LINE@(ラインアット)の使い方!効果的な使い方を開設方法から開設

みなさんはLINE@(ラインアット)の使い方をしっていますでしょうか。LINE@(ラインアット)の使い方をマスターすることが必須になってきています。今回は、「LINE@(ラインアット)の使い方!効果的な使い方を開設方法から開設」をまとめて行きます。

LINE@(ラインアット)の使い方!効果的な使い方を開設方法から開設のイメージ

目次

  1. 1LINE@/ラインアットとは?
  2. LINE@/ラインアットと公式 アカウント の違い
  3. 2LINE@/ラインアットでできること
  4. 一斉メッセージ送信
  5. 1対1でのトーク
  6. アカウント ページ
  7. タイムライン・ホーム
  8. PR ページ
  9. リサーチ ページ
  10. LINEグルメ予約
  11. LINEショップカード
  12. 統計情報
  13. 自動応答メッセージ
  14. 3LINE@/ラインアット料金プラン
  15. 支払い方法
  16. Business Storeとは
  17. 領収書発行について
  18. 料金プランの変更方法
  19. 有料プランの変更方法
  20. 4LINE@/ラインアットの始め方
  21. アプリ をダウンロード
  22. LINE@ アカウント を取得
  23. アカウント を設定
  24. 5LINE@/ラインアットマネージャの使い方
  25. LINE@/ラインアットマネージャを使用するメリット
  26. 6LINE@/ラインアットで友だちを増やすコツと注意点
  27. 友だちを増やすには宣伝が必須
  28. ブロックはNG
  29. 友だち追加ボタンを付けよう
  30. QRコードを設置
  31. 7LINE@/ラインアットの活用事例
  32. LINEの公式ブログで様々な活用事例が紹介されている
  33. 合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

LINE@/ラインアットとは?

LINE@(ラインアット)のHP

みなさんはLINE@(ラインアット)をしっていますでしょうか。既に、LINE@(ラインアット)をつかっているひとも多いでしょうが、今回はLINE@(ラインアット)のログイン画面や使い方をまとめていますので是非LINE@(ラインアット)をマスターしてください。

LINE@(ラインアット)とは、ビジネスや情報発信に活用できる会社・事業者向けのLINEアカウントです。企業、ブランド、商品の魅力をお客様に発信するためのさまざまな機能が備わっているものです。

機能としては、メッセージ一斉配信、1:1トーク、タイムライン機能などがあり、国内MAU(利用者数)7,000万人以上が利用しており、国内のみで30万件以上の店舗や企業が認証済みアカウントを開設しているlineのサービスです。

LINE@/ラインアットと公式 アカウント の違い

LINEのビジネス向けアカウントは大きく分けてLINE@アカウントとLINE公式アカウントがありました。無料から利用できるLINE@に対し、LINE公式アカウントは最低でも月額250万円かかりますので、ここが大きな違いになっていました。

しかしLINE@(ラインアット)は「LINE公式アカウント」として統合され、料金体系も一律になることが発表されました。2018年12月以降に新規開設するビジネスアカウントは、すべてこのアカウント・料金体系が適用されています。

つまり設定変更によって「LINE公式アカウントと LINE@の違い」はほぼなくなったということになります。LINE@(ラインアット)アカウントや公式アカウントが統合されたわけですので、活用方法やログインの仕方などにも違いはありません。

ThumbWhatsApp(ワッツアップ)の使い方!LINEとの違いや既読・プライバシーは?
WhatsApp(ワッツアップ)とは、メッセージアプリです。WhatsApp(ワッツアップ)...

LINE@/ラインアットでできること

LINE@(ラインアット)の使い方を説明していきます。LINE@(ラインアット)のアカウント、LINE@(ラインアット)の設定については細かく分けております。またLINE@(ラインアット)を活用するうえで、INE@(ラインアット)の活用事例なども紹介します。

まず、LINE@(ラインアット)のアプリアカウントでできることって知っていますでしょうか。LINE@(ラインアット)のアプリアカウントでログインしておくと設定を設定しておくと、LINE@(ラインアット)をとても便利に活用していけます。

例えば、LINE@(ラインアット)のアプリアカウントの活用事例として、LINE@(ラインアット)をメルマガのように活用できたり、LINE@(ラインアット)の友達に一斉にメッセージを自動送信したりすることができます。

一斉メッセージ送信

メッセージ送信

LINE@(ラインアット)の使い方として、LINE@(ラインアット)のアカウントから友達に一斉にメッセージを自動送信することができます。LINE@(ラインアット)のアプリアカウントはどこからでもログインすることができます。

LINE@(ラインアット)のアプリアカウントからは、人気商品・新商品を顧客・友達に知ってもらうきっかけ作りとして、自動一斉送信メッセージを活用できます。

ちなみに、注意点として100人の友達にメッセージを一斉送信すると100通分の自動送信メッセージを送信したとカウントされます。プランや目的によって自動送信メッセージを活用するかしないかは事例を参考に検討してください。

配信頻度

LINE@(ラインアット)の使い方として、LINE@(ラインアット)の自動送信メッセージの配信頻度を設定することができますので活用して下さい。あらかじめLINE@(ラインアット)の友達に送信するメッセージを設定しておくことで定期的に自動送信できます。

例えば、活用方法としてLINE@(ラインアット)アプリから毎日送られて来ると、正直うざいですよね。いくら自動送信メッセージとはいえ、メッセージの送信頻度は考えなければなりません。

店舗型で来店を促すなら、金曜日の夜なんかに毎週自動でメッセージが送信されるようにしておけば、いいですよね。LINE@(ラインアット)ではこんな使い方もあります。LINE@(ラインアット)アプリの使い方にはほかにもあります。

頻度・時間設定

配信時間

LINE@(ラインアット)の使い方として、配信時間をあらかじめ設定しておけます。自動送信メッセージの送信時間を設定しておくことで、忘れずにLINE@(ラインアット)の友達にメッセージを送ることができます。また、送信を忘れることもありません。

LINE@(ラインアット)アプリからのメッセージ送信時間をあらかじめ設定しておくことで、ベストなタイミングでメッセージをLINE@(ラインアット)の友達に送信することができます。是非、配信時間を活用してください。

また活用方法の事例として、朝の通勤時間に見てもらえるように配信時間を朝にLINE@(ラインアット)のメッセージ送信時間を設定しておくといいかもしれません。このように、あらかじめ狙った層に見てもらいやすくするように設定できます。

頻度・時間設定

配信内容

LINE@(ラインアット)の使い方として、配信内容を決めておくことが必要です。活用事例として抽選にしたりできます。また事例として、クーポンを前もって自動で送信しておくこともできます。こういった使い方がLINE@(ラインアット)ではできます。

LINE@(ラインアット)アプリを活用している事例として、LINE@(ラインアット)アプリ専用のクーポンを組み合わせて、来店につなげている事例もあります。また、クーポンで管理するとどういったクーポンが効果があったのかを事例として蓄積できます。

1対1でのトーク

LINE@(ラインアット)アプリにログインしていると、LINEのようにLINE@(ラインアット)の友達と1対1でのやり取りをする使い方もあります。使い方は通常のLINEアプリと同様におこなえますので、LINE@(ラインアット)のファンを増やしましょう。

LINE@(ラインアット)のアプリにログインしているとLINE@(ラインアット)の友達とのやり取りがすべて残りますので、LINE@(ラインアット)の友達と個別で対応することで、LINE@(ラインアット)からファンを作るこくることができます。

LINE@(ラインアット)アプリには、常にログインして、ログイン状態を常にオンにしておくことで綿密なコミュニケーションをLINE@(ラインアット)の友達とる使い方ができます。是非1対1の使い方を覚えておいてください。

お問い合わせの増やし方

問い合わせの増やし方として、クーポンや抽選をLINE@(ラインアット)のアプリからLINE@(ラインアット)の友達へ送る使い方が事例としてあります。LINE@(ラインアット)のアプリをみて、LINE@(ラインアット)の友達が問い合わせたくなる内容にします。

LINE@(ラインアット)のクーポンが魅力的であれば店舗に来店したり、そのままネットからの購買につながることも事例としてあります。なので、LINE@(ラインアット)のアプリで効果的な配信を自分なりに研究してみてください。

顧客管理のコツ

LINE@(ラインアット)アプリの登録者が多くなると、顧客の管理が難しくなってきますよね。

個別でメッセージが来ていると忘れてしまうこともあるかと思います。顧客管理のコツとしては、返信する時間を決めるもしくは、即時対応して終わらせてしまうことです。

LINE@(ラインアット)の使い方をある程度、自分でルールを決めて使い方を決めてしまってください。例えば、営業時間が終わった時間に送ってしまうや、始業時間に一斉に対応するなど時間決めてしまうことも事例としてあります。

アカウント ページ

LINE@(ラインアット)アカウント

LINE@(ラインアット)のアカウントページは店舗や商材の専用のページになります。タイムラインの最新情報や写真、基本情報、アカウント情報などを掲載することができます。こまめに更新してLINE@(ラインアット)の友達がしりたい情報を載せましょう。

アカウント種別

一般アカウントと認証アカウント

LINE@(ラインアット)のアカウントは一般アカウントと認証アカウントの二つに大きく分かれています。これは、LINE@(ラインアット)が認めたアカウントがどうかの違いです。LINE@(ラインアット)の友達から信頼を得るには認証をとりましょう。

タイムライン・ホーム

LINE@(ラインアット)の使い方の一つとして、自分のプロフィールや投稿、写真などを閲覧できる場所がホームです。LINE@(ラインアット)の投稿などを時系列で表示されるのががタイムラインというものです。

ホームメッセージは、LINE@(ラインアット)友だちだけではなく、LINEユーザーであれば誰でも見ることができます。

「いいね」や「コメント」などの機能もありますので、自社商品のアピールやお店の雰囲気が伝わる写真を投稿できれば新規ユーザーへのアピールとして使い方ができます。

PR ページ

※LINE@(ラインアット)の「PRページ」機能のご提供は2018年11月13日(火)に終了いたしました。

ちなみに、LINE@(ラインアット)の「PRページ」はLINE上で閲覧できるミニページを作成する機能のことで、通常のテキスト配信よりも豊富な情報をユーザーに送ることができる機能のことでした。

LINE@(ラインアット)で作成したPRページは「メッセージ配信」や「友だち追加時あいさつ」からLINE@(ラインアット)のユーザーへ配信することができる機能です。

リサーチ ページ

LINE@(ラインアット)でつかっている人も多いのではないでしょうか。LINE@(ラインアット)のリサーチページとは、アンケートや投票といった形でお友だちの情報を集めることができる機能のことを言います。是非活用してみてください。

事前にアンケート内容を自由に設定できます。また、設問の形式も「リスト・セレクトボックス・二択・スター・スケール・ランキング・日時」の7種類から選ぶことができますので、目的にあったものをチョイスして設定してください。

ちなみに、投票前に追加で性別、年齢、居住地を聞くことができますので、LINE@(ラインアット)でこたえてほしいユーザーなのかどうかを把握することもできます

LINEグルメ予約

LINEグルメ予約という使い方があります。LINE@(ラインアット)の業種選択時に「飲食店」を選択したLINE@認証済みアカウントのみがこういった使い方ができます。7000万人以上いるLINEユーザーから集客ができます。

飲食店がLINE@(ラインアット)使い方としては外せないものになっていますので、是非使い方があることを覚えて活用してください。LINEグルメ予約は空席情報がでて予約を取ることもでき。すぐに予約を取りたいユーザーを取り込むことができます。

LINEショップカード

LINE@(ラインアット)にはLINEショップカートという使い方があります。LINE@内でLINEショップカードというお店のポイントカードを発行できる機能です。デザイン、ポイント数、特典、有効期限、有効期限前通知のタイミングなどを設定できます。

自動決済なのでスマホ対応なのでカードを探す手間が省けてポイントが貯めやすいです。またLINE@限定のお得情報が入手可能などでLINE@(ラインアット)からいくらでも配布可能というものです。顧客にとっても、店舗からしても便利な使い方です。

統計情報

LINE@(ラインアット)の統計情報があります。使い方をしらなくてもLINE@(ラインアット)にログインすれば、自動で見れます。

PV:ページビュー、 UU:ユニークユーザー(訪問した友だちの人数) 投稿数、いいねの数、コメント数、共有数などの細かいデータがとれます。使い方次第では、次にどういった戦略を立てればいいのかに役立ちます。

自動応答メッセージ

LINE@(ラインアット)の使い方の一つとして、自動応答メッセージという使い方があります。LINE@(ラインアット)にログインしていなくても、LINE@(ラインアット)からメッセージうを送ることができます。ログインしなくてもいいのが便利です。

使い方として決められたメッセージからランダムに返信される「自動応答メッセージ」とメッセージ内のキーワードに反応して返信してくれる「キーワード応答メッセージ」の使い方があります。使い方を使い分けて自動化しましょう。

Thumb自分のLINE ID(連絡先)を友達に教える方法
もはやアカウントを取得して利用していない人がいないといって言いほど利用者の多いLINE。LI...

LINE@/ラインアット料金プラン

LINE@(ラインアット)料金

LINE@(ラインアット)はログインしても基本的には、無料でログインして使えます。しかし、LINE@(ラインアット)には、有料のプランもあります。使い方次第、もしくは使い方の深さを考えると無料よりも有料のプランを使った方がいいかもしれません。

LINE@(ラインアット)にログインしていれば、料金はいつでも確認することができますが、有料プランの中身やどういった使い方ができるのかをしっておいた方がいいでしょう。

支払い方法

LINE@の支払いはPC版管理画面あるいはBusiness Storeのどちらかで行うことができます。LINE Payによる支払い、クレジットカードのVISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners、請求書での支払いから選ぶことができます。

注意事項としては、クレジットカード決済は日本・台湾・タイ・インドネシアにてLINE@を利用する方のみです。請求書での支払いは日本にてLINE@の認証済みアカウントを利用している方のみが対象となっていますので、注意してください。

Business Storeとは

LINE@のBusiness Storeとは、有料サービスを使いたい時に利用するサービスのことを言います。LINE@(ラインアット)のIDを変更して、わかりやすいIDに変える場合もBusiness Storeから変更を行うことができます。

Business Storeを使うには、プラン変更・プレミアムIDへ移行する際にまず始めに管理画面にて決済者の設定が必要になりますので、必ず設定しておいてください。無料であれば、設定する必要はありませんので、あくまでも有料のみの場合必要です。

領収書発行について

LINE@(ラインアット)をつかっていると、一番気になるのが領収書だと思います。経費として精算するには、領収書が欠かせませんので、LINE@(ラインアット)の領収書についてまとめていきます。

まずLINE@(ラインアット)の領収書の発行は決済方法によって異なります。原則LINE@からの領収書発行はされないと思っていた方がいいです。LINE Payの場合、領収書の発行はされません。クレジットの場合はカード会社の利用明細が領収書となります。

LINE Payにクレジットカード情報を登録して決済の場合もクレジットカードの利用明細が領収書となります。請求書払いの場合は、銀行の振込み明細が領収書です。ネットバンキングの場合は振込み完了画面を印刷したものが領収書となります。

料金プランの変更方法

ログイン画面

料金プランを変更する場合(有料プランの変更含む)Business Storeでおこなうことができますので、Business Storeに移動して、各種設定をおこなうことができます。

必要事項を入力

必要事項を入れてログインします。

ログイン後の画面

次にクリックして進みます

プラン変更

次にクリックして進みます

好きなものを選んで変更完了

有料プランの変更方法

ログイン画面

こちらの有料プランの変更をする場合も、料金プランの変更と同じ手順を踏みます。まずはBusiness Storeに移動し行います。必要事項を設定して、必要な有料プランへ変更を行ってください。

必要事項を入力

次にクリックして進みます

ログイン後の画面

次にクリックして進みます

プランを選んでクリック

次にクリックして進みます

好きなプランに変更して完了

これでプラン変更は完了です。

ThumbLINEの自分用スタンプの作り方!自作スタンプをストアに非公開にしよう
LINEのスタンプは自分用に作ることができます。作り方は簡単!LINE Creators S...

LINE@/ラインアットの始め方

アカウント作成

LINE@(ラインアット)を始めるには、必要なものがありますので、必要なものを準備してください。

大枠、LINE@アプリをダウンロード 、LINE@アカウントを取得、LINE@アカウントを設定の3つになりますので、それぞれ設定を終わらせていきましょう。

アプリ をダウンロード

まずは、アプリをダウンロードしていきましょう。LINEのアプリは既にダウンロードしている状態で説明していきますので、LINEはダウンロード・インストールしておいてください。LINE@(ラインアット)スマホ・PCでダウンロードしていきます。

端末別に説明していきますので、LINE@(ラインアット)をダウンロード・インストールしていきましょう。

スマホ

画像のように、各アプリストアからLINE@(ラインアット)を検索して、ダウンロード・インストールをして下さい。パスワードはiPhoneの場合、指紋認証ですぐダウンロード・インストールがはじまります。

LINE@(ラインアット)のダウンロード・インストールが終わったら、LINE@(ラインアット)のアプリを開けて下さい。

PC

LINE@(ラインアット)のPC版にログインする方法は以下のURLにログインしてください。PC(パソコン)からログインするとLINE@(ラインアット)のパスワードやメールアドレスを入力する画面に変わります。方法としてこのURLからまずアクセスしてください。

LINE@(ラインアット)のPC版管理画面です。
https://admin-official.line.me/

LINEを登録する際に使用した「メールアドレス」と「パスワード」を入力して「ログイン」ボタンを押して下さい。PC版の場合、稀に認証コードの入力を求められることがあります。ランダムな4桁の数字でPCの画面に表示されるので入力しましょう。

アカウント作成

LINE@ アカウント を取得

ダウンロード

次にクリックします。

LINE@(ラインアット)クリック

次にクリックします。

入力します

次にクリックします。

同意します

次にクリックします。

作成完了

LINE@(ラインアット)のダウンロード・インストールが終わったら、スマホから開けてアカウントを設定していきましょう。

アカウント を設定

ここで設定

LINE@(ラインアット)のアカウントの設定を細かく設定していきます。LINE@(ラインアット)をひらけて、LINEのアカウントと連携させて場、基本的な設定は完了していますので、後は、アカウントの細かい設定をおこなっていきます。

必須ではありませんが、設定をおこなっておかないと、なんのアカウントかさっぱりわかりませんので、設定していきましょう。

ひとことは重要!20文字以内で設定

プロフィールのひとことはとても重要な設定です。アイコン下に表示され、よく目に付く所なので、アピールしたい内容や目を引く内容に設定しましょう。ちなみに20文字以内ですので溢れないように設定していきましょう。

実はID名は検索対象!

実はLINE@(ラインアット)のID名は検索対象になっています。知っていましたでしょうか?!英文字3文字数字4文字アルファベット1文字という合計8文字のでたらめなIDが付与されています。あなたのLINE@IDとなります。

誰かや知人や告知をするときはこのLINE@(ラインアット)のIDをつたえるとすぐに検索できます。ちゃんと@を付けてID検索してもらうように伝えておいてください。上記で説明しましたが、有料で任意のつづりに変更することもできます。

LINE@(ラインアット)のIDを変更しておいた方は、顧客が検索しやすく、見つけやすいLINE@(ラインアット)IDを設定しておきましょう。

友だち追加時、挨拶はキャラクターやブランドイメージで!

これはもともとあればで大丈夫ですが、LINE@(ラインアット)に友だち追加された時、自動で表示されるメッセージを登録ですることができます。また複数登録可能なので定型句だけではなく、キャラクターやブランドイメージにあったものを設定しましょう。

QRコードは印刷して名刺にも使える

LINE@(ラインアット)はQRコードを発行して使うことがで来ます。これはとっても便利なもので、画像して、SNSで発信して、相手がQRコードの画像を保存してLINEで読み込めば、自動でLINE@(ラインアット)の友達に追加することができます。

またスキャンすれば、名刺に印刷したり、Webサイトに貼り付けたりなどしてオフラインの広告としても使えます。お店のPOPやチラシに印刷してもいいかもしれません。

LINE@/ラインアットマネージャの使い方

LINE@MANAGER

LINE@(ラインアット)とLINE@MANAGER(ラインマネージャー)があるのはご存知でしょうか。二つとも、よく似ていていまいち違いがわかりずらいという人もいるでしょう。そこでLINE@(ラインアット)との違いをご紹介していきます。

LINE@/ラインアットマネージャを使用するメリット

まず、LINE@MANAGER(ラインマネージャー)とは、LINE@(ラインアット)をPCで管理できるようにするためのツールです。スマホなどでLINE@(ラインアット)を運用していると、便利ですが、文章を書くのには、大変です。

そこでPC(パソコン)を利用することで、タイピングがよりスピーディーなり、LINE@(ラインアット)の作業をはやく進めることができます。

LINE@MANAGERであれば、PC(パソコン)上でLINE@(ラインアット)のメッセージなどのやりとりを行うことができます。

投稿から設定までのアカウント取得以外が可能

LINE@MANAGER(ラインマネージャー)では投稿から設定までのアカウント取得以外が可能となっています。LINE@(ラインアット)をスマホでやるよりも早く対応でき、また見逃しを防止することができます。

なので、LINE@(ラインアット)とにていますが、LINE@(ラインアット)をPC(パソコン)で便利にしてくれる便利なツールと思ってください。

さらには、LINEアプリのPC版とシームレスに使用することもできるんです。そうすることで作業中の無駄を省き、LINE@(ラインアット)をスムーズに運営することができます。

投稿の日時指定が可能

LINE@MANAGER(ラインマネージャー)のホーム投稿からメッセージ投稿ができます。さらには、また、日時を設定して送信予約をすることもできます。朝方や直接リアルタイムで投稿が難しい場合や、自動化してしまい方には、便利な機能になっています。

運用者を複数設定できる

LINE@(ラインアット)は、運用者を複数設定でき、複数でログインできますので、ひとりで運用する必要がありません。

またビジネスとしてつかっているわけですから、担当が複数いる場合は、LINE@マネージャーからLINE@(ラインアット)から運用するととても便利です。

LINE@/ラインアットで友だちを増やすコツと注意点

LINE@(ラインアット)はLINE@(ラインアット)のメルマガを使って友達を増やしていきましょう。

友だちを増やすには宣伝が必須

LINE@(ラインアット)はもちろんなにもしなけれ場、友達が増える訳ありませんので、定期的に更新していくことや、メルマガなどを使って宣伝が必要になります。

ブロックはNG

せっかく友達に登録してもらえても、ブロックされてしまっては元もこうもありませんので、最初は週に1回など、運用は控えめにしておくほうがいいかもしれません投稿が多くなっても、中身のある内容にしましょう。

友だち追加ボタンを付けよう

LINE@MANAGER(ラインマネージャー)から、「友だち追加ボタン」を取得できますので、取得しておきましょう。

QRコードを設置

LINE@(ラインアット)ではQRコードを発行できますので、いたるところに設置しておきましょう

LINE@/ラインアットの活用事例

LINE@(ラインアット)の事例として、電話予約での問い合わせから、LINE@(ラインアット)への予約に変えることが事例としてあります。店舗に来店された方に、LINE@(ラインアット)に登録してもらい、クーポンを発行するというものです。

LINEの公式ブログで様々な活用事例が紹介されている

LINEの公式ブログでは様々な活用事例が紹介されていますので、チェックしてみてください。

http://blog-at.line.me/

合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

ThumbLINE@(ラインアット)ログイン画面と方法【パソコン(PC)】
LINE@(ラインアット)をみなさんはつかっていますでしょうか。LINE@(ラインアット)を...
Thumb自分のLINE ID(連絡先)を友達に教える方法
もはやアカウントを取得して利用していない人がいないといって言いほど利用者の多いLINE。LI...
ThumbLINEスタンプの引き継ぎ方法!機種変更で消えたスタンプを復元する方法は?【iPhone/Android】
皆さんはLINEのデータの引き継ぎを行ったことはありますか。しかしLINEの引き継ぎが上手く...
ThumbLINEのトーク履歴が消えた?復元する方法や消えた原因・対処法まとめ
みなさんはLINEのトーク履歴のバックアップは取っていますか。実はLINEのトークのバックア...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Shige0352
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ