「Pococha(ポコチャ)」の公式ライバーの仕組み/メリットは?稼げる?

Pococha(ポコチャ)には公式ライバーの仕組みが存在します。公式ライバーになることで稼げるなどメリットも出てきますが、同時に注意点も出てきます。Pococha(ポコチャ)の事務所に所属することと、フリーで活動することの違いをまとめました。

「Pococha(ポコチャ)」の公式ライバーの仕組み/メリットは?稼げる?のイメージ

目次

  1. 1. 「Pococha(ポコチャ)」のライバーの種類
  2. 1-1. 主な種類
  3. 2. 「Pococha(ポコチャ)」の公式ライバーの仕組み
  4. 2-1. 公式ライバーは存在しない
  5. 2-2. ポコチャの運営会社と契約しているのが違い
  6. 2-3. 事務所ライバーとフリーライバーとの違い
  7. 2-4. 事務所ライバーは稼げる?
  8. 3. 「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーのメリット/デメリット
  9. 3-1. 主なメリット
  10. 3-2. 主なデメリット
  11. 4. 「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーになる条件
  12. 4-1. 主な条件
  13. 5. 「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーになる方法
  14. 5-1. スカウトを受ける
  15. 5-2. 応募する
  16. 6. 「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーになるときの注意点
  17. 6-1. 主な注意点
  18. 6-2. 合わせて読みたい!ライブに関する記事一覧

「Pococha(ポコチャ)」のライバーの種類

インターネットで配信する人のことをライバーと呼びます。Pococha(ポコチャ)でも同じく、ライバーという単語が出てきた場合配信者を指しています。

同じクリエイターでも動画制作者やイラストレーターなどはライバーと呼びません。あくまでも生配信をしている人をライバーと呼んでいます。近年ではモデルなど、他の職業をしながらライバーとして活動する人も増えてきました。

主な種類

このページではPococha(ポコチャ)のライバーについて、種類や事務所所属のメリットデメリットをまとめています。事務所に入ること、フリーでいること双方の注意点にも触れています。

まずはPococha(ポコチャ)におけるライバーの種類をまとめました。ライバーは3種類に分けることができます。

事務所ライバー

Pococha 事務所ライバー

まず1つ目がポコチャの事務所ライバーです。このページでもメインで取り扱っている種類のライバーとなっており、後述するフリーライバーと違う点も多くあります。フリーライバーにはないメリットを享受できる点もポイントです。

フリーライバー

ポコチャでいうフリーライバーは母数の非常に大きなものです。ポコチャに登録して配信すれば、その日からフリーライバーとなります。ポコチャで配信しているライバーの多くはこちらのフリーライバーになります。

PRライバー

PRライバーは少し特殊でポコチャのPRの一環でライバー活動を行っている人を指します。多くの場合はPRするだけの知名度を持っている有名なライバーか事務所に所属している事務所ライバーになります。

関連記事
【Pococha】「レベル」を上げる方法!大体いくらぐらいなのかも解説!

「Pococha(ポコチャ)」の公式ライバーの仕組み

ポコチャのライバーの種類についておおざっぱに紹介したところで、次に冒頭でも述べた公式ライバーの仕組みについてまとめました。

ポコチャでは事務所ライバーと並行して公式ライバーという名称が使われることがままあります。ポコチャの公式ライバーについては間違った情報も流れているようです。

公式ライバーは存在しない

まず整理しておきたい情報の1つとして、ポコチャには公式ライバーと呼ばれる人達は存在しません。ポコチャは株式会社DeNAによって運営されているため、DeNAが公認しているライバーが公式ライバーとなります。

ですが現在ではほとんどのライバーが事務所ライバーかフリーライバーとなっており、ポコチャが公式に認めているライバーはいません。次に出てくる事務所ライバーとの違いは少し複雑に感じられるかもしれません。

事務所ライバーとして管理会社に所属している

ポコチャをPRしている紹介文などで公式ライバーとして勘違いしやすいのが事務所ライバーです。ライバーとして何らかの事務所に所属しており、事務所からのマネージメントを受けている人達です。

イメージとしてはタレントに近いですが、事務所に所属しているからといって必ずしも待遇がよいわけではなく事務所にもピンからキリまであります。

ポコチャの運営会社と契約しているのが違い

ポコチャの事務所ライバーは、事務所がポコチャの運営会社と契約しています。事務所はポコチャでの活動をマネージメントしています。ポコチャと契約してはいますが、DeNAが認めた公式ライバーというわけではない点に注意が必要です。

この仕組みは一見複雑ですが、契約した事務所に所属したからといってポコチャからの恩恵を受けられるわけではありません。YouTuber事務所とYouTubeの関係に似ています。

事務所ライバーとフリーライバーとの違い

事務所ライバーとフリーライバーには違いがいくつかあります。注意点として事務所に所属することで生じるメリットとデメリット両方を考える必要があります。

ノウハウがある

まずは事務所に所属することで、分からないことが多い人にも事務所からのガイドラインが提供されます。業界におけるノウハウがあることで、ポコチャでのライバーとしての活動にも道筋が見えてくる可能性があります。

ダイヤ以外の収入が発生する

ライバー 収入と事務所

事務所を考えるとき、稼げるかどうかを重視する人もいます。事務所の仕組みにもよりますが、ポコチャでのライバー活動によって、ダイヤ以外の収入を稼げるのも事務所所属のメリットです。

事務所所属によって知名度が上がれば、更に相乗効果で収入はアップしていきます。これはフリーライバーにはない大きな違いと言えます。

事務所ライバーは稼げる?

ポコチャの事務所ライバーは稼げるのかどうか、お金の面を気にする人は多くいます。稼げるのであればライバー活動や事務所にも興味があるし、稼げないのであれば見ているだけでよいという人もいます。

気をつけておきたい注意点としては事務所に所属することでマージンが取られることです。割合は事務所によって違いますが、ライバー活動をしてあげた収益から事務所に入るマージンを引いた額が最終的にライバーの収入になります。

本人のやる気/実力があれば稼ぐことが可能

事務所に所属することは仕組み上必ずしも簡単に稼げる、メリットばかりのものではありません。しかし本人のやる気や実力次第では事務所ライバーとして稼ぐことは可能です。

関連記事
【Pococha(ポコチャ)】「コイン」を貯めるにはどうすればいいのか解説!

「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーのメリット/デメリット

ポコチャの事務所に所属することでライバーにはどんなメリット、デメリットが生じるかをまとめました。事務所ライバーとフリーライバーは仕組みが違うため、どちらにもよい点とわるい点が出てきます。

主なメリット

事務所ライバーの主なメリットには以下のようなものがあげられます。どれもポコチャでフリーライバーとして活動していては受けられない種類のメリットです。

人気/報酬を獲得しやすい

まず1つ目のメリットはポコチャでの人気や報酬を獲得しやすい点です。事務所に所属することで自分の名前やルックスがみんなの目に触れる機会も多くなります。知名度を獲得できるチャンスが増えるのは無名のライバーにとっては特にうれしいことです。

マネジャーと共に活動できる

ライバー マネージャー

2つ目はマネージャーと共に活動できる点です。マネージャーにポコチャでのライバー活動の方針を相談したり、スケジュールのマネージメントをしてもらうことができるようになります。

ポコチャでライバーとして人気が出て忙しくなればなるほど、自分でできる作業量には限界が出てきます。できるだけ早い段階から事務所に所属することができればポコチャでの活動もスムーズにすすみます。

プロカメラマンの撮影が受けられる

Pococha 宣材写真

事務所に所属する大物YouTuberやお笑い芸人の宣材写真のように、プロカメラマンによる撮影が受けられるのもメリットです。

自分の公式アカウントに使うアイコンやサムネイルとしても使われることの多い写真は見る人の印象をも左右します。事務所に所属していることで、ワザワザ自分でプロカメラマンに撮影を依頼せずともよくなります。

その他の仕事が増える

また、ポコチャに限らず他所からの案件を受けられる可能性が高まるのも、事務所の仕組みからなるメリットです。ピンでの仕事はなくても、同じ事務所に所属するライバーとセットでの仕事に恵まれるかもしれません。

また事務所が独自に行う公式イベントやPR活動でも自分が活躍できるチャンスは広がります。ポコチャだけでなく、仕事の幅が広がるのは将来的にもよい投資になります。

主なデメリット

ポコチャのライバー事務所に所属することで、デメリットも出てきます。フリーで活動するときと比べて、事務所に所属することでどのようなデメリットが出てくるかをまとめました。

アカウントの作り直しが必要になる可能性がある

事務所の契約上、仕組み上の観点から新規にポコチャの公式アカウントをつくりなおす必要が出てくることがあります。ポコチャの公式アカウントを作り直すことで、過去の活動から離れなければならなくなるかもしれません。

また既存のファンを手放してしまうことや、新しくつくりなおしたポコチャのアカウントにファンがつくかどうか分からないことも不安材料です。

アカウントをつくりなおして「今までよりも爆発的に稼げるようになった」というのであればまだしも、以前と同じレベルでは事務所に所属する意義も薄れてしまいます。

イベントへの参加の必要性が出る

事務所に所属した場合、イベントに参加する必要性に迫られる可能性もあります。ポコチャに関係するイベントのこともあれば、事務所が主導する別の種類のイベントもあります。

フリーライバーとして活動していたときよりも更に、ライバー活動に集中しなくてはなりません。注意点として顔を出すことや、大勢の人の前に出なければならないイベントも出てきます。ポコチャでの活動も含め、自分の個人情報をどう捉えていくかは大切です。

ノルマが設定される可能性がある

事務所によってはポコチャでの配信活動や配信日にノルマが設定される可能性もあります。こちらも事務所によって違いますが、SNSなどの宣材写真だけ無料で撮って一切配信しないというスタイルはどこの事務所でも許容しがたいものです。

「週に5時間」など週単位で大体の目安を決めている事務所もあります。ノルマはポコチャでの配信時間や盛り上がり度、ライバーランクなど複数の種類に渡ることもあります。

関連記事
【Pococha(ポコチャ)】ダイヤの換金方法/注意点をくわしく解説!

「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーになる条件

ポコチャの事務所ライバーと公式ライバーの違い、またメリットやデメリットの種類をまとめてきました。ポコチャの事務所ライバーになりたい、あるいは今よりもポコチャで稼げるようがんばりたいという人もいると思われます。

主な条件

ここまでの注意点や仕組みをふまえた上で、ポコチャの事務所ライバーになる条件をまとめました。ポコチャの事務所ライバーになるには一定のハードルがあることが分かります。

ある程度の人気がある人

ライバー 人気

ポコチャのライバー事務所に所属するためには、ある程度の人気がなければ厳しいと言われています。事務所側も求めているのは集客力のあるライバーであり、ポコチャの収益周りの仕組みを考えても、知名度は稼げるかどうかに直結します。

配信を積極的に行う意思がある人

また、ポコチャでの配信に積極的であることも大切です。配信時間の短さはライバーとしてのデメリットになってしまいます。

多忙などの理由から配信時間以外で補うことを考える人もいます。ですが現状既にトップ層が、毎日長時間配信しています。多くのライバーができる限り配信時間を捻出しようとしている状態です。後発組で配信に消極的な人が有名になれることはありません。

一定の年齢以上の人

1つの注意点として、ポコチャに関係している多くの事務所では年齢制限を設けています。高校卒業(18歳)もしくは成人(20歳)しているかどうかを判断ラインにしている事務所が多く見られます。

事務所の求める希望ラインに年齢が達していない人は、まずフリーライバーとして活動するという選択肢もあります。

「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーになる方法

ポコチャの事務所ライバーになる方法を以下にまとめました。条件を満たしているけど具体的にどうやって事務所に所属したらよいか分からないという場合に参考にしてください。

スカウトを受ける

事務所からスカウトを受けて事務所に所属するケースもよくあります。極めて多くが過去に華々しい実績や知名度を誇っている元人気配信者達です。

「○○がポコチャで配信する」というだけで視聴者数を見込めるような人は、事務所の方からスカウトに来ることも珍しくありません。

直接スカウトを受け承諾すればOK

事務所からの場合は直接スカウトを受け、承諾すればその時点で事務所所属のライバーになることができます。事務所に所属したい場合は最短のコースと言えます。

しかし個人でも人気(収益)が出るような人は事務所に所属するのを嫌がることもあります。事務所に引かれるマージンがどれくらいの割合なのか、現在よりも事務所に所属することでデメリットが出てしまわないかなど、総合的かつ慎重に判断する必要があります。

応募する

web広告などで事務所の方からライバーを募集することもあります。事務所が主催するオーディションに応募し、合格すれば事務所所属のライバーになれるパターンです。過去の経歴がない人にとっては、こちらが一般的な方法と言えます。

Twitter/Web/広告で探してみる

ライバー 募集広告

事務所に所属してポコチャで配信したいと考えているのであれば、TwitterやWebにライバー募集の広告が載っていないか探してみるのもおすすめです。

自分の面白さやトークセンスを見せることができれば、ライバー経験がなくとも事務所に所属できるかもしれません。

LINEで応募する

Pococha 事務所 LINE応募

事務所によってはLINEで公式アカウントを友達追加をすることで、応募することができます。手軽さを重視する人は試してみることをおすすめします。

LINEで応募する場合にも、事務所に所属する前に面談や自分をPRして売り込む機会があることに違いはありません。

「Pococha(ポコチャ)」の事務所ライバーになるときの注意点

事務所ライバーになることにはメリットが多くあり、特に知名度への貢献はフリーライバーにとっては喉から手が出るほど魅力的です。しかし「事務所に所属する」という目標に安易にひた走る前に以下の項目もチェックしてみてください。

主な注意点

Pococha 事務所 注意点

フリーライバーとは違い、事務所に所属するライバーにとってはどの事務所に所属するかも非常に大切です。全ての事務所がよいわけではなく、所属した結果結果的にデメリットしかもたらさないパターンもありえます。大切な事柄は以下の4点です。

募集要項をよく確認する

注意点の1つ目は募集要項をよく確認しておくことです。企業としてどんな方針を持っていて、ライバーにどんな内容を求めているのかを知ることはオーディションに受かる上でも重要です。

事務所の特色を知っておく

2つ目に事務所の特色を知っておくことも注意点の1つです。顔出しや長時間配信が求められる場合、自分がこたえられるか考慮する必要が出てきます。

過去の経歴がある場合、その動画や履歴も消去しなければならないのかなど事務所の特色を知っておくことは今後の活動にも影響します。

拘束時間/ペナルティを確認する

拘束時間やペナルティについても確認しておくことが大切です。拘束時間については明言している事務所は少なく、大抵が「週4日以上、1回1時間以上」など努力目標として掲げていることが多いです。

ライバーランクを上げるノルマがあったり、ペナルティが存在する場合は所属する前に事前に察知したいところです。事務所に所属する前に契約内容をよく確認することが求められます。

信頼できる事務所かを見極める

タレント養成所やライバー事務所は非常に多岐に渡り、優良な事務所も悪質な事務所も存在します。大手だからといって安心できるわけではなく、知名度の代わりにきついマージンを取られてしまうことからフリーライバーに戻る人もいます。

自分にとって信頼できる事務所かを見極めることは大切です。ポコチャでのライバー生活を健全に続けていくためにもマネージャーが複数のライバーを掛け持ちしすぎていないか、契約内容があやふやでないかなど自分でできる部分はチェックするのがベストです。

合わせて読みたい!ライブに関する記事一覧

関連記事
【iPhone】「Files」でGoogleドライブを追加する方法!
関連記事
【ライブ配信】「ピカピカ」アプリの使い方!配信方法も解説!
関連記事
【VR映像配信】「VR MODE」サービス開始!迫力あるライブ映像が楽しめる!
関連記事
「インスタライブ」で無音になる/音が聞こえないときの対処法を解説!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Daisuke.U

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ