IEしか使えないサイトを「IE Tab」でGoogle Chromeに互換表示する方法!

Google ChromeからIE向けの表示で構成されている場合に、表示が違うように感じることがあります。それを解消できる拡張機能として「IE Tab」があります。「IE Tab」を使ってGoogle Chromeで互換表示させる方法を解説していきます。

IEしか使えないサイトを「IE Tab」でGoogle Chromeに互換表示する方法!のイメージ

目次

  1. 1【GoogleChrome】拡張機能「IE Tab」の使い方
  2. 「IE Tab/タブ」とは
  3. 「IE Tab」のダウンロード/インストール
  4. 「IE Tab」の使い方
  5. 最後に

【GoogleChrome】拡張機能「IE Tab」の使い方

Google ChromeブラウザからWebサイトを表示していると、表示がおかしい・違うように感じることがあります。そういったサイトの中には、Internet Explorerしか使えないようなサイトも多いです。

会社で利用しているシステムなどによってはInternet Explorerしか使えないものもあります。公共のサイト(マイナポイントのサイトなど)でもInternet Explorerしか使えないサイトも多いのが現状です。

しかし、そのサイトのためだけにInternet Explorerを開くのは面倒ですよね。なによりMacユーザーはInternet Explorerを利用することができませんので、そういったブラウザ利用の制限がある場合非常に困ってしまうという人も多いでしょう。

「IE Tab/タブ」とは

そんなときに便利なのが「IE Tab(IEタブ)」と呼ばれる、使い方もさほど難しくないGoogle Chromeブラウザの拡張機能です。

Internet Explorer/IEでしか使えないサイトをChromeで互換表示できる拡張機能

「IE Tab(IEタブ)」は、Internet Explorerでしか表示できないサイトを、Google Chromeブラウザで互換表示することができる拡張機能です。

Google Chrome1つでInternet Explorerも利用できる拡張機能ですので、WindowsだけでなくMacからでもInternet ExplorerをGoogle Chromeで互換表示することができるようになります。

「IE Tab」のダウンロード/インストール

Internet Explorerの互換表示をGoogle Chromeでできる「IE Tab(IEタブ)」は、Google Chromeの拡張機能のインストールページ(Chromeウェブストア)からインストールすることになります。

ブラウザはChromeを使用

Google Chromeの拡張機能ですので、利用するブラウザはGoogle Chromeです。なお、以前はFirefoxというブラウザ向けの「IE Tab(IEタブ)」も提供されていました。

現在はFirefoxブラウザでアドオンの提供を終了したのか、アドオンのインストールページが見当たらず、Google Chromeブラウザでしか「IE Tab(IEタブ)」を利用することができません。

Google Chrome ウェブブラウザ

拡張機能のダウンロードサイトからダウンロード/インストール

さて、「IE Tab(IEタブ)」の使い方を説明する前に、「IE Tab(IEタブ)」をインストールする方法を説明します。「IE Tab(IEタブ)」は下記リンク先からインストールをおこないましょう。リンク先へアクセスしてください。

IE Tab
「Chromeに追加」のボタンをクリック

「IE Tab(IEタブ)」の「Chromeに追加」をクリックしましょう。なお、Google Chromeの拡張機能はGoogleアカウントが無いと使えないので注意しましょう。

「拡張機能を追加」をクリック

拡張機能に与える権限の許可画面が表示されます。「拡張機能を追加」をクリックしてください。これで「IE Tab(IEタブ)」のGoogle Chromeへの追加が完了となります。

「IE Tab」の使い方

ここからは「IE Tab(IEタブ)」の使い方の説明をしていきます。これらの設定をしないと「IE Tab(IEタブ)」が正常に作動しないものもありますし、設定しておくことでより便利に利用できるようになりますので目を通しておいてください。

設定方法

さて、「IE Tab(IEタブ)」の設定方法ですが、まず前提条件として、「IE Tab(IEタブ)」でInternet Explorerの表示をしたい場合、基本的には拡張機能の「e」のマークのアイコンをクリックする必要があります。

パズルピースマークをクリック

拡張機能は、インストール直後はGoogle Chrome右上にあるパズルピースマークの中にまとめて格納されていますので、「IE Tab(IEタブ)」をここから外に出しておくと便利です。パズルピースマークをクリックしてください。

ピンのマークをクリック

ピンのマークをクリックしてください。

拡張機能のマークが表示されていればOK

見える場所に表示されていれば、そこから手軽に拡張機能を利用することができるようになります。

「IE Tab」のマークをクリック

このままではまだ「IE Tab(IEタブ)」を利用することができません。「ietabhelper.exe」という追加プログラムが必要ですので、こちらをインストールします。 「IE Tab(IEタブ)」の拡張機能のマークをクリックしてください。

「ietabhelper.exe」をダウンロード

上記のページが開き、自動的に ietabhelper.exeのインストールがおこなわれます。インストールした「ietabhelper.exe」を実行することで、「IE Tab(IEタブ)」を利用するための準備が完了します。

自動URLの設定方法

「IE Tab」のオプションを開く

「IE Tab(IEタブ)」の拡張機能オプションからは「IE Tab(IEタブ)」の詳細設定をおこなうことが可能です。

OptionはそのままでOK(有料オプションのため)

「Option」として表示されている部分は有料ライセンスが必要な項目です。特に変更しなくても使えますので、こちらに関してはスルーで問題ありません。「IE Tab(IEタブ)」の使い方を説明する上で重要となるのは、その下の「Auto URLs」です。

「IE Tab」を介したファイルのダウンロードが許可されていないことを意味する

ちなみに、「Action Recommended IE Tab cannnot currently detect all downloads」はIE Tabへファイルのダウンロード権限がない、という部分です。

「Learn more」からダウンロードの許可設定

ファイルダウンロードの必要が無いのであればスルーして問題はありませんが、Internet Explorerで互換表示しなければならないサイトからファイルのダウンロードをおこなう場合は必要な権限なので、そういう場合は「Learn more」から許可しましょう。

Internet Explorerの互換表示を自動でおこないたいURLを入力

さて、「Auto URLs」では、「IE Tab(IEタブ)」で自動的にInternet Explorerとの互換表示をしてくれるWebサイトのURLを指定します。入力欄に指定したいURLを入力しましょう。

ドメイン以前が共通している場合は「*」で全指定

なお、指定したいURLを個別にすべて登録しなくても、ドメイン以降は「*」で指定すれば同じサイトのすべてのページをしていしてInternet Explorerの表示で利用することができます。例えば「https://appli-world.jp/*」というような形です。

「Add」をクリック

追加したいURLを入力したら「Add」をクリックしましょう。

自動表示対象が追加される

下の欄に追加されていきますので、ここに必要なURLを追加していってください。

削除したいURLを選択

「IE Tab(IEタブ)」で自動表示したいURLを削除したい場合、URL一覧が表示されている中からそのURLを選択しましょう。

「Remove」をクリック

「Remove」をクリックすれば、そのURLを削除することができます。Internet Explorerでの表示でなくとも対応できるサイトになった場合はこの方法で削除してください。

自動表示の例外設定もできる

ちなみに、URLでInternet Explorerでの互換表示を指定したページの中の一部を「IE Tab(IEタブ)」で表示しないようにしたい場合は「Auto URL Exceptions」でInternet Explorerの表示をしない例外設定をすることも可能です。

自動表示のURL追加方法とやり方は同様ですので、同じように追加をおこなってください。

Internet Explorerのバージョン変更

なお、「IE Tab(IEタブ)」はInternet Explorerのバージョンを指定することもできます。「IE Compatibility Mode」の項目で、利用したいInternet Explorerのバージョンを選択してください。

Internet Explorerのバージョンを選択できる

Internet Explorerのバージョンの幅は7~11です。以前のInternet Explorerのバージョンでなければ使えないようなWebサイトも、「IE Tab(IEタブ)」のこの設定で指定することで問題なく使えるようになります。

最後に

Internet Explorerでしか使えないWebサイトを表示するのに便利な「IE Tab(IEタブ)」の使い方を説明してきました。

Windowsユーザーだけでなく、MacユーザーでもInternet Explorerが必要なサイトで互換表示できる便利な拡張機能だということが分かったと思います。使い方もさほど難しいものではありませんので、ぜひ利用してみてください。

Thumb【Chrome拡張機能】「OneTab」の機能をくわしく解説!
Google Chromeでタブをたくさん開いているとメモリを食います。そんな時、メモリ削減...
Thumb【Evernote】Google Chrome拡張機能のウェブアプリを紹介!
Google Chrome拡張機能のウェブアプリであるEvernote。今回はEvernot...
ThumbChromeで新しいタブに特定ページを設定する拡張機能「New Tab Redirect」
Chromeで新しいタブを開くとGoogleのページが開きますが、New Tab Redir...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ