【dデリバリー】エラーの詳細/対処法をくわしく解説!

dデリバリーでログインで開けない注文できないから支払うできないなどといったエラーの詳細や対処法をくわしく解説します。dデリバリーでエラーの詳細に合わせて、それぞれ対処法を紹介しますので、登録できないや通信できない状態になった場合は、対処していきます。

【dデリバリー】エラーの詳細/対処法をくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1【dデリバリー】エラーの詳細/対処法
  2. dデリバリーとは
  3. dデリバリーはエラーが起こる?
  4. 対処法はある?
  5. 2【dデリバリー】エラーの詳細
  6. サイトが開けない
  7. ログインできない
  8. 注文できない
  9. 支払い登録ができない
  10. 3【dデリバリー】エラーの考えられる原因
  11. 通信環境が悪い
  12. スマホ/パソコンの不具合
  13. サイトへのアクセスの集中
  14. サイト側の不具合
  15. 4【dデリバリー】エラーの対処法
  16. 通信環境の改善
  17. アプリの再起動
  18. アプリの更新/再インストール
  19. スマホ/パソコンの再起動
  20. 時間をおいてアクセス
  21. 公式サイト/Twitterの告知を確認
  22. ブラウザ版/アプリ版でそれぞれで試す
  23. 運営に問い合わせ
  24. その他
  25. まとめ
  26. 合わせて読みたい!デリバリーに関する記事一覧

【dデリバリー】エラーの詳細/対処法

dデリバリー

dデリバリーでエラーが多いと聞いたが、どんなエラーがあるのか知っておきたい人。dデリバリーで登録・ログインや注文、サイトが開けないといったエラーが発生した人に向けて、エラーの詳細から対処法まで、くわしく解説していきたいと思います。

本日は、dデリバリーのアプリやブラウザ版で起きるエラーの詳細や対処法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。dデリバリーはよくエラーが発生すると言われているので、対処法を覚えておくことをおすすめしています。

それでは、dデリバリーで起きるエラーの詳細や対処法を一つ一つ説明していきたいと思いますので、順を追って確認をしてみるといいでしょう。

dデリバリーとは

dデリバリーは、株式会社NTTドコモが手掛ける「デリバリーサービス」となっています。全国約11,000店舗の中から自由に自分が食べたい飲食店の料理を自宅にいながら注文をして食べることができます。

docomoが運営するフードデリバリーサービス

dデリバリーのサービス詳細を深堀をしていきたいと思います。dデリバリーは、docomoが運営するフードデリバリーサービスになります。ブラウザ版とアプリ版で提供を行っています。現在Androidアプリは廃止されています。

dデリバリーはエラーが起こる?

ここからは、dデリバリーはエラーは起こるのかについて注目をしていきたいと思います。dデリバリーはエラーがよく起こると言われていますが、実際はどうなのか口コミについて見ていきたいと思います。

エラーに関する口コミ

dデリバリーはエラーに関する口コミとしては「注文することができない」といったエラーが発生したという口コミがあります。ログインして注文をしようとするとエラーコードが表示されるとの口コミがいくつか見受けられました。

対処法はある?

dデリバリーはエラーは多いと言われていますが、対処法はあります。これからその対処法を紹介していきますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Thumb「dデリバリー」と「Uber Eats」を比較!お得なのはどっち?
デリバリーサービスの「dデリバリー」と「Uber Eats」のメリットやデメリットを比較して...

【dデリバリー】エラーの詳細

ここからは、dデリバリーのエラーの詳細についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

サイトが開けない

dデリバリーのエラーの詳細として「サイトが開けない」といったことがあります。サイトが開けない場合は、通信エラーが原因になっていることがあげられます。サイトを開けませんといったエラーメッセージが表示されます。

また、dデリバリーのサイトを開けない場合は「URLを表示できません」といったようにアクセスをするたびにエラーメッセージが変わるといったことも確認されています。

ログインできない

つづいてのdデリバリーのエラーの詳細としては「ログインできない」こともあげられます。dデリバリーのブラウザ版とアプリ版どちらもログインできないといったことが発生していることがあります。

ログインする際のdアカウントやパスワードが合っていたとしても、ログインできないといったエラーが発生していることが考えられます。また、dデリバリーアプリを起動すらできないというエラーもありますので、覚えておくべきです。

注文できない

つづきまして、dデリバリーのエラーの詳細としては「注文できない」こともあげられます。注文をすることができないというエラーは、エラーに関する口コミで紹介をしましたが、ログインして注文をするとエラーコードが表示されるとのことです。

注文をしようとすると、JavaScriptエラーの画面が表示されて進むことができないといったエラーになります。

支払い登録ができない

最後に紹介をする、dデリバリーのエラーの詳細は「支払い登録ができない」こともあげられます。クレジットカード決済をする際に、クレジットカードを登録しようとしても登録できないことがあります。

クレジットカードの登録ができないと支払いをすることができないので不便です。

Thumb「dデリバリー」の使い方!クーポンで安くする方法も解説!
docomoが運営するdデリバリーという出前ができるサイトがあります。出前を割引クーポンなど...

【dデリバリー】エラーの考えられる原因

dデリバリーのエラーの詳細を理解したところで、エラーの考えられる原因についても理解をしていなければ根本的な解決になりません。dデリバリーのエラーの考えられる原因を把握しておくことで、スムーズに対処法をとることができるでしょう。

それでは、dデリバリーの各考えられる原因を一つ一つ説明していきたいと思いますので、何が問題となっているのか明確にしていきたいと思います。

通信環境が悪い

dデリバリーのエラーの考えられる原因としては「通信環境が悪い」ことが考えられます。通信環境が悪いと、サイトを開く時に、読み込まれずにサイトが開けなくなるといったことがあります。

また、通信速度制限や通信速度が安定しない場所でdデリバリーを利用すると、注文やクレジットカードの登録を行おうとすると、読み込めないページがいくつか発生することが考えられますので、注文・登録や支払いをすることができない原因となってしまいます。

スマホ/パソコンの不具合

つづいてのdデリバリーのエラーの考えられる原因として「スマホ/パソコンの不具合」も考えられます。お使いのスマホやパソコン自体に、何かしらの不具合が発生していると、クレジットカードの登録や注文時の支払いをすることができないです。

たとえば、dデリバリーのサイトの表示が崩れて見えなくなっていたり、ボタンを押しても反応しなかったり、さまざまな不具合が発生するようになります。

サイトへのアクセスの集中

つぎに紹介をする、dデリバリーのエラーの考えられる原因としては「サイトへのアクセスの集中」です。サイトへのアクセスの集中は、dデリバリーを利用する人が多くなる時間帯になると、アクセスが集中して通信エラーになったりすることがあります。

アクセスする人数が多いと、サーバーダウンにつながりますので、一時的にdデリバリーのサイトにアクセスできなくなったり、あるページだけ読み込めなかったりすることがあげられます。

サイト側の不具合

dデリバリーのエラーの考えられる原因は「サイト側の不具合」も考えられます。何かしらサイト側に不具合が発生している可能性があります。サイトが開けない場合や通信エラーが発生します。

Thumb【デリバリー&テイクアウト】「menu(メニュー)」アプリについて解説!
「menu(メニュー)」アプリはスマホで簡単にデリバリーとテイクアウトの予約ができるサービス...

【dデリバリー】エラーの対処法

ここからは、dデリバリーで発生したエラーの対処法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。dデリバリーで発生したエラーは、サイトが開けないことや通信エラーなどさまざまありますので、そのエラーに合った対処法をとる必要があります。

万が一、自分がdデリバリーを利用していてエラーに遭遇した場合に向けて、いまから紹介をする対処法を覚えておくことをおすすめします。

それでは、dデリバリーで発生したエラーの対処法を一つ一つ説明していきたいと思いますので、参考にして使ってみることをおすすめします。

通信環境の改善

dデリバリーで通信エラーが発生する場合は、通信環境の改善をお行う必要があります。ご自分が今インターネット接続している、Wi-Fiやモバイルデータ通信の状況がどうなっているのか一度確認をすることが大切になってきます。

Wi-Fiに接続をしているのであれば、他のWi-Fiに切り替えて通信をしてみる。モバイルデータ通信を使っている人は、Wi-Fiに切り替えてみるといった対処法をとることで、通信環境の改善に繋がります。

また、通信制限がかかってサイトが開けない場合はモバイルデータ通信では、通信が遅く使い物にならないので、Wi-Fiに切り替えるか通信制限が解除されるまで待っておくことをおすすめします。

アプリの再起動

dデリバリーでエラーが発生する場合は「アプリの再起動」を行ってみると解決するかもしれません。dデリバリーが開けない場合は、起動しているアプリに何かしら一時的な不具合が発生している可能性が考えられます。

ですので、アプリの再起動をすることで一時的な問題を解決することができます。アプリやブラウザの再起動を行って、正常に開くことができるかを確認してみてはいかがでしょうか。

アプリの更新/再インストール

アプリ

つづいて、dデリバリーでエラーが発生する際は「アプリの更新/再インストール」をすることも手です。dデリバリーアプリに深刻な問題が発生している場合は、アプリを開けない場合があります。アプリの再起動をしても直らないことがあります。

一旦dデリバリーのアプリを再インストールすることで不具合が取り除かれますので、正常に使えるようになります。また、アプリのバージョンによる不具合だった場合は、アプリの更新をすることで解決します。

スマホ/パソコンの再起動

つづいて、スマホやパソコンが不具合を起こしている場合は「再起動」をする必要があります。スマホやパソコンに一時的な不具合が発生している場合は、支払いや注文ができないです。再起動をして不具合をリフレッシュした後試してみるといいでしょう。

時間をおいてアクセス

アクセスが集中している場合は「時間をおいてアクセス」していきます。アクセスが集中する時間帯を避けるなど対処法をとることをおすすめします。

公式サイト/Twitterの告知を確認

dデリバリーの公式サイト/Twitterの告知を確認するという手があります。公式サイト/Twitterは、ログインや支払いができない場合に関する情報を発信している場合があります。

ブラウザ版/アプリ版でそれぞれで試す

ブラウザ版/アプリ版でそれぞれで試す

ブラウザ版/アプリ版でそれぞれで試すという対処法もあります。どちらかが原因の場合は見極めることができます。

運営に問い合わせ

dデリバリーのご利用に関するお問い合わせ

どうしても解決できない場合は、運営にお問い合わせする方法があります。お問い合わせ方法は「dデリバリーのご利用に関するお問い合わせ」をクリックして操作を行っていきます。

お問い合わせはこちら

つづいて「お問い合わせはこちら」を選択して進んでいきます。

ログイン

dアカウントでログインをして、お問い合わせフォームにエラーに関する情報を入力してお問い合わせしてみるといいでしょう。

その他

dデリバリーのエラーの対処法として「その他」の方法について紹介をしていきたいと思います。

エラーコードを確認

dデリバリーを使っていてエラーが発生した場合は「エラーコード」を確認することが大切です。D064、D065、D066、といったエラーコードが表示されるはずです。

エラーコードを確認することで、どういった原因でエラーが発生しているのかを見極めることができます。下のリンクにエラーコードの内容を確認できる公式サイトがありますので、みておくことをおすすめします。

dアカウント設定のエラーコードと対処方法 | dアカウント

まとめ

以上が、【dデリバリー】エラーの詳細/対処法をくわしく解説!の記事でした。dデリバリーでは多くのエラーが発生するため、原因を見極めて対応していくことをおすすめします。

合わせて読みたい!デリバリーに関する記事一覧

Thumb【トレタ】「テイクアウト&デリバリーMAP」をオープンデータ化!大阪府と連携も!
株式会社トレタが「テイクアウト&デリバリーMAP」をオープンデータ化し大阪府と連携を行うと発...
Thumb【トレタ】「テイクアウト&デリバリーMAP」をオープンデータ化!大阪府と連携も!
株式会社トレタが「テイクアウト&デリバリーMAP」をオープンデータ化し大阪府と連携を行うと発...
Thumb【TableCheckと提携】みんなのタクシーでフードデリバリーを開始!
みんなのタクシーがTableCheckと業務提携してフードデリバリーを開始しました。Tabl...
Thumbデリバリーアプリの「menu」の配達エリアを紹介!
新型コロナで外出自粛が呼びかけられていることもあり、現在注目を集めているデリバリーが可能なア...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ