【Windows7】マカフィーをアンインストールできないときの対処法!

マカフィー/McAfeeの警告メッセージなどがわずらわしいと思う場合、Windows7を含めどのPCからもアンインストールできないことはありません。Windows7PC以降のマカフィー/McAfeeのアンインストール方法やできない場合の対処法を解説します。

【Windows7】マカフィーをアンインストールできないときの対処法!のイメージ

目次

  1. 1マカフィー/McAfeeとは?
  2. 2マカフィー/McAfeeの基礎知識
  3. 3【Windows7】マカフィー/McAfeeをアンインストールする方法
  4. 4【Windows7】マカフィー/McAfeeをアンインストールできないときの対処法
  5. 5【Windows7】マカフィー/McAfeeを再インストールする方法

マカフィー/McAfeeとは?

マカフィー/McAfeeとは、ウイルス対策ソフト・セキュリティソフトの事です。知らないうちにPCにインストールされており、警告メッセージが割と頻繁に表示されますが、危険なウイルスではありません。

個人のお客様向けウイルス対策ソフト・セキュリティソフト - マカフィー

アメリカ発のセキュリティソフト

マカフィー/McAfeeの公式サイトでは、世界で最先端のサイバーセキュリティ企業として紹介されており、アメリカ発のセキュリティソフトとしてその名は知られています。

マカフィー/McAfeeの基礎知識

マカフィー/McAfeeは、セキュリティソフトですからPCに危険なわけでもありませんし、無料です。アンインストールできないわけでもありません。

本格的にウイルスやマルウェアなどの検出を行うために、有料の製品版の購入をすすめる画面が割と頻繁に表示される仕組みになっています。

マカフィー/McAfeeの危険性

PCに気に入っている別のセキュリティソフトを入れているならば、マカフィー/McAfeeは不要です。また、ネット上の口コミの中には、リアルタイムスキャンが有効にできないというトラブルを経験している人もいるようです。

そういう意味での危険性を考えて、プログラムのアンインストールなどの対処法を決定することができます。

マカフィー/McAfeeはいつインストールされたか

マカフィー/McAfeeは、購入したWindows PCにあらかじめインストールされていることが多いようです。

また、Adobe製品をインストールする際に書かれている「提供オプション」の項目の中に、マカフィー/McAfeeを同時にインストールする設定がされているため、気づかずに同時にインストールしてしまい、削除できないと思っている人もいるようです。

Thumbマカフィーの使い方/評判をくわしく解説!
今回の記事では、McAfee(マカフィー)の使い方や評判を紹介していきます。無料で使えるのか...

【Windows7】マカフィー/McAfeeをアンインストールする方法

自分のPCでマカフィー/McAfeeが不要だと思うなら、アンインストールすることができます。

アンインストールの手順

Windows7を含め、PCからマカフィー/McAfeeをアンインストールする手順についてご説明します。まず、ブラウザ画面左下のWindowsロゴマーク(スタートアイコン)をクリックします。

コントロールパネルのプログラムのアンインストールを選択

「コントロールパネル」をクリックする

スタートアイコンをクリックすると、メニュー画面上にある「コントロールパネル」の表示をクリックします。Windows7ですぐ見つからない場合は、Windows8.1同様アプリ一覧表から探すこともできます。

「プログラムのアンインストール」をクリックする

「コントロールパネル」画面が表示されたら、画面左下側にある「プログラムのアンインストール」をクリックします。

マカフィー製品をクリックする

「プログラムのアンインストール」をクリックしたら、PCにインストールされているプログラムの一覧が表示されます。その中のマカフィー/McAfee製品をクリックします。

アンインストールと変更を選択

「アンインストールと変更」をクリックする

マカフィー/McAfee製品をクリックすると、「アンインストールと変更」の表示が出ますので「アンインストールと変更」をクリックします。

削除画面でアンインストールを開始

削除終了を待つ

「アンインストールと変更」をクリックすると、削除プログラムの確認画面が表示されます。アンインストールする機能にチェックを入れて「削除」をクリックします。

今すぐ再起動を選択

「ソフトウェアが削除されました」と表示されたら、今すぐ再起動を選択します。

警告メッセージの表示を確認

警告メッセージを確認する

「今すぐ再起動」をクリックして、再起動すると削除は完了です。マカフィー/McAfeeは、セキュリティソフトですので、削除するとパソコンが脅威にさらされる可能性があるとの警告表示がなされます。

また、アンインストールが完了した後何もPCにセキュリティソフトがインストールされていない場合は、「ウイルス対策ソフトウェアが検出されませんでした」という警告メッセージが表示されます。

Thumb【Windows10】マカフィーをアンインストールできないときの原因を解説!
気づいたらインストールされているマカフィーですが、アンインストールできない場合があるようです...

【Windows7】マカフィー/McAfeeをアンインストールできないときの対処法

マカフィー/McAfeeをアンインストールしたい場合は、通常はコントロールパネルから操作可能ですが、まれにアンインストールできない場合があります。

通常の方法でアンインストールできない場合は、マカフィー/McAfee個人向け製品専用削除ツールを利用することができます。

対処の手順

通常の方法でアンインストールできない場合、PC上で専用削除ツールのURL(http://mcaf.ee/mcpr)を開きます。ファイルの保存先を指定したら、専用削除ツール(MCPR.exe)のダウンロードが開始されます。

ダウンロードが完了したら、ファイルを実行します。ユーザーアカウント制御の画面を確認して、使用許諾条件を確認します。セキュリティ認証を行うと、アンインストールが実行されます。削除が完了したら「今すぐ再起動」をクリックします。

専用削除ツールでできない場合

専用削除ツールをダウンロードして、画面の指示通りに実行しても、まれにアンインストールできない場合があります。できない場合は、一応再度ツールを最初から実行してみます。

それでもできない場合は、マカフィー・テクニカルサポートセンターに問い合わせることができます。電話番号は0570-060-033、年中無休で9:00~21:00まで対応してくれます。

http://mcaf.ee
Thumb「McAfee Safe Connect」の完全アンインストール方法!
知らないうちにPCにインストールされていることが多い「McAfee Safe Connect...

【Windows7】マカフィー/McAfeeを再インストールする方法

もう一度マカフィー/McAfeeを再インストールしたい場合もあるかもしれませんが、再インストールも可能です。

再インストールの手順

マカフィー/McAfeeの公式サイトへアクセスして、ログインします。インストールしたい製品を選択して「ダウンロード」をクリックします。セットアップファイルがダウンロードされたら、ソフトのインストールを実行します。

「インストールされました」または「マカフィー製品で保護されています」という内容の表示が出たら、インストールの完了です。

合わせて読みたい!Windows7に関する記事一覧

ThumbWindows7の「Windows Defender」でPCスキャンする方法!
Windows7の「Windows Defender」でスキャンする方法をご紹介します。Wi...
Thumb【Windows7】PCが重いときにMicrosoftの純正で解放する方法!
Windows7のPCが突然重いようになったときにMicrosoftの純正ソフトでメモリを解...
Thumb【Windows7】メモリ使用状況の確認方法を解説!
みなさんはWindows7のパソコンでメモリ使用状況を確認したことはありますか。Window...
ThumbWindows7にDockerをインストールする方法!
本記事ではWindows7にDockerをインストールするでは、BIOS設定・ssh接続や起...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
kittiko
新しい事にチャレンジすることが好きです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ