Twitterで通報するやり方/方法は?通報するとどうなる?

Twitterで悪質なユーザーに会ってしまったので通報したい。こんな時ってあると思います。でも、通報したらどうなるのかわからないと不安に思う人も少なくないでしょう。なので今回は『Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法』を解説していきます。

Twitterで通報するやり方/方法は?通報するとどうなる?のイメージ

目次

  1. 1Twitterで通報する方法
  2. 通報のやり方はすごく簡単
  3. 通報したい相手のツイートの三点リーダーをタップ
  4. 報告をタップ
  5. 詳細を入力し通報完了
  6. 通報しても相手に自分の個人情報が行くわけではない
  7. 2Twitterで通報するとどうなる?
  8. 悪質なケースは警察沙汰になることもある
  9. アカウント凍結だけでなく逮捕される可能性もある
  10. 3Twitterで通報すると相手のアカウントはどうなる?
  11. 相手のアカウントが凍結されることもある
  12. 自分に影響はない
  13. 相手に言わない限り自分が通報したことはバレることはない
  14. ただしある程度の人が通報しないと効果が無い

Twitterで通報する方法

皆さんはTwitterを使っていますか?誰もが一度は耳にしたことがあるような有名なSNSですよね。Twitterは日々多くの人が利用しています。さらにTwitterには様々な機能があり、それら全てはユーザーのためにあります。

例えば、自分が気に入った投稿にいいね機能やリツイート機能を使えば、自分のフォロワーにその投稿をシェアすることができます。フォロー機能を使えば、その人の投稿がタイムラインに出てくるようになります。なので、タイムラインは自然と自分好みになっていきます。

DMを使えば、SMSのように個人同士で連絡のやりとりができます。電話もできますし、最近はTwitterで連絡のやりとりをする人もいるようですよ。

しかし、そんなTwitterにも現実世界と同じように困った人がいます。それは、誹謗中傷を書き込んだり嫌がらせをしてきたりする悪質Twitterユーザーです。ネットいじめと言う言葉がありますがまさにそれですね。

TwitterなどのSNSはその匿名性の高さから、大きな態度をとったり、人を傷つけるような悪質行為を平気で行う人が出てきます。このような行為をするのは現実世界ではそんなことできない人ばかりです。

ネット世界のTwitterだからって、なんでもしていいわけではありません。ですが、常識を守れない悪質ユーザーがTwitterにいるのは確かです。こんな時、どうすればいいのでしょうか?

このような悪質ユーザーに対する手段として、Twitterは通報という機能を全ユーザーに持たせています。このTwitterの通報を使うと、相手悪質ユーザーを凍結させたりできます。

ですがまずは、Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)や、Twitterで通報すると、相手のアカウントはどうなるのか・どんな効果があるのか、凍結される条件などを知っておく必要があります。

使い方を間違えるとあなたにも被害が出てしまいますからね。なので今回は、Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)や、Twitterで通報すると、相手のアカウントはどうなるのか・どんな効果があるのか、凍結される条件について解説して行きます。

通報のやり方はすごく簡単

まずはTwitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)を解説して行きます。Twitterで通報すると言っても、難しいことはしません。Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)は意外と簡単なので、もしTwitterで悪質な相手ユーザー困っていたら使ってみてください。

ですが、Twitterの通報機能は誰彼構わず無闇矢鱈に使っていい機能ではありません。気に入らないから、などの理由で通報する行為はただの身勝手です。

逆恨みなどでTwitterの通報昨日は使わないでください。その場合、あなたのTwitterアカウントが凍結される可能性があります。

通報したい相手のツイートの三点リーダーをタップ

それでは、Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)を解説していきます。まず、通報したい相手の悪質アカウントのツイートを開きます。これは、あなたに対する誹謗中傷や嫌がらせのメッセージを選択しましょう。

そのメッセージを見つけたら、右上のマークを選択しましょう。今回はAndroid機種の画像を使っているので、マークが三点リーダーと違います。機種やバージョンによってこのマークは違いますが、場所方法(やり方)、効果は同じなのでご安心ください。

報告をタップ

相手の悪質Twitterアカウントコメントの右上のマークを選択するとフォロー解除や通報などの選択一覧が出てきます。この中から『ツイートを報告』を選択しましょう。

この報告=悪質Twitterユーザーの通報になります。機種やTwitterのバージョンによって表示や文字が若干違う場合がありますが、方法(やり方)や効果は同じなのでご安心ください。

詳細を入力し通報完了

あとは相手Twitterユーザーの悪質行為を選択して行けば無事に通報は完了します。以外とTwitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)は簡単だったのではないでしょうか?

他のTwitterユーザーから誹謗中傷や嫌がらせで困っている場合はこの方法を使いましょう。

ネットいじめは社会問題になりつつある問題です。Twitterなどのネットで嫌がらせを受けて自殺してしまう人もいます。そんなことのためにTwitterはあるのではありません。苦しかったら周りの人や、Twitterで仲がいいユーザーに相談したり、ブロックや通報をして身を守ってください。

通報しても相手に自分の個人情報が行くわけではない

Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)をした場合、通報した相手Twitterユーザーに通知や個人情報が送られてしまうのではないか?と思う方もいるかもしれません。

ですが、個人情報が送られることはありません。なので、Twitterで通報したからといって自分の個人情報が送られることはありません。

なので、個人情報が出回る心配もありません。Twitterで通報した相手が個人情報を取得することもできないのでご安心ください。

個人情報の流出を恐れてTwitterの通報をしない、なんて我慢はしなくていいんです。

ThumbTwitterの炎上まとめ!事例や炎上する理由・炎上を防ぐ方法も紹介【2018年最新版】
今回の記事では、Twitterの炎上まとめ!事例や炎上する理由・炎上を防ぐ方法も紹介【201...
ThumbTwitterでQRコードを表示・読み取る方法や使い方を徹底解説
皆さんはTwitterでQRコードうぃ表示したり読み取ることができることをしっていますか?!...

Twitterで通報するとどうなる?

では、Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)をした場合、相手Twitterユーザーはどうなるのでしょうか?どんな効果があるのでしょうか?

ネットの問題だからTwitterアカウントの凍結にする効果や注意喚起だけで済むと思っている人が多いと思います。しかし、それだけでは済まない場合があります。

では一体、通報すると相手Twitterユーザーは相手Twitterユーザーはどうなるのでしょうか?どんな効果があるのでしょうか?そこをみていきましょう

悪質なケースは警察沙汰になることもある

Twitterで悪質な相手ユーザーを通報した場合、通報の効果によって凍結されるだけの場合もありますが、下手をすると警察沙汰になり、逮捕される場合もあります。

ネットいじめは、今や社会問題にまで大きくなりつつあります。Twitterなどのネットの世界が急成長したことが原因でしょう。さらに、ネットの匿名性の高さも加担しています。このような状態になると、気が大きくなったり、自分が偉いと勘違いした人が出てきます。それがTwitterでいう悪質ユーザーですね。

アカウント凍結だけでなく逮捕される可能性もある

Twitterなどのネットでの誹謗中傷は、相手を自殺に追い込む可能性もあります。Twitterでの投稿の内容や悪質行為があまりに歌劇の場合、通報されたTwitterユーザーは警察に逮捕される可能性もあります。実際、ネットでの悪質行為などが原因で逮捕された人もいます。

そんな逮捕されるような人がいるのがネットの世界です。ですが、Twitterの通報機能はそんな人たちの犯行をいち早く食い止める手段として有効です。凍結や逮捕されれば今後誰もそのTwitterユーザーから被害を受けることはなくなります。

逮捕は大げさだと思う人もいるかもしれませんが、悪質行為で自殺してしまう人は少なくありません。悪質行為は殺人と同じくらいの力を持っています。なので、逮捕されるのも納得いきます。

ThumbTwitterでラブレター募集?匿名サービス「ラブレター」の使い方を徹底解説
Twitterで話題になっている「ラブレター」を知っていますか?実際に恋文が届くわけではなく...

Twitterで通報すると相手のアカウントはどうなる?

さて、次はTwitterで悪質な相手ユーザーを通報した場合にTwitterではどうなるのか(どんな対処・効果があるのか)を解説していきます。

悪質行為が過激だと逮捕されますが、逮捕に至らない行為もあります。そんなTwitterアカウントを通報した場合、Twitterではどのような処置が取られるのでしょうか?

流石にTwitterが逮捕の権限を持っているわけではないので、逮捕とは別の方法が取られます。

ここからは、Twitterで悪質な相手ユーザーを通報した場合にTwitterではどうなるのか(どんな対処・効果があるのか)をみていきましょう。

相手のアカウントが凍結されることもある

Twitterで悪質な相手ユーザーを通報した場合どうなる(どんな効果があるの)かといえば、有名なのは凍結ですよね。凍結されるとどうなるのかというと、Twitterに一切の干渉ができなくなります。ツイートやいいねなどもできませんし、そもそもTwitterを開けなくなります。

これがTwitterで通報した際に相手にかかる効果の凍結です。相手のTwitterアカウントが凍結されれば、もうあなたやあなたと同じように悪質な行為を受けていたユーザーにもうそのTwitterユーザーからの誹謗中傷や嫌がらせは無くなります。

自分に影響はない

Twitterで悪質な相手ユーザーを通報した場合、自分じゃどうなるのか?と疑問に思う人もいると思います。自分の個人情報や通知が出てしまうのではないか?と不安に思う人もいるでしょう。

ですが安心してください、個人情報や通知は一切出ませんし、個人情報の流出もありません。プライバシー面からあなたの個人情報が危険にさらされることはありません。

個人情報の流出は恐ろしいですが、少なくともTwitterで通報したから流出したという話はありません。

相手に言わない限り自分が通報したことはバレることはない

ここでさらにTwitterで悪質な相手ユーザーを通報したときに不安に思うことがあると思います。それは、バレることです。もしかしたら相手に自分がTwitterで通報したことがバレるのではないか?と考える人もいると思います。

リツイートやいいねをすると、通知でバレてしまいますよね。それと同じようにTwitterで通報
したときにも同じようにバレるのではないかと心配するTwitterユーザーは多いです。

ですがこちらも安心してください。バレることはありません。そもそも通知がいかないのでバレることがないのです。

Twitterのブロック機能も同じように通知がいかないのでバレることはありません。通知が行くのはあくまで友好的な関係にあるTwitterユーザーだけです。いいねやリツイートは友好的な関係だからこそされる行為なので、通知でバレることはありますが、バレるところでなんのデメリットもありませんよね。

しかし、ブロックや通報はTwitterユーザー同士が悪い関係にあるという判定になっているので、通知がいきません。なのでバレることもありません。

もしバレることが心配だから通報できないという人は安心してください。自分から相手に通報したことを言わない限りバレることはありません。

ただしある程度の人が通報しないと効果が無い

ここまでTwitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)を紹介してきましたが、あなたがTwitterで通報したからといって、すぐに相手のTwitterアカウントが凍結されることはありません。なぜなら、Twitterアカウントの凍結には一定以上の通報が必要とされるからです。

逆恨みや気に入らないからなどの身勝手な理由で通報するユーザーがいるので、その対策としてTwitterアカウントの凍結には一定以上の通報が必要となっています。

何度も通報するのは危険!

あなた一人で一人のTwitterユーザーを複数回通報しても、通報回数は一回です。さらに、あまりにもTwitterでの通報が多いと逆にあなたのTwitterアカウントが凍結されてしまいます。

これは短時間で違うTwitterユーザーに通報をした場合も同じようにあなたのTwitterアカウントが凍結されてしまいます。

なので、すぐに凍結されなくても焦らないでください。焦って何回も通報したらあなたのTwitterが凍結されてしまいます。相手のTwitterアカウントが凍結されるまでは、ブロックなどをして自分の身を守っていきましょう。

最後に

いかがでしたか?今回は『Twitterで悪質な相手ユーザーを通報する方法(やり方)』を解説していきました。Twitterでの通報は悪質なTwitterアカウントに友好的な手段なので、通報の方法を覚えておいて損はないでしょう。しかし、使いすぎは厳禁です。先ほども記載した通り、あなたのアカウントが凍結される可能性があります。

それと、いたずらや私利私欲のために使わないでください。嫌がらせや気に入らないからといった理由は完全にあなたの身勝手な理由になります。そんな理由で凍結されたアカウントの方がよっぽど迷惑です。なので、Twitterの通報機能はいたずらに使わないでください。本当に自分の身が危ないと思った時にだけ使ってください。

最後に、この記事が少しでも皆さんのお役に立てたのなら幸いです。

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
THIA*
ライターのTHIA*です。よろしくお願い致します。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ