「dデリバリー」と「Uber Eats」を比較!お得なのはどっち?

デリバリーサービスの「dデリバリー」と「Uber Eats」のメリットやデメリットを比較していきます。「dデリバリー」と「Uber Eats」はどっちがお得に使えるのか?比較して使い分けを行ってみてください。dカードやdポイントなどポイント関係も説明します。

「dデリバリー」と「Uber Eats」を比較!お得なのはどっち?のイメージ

目次

  1. 1「dデリバリー」と「Uber Eats」とは
  2. dデリバリーの概要
  3. Uber Eatsの概要
  4. 2「dデリバリー」と「Uber Eats」のメリット比較
  5. dデリバリーのメリット
  6. Uber Eatsのメリット
  7. 3「dデリバリー」と「Uber Eats」のデメリット比較
  8. dデリバリーのデメリット
  9. Uber Eatsのデメリット
  10. 4「dデリバリー」と「Uber Eats」と他社デリバリーのデータ比較
  11. dデリバリーとUber Eatsと出前館のデータ比較
  12. 5「dデリバリー」と「Uber Eats」でお得なのはどっち?
  13. 使い分けがお得
  14. まとめ
  15. 合わせて読みたい!デリバリーに関する記事一覧

「dデリバリー」と「Uber Eats」とは

dデリバリーとUber Eatsを知らないという人が、dデリバリーとUber Eatsのメリットやデメリットについて理解したい人、dデリバリーとUber Eatsどっちがお得か知りたいという人に向けて、どっちがお得なのか比較をしていきたいと思います。

まずは、dデリバリーとUber Eatsがどういったサービスであるのか概要について一つ一つ説明をしていきたいと思います。

dデリバリーの概要

dデリバリー

dデリバリーの概要について詳しく解説をしていきたいと思います。

出前館と提携

出前館

dデリバリーは「出前館と提携」しているデリバリーサービスです。出前館と提携して立ち上がった、dポイントが強みとなっています。以下が詳細です。

公式サイト dデリバリー 
ジャンル 総合(出前館系)
キャンペーン 独自キャンペーンが多い、半額など行われる傾向がある
ポイント dポイント
初利用特典 初回500ポイント付与キャンペーン
支払方法 dポイント払い
最低注文金額 店舗毎に異なる
対象エリア 全国

Uber Eatsの概要

Uber Eats

つづきましては、Uber Eatsの概要についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

配達エリア増加中

Uber Eatsは現在人気が集中しているデリバリーサービスで「配達エリア増加中」となっています。以下が詳細です。

公式サイト Uber Eats
ジャンル フードデリバリーサービス
キャンペーン なし
ポイント なし
クーポン特典 ins6j1fok
※初回注文1,000円オフ
支払方法 クレジットカード・デビットカードなど
送料詳細 配達手数料は一律380円がプラスされる
対象エリア 東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡など
※9:00~0:00まで

Thumb「dデリバリー」の使い方!クーポンで安くする方法も解説!
docomoが運営するdデリバリーという出前ができるサイトがあります。出前を割引クーポンなど...

「dデリバリー」と「Uber Eats」のメリット比較

ここでは、「dデリバリー」と「Uber Eats」のメリット比較を行っていきます。

dデリバリーのメリット

まずは、dデリバリーのメリットについて紹介させていただきます。d払い/dカードを利用している人は要注目してください。

dポイントが貯まる/使える

dデリバリーのメリットとして「dポイントが貯まる/使える」ことがあげられます。dポイントが貯まって、いつでもdポイントを使えます。また、他の店舗で貯まったdポイントが使えるので便利です。

独自のキャンペーン利用

独自のキャンペーン

つづいてのdデリバリーのメリットでは「独自のキャンペーン利用」できることです。半額キャンペーンやクーポン等お得で独自性が多いので魅力的です。

決済がd払い/dカードでお得

つぎのdデリバリーのメリットとして「決済がd払い/dカードでお得」になることです。支払い時にd払い/dカードを指示すると、dポイントが貯まり、次回の支払い時に割引できますので、普段からd払い/dカードを使っている人には嬉しいポイントです。

dカード | ドコモのクレジットカード
‎「d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い」をApp Storeで
d払い-スマホ決済アプリ、キャッシュレスでお支払い - Google Play のアプリ

Uber Eatsのメリット

つづいては、Uber Eatsのメリットについて注目をしていきたいと思います。はじめに最新クーポン(1,000円引き)が受けられるメリットもあります。

配達が早い

Uber Eatsのメリットとして「配達が早い」ことがあげられます。最近ではUber Eatsの仕事は人気が集中しているので配達員が増えていて、配達が早いので待ち時間が短いです。

最低注文金額設定がない

つぎのUber Eatsのメリットでは「最低注文金額設定がない」ことがあげられます。最低注文金額設定がないので、1品料理が頼みやすいく、1品だけ注文したいときに便利です。

独自店舗が多い

つづいてのUber Eatsのメリットとして「独自の店舗が多い」という点があります。

たとえば、話題のタピオカドリンク店やスイーツ店など、1品しか注文しないことが多いお店は普段配達を行っていませんが、Uber Eatsではこのような店舗も扱っているので注文しやすく、大変メリットな点だと言えます。

注文方法が簡単

他にもUber Eatsのメリットとして、「注文方法が簡単」ということです。アプリからの注文が他のアプリと比較すると、わかりやすく簡単でスムーズに注文ができます。

Thumb【おうちでファミレス】「出前館」がデニーズでポイント20%還元キャンペーン!
「出前館」では「おうちでファミレス」を楽しんでもらえるようデニーズで注文したユーザーに対しポ...

「dデリバリー」と「Uber Eats」のデメリット比較

つづきましては、「dデリバリー」と「Uber Eats」のデメリット比較についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

dデリバリーのデメリット

dデリバリーのデメリットは主に3つありますので見ていきます。

最低注文金額設定がある

dデリバリーのデメリットとして「最低注文金額設定がある」ことがあげられます。最低注文金額設定があり、制限が入りますので、単価の低い商品なら1品のみで注文できないこともあります。

そうなると余計な注文をしなくてはいけないということになり、無駄に料金がかかります。

扱い店舗に新鮮さがない

つづいてのdデリバリーのデメリットでは「扱い店舗に新鮮さがない」ことです。店舗ラインナップがありきたりで、比較的チェーン店が多いです。

Uber Eatsのデメリット

ここでは、Uber Eatsのデメリットを2つほどありますので見ていきたいと思います。

対応エリアが一部

Uber Eatsのデメリットとしては「対応エリアが一部」なことがネックとなっています。都内や関西、九州などの一部のエリアのみに対応しており、まだまだ全国には展開していません。

ですので、そもそも対応エリアではない地域は注文ができないというのは大きなデメリットです。

扱い店舗が少ない

つづいてのUber Eatsのデメリットではチェーン店が少ない」ことがあげられます。一部のチェーン店は扱っていますが、まだまだ取り扱っている店舗は少ないです。

Thumb出前館の「非接触デリバリー/決済」で1000ポイントもらえるキャンペーン!
出前館では「非接触デリバリー/決済」を利用すると最大1000ポイントもらえるキャンペーンを実...

「dデリバリー」と「Uber Eats」と他社デリバリーのデータ比較

つづいて、「dデリバリー」と「Uber Eats」と、他社デリバリーのデータ比較を行っていきます。

dデリバリーとUber Eatsと出前館のデータ比較

dデリバリーとUber Eatsと出前館のデータ比較の詳細

  dデリバリー Uber Eats 出前館
店舗数 約17,000店 約10,000店 約18,000店
ユーザー数 約3,000,000人 約500,000人 約2,000,000人
エリア 全国 一部都市 全国
ポイント dポイント なし Tポイント
決済 ・現金
・カード
・ドコモ払い
・dカード払い
・請求書払い
・ポイント利用
etc
※店舗による
・現金
・カード
※現金は一部エリアで対応
・現金
・カード
・Amazon Pay
・auかんたん決済
・ソフトバンクまとめて支払い
・請求書払い
・ポイント利用
etc
※店舗による
最低注文金額 店舗による なし 店舗による
配達料金 店舗による あり 店舗による

【出前館】ピザ・弁当などの宅配デリバリーサイト

単価が1,000円辺りならUber Eatsが有利

単価が1,000円辺りならUber Eatsが有利です。Uber Eats以外は1000円未満の注文はできません。

  dデリバリー Uber Eats 出前館
配達手数料 300円 300円 300円
手数料特典 5,000円以上で送料無料 無し 無し
最低注文金額 1,500円以上 無し 1,500円以上

1,500円の注文で差が出る

1,500円の注文で差が出ます。金額には以下の表のように差がありませんがポイントがもらえるUber以外が有利です。Uberはサービス料が高いのでネックとなります。

  dデリバリー Uber Eats 出前館
ガスト
チーズINハンバーグ弁当
990円 990円 990円
ピザハット
スーパー・シュプリーム
2,700円 2,700円 2,700円
バーミヤン
五目焼きそば
900円 900円 900円
かっぱ寿司
新・彩
860円 860円 860円
KFC
まんぞくサンドパック
1,900円 1,900円 1,900円

Thumb「出前館」をクーポンなしでも得する方法!裏技も紹介!
様々なデリバリーサービスをまとめた「出前館」をクーポンなしでも得する方法をご紹介します。「出...

「dデリバリー」と「Uber Eats」でお得なのはどっち?

ここでは、「dデリバリー」と「Uber Eats」でお得なのはどっち?なのか明確にしていきます。また、使い分けについても説明させていただきます。

使い分けがお得

「dデリバリー」と「Uber Eats」でお得なのはどっち?なのかですが「一番は使い分けがお得」になっています。使い分けを行うといい理由について、次のステップでは説明します。

継続利用でdデリバリー

使い分けとして、初回からキャンペーンやdポイントが利用でき継続して利用するとお得にポイントが貯まるので、継続性ではdデリバリーが便利です。

1品配達/配達の早さでUber Eats

1品ものの注文が多い場合は、1品から配達できるUber Eatsがおすすめです。また、Uber Eatsは配達が比較的早く、待ち時間が気にならないので、早さを追求している場合もおすすめになっています。

まとめ

以上が、「dデリバリー」と「Uber Eats」を比較!お得なのはどっち?の記事でした。「dデリバリー」と「Uber Eats」は、どっちも便利な部分と不便な部分がありますので、しっかりと理解した上で使い分けを行ってください。

合わせて読みたい!デリバリーに関する記事一覧

Thumbメルペイがテイクアウト/デリバリーの対応店舗を表示!特集ページを公開!
メルペイは「メルカリ」アプリ内にテイクアウト/デリバリーの対応店舗を表示する「テイクアウト・...
Thumb【Instagram】デリバリー/テイクアウトの注文が可能に!
Instagram/インスタグラムがユーザーによるギフトカードの購入から、デリバリー・テイク...
ThumbYahoo! MAPに飲食店の「テイクアウト/デリバリー」情報を拡大!
「Yahoo! MAP」がサービス機能追加により飲食店の「テイクアウト/デリバリー」情報を拡...
Thumb【Googleマップ】テイクアウト/デリバリー対応の飲食店を表示!
Googleマップは、AndroidとiOSのモバイル版のアプリをアップデートしてテイクアウ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ