写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!自宅の住所バレを防ごう【iPhone/Android/PC】

ある日突然SNSからDMで写真や画像を見てそこ知ってますと言われてことはないですか?いきなり来ると一瞬引きますよね?しかし、原因は投稿した写真や画像に位置情報が残っていることです。スマホやPCで位置情報は簡単に調べられます。自宅での撮影は要注意です。

写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!自宅の住所バレを防ごう【iPhone/Android/PC】のイメージ

目次

  1. 1写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~位置情報が残る写真とは?~
  2. 2写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~確認方法~
  3. 3写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~削除方法~
  4. 4写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~対策方法~

写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~位置情報が残る写真とは?~

写真/画像を投稿してDMで自宅の住所、○○県のXX市付近?とコメントが返されることが多々あります。プロフィールのどこにも公開していないのになぜ自宅付近の住所がバレるのでしょうか?SNSでも親しい間柄なら問題ありませんが、全く接点もない人だと恐ろしいことですよね。

自宅の住所がバレる原因のうちの1つが、SNSに投稿した写真や画像です。写真だけで自宅の住所がバレるのかというとバレるのです。最近のスマホには、GPS機能がついており、写真を撮ると自動で位置情報が記録されるようになっています。

これからスマホに乗り換える人、機種変更する人も是非とも覚えていただきたい。スマホで写真を撮ると位置情報が必ず残ります。というのも、位置情報を使用するゲームをしているとGPSをONにする必要が出てきます。絶対にGPSは使わない機会が減ってきているので、なおさらです。

それでは、写真を撮ると位置情報を含めてどのような情報が残るのでしょうか。

GPS機能をONにして撮影すると残る「Exif」

まずは、iPhoneやAnroidでGPS機能をONにして撮影すると、位置情報を含めた様々な個人情報がExif(エグジフ)として保存されます。

Exifは今や浸透してきているので、一度聞かれたことがある人も多いことかと思います。このExifが非常に厄介です。PCやAndroidからだと写真や画像の詳細を見るだけで、iPhoneだと写真アプリから閲覧するだけで、位置情報が表示されてしまいます。

また、フリーソフトやアプリを含めてExif情報を閲覧するものも存在しており、GPS機能をONにして写真を撮ることはすなわち、自宅の住所がバレるのを覚悟しないといけません。

では、Exif情報についてもう少し詳しく見ていきましょう。

Exifに残る情報は位置情報だけじゃない!

GPSをONにすることで残しってしまうExif情報。今のiPhoneやAndroidに当たり前のようについています。写真を撮影するとExif情報を残してしまいます。では、一体どのような情報が残されるのでしょうか。一番危険なのが位置情報として取り上げられているのですが、その他にも色々な情報が保存されます。

油断していると、自宅の住所だけではなく、写真や画像から本名もバレる可能性もあります。いやいや、写真に本名って、写真や画像に文字が埋め込まれているのかと突っ込まれそうです。しかし、答えはYesとなります。詳しくはExif情報で分かる情報を紹介していきます。

位置情報(緯度、経度、方角など)

Exif情報で分かるものは、まずは位置情報です。iPhoneやAndroidでは、具体的に都道府県や市まで表示してくれます。しかし、PCでは位置情報を後ほど確認してみますが、数字の羅列です。

一瞬、この数字で自宅の住所なんてバレるわけないじゃないかと思われます。人が見ても、一発でこの数字は○○県XX市なんて分かるはずはないのです。しかし、この数字をMAPで検索すると一発でどこか指してくれます。

では、この数字一体なんでしょうか?実はこの数字の正体は緯度と経度です。MAP上では、緯度と経度を使って場所を表します。この数字だけで具体的にどこで撮影したものかがバレるのです。

他にも、方角や写真や画像のサイズ等に関しても表記されます。また、写真の位置情報はMAP付きでも表示されるのでいちいち自分から経度と緯度を入力しなくてもわかってしまいます。

セキュリティ対策としては、写真の位置情報は真っ先に消しておいたほうが良い項目になるのです。自宅の庭の写真をうっかり投稿してしまうと他人から自宅住所がバレるのです。

撮影日時

次は、写真の位置情報以外の情報を見ていきましょう。撮影日時は、西暦、月日、時間と表記されています。

昔は、カメラを現像に出すと右下に撮影日時が表記されていますが、今はExif情報の中に保存されているため、印刷しても出なくなりました。現像を出したときに、うまい具合に日時で写真が台無しにということがExif情報に保存されてからは滅多にありません。

スマホやカメラの機種名

Exif情報では、スマホやカメラの機種名がわかります。スマホだとAndroidの機種XperiaZ1といったものが、iPhoneならiPhone7Plusまで事細かにわかります。

カメラの場合は、例えばニコンの場合、Nikon D800といったところまでExif情報でバレるのです。スマホやカメラの機種名は明らかになってもそれほど気にする必要はありません。

作成者名

更にExif情報では、作者名までバレます。特にカメラを使っている場合には注意が必要です。Androidでは未確認ですが、iPhoneでは、作者名のところは空白が確認できました。

作者名では、カメラの機種によって編集できますので、編集できる機種をお持ちの場合は、あらかじめ編集しておいたほうがいいでしょう。

また、カメラでExifの編集ができない場合は、パソコンのフリーソフトで編集できますので、そちらを使って本名以外に変更しておきましょう。

撮影時の設定

最後に撮や影時の設定です。どういうことなのかといいますと、画像のサイズや撮影時の設定についてです。詳しくは専門的な話になってしまうので、割愛します。具体的に言うと撮影方法です。

カメラに関して知識がある人は、Exif情報を見ると相手が持っているカメラのスキルがわかりますし、勉強にもなります。

Exif情報では、位置情報を含め様々なことがわかってしまいます。では、写真の位置情報を確認する方法を紹介していきます。

ThumbGoogleマップの現在地・位置情報がズレる?おかしい?バグ不具合の対処設定方法!
Googleマップの現在地がおかしい、フリーズ、位置情報がズレるなどの不具合、バグの解消方法...

写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~確認方法~

実際、写真の位置情報を確認してみましょう。昔に比べて、PC、Android、iPhoneと位置情報を確認することが簡単になりました。特にiPhoneは史上最強の簡単さを誇るので、初心者でもすぐにわかります。

PCでは、買ったときに自動で入っている閲覧ソフトだけで位置情報が特定できてしまいますし、写真や画像が自宅だったら高確率でバレるのです。

MAPの検索が必要と言いましたが、確認方法からやるとマップも表示されるので大まかな情報を確認するだけなら検索も不要となります。

またWebでは、プラグインを入れるだけでネットに上がっている写真の位置情報を簡単に見れてしまいます。今回はプラグインで写真の位置情報を見れるプラグインの話は割愛致します。Webサイトでも写真があれば位置情報が見れることを頭に入れておきましょう。

iPhoneで確認する方法

iPhoneで位置情報を見る場合、非常に簡単です。特別アプリをインストールしなくても見れてしまいます。つまり、方法さえ知ってしまえば、今日からiPhoneを使い始めたんですといった初心者でも簡単に位置情報をゲットできてしまいます。

手順
①写真アプリを開く

②見たい写真を選ぶ

③スクロールしていくと具体的な住所まで表示されている

この動作、iPhoneで撮った写真を確認するときによくします。iPhoneを持っている人なら誰でも1度はする動作なので、忘れろと言われても無理です。

更に、iPhoneでは、月日別に写真が並んでいますが、GPSをONにした写真は、場所別にも並べられるのです。そして、関連のある位置情報の場所も自動で表示してしまう機能までついています。

アルバムの使用としてなら構いませんが、悪用すると大変なことになります。例えば、Webから写真や画像をダウンロードすると、GPS機能がONのままであった場合、場所別に勝手に並べられるのです。

例えば、千葉県浦安市の写真があった場合には、浦安市でまとめられていきます。旅行の思い出としては位置情報は非常に便利ですし、おみやげ話に写真を見せるときにも場所さえ覚えていればすぐに探せます。

Androidで確認する方法

続いてAndroidになります。Androidでは、iPhoneと違って写真アプリを見ただけでは、位置情報は見られません。Androidでは、詳細情報をタップしないと見れないようになっています。

手順
①ギャラリーをタップ

②写真をタップ

③右側の『…』をタップ

④詳細情報をタップ

⑤Androidのバージョンによって違ってきますが、詳細に個人情報が見れます

PCで確認する方法

最後にPCとなります。PCには、あらかじめスマホ端末でGPSの設定をONにした状態での写真をダウンロードしました。位置情報の怖いところは、PCに送ってだけでは位置情報もそのまま送られてしまうのです。写真の位置情報の確認方法は、Androidとほぼ同じです。

手順
①見たい写真をクリック(デフォルトだとWindowsインストール時に最初から入ってるフォトビューワーが立ち上がる)

②一番右上にある『…』をクリック

③現れたメニューから『ファイル情報』をクリック

④右側に詳細なファイル情報が出てきます。
(※写真が撮影された位置情報を含め、様々な情報が表示。位置情報はMAP付きで表示されます)

スマホ端末から持ってきた写真でも位置情報がきっちりと残っていました。まだ自分のPCだからいいのですが、この写真が他のPCに保存すると、地元を含め自宅付近の位置情報が他人に簡単にバレるのです。更にMAPを開くと市以降の丁番まできっちりと表示されるので、GPSには日頃から注意をしていきましょう。

しかし、注意をいってもどう注意していいのかわかりませんよね?Exif情報に関しては、閲覧も簡単ですが、削除方法も簡単です。Exif情報を削除すると、余計な個人情報が残りません。削除方法を紹介していきます。PC、Android、iPhoneから簡単に削除できます。

写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~削除方法~

確認方法で、写真や画像から位置情報が見れる手軽さを身をもって体験できました。こうはなってほしくないですよね。ネットで位置情報がわかってしまえば、いつダイレクトメッセージ等で、○○さん、XX府△△市にするんですねと来てもおかしくはありません。

また、たまたま近所に住んでいる方が閲覧していたら、またまたダイレクトメッセージで近所の○○ですと言われても致し方ないことです。位置情報を含めたExif情報は削除するに限ります。削除をすると、位置情報を含めExif情報は消えるので自宅もバレるリスクが減ります。

iPhoneで削除する方法

iPhoneで写真の位置情報を削除するためには、設定から行うかアプリから行うかのどちらかになります。設定から行うと他のアプリにも影響を及ぼしてしまうので、iPhoneに限っては、位置情報を削除するアプリに頼りましょう。(※設定から行う方法に関しては後述します)

では、いくつか写真の位置情報を削除するアプリを紹介します。

 

  • 写真のExif 表示 削除 Photo Secure

‎「写真のExif 表示 削除 Photo Secure」をApp Storeで

  • Photo Check

‎「PhotoCheck - 写真の位置情報を確認」をApp Storeで

  • GPS Deloger

‎「GPS Deloger - 気になる位置情報をまとめて簡単削除 -」をApp Storeで

Androidで削除する方法

続いては、Androidです。Androidは、iPhoneと同様アプリで行うと設定を変えず安全に住所を含めた写真の位置情報を安全に削除できます。アプリの方が、一括でまとめて削除できるので便利です。いくつかAndroid対応のアプリを紹介していきます。


 

  • Exif消しゴム

Exif Eraser - Apps on Google Play

  • Exif Remover

Exif Remover - Apps on Google Play

PCで削除する方法

最後はPCから住所を含めた位置情報を削除する方法です。PCからだと、ソフトを使わず直接削除を行えます。まとめて行う場合は、後に紹介するフリーソフトを用いましょう。

まずは、ソフトを使わない方法から紹介します。

ソフトを使わない写真の位置情報の削除手順
①写真を右クリック

②プロパティをクリックし、詳細タブをクリック
(※クリックすると下記画面になればOK)

③プロパティや個人情報を削除をクリック

④このファイルから次のプロパティを削除を選択

⑤すべて選択にチェック

⑥OKをクリック

一括で写真の位置情報が削除できるアプリを紹介
写真を複数枚投稿する場合は、1枚ずつプロパティをクリックするのは非常に面倒です。特にブログで使う写真の場合は余計にです。フリーソフトで一括して写真の位置情報を削除できるものがあるので紹介します。なるべくドラッグ&ドロップの操作だけで写真の位置情報を削除できるものに絞ります。

 

  • JPEG & PNG Stripper
USAをクリックしてダウンロード。ファイルを解凍してStripper.exeを起動したら準備完了。あとは、複数の写真をドラッグ&ドロップするだけで、住所を含む位置情報を削除できます。100枚以上も対応。ただ、日本語化されていないので、設定はあまり変更しないほうがいいでしょう。

JPEG & PNG Stripper

スマホアプリでまとめて削除する事もできる

スマホ端末では、位置情報をまとめて削除する場合も上記の紹介したアプリを用います。PCのように直接は削除できませんので、注意が必要です。機種変更や新規でスマホに変える場合は、真っ先に写真の位置情報を削除するアプリも忘れずにインストールしてください。

iPhoneの場合はAppストアで、Androidの場合はGooglePlayからExif 位置情報 削除と検索すると他にも多くのアプリがあるので、お好みで使っていきましょう。

ThumbGmailのセキュリティを設定/強化して不正アクセス対策をする方法!
「Gmailのセキュリティは大丈夫かしら。もし不正アクセスされてアカウント等プライバシーな情...

写真/画像の位置情報を確認・削除する方法!~対策方法~

写真や画像の位置情報を削除する以外にも対策ができます。一番簡単な対策方法としては、アプリやフリーソフトを用いて写真や画像の位置情報を削除する方法です。しかし、AndroidやiPhoneを使って写真を撮影するときには、あえてPCにデータを移して写真や画像の位置情報を削除するのは面倒ですよね?

特にAndroidやiPhoneといったスマホ端末では、設定で位置情報を含めたExif情報をOFFにすることで対策できます。他にも各SNSでも写真や画像の位置情報に関しては対策をほどこしています。では、どのような対策ができるのか見ていきましょう。

GPS機能をオフにして撮影する

一番の対策は、GPS機能をオフにしてから撮影することです。自宅住所等位置情報は、GPS機能がONになれば勝手にExif情報として保存します。したがって、GPSをオフにして撮影すると写真の位置情報を削除できます。

また、iPhoneでは、アプリごとにGPSの機能をどうするかという設定ができますので、他のアプリに影響を及ぼすことがありません。できれば、自宅付近を撮影するときには、GPS機能をオフにして撮影することをおすすめします。

Exif情報が削除されるSNSを把握しよう

SNSでは、写真や画像からExif情報で自宅や本名がバレる問題に対して、SNSで投稿したときに自動で削除されているようになっています。したがって、以下のSNSでは、GPSの設定をOFFにするのを忘れても大丈夫です。
 

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • Instagram
  • mixi
  • FC2ブログ(写真や画像をアップロード時に選択)
  • アメーバブログ
  • メルカリ
  • はてなブログ(撮影日とカメラの種類は表示される)
  • livedoorブログ(設定で変更)
  • Seesaaブログ(設定で変更)
  • Wordpress(Exif情報を削除するプラグインをインストール)

もし、ご自身が使用しているSNSにない場合は、GPS機能をONにして投稿すると位置情報を含めたExif情報がバレる可能性大です。投稿するときには必ず削除してから行いましょう。

iPhoneでExif情報を持たせずに撮影する設定方法

iPhoneでExif情報を持たせず撮影する方法を紹介します。iPhoneでは、位置情報をオフにする方法とカメラアプリだけオフにする方法とに分かれます。

位置情報をオフにすると、位置情報を使うアプリ全部がオフになってしまいます。例えば、位置情報を使うゲームだとそちらのゲームまで位置情報がオフになってしまい、ゲームができなくなります。

一方、カメラアプリだけをオフにすると、撮影する写真の位置情報だけをオフにできます。

位置情報をオフにする手順
①設定アプリをタップ

②プライバシーをタップ

③位置情報サービスをタップ

④位置情報サービスを左側にスライドにしてオフにする

⑤オフにするをタップ

⑥下記の画面になれば位置情報サービスはすべてOFFになります

カメラアプリだけ位置情報をオフにする手順
①設定→プライバシー→位置情報サービスをタップ

②カメラをタップ

③位置情報の利用の許可の項目で『許可しない』をタップ

設定の違いがわかりましたでしょうか?前者の写真の位置情報の削除は、他のアプリまで影響を及ぼします。一方、後者の設定は、写真の位置情報をカメラだけ許可しないとしているので、他のアプリには影響しません。

設定するなら、後者だけにしておきましょう。

AndroidでExif情報を持たせずに撮影する設定方法

続いては、Androidです。Androidでは、GPS機能をオフにするとすべてのアプリで位置情報を使用できなくなります。写真で撮影したあと位置情報を使うゲームをする場合には、必ず設定をONに戻しておきましょう。

①設定をタップ

②ユーザ設定項目の『位置情報』をタップ

③左側にスライドしてOFFにする
(※白色になっていたらOFF状態です)

写真の撮影が終わったら、右側にスライドしてON状態に戻しておきましょう。設定が面倒な場合は、写真の撮影後、アプリを使って位置情報を削除したほうが効率がいいです。また、アプリによっては、複数枚の写真の位置情報もまとめて消すこともできます。

SNSの設定に注意しよう

SNSの設定でExif情報を残したまま投稿もできるようになっています。該当SNSでは、投稿した際には位置情報などの個人情報は削除した状態でできるといいましたが、該当の設定がONになっている場合は、そのまま投稿されてしまいます。

各SNSやブログで該当の設定にチェックが入っていないか確認しましょう。入っている場合は、必ずチェックを外しましょう。

また、投稿してしまった場合、Twitterだと過去に投稿された写真や画像は位置情報を削除することもでもできます。

今回は、位置情報を確認、削除する方法についてお伝えしてきました。近年では大手SNSは、アップロード時に自動的に削除する方針ですが、設定で位置情報を設定するにチェックをしたまま投稿してしまうと、位置情報が入ったまま投稿されてしまいます。

SNSセキュリティ対策として、なかなか自宅がバレる話も聞かなくはなりましたが、念のために削除してから投稿したほうがいいでしょう。削除方法としてはアプリを入れるか、PC上でフリーソフトを入れるかになります。

写真や画像に少しでも気を使っていただけると幸いです。くれぐれも個人情報は、SNS上でバレることがないよう対策をきちんと行いましょう。

ThumbTwitterのログイン履歴の確認方法!不正アクセスの通知は気をつけよう【iPhone/Android】
Twitterは、使いやすいし安全と思っていませんか?実は知らない間に広告をリプライしていた...
ThumbTwitterのインプレッション数とは?ツイートが何回見られたか確認する方法【Twitterアナリティクス】
Twitterにはツイートアクティビティというチェックツールがあります。ツイートアクティビテ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
まかろん

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ