLにアクセスいただければ、メッセージカードの付いたギフトURLがマイページの貰ったギフト内に記録されます。

関連記事
LINE Out Freeの使い方!無料で固定電話やケータイ・他回線との通話が可能?【LINE】

LINEギフトはどんな時に贈るのがいいか

まず、LINEギフトの便利なポイントについてですが、思い立ったらすぐに贈れますし、LINEギフトを使って妹にスターバックスのドリンクチケットを贈ったという例もあります。

そして、バイバイしたばかりだけど、お礼の気持ちを伝えたくて友だちにコンビニコーヒー贈ったということは、思った時にすぐ使えて便利です。

なお、住所を知らなくてもOKですし、友だちが自分で住所を入力できますし、地元離れた友だちが婚約した、新しい住所まだ聞いてなかったけど、LINEギフトなら問題なしだったと思います。

まずは、LINEでいつも連絡している友達が、今日誕生日だったことに当日気付いた!なんてこと、よくあると思います。

そして、お祝いの気持ちを、プレゼントを贈ることで伝えたいけれども、住所はわからないし、近々会う予定もないということです。

ここで、みなさんは、いつも同じハッピーバースデーのスタンプで済ましてしまっている方が多いと思いますが、どんな時でも、男性・女性問わず相手に喜ばれる、LINEで贈れるおすすめプレゼントをご紹介します。

そして、LINEで使えるスタンプをプレゼントして、LINEでメッセージをしている友達に、LINEのスタンプをプレゼントできることを知っていますか?

また、LINEでつながっているので、普段のメッセージでのコミュニケーションをもりあげるスタンプをギフトするというのはおすすめです。

なお、流行りの人気スタンプや、ちょっと大胆なスタンプをプレゼントするのは、ネタになりやすく喜ばれます。

ここで、LINEで、スタンプを贈る方法ですが、LINEスタンプをLINEでプレゼントするには、LINEが運営するラインストアから購入し、「プレゼントする」ボタンから相手にプレゼントすることができます。

そして、相手の好みに合わせてスタンプを選ぶのは、意外と楽しいですし、ここで、LINEスタンプをプレゼントする方法ですが、LINEで、スターバックスのコーヒーをプレゼントしてみましょう。

これは、スタンプだけでなく、LINEで、Starbucksのドリンクチケットもプレゼントできるということで、コーヒーだけでなく、新作のフラペチーノなどのドリンクを500円分と交換できる、商品券のようなギフトチケットが人気です。

つまり、もらった相手は、LINEのメッセージで届いたURLを開いて、店頭のレジで見せるだけで、利用できます。

そして、Starbucksのギフトは、男性・女性問わず、もらったら嬉しいプレゼントですが、さらに相手が好きなタイミングで利用できるのも喜ばれるポイントです。
 
なお、LINEでStarbucksのギフトを贈るということですが、LINEで、スターバックスのコーヒーを贈る方法では、LINEのアカウントを知っていれば贈れるソーシャルギフトサービスのおすすめは、「cotoco(コトコ)」です。

そして、cotocoでStarbucksのコーヒーを贈る方法はとっても簡単で、購入方法としては、スマートフォンで、cotocoのWebページまたはアプリから、Starbucksのギフトを選びます。

次に、「誕生日おめでとう」などのギフトカード画像を選んで、メッセージを書き込み、決済をして、「LINEで送る」をえらんで、LINEのトークで、URLを贈ります。
 
また、利用方法としては、LINEで届いたギフトのURLをクリックして開き、画面にギフトカードとメッセージと、贈られてきたギフトが表示されて、Starbucksの店舗での交換し、ギフトを受け取ります。

まとめ

最後まで、LINEギフトの使い方と贈り方!受け取り方や支払い方法も解説【LINEギフト】についての記事を読んでいただきありがとうございます。

また、LINEギフトとは、LINEギフトの使い方と贈り方、LINEギフトの受け取り方、LINEギフトはどんな時に贈るのがいいかについて紹介しました。
 

関連記事
LINEのトーク履歴を削除する方法!相手にはバレる?表示や通知はどうなる?

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
あらこう
フリーランスでwebライターをしています。筋トレと散歩が日課です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ