LINE Payで送金・送金依頼や受け取りする方法【LINE】

普段のお買い物に使える便利なLINEPayですが、友達への送金に使えるやり方をご存知ですか?LINEPayお買い物でのお支払いだけでなくは友達への送金や送金依頼などに活用することができます。今回はそんなLINEPayの便利な送金方法についてご説明します。

LINE Payで送金・送金依頼や受け取りする方法【LINE】のイメージ

目次

  1. 1LINE Payで送金をする前に本人確認が必要
  2. 銀行口座の登録をする
  3. 本人確認をするメリット
  4. LINEPayにはクレジットカードを登録することもできる
  5. 2LINE Payで送金する方法
  6. 送金したい友達のトークを開く
  7. +ボタンをタップしLINE Payを選択
  8. 送金をタップ
  9. 金額を入力し送金をタップ
  10. 3LINE Payで出金する方法
  11. LINE Payの設定から出金をタップ
  12. 出金したい銀行口座を選択
  13. 出金する金額を入力し確認をタップ
  14. 出金するには銀行の営業日や営業時間も関わっている
  15. セブン銀行ATMからも出金することができる
  16. 4LINE Payで送金依頼をする方法
  17. LINE Payのトップから送金依頼を選択
  18. 依頼する友達を選択し金額を入力
  19. メッセージを入力したら送金依頼ボタンをタップ
  20. 割り勘機能を使った送金依頼方法も便利
  21. 5LINE Payの機能別利用上限額
  22. チャージする場合の利用上限額
  23. 決済時の利用上限額
  24. 出金時の利用上限額
  25. 送金時の利用上限額

LINE Payで送金をする前に本人確認が必要

LINEPayはコンビニなどで現金をチャージすることで、チャージした分の金額だけお支払いで使えるLINEのお財布サービスですが、LINEPayには"送金"という機能があるのをご存知ですか?

LINEPayの送金はLINEの友達へお金を送金できる機能で、送金するお金はLINEPayの残高を使って相手に送ります。

LINEPayの残高を使って送金するので、もちろん送金される側の相手もLINEPayに登録しておく必要があります。

相手がLINEPayに登録していなくても送金することはできますが、送金された相手がLINEPayに7日以内に登録しない場合は送金がキャンセルされます。

そんな便利なLINEPayの送金ですが、送金機能を使うためには"本人確認"というものが必要になってきます。LINEPayに本人確認を登録するやり方は以前は運転免許証や健康保険証などが必要でしたが、2017年の9月17日から銀行口座の登録のみでOKになりました。

あとで紹介しますがLINEPayに銀行口座を登録することで送金以外にもメリットがあります。まずはこれからLINEPayで送金するための本人確認登録の方法をご紹介したいと思います。

銀行口座の登録をする

LINEPayで本人確認に必要な銀行口座の登録をするやり方は、まずLINEPayのトップ画面にある「設定」をタップします。

設定をタップすると以下のような画面に切り替わるので「本人確認」と書かれた項目をタップします。

本人確認をタップすると「本機能は本人確認(銀行口座登録)を行うことで、ご利用いただけます。」と画面の中央に表示され、そのしたに「本人確認」、「キャンセル」と書かれた項目が表示されるので「本人確認」をタップします。

ここから銀行口座の登録を行っていきます。まずはLINEPayに登録した銀行を選択します。全国のすべての銀行が登録できるわけではありませんが、各都道府県の主要な銀行はあると思うので自分が普段使っている銀行を登録しましょう。

登録する銀行を選択すると「サービスをより安全にご利用いただくため、ユーザーの年齢によっては本人確認が必要になります。本人確認が完了するまでしばらく時間がかかる場合がありますのでご了承ください。」と画面に中央に表示されます。

よければ「OK」をタップします。

するとLINEPayの利用規約が表示されるので、よければ一番下までスクロールして「同意します」をタップします。

続いてパスワードを設定していきます。LINEPayで送金をするにはパスワードを設定をしておく必要があります。パスワードは6桁の数字のみ設定できます。

最後に銀行口座の登録をします。先ほど選択した銀行口座の詳しい情報を入力していきます。すべて入力し終わればLINEPayで送金機能を使うことができるようになります。

本人確認をするメリット

基本的にはチャージとお支払いに使うだけのLINEPayですが、本人確認すると送金以外に一体どのようなメリットがあるのでしょうか?

本人確認をするとLINEPayの活用の幅がとても広がります。今すでにLINEPayを頻繁に活用している方やこれからLINEPayを使おうとお考えの方にも役立ちます。

それはLINEPayで本人確認することのメリットを以下にまとめてみました。

出金ができる

LINEPayで本人確認をすると出金ができるようになります。これはうれしい方も多いのではないでしょうか?LINEPayは基本的にチャージするだけで出金はできないイメージがありますが、チャージした分の中から出金することが可能です。

LINEPayの残高は先ほどの本人確認で登録した銀行口座へ出金して受け取りをすることが可能です。ただし出金には手数料がかかります。

手数料はかかりますがLINEPayの残高を出金して受け取りをすることができれば、どうしても現金が必要な場面などで活用することができます。

ちなみにLINEPayの残高を出金するときの手数料は216円です。1回につき216円の手数料がかかるので、何度も出金ばかりしていると手数料代だけでもそれなりの金額になってしまうので注意が必要です。

また、登録した銀行口座へ出金することができれば、毎月のクレジットカードの支払いなどにも活用することができます。

送金依頼をすることができる

LINEPayの送金機能にはもうひとつ"送金依頼"というものがあります。送金依頼は送金してほしい相手などに送金を依頼するやり方で、送金依頼はトークメッセージとして相手に送ることができます。

ただし、送金依頼に関しても送金依頼をされた相手がLINEPayの利用登録をしていて、なおかつ本人確認をしておかないと送られてきた送金依頼に対して送金をすることができないので、送金依頼をする場合は相手がLINEPayを使っていて本人確認をしているかどうか確認しておきましょう。

LINEPayで送金依頼をした相手から送金をされた分はLINEPayの残高として受け取りをすることができます。

割り勘機能が使える

LINEPayに本人確認をすると送金や送金依頼の延長のような機能として"割り勘"機能が使えるようになります。飲み会や旅行先などの会計時にみんなの分を立て替えた場合に割り勘を使えば、その場にいた友達全員に割り勘した金額を送金依頼することができます。

割り勘を使ってみんなから送られてきたLINEPayの残高を受け取りしたあとに登録した銀行口座へ出金しておけば、クレジットカードでお支払いしたときもみんなで割り勘した分が使えるので安心です。

LINEPayの利用額が増える

LINEPayに本人確認をするとLINEPayの利用額が大幅に増えます。これはLINEPayを活用する上で大きなメリットと言えます。

本人確認をするまではLINEPayにチャージできる最高額は10万円までですが、本人確認をするとチャージできる金額が100万円まで増えます。

なかなか100万円までLINEPayにチャージする人は少ないかもしれませんが、10万円以上チャージしたいと思っている人は意外と多くいるようです。

今現在普段からLINEPayを頻繁に活用している人で「10万円以上チャージしたいな」とお考えの方は、本人確認してみるといいでしょう。

LINEPayにはクレジットカードを登録することもできる

LINEPayに本人確認をすることで活用する幅はとても広がりますが、よりLINEPayの活用の幅を広げたい人はクレジットカードを登録するのもいいでしょう。

LINEPayにクレジットカードを登録しておけば、本人確認のときと同様に役立つメリットがいくつかあります。

クレジットカードの情報を入力しなくて済む

LINEPayにクレジットカードを登録しておくと、LINEの各サービスなどをクレジットカードを使って購入するときに面倒なクレジットカードの情報をわざわざ入力する必要がなくなります。

クレジットカードを使った決済をよりスムーズにできるので便利です。

LINEPayの残高を気にしなくていい

LINEPayは基本的に残高分しか決済に使うことができませんが、クレジットカード登録をしておけば万が一残高が足りない場合でもクレジットカードを使ってスムーズに決済することができます。

登録できるクレジットカードの種類

LINEPayに登録できるクレジットカードは以下の通りです。
 

  • VISA
  • マスターカード
  • JCB
  • アメリカンエキスプレス
  • ダイナースカード

また、LINEPayには複数のクレジットカードを登録することができ、本人のクレジットカードでなくても家族カードなどでも登録することができます。

チャージはできない

ただし、LINEPayにクレジットカードを登録してもLINEPayへのチャージはすることはできないので注意しましょう。チャージは基本的に現金のみになります。

LINEPayにチャージすることはできないのですが、それなりに活用の幅は広がります。また、チャージ同様にできないことはいくつかあり、店舗などでのお支払いや送金などはできないので注意してください。

ThumbLINE Payを出金しよう!現金に換金してATM・銀行口座で出金する方法!
LINEPayのチャージした残高を出金できるのをご存知ですか?LINEPayは本人確認をすれ...

LINE Payで送金する方法

続いてLINEPayでの送金方法についてご説明していきたいと思います。LINEPayでの送金は手数料などは一切かからないので手軽にお金のやりとりができるのが魅力です。

直接お金のやりとりをしなくて済むので、離れた場所にいる相手にもお金を送金することができます。

送金したい友達のトークを開く

まずはLINEの友達一覧などから送金したい相手を選んで友達とのトーク画面を開きます。

+ボタンをタップしLINE Payを選択

続いて友達のトーク画面にある「+」ボタンをタップします。

送金をタップ

+ボタンをタップすると以下の画像のようにメニューが表示されるので、メニューの中にある「送金」と書かれた項目をタップします。

送金をタップすると「送金する」、「送金を依頼する」と2種類の項目が表示されるので、「送金する」をタップします。

金額を入力し送金をタップ

送金するをタップすると友達に送金する金額を入力する画面に切り替わります。いくら送金するのか金額を入力します。

最後に送金する相手へ「〇〇時に立て替えてもらった分だよ」などのメッセージとメッセージカードを選択して一番下にある「送金」をタップすれば友達への送金が完了です。

ただし、先ほども説明しましたが送金した相手がLINEPayを使っていないと送金したLINEPayの残高の受け取りはすることができません。

7日以内にLINEPayの利用登録をしないと受け取りが完了せずに送金自体がキャンセルされてしまうので注意しましょう。

ThumbLINE Payにクレジットカードを登録・チャージする方法!ポイントをお得に貯めよう
LINEPayにクレジットカードを登録するとどのようなメリットがあるのでしょうか?「クレジッ...

LINE Payで出金する方法

送金に続いてLINEPayで出金するやり方についてご説明します。と、その前に先ほども説明しましたが、LINEPayで出金する場合は手数料がかかります。

手数料の金額は1回216円です。送金のように手数料がかからないわけではないので、注意する必要があります。

この出金にかかってくる手数料はLINEPayの残高から取られるので仮に1万円を出金する場合は、LINEPayの残高が最低1万216円必要になります。

万が一手数料分を計算し忘れてしまうと出金できないことになるので、LINEPayで出金をする際には必ず手数料分を計算に入れておきましょう。

LINE Payの設定から出金をタップ

出金するにはまずLINEPayの画面から「設定」をタップします。

続いて設定の中にある「出金」と書かれた項目をタップします。

出金したい銀行口座を選択

出金をタップすると出金用の銀行口座の選択画面になるので、本人確認したときに登録した銀行を選択します。また、この画面から新しい銀行口座の登録なども可能です。

出金する金額を入力し確認をタップ

あとは出金したい金額を入力して一番下にある「確認」をタップすればOKです。これで指定した銀行口座で指定した金額の受け取りをすることができます。

出金をするとLINEPayの残高から出金した金額と手数料216円が引かれます。先ほども言いましたが、出金の際には手数料を忘れないようにしましょう。

出金するには銀行の営業日や営業時間も関わっている

LINEPayで出金する場合には当然銀行の営業日や営業時間が関わってきます。銀行がお休みの日だったり、営業時間外だと出金したくても出金することができません。

銀行がお休みの場合や営業時間外の場合は以下のような画面が表示されます。

利用制限のご案内には各銀行がいつLINEPayの出金に対応しているのかも一緒に表示されるので、よく確認しておきましょう。

セブン銀行ATMからも出金することができる

LINEPayで出金する場合、セブン銀行ATMを使って出金することもできます。セブン銀行ATMは全国のセブンイレブンや駅、商業施設などに設置されていて、セブン銀行の口座を持っていなくてもLINEPayの残高を出金することができます。

ちなみにセブン銀行ATMで出金する際も手数料216円はかかってくるのでお忘れないようにしてください。

セブン銀行ATMで出金するやり方はお使いのスマホとセブン銀行ATMの端末を使います。ATM端末から直接お金の受け取りができるので、すぐに現金としてほしい場合は銀行口座よりもセブン銀行ATMでの出金を活用したほうがいいでしょう。

LINEPayの出金自体に手数料はかかりますが、登録した銀行口座に出金してしまうとそこから現金を出金するのに再び手数料がかかってしまうので、手数料を2重に取られてしまいます。

また、セブン銀行ATMならLINEPayカードを使って出金することもできます。

LINEPayカードを持っていない場合は別途申し込む必要がありますが、スマホを使わずにセブン銀行ATMの端末のみの操作で出金できるので便利です。

それではセブン銀行ATMで出金する方法もご紹介したいと思います。

スマホを使って出金する方法

まずはセブン銀行ATMの最初の画面にある「スマートフォン出金・入金」をタッチします。

すると、画面にQRコードが表示されるので続いてお使いのスマホでQRコードを読み取ります。

QRコードを読み取るにはまずLINEPayの画面から「設定」をタップします。

続いて設定の中にある「出金」と書かれた項目をタップします。

出金用の銀行口座を選択する画面で一番上にある「セブン銀行ATM」をタップします。

すると、以下のような画面が切り替わるので一番下にある「次へ」をタップします。

次へをタップするとスマホの画面がコードリーダーに切り替わるので、セブン銀行ATM端末の画面に表示されているQRコードを読み取ります。

QRコードを読み取ると画面に「企業番号」と「認証番号」というのが表示されるので、そちらをセブン銀行ATM端末に入力していきます。

まずは画面の上にある企業番号を入力します。

続いてスマホ画面の下にある認証番号を入力します。あとはセブン銀行ATM端末に表示される操作に従って出金をすることができます。

このとき、手数料があることを忘れないようにしましょう。LINEPayの残高以上は出金できないので、手数料を忘れていると「出金できない」なんてことにもなるので出金額とLINEPay残高はよく確認しましょう。

出金した現金の受け取りはセブン銀行ATMの端末から可能です。

LINEPayカードを使って出金する方法

続いてLINEPayカードを使った出金方法ですが、やり方はとても簡単です。セブン銀行ATM端末にLINEPayカードを挿入します。

すると、画面がLINEPayの取引画面に切り替わるので「ご出金」と書かれた項目をタッチします。

あとは画面に表示されるやり方に従うだけでLINEPayの残高を出金することができます。出金した現金はセブン銀行ATM端末から受け取りすることができます。

セブン銀行ATMを使うやり方なら出金手数料だけで現金の受け取りができるので非常に便利です。また、LINEPayカードがあれば現金を出金する際の手間がかなり少なくなるので、受け取りまでスムーズにできます。

ThumbLINE Payでコンビニ決済する方法!ローソンの決済はLINE Payを使おう
LINEPayを使ってコンビニ決済する方法をわかりやすく解説しています。また、LINEPay...

LINE Payで送金依頼をする方法

LINEPayでの送金依頼はお金をもらいたい相手に送金のお願いを依頼できる方法で、そのやり方は送金のやり方と変わらず簡単です。

ただし、送金依頼をした相手がLINEPayの利用登録をしていて、本人確認をしていないと送金することができないので相手が送金できる状況なのかをちゃんと把握しておきましょう。

そうでないとせっかく送金依頼をしてもお金の受け取りができないので、食事代などを立て替えた場合に直接お金のやり取りをするしかなくなります。

LINE Payのトップから送金依頼を選択

まずはLINEPayのトップ画面から「送金依頼」と書かれた項目をタップします。

依頼する友達を選択し金額を入力

すると、送金依頼する友達を選択する画面に切り替わるので、どの友達に送金依頼するのかを選択して一番下にある「選択」をタップします。

このとき、選択する友達は1人だけでなく複数人選択することができます。複数の友達からお金を受け取りする場合は送金依頼をする人数の分だけ友達を選択しましょう。

お金を受け取りたい友達を選択したら続いていくら受け取りたいのか金額を入力します。送金依頼すり金額を入力したら一番下にある「次へ」をタップします。

メッセージを入力したら送金依頼ボタンをタップ

あとは「〇〇で立て替えといた分〇〇円ちょうだい」などメッセージを添えて、メッセージカードを選択して「送金を依頼する」をタップすればOKです。

カメラマークをタップすれば画像が添付できるので、立て替えた分のレシートなどを一緒に送るのもいいでしょう。

LINEPayの送金と送金依頼を使ったやり方なら直接お金のやり取りをしないので、普段お金のやり取りが苦手でお願いできない人でも送金依頼をしやすかったりします。

割り勘機能を使った送金依頼方法も便利

先ほど少し紹介しましたがLINEPayの送金機能には割り勘機能もあります。割り勘機能を使ったやり方なら「普段からお金のやり取りが苦手で相手に請求できない」という方でも気にせず送金依頼ができるので安心です。

また、割り勘機能を使ったやり方なら合計金額を入力するだけで複数人に割り勘代の送金依頼をすることができます。

それでは以下に割り勘機能を使った送金依頼のやり方をご紹介したいと思います。

割り勘機能を使って送金依頼をするやり方

まずはLINEPayの画面から「割り勘」と書かれた項目をタップします。

続いて割り勘する相手を友達一覧から選択します。選択が終われば一番下にある「選択」と書かれた項目をタップします。

割り勘する友達を選択したら続いて合計金額を入力していきます。合計金額を入力すると一人当たりいくら払えばいいのかが表示されます。

よければそのまま一番下にある「次へ」をタップします。

あとは送金や送金依頼と同じようにメッセージを入力してメッセージカードを選択すればOKです。最後に一番下にある「割り勘」をタップすれば選択した友達全員にトークメッセージで割り勘のお知らせが届くようになっています。

ただし、相手が送金できないと意味がないので、割り勘も送金や送金依頼と同じように割り勘したい相手がLINEPayの利用登録をしていて、なおかつ本人確認をしているかどうかは把握しておきましょう。

ThumbLINE Payカードの使い方とメリット/デメリット!還元率・申し込み・チャージ方法も解説
LINEPayはLINEのコインを購入するときに便利ですが、カードを発行できるのをご存じでし...

LINE Payの機能別利用上限額

LINEPayにはそれぞれ利用上限額というものがあります。この上限額はチャージや決済、出金などから本人確認前と本人確認後でも違いがあります。

LINEPayを使う上でこの利用上限額を理解していないと不便な場面も出てくるかもしれません。そのため、これからLINEPayの利用上限額を機能別にご紹介していきたいと思います。

ちなみにLINEPayにはアカウントタイプというものがあり、本人確認前は"LINECash"で本人確認後は"LINEMoney"となります。

チャージする場合の利用上限額

LINEPayを使うにはまず現金をチャージしなければなりませんが、このチャージできる金額はチャージ方法と本人確認前後で違います。その違いは以下の通りです。

ローソンレジチャージの場合

LINECash 利用上限額:4万9000円
LINEMoney 利用上限額:4万9000円

どちらも利用上限額は一緒でチャージできる最小金額も一緒で1000円です。

セブン銀行ATMでチャージの方法

LINECash 利用上限額:10万円
LINEMoney 利用上限額:50万円

セブン銀行ATMでチャージできる金額はローソンレジと比べて大幅に上がります。チャージできる最小金額はLINECash、LINEMoney共に1000円です。

コンビニチャージの場合

LINECash 利用上限額:10万円
LINEMoney 利用上限額:29万9000円

コンビニチャージとはファミリーマートのFamiポートでのチャージのことです。すべてのコンビニでLINEPayにチャージはできないので注意しましょう。

コンビニチャージでの最小金額もLINECash、LINEMoney共に1000円です。

銀行口座連携でのチャージの場合

LINECash 利用できません。
LINEMoney 利用上限額:10万円

銀行口座からのチャージはLINEPayのアカウントタイプがLINECashの場合は利用することができません。LINEMoneyなら10万円まで利用することができ、最小金額は100円から利用可能です。

決済時の利用上限額

続いて決済時の利用上限額をそれぞれご紹介したいと思います。LINEPayではここの金額に一番大きな違いが出てきます。

決済時利用上限額はLINEPayにチャージできる残高のMAX値で、先ほど紹介したチャージの上限額は1回のチャージの上限額です。チャージ回数に上限はありません。

チャージ残高を使った決済の場合

LINECash 利用上限額:10万円
LINEMoney 利用上限額:100万円

チャージ残高からお支払いに使える金額はLINEMoneyはLINECashの10倍です。1回のお支払いで100万円(LINEPayのチャージ残高上限額)も使うことが可能です。

そのため、LINEPayのアカウントタイプがLINEMoneyの方は、LINEPayに100万円までならチャージすることができます。

クレジットカードを使った決済の場合

LINECash 利用上限額:契約したクレジットカードの上限額
LINEMoney 利用上限額:契約したクレジットカードの上限額

クレジットカードの利用ならLINECashもLINEMoneyでもどちらでも契約しているクレジットカードの上限額が適用されます。

LINEPayのクレジットカード登録は最初に紹介したとおりで、本人確認をしていてもしていなくても利用可能です。

LINEPayカードを使った決済の場合

LINECash 利用上限額:10万円
LINEMoney 利用上限額:100万円

LINEPayカードを使った決済の場合も基本的にはチャージ残高で決済するときと違いはありません。

出金時の利用上限額

出金は基本的にアカウントタイプがLINEMoneyの方しか利用することができません。出金時の利用上限額は以下の通りです。
 

セブン銀行ATM 利用上限額:1万円
銀行口座連携 利用上限額:10万円

セブン銀行ATMでの出金ならすぐに現金での受け取りができますが、その代わり1万円までしか出金することができません。

銀行口座への出金なら10万円まで出金が可能ですが、引き出すには別途手数料がかかってきます。

送金時の利用上限額

送金も基本的にアカウントタイプがLINEMoneyの方しか利用することができません。その利用上限額は1日/1回の送金で10万円までです。

次の日になればまた10万円までなら送金することが可能です。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
高尾
よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ