【Android】「ColorNote」アプリの使い方を詳しく解説!

Androidのアプリに無料で利用できるメモアプリはたくさんあります。目移りしてどれを利用しようか迷っている人におすすめなのが「ColorNote」というメモアプリです。この記事ではメモの形式も複数ある便利な「ColorNote」について紹介していきます。

【Android】「ColorNote」アプリの使い方を詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 1ColorNoteとは
  2. 2ColorNoteの無料インストール
  3. 3ColorNoteの使い方~メモ作成
  4. 4ColorNoteの使い方~応用~
  5. 5ColorNoteの使い方~その他の便利機能~
  6. 6ColorNoteの保存方法について
  7. 7ColorNoteのバックアップとPCとの同期方法

ColorNoteとは

Androidで利用できるメモアプリにColorNoteというものがあります。普通のメモからチェックリスト、リマインダーまで利用可能なこのアプリについて簡単に説明していきましょう。

ColorNoteについて

ColorNoteの公式サイトは下記のリンク先にあります。このアプリはAndroid端末及びWindows 8.1以上のPCで利用可能です。前述したように、テキストメモだけでなくチェックリストやリマインダーの利用もできる便利なアプリです。

ColorNote公式サイト

ColorNoteの無料インストール

ColorNoteのインストールは無料で可能となっています。インストールできる端末は前述したとおりAndroid端末とWindows 8.1及び10になります。

インストール方法

ColorNoteのインストールは各アプリストアから行います。それぞれ利用端末に合わせた場所からアプリを無料インストールしてください。

Android版アプリ

Android端末へインストール

Android版のアプリはGoogle Playストアから行います。基本的にどのAndroidデバイスでも利用可能ですので、現在のバージョンやAndroidの要件は端末のシステムに左右されます。

ColorNote カラーノート メモ帳 ノート 付箋 - Google Play のアプリ

Windows版

Windows PCへインストール

Windows版のColorNoteは下記リンクのMicrosoft Storeからインストールしてください。システム要件として必要なのはWindows 8.1もしくはWindows10になります。

ただ、Windows8.1でインストールしようとしても、デバイスの追加が8.1ではできないのか、筆者のやり方が悪いのかはわかりませんが、Windows8.1ではインストールすることができませんでした。

Windows10であれば確実にインストールは可能かと思われます。

ColorNote メモ帳 ノート を入手 - Microsoft Store ja-JP

ColorNoteの使い方~メモ作成

ColorNoteアプリを開く

では、ColorNoteの使い方の説明へ移りましょう。基本的なもの――メモの作成方法の説明からAndroidのアプリの方での説明で行っていきます。まずはColorNoteアプリを開いてください。

「+」ボタンからメモの追加・作成

メモの追加は「+」ボタンから行います。

テキスト

「テキスト」で普通のメモの作成

メモの追加ボタンで表示されたものから「テキスト」をタップして開いてください。

メモしたい内容を入力

テキスト入力画面になります。その中にメモしたい内容を入力しましょう。

メモのタイトルの変更も可能

入力すると、その文字がそのままメモのタイトルになります。タイトルを編集したい場合は、タイトル部分をタップして編集してください。

チェックマークタップで保存

チェックマークをタップすれば保存されます。一度画面が暗転しても自動的に保存されるようになっていますので、メモの内容が突然消えるような事態は避けられます。

チェックリスト

「チェックリスト」でチェックリストの作成

メモの追加ボタンで表示されたものから「チェックリスト」をタップして開いてください。

チェックリストのタイトルを入力

チェックリストのタイトルを入力しましょう。

「アイテムを追加」からチェック項目の追加

チェック項目のアイテムは「アイテムを追加」から行います。

チェックマークをタップして保存

左上のチェックマークをタップすれば内容が保存されます。一度画面が暗転しても自動的に保存されるようになっていますので、内容が突然消えるような事態は避けられます。

項目をタップすると取り消し線が表示される

作成したチェック項目の上をタップすると、上記のように取り消し線が表示され、タスク管理などに便利な機能と言えます。

Thumb【Google Keep】メモを他ユーザーと共有する方法!
オンラインで保存でき、カレンダーやリマインダー、ToDoリストとしても活躍するGoogle ...

ColorNoteの使い方~応用~

ColorNoteにある機能はこれだけではありません。それ以外にも、応用した使い方ができる機能がたくさん詰まっています。

多機能で設定しやすいリマインダー

リマインダー機能でメモ内容を忘れないようにする

「ColorNote」はメモした内容を忘れないようにするためのリマインダー機能も備わっています。日時の指定だけでなく、一定期間通知し続けて忘れないようにする、ということも可能で、リマインダーとしてのカスタマイズの幅は多機能と言えます。

メモごとに色を変える

メモを色で区別できる

メモの内容ごとに色を変えることもできます。メモの用途ごとに変更することができるため、色ごとに管理がしやすくなります。また、カラー順にソートをかけることもできるため、メモのリストとしてもかなり利便性が高いといえます。

多彩なソート機能と見やすいメモ一覧

ソート機能を利用してメモ一覧を見やすくする

先ほどの色を変える機能に重なる部分が多いですが、色以外のソートの種類も多彩です。変更順、作成順、タイトル順、カラー順、リマインダー順という種類があります。

リストの表示形式も変更可能

また、メモ一覧の見た目もグリッド表示や詳細表示(メモの内容も見れる)ようにするなど、利用したいビューを選択できます。

付箋のようなウィジェットを追加

付箋のようなウィジェットの設置が可能

リマインダーとはまた違う形で、忘れないようにメモをホーム画面にウィジェットとして追加しておくこともできます。ウィジェットの大きさは端末のシステムの影響は受けますが、小さい付箋のようなメモから、大きな付箋のようなメモまで作成できます。

クラウド保存で同期が可能

クラウドに保存することで、メモの同期も可能です。この同期機能を使ってAndroidとWindows相互間でのメモの同期も可能ですし、バックアップファイルとして利用することもできます。

Thumb【Android】「高速メモ帳」アプリの使い方を詳しく解説!
本記事では、無料のAndroidメモアプリ「高速メモ帳」の使い方を解説させていただきます。高...

ColorNoteの使い方~その他の便利機能~

その他にも、ColorNoteには便利な機能がたくさん備わっています。それぞれ簡単に説明していきましょう。

他のアプリにノートの内容を転送できる機能

「送信」でメモ内容をほかの端末へ手軽に転送

他のメモアプリにメモの内容を普通のコピペ以外で利用できる、というのはかなり嬉しい機能なのではないでしょうか。ColorNoteではそれが可能となっています。

メニューから「送信」を押すと、LINEやメールなどで内容がメール本文などに入力されます。わざわざコピペすることなく転送できる点はかなり評価も高いのではないでしょうか。

アーカイブ機能

削除せず一覧から除外することもアーカイブで可能

メモの内容は残しておきたいけれど表示内容からは消したい、という場合に便利なのがアーカイブ機能です。

アーカイブするとメモ一覧には表示されなくなりますが、「アーカイブ」の中に保管しておけますので、ほとんど見ないけれど残しておきたいようなメモはアーカイブに入れておくことができます。

SDカードへのバックアップ

SDカードへのバックアップも可能

メモとはいえ大事な情報です。ColorNoteでは、メモやチェックリストの内容をSDカードへバックアップすることができます。オンラインでのバックアップを利用したくない人にはおすすめと言えます。

SDカードへのバックアップにはマスターパスワードが必要

バックアップするためにはマスターパスワードの設定が必要ですが、マスターパスワードの設定ができてしまえばそれ以外の使い方は簡単ですので、誰でも気軽にSDカードへバックアップが可能です。

マスターパスワードの設定は設定の「マスターパスワード」から行うことができます。

パスコードでのメモのロック

メモにマスターパスワードでロックをかけることが可能

入力してある内容を誰かに見られたくない場合には、パスコードを設定してメモにロックをかけることもできます。バックアップに必要なマスターパスワードをここでも利用することになります。

カレンダー機能

カレンダーに付箋を貼るような気持での利用もできる

ColorNoteには、メモ機能だけでなくカレンダー機能も備わっています。カレンダーで日付を指定し、そのカレンダーにメモやチェックリストを作成することで、カレンダーに付箋を貼って管理するような感じで楽しむこともできます。

ColorNoteの保存方法について

ColorNoteのメモの保存方法ですが、特に難しい作業は必要ないような仕組みになっています。

基本的に自動保存

手動で保存はできますが、基本的に自動で保存されます。戻るボタンやホームボタンなどでアプリ画面を閉じた際に自動的に保存されますので、保存し忘れるという心配は必要ありません。

ThumbAndroidのメモ帳(標準)の使い方とメモ帳のおすすめアプリ10選!
今回の記事では、Androidのメモ帳(標準)の使い方とメモ帳のおすすめアプリ10選!につい...

ColorNoteのバックアップとPCとの同期方法

ColorNoteのバックアップはオンラインで行うことになりますが、それを利用してPCのColorNoteアプリと同期することもできます。

端末へのバックアップ

オンラインではなくAndroid端末へのバックアップ方法は、先ほど説明したSDカードへのバックアップになります。SDカードと言ってもその対象は内部ストーレジのSDカードですので、ファイル管理アプリなどでSDカードへ移動させる必要があります。

オンラインインストールへのバックアップ

オンラインストレージへのバックアップに関しては、SDカードへのバックアップより手軽に行うことが可能です。

GoogleかFacebookのアカウントが必要

ただし、オンラインでバックアップを行う場合はGoogleもしくはFacebookのアカウントが必要です。

しかし、Android端末を持っている人というのは必然的にGoogleアカウントは所持しているはずですので、それを利用すればオンラインバックアップすれば事足ります。

PCのみで利用している人でGoogleもしくはFacebookのアカウントを所持していない人は、アカウントを作成する必要があります。

他の端末とのデータ共有

AndroidとPC間だけでなく、Androidスマホ同士という他の端末との間でのデータ共有もオンラインストレージを利用することにより可能となっています。

なお、同期するタイミングはアプリの起動時もしくは手動になりますので、複数の端末でデータ共有を行っている場合は保存と同時に同期を手動で行っておくことをお勧めします。

PC用のColorNoteアプリケーション

PC用のColorNoteのアプリケーションはほぼWindows10用のものと言って差し支えないと思います。使い方はAndroid版と同様ですので、これと言って難しい動作ではありませんので、Android版アプリと同様に利用してください。

メモアプリとしては大変人気も高く、実際筆者も日ごろから利用しているメモアプリです。メモアプリをどれにしようか悩んでいるAndroidユーザーの方は、無料インストールして使い心地を試してみてはいかがでしょうか。

Thumb【Android】メモ/付箋ウィジェットおすすめ6選!
皆さんは外出中に、急に思い出したことや、覚えておきたい事があるときはどうしてますか?ペンやメ...

合わせて読みたい!メモに関する記事一覧

Thumb【iPhone】メモをロックできないときの解決方法を解説!
皆さんは普段iPhoneのメモアプリを使っていますか?今ではiPhoneのメモアプリはメモロ...
Thumb【iPhone/iOS9.3】メモのパスワードを忘れたときの強制リセット方法!
iPhoneのメモアプリにはiOS9.3からパスワードロック機能が増えました。この記事はiP...
Thumb【Windows10】インストール用USBメモリを作成する方法!
Windows10パソコンをクリーンインストールできるインストーラをUSBメモリで作成します...
Thumb【Windows】標準のメモ機能「付箋アプリ」の使い方!
Windowsには、Windows上で付箋が貼れる付箋アプリが有ります。Windows7、W...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ