「Freepik(フリーピック)」の使い方!ライセンス/料金も解説!

「Freepik(フリーピック)」という、画像や写真を配布しているサービスがあります。「Freepik(フリーピック)」の使い方、ライセンスやそのサービスの内容、商用利用の可否など、使い方の注意点も含めてこの記事で紹介していきます。

「Freepik(フリーピック)」の使い方!ライセンス/料金も解説!のイメージ

目次

  1. 1「Freepik(フリーピック)」の使い方
  2. Freepik/フリーピックとは?
  3. 利用料金
  4. ライセンス
  5. Freepik/フリーピックの使い方
  6. 使用の際の注意点
  7. 最後に

「Freepik(フリーピック)」の使い方

無料で利用できる画像や写真を配布しているサービスを探している、商用利用できる画像や写真が欲しい、と調べていてこのページに辿り着いた人もいるかと思います。

Freepik/フリーピックとは?

「Freepik(フリーピック)」とは、無料で利用できる、商用利用も可能な画像や写真を配布しているサービスです。

ベクター画像、写真、PSDファイルの無料ダウンロード | Freepik

写真データやベクターイラストなどの画像のファイルを配布しているサービス

自身のサイトや動画で使いたい画像は、自分で準備するのは大変です。大抵は著作権フリーなものを利用しようと探しているかと思いますが、そういうサイトは大抵有料での利用が前提となります。

サイトによっては画像をダウンロードするために数百円、数千円とかかるところも多く、素材の値段を抑えたいと考えている人にはそういったところは痛い出費になると考えることも多いでしょう。

そんな時役に立つのが無料の画像配布サービスです。無料で利用できる画像・写真配布サイトは色々とありますが、「Freepik(フリーピック)」も写真データやベクターイラストなどを配布しているサービスになります。

利用料金

この「Freepik(フリーピック)」は、基本的に無料で利用することができます。しかし、無料の場合はダウンロードなどの制限があり、制限無しで使おうとする場合はプレミアムアカウントでの利用が必要です。

プレミアムアカウントとの違い

「Freepik(フリーピック)」のプレミアムアカウントには年間プランと月間プランがあります。「Freepik(フリーピック)」の無料プランとプレミアムアカウントの違いは下記の表にまとめてありますのでそれぞれチェックしておきましょう。

なお、料金の単位は€(ユーロ)です。
 

Freepik(フリーピック)の料金比較
  無料プラン 有料ライセンス
年間プラン 月間プラン
料金 0€ 89,99€/年
(7,50€/月)
9,99€/月
ダウンロード制限 1日10回 1日100回
プレミアムリソース なし あり
商用利用時の
クレジット表示
必要 不要
広告 あり なし

ライセンス

前述したとおり、「Freepik(フリーピック)」には有料ライセンスがあります。この有料ライセンスには年間プランと月間プランが有り、有料ライセンスになることで1日のダウンロード制限が大幅に拡大します。

アカウントなしの場合は1日3回、無料アカウントの場合は1日10回までですが、「Freepik(フリーピック)」の有料ライセンスに登録することで1日にダウンロードできる制限が100回までに増えることになります。

また、「Freepik(フリーピック)」の画像や写真を商用利用する場合、有料ライセンスに登録してあれば商用利用でもクレジット表記が不要になります。

「Freepik(フリーピック)」の画像を写真をクレジット表記無しで利用したい場合は料金を支払って利用しましょう。

Freepik/フリーピックの使い方

さて、「Freepik(フリーピック)」の特徴なども分かったところで、ここからは「Freepik(フリーピック)」の使い方の説明をしていきます。

無料ユーザー登録

「Freepik(フリーピック)」は、無料ユーザー登録しなくても利用は可能ですが、ユーザー登録なしの場合、写真や画像を無料ダウンロードしようとしても1日3回ダウンロードしたら制限に引っかかってダウンロードできなくなります。

そのため、まずは「Freepik(フリーピック)」の、料金がかからず、ダウロード回数の上限が10回まで増える無料会員登録を行いましょう。

まずは下記のリンクから「Freepik(フリーピック)」へアクセスしましょう。

ベクター画像、写真、PSDファイルの無料ダウンロード | Freepik
「サインアップする」をクリック

「Freepik(フリーピック)」のトップページが表示されます。右上にある「サインアップする」をクリックしましょう。

ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力

「Freepik(フリーピック)」で利用するユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力します。

ユーザー名・パスワード入力上の注意

ユーザー名は半角英数字で入力、パスワードは大文字、小文字、数字、記号を少なくとも1つずつ含むものである必要があります。

SNSアカウントでも登録可能

なお、「Freepik(フリーピック)」はすでに所持しているアカウント(Googleアカウント、Facebookアカウント、Twitterアカウント)でも無料ユーザー登録が可能です。パスワード入力の手間がないためこちらの方法もおすすめです。

「サインアップする」をクリックして登録完了

「サインアップする」をクリックしてください。これで無料会員登録は完了です。

素材のダウンロード手順

検索窓から検索可能

次に「Freepik(フリーピック)」にある素材のダウンロード手順を紹介していきます。素材はトップページなどから探せるほか、検索窓から探したいものを検索することも可能です。

王冠マークが付いているものは有料ライセンスでなければダウンロードできない

なお、王冠マークが付いているものは有料ライセンスでなければダウンロードできないものです。

ダウンロードしたい画像をクリック

ダウンロードしたい画像をクリックしてください。

「ダウンロード」ボタンをクリック

右側に「ダウンロード」ボタンがありますので、こちらをクリックしましょう。

「無料ダウンロード」をクリック

「無料ダウンロード」をクリックしましょう。

画像を保存する

端末内に画像を保存すればダウンロード完了です。

使用の際の注意点

さて、「Freepik(フリーピック)」からのダウンロード方法なども分かったところで、ここからは「Freepik(フリーピック)」を使用する際の注意点を紹介していきます。

「Freepik(フリーピック)」からダウンロードした画像に関して重要な注意事項ばかりですので、しっかり目を通しておきましょう。

クレジット表記は必要?

最初の注意点は、「Freepik(フリーピック)」からダウンロードした素材へのクレジット表記の必要・不要に関してです。

クレジット表記の要不要はダウンロード画面で確認

これはダウンロードする画像のところにそれぞれ記載してあります。基本的には無料で利用する場合でも商用利用する場合でもクレジット表記が必要だと思っておいたほうがいいでしょう。

クレジット表記のコピー画面

クレジット表記で表記する内容は、「Freepik(フリーピック)」からのダウンロード後「必ず○○を作者に帰属する必要があります」という内容とともにコピーテキストが表示されます。

その内容を利用しているWebページなり画像の端になり表記しておかなくてはなりません。

商用利用について

「Freepik(フリーピック)」の画像や写真を商用利用する場合は、クレジット表記は必須です。ただし、それは料金を払わず無料で利用する場合で、プレミアムアカウントの場合は商用利用時でもクレジット表記は不要となっています。

禁止事項

商用利用時の注意点よりも更に重要な禁止事項ですが、まず再配布は禁止されています。

「Freepik(フリーピック)」の素材で制作されたフォトショップなどのプロジェクトファイルの再配布はできません。これを他のサイト等に自身の著作物として販売したり配布することも禁じられています。

jpegなど画像で出力したものを利用するのは問題ありませんが、この再配布の禁止事項は遵守しておかなければなりません。

また、「Freepik(フリーピック)」にはロゴ系のファイルもあります。これは企業であれ個人であれロゴとしての利用は商標登録などの関係もあるのでしょうが禁じられています

架空の企業のロゴとして創作物に利用するなど、ロゴそれ自体が実際の企業のものとしての利用でなければ問題ないでしょうが、ロゴの使い方に関しても配慮が必要です。

コンテンツの制限や著作権

また、「Freepik(フリーピック)」がいくらプレミアムアカウントだとクレジットが必要ないとはいっても、アダルト関係や違法・不道徳なコンテンツへ利用することも制限されていることですので、この注意点も重要です。

著作権に関しては、いくらフリー配布されているとはいえ著作権放棄されているわけではありません

素材の著作権は「Freepik(フリーピック)」やアップロード者が所持したままなので、自由に利用できる素材といえどそれらの著作権を所有できないため、簡単に言えば自作発言はNGですという注意点とも言えます。

最後に

「Freepik(フリーピック)」は無料でも利用可能な商用利用可の画像・写真サイトですが、無料で利用するには制限が多いです。

頻繁に利用したり、クレジット表記無しで画像を利用したい場合は「Freepik(フリーピック)」の有料ライセンスに登録して利用してください。

また、有料ライセンスでの利用でも禁止事項は存在しています。その内容をしっかり把握した上でサイトの利用を行ってください。

ThumbPngtreeは安全な画像サイト?ダウンロード・使い方を解説!
皆さんは画像配布サイトの『Pngtree』を使っていますか?Pngtreeは海外サイトなので...
Thumb【Canva】デザインの作り方をくわしく解説!
Canvaではデザインと呼ばれる単位で画像を作ることができます。デザインはテンプレートが非常...
Thumb「Phonto」の使い方!文字入れやフォントファイルの取り込み方法も解説!
Phontoというアプリでは写真に文字入れを行うことができます。使い方も分かりやすく、楽しく...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ