【Facebook】人気の「ブックカバーチャレンジ」について解説!

FacebookやTwitterで今話題の「ブックカバーチャレンジ」をご存じでしょうか?FacebookやTwitterで流行っている「ブックカバーチャレンジ」について紹介します。「ブックカバーチャレンジ」のやり方や回す方法をぜひ参考にしてください。

【Facebook】人気の「ブックカバーチャレンジ」について解説!のイメージ

目次

  1. 1【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」とは
  2. ブックカバーチャレンジとは
  3. 2【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」のルール
  4. 基本のルール
  5. 3【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」のやり方
  6. 投稿の手順
  7. おすすめのテキスト例文
  8. 4【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」のメリット
  9. 広めるメリット
  10. 5【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」の注意点
  11. ブックカバーチャレンジには危険性がある?
  12. 6【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」の楽しみ方
  13. ブックカバーチャレンジを楽しむ方法
  14. 合わせて読みたい!Facebookに関する記事一覧

【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」とは

Facebook

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題の、ブックカバーチャレンジとはどのようなやり方で、どのようなルールがあるのかご存じでしょうか?Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題の、ブックカバーチャレンジについて紹介します。

ブックカバーチャレンジとは

ブックカバーチャレンジとは

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題のブックカバーチャレンジとはどのようなやり方・ルールで行われているものなのか、ブックカバーチャレンジとは何かわからない方に向けて紹介します。初めて聞いた方はぜひ参考にしてください。

おすすめの本を紹介するバトン

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題のブックカバーチャレンジとは、インスタなどのSNSで流行っているバトンの一種です。ブックカバーチャレンジは主に、Facebook(フェイスブック)やTwitterではやっています。

読書文化の普及に貢献するために始められたチャレンジ

このチャレンジは2018年頃から海外で流行りだしましたが詳しい発祥などは不明です。日本ではコロナの自粛期間に広がり始めました。主に、読書文化を普及させるために始まったチャレンジだと思われます。このバトンの主流はFacebook(フェイスブック)です。

人気急上昇中

人気急上昇中

現在、日本でもブックカバーチャレンジを始める方が急増しており人気急上昇中のバトンです。主にFacebook(フェイスブック)で流行っていましたが次第に、Twitterでもこのバトンが流行りだしています。

Thumb【Facebook】「QRコード」の作成方法!でないときは?
世界最大のSNSサイトFacebookは個人アカウントやイベント・グループなどを自由に作るこ...
Thumb【Facebook】過去投稿を「一括削除」できる機能を発表!
Facebookでは、ユーザーが過去の投稿を一括してアーカイブしたり削除したりできる「アクテ...

【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」のルール

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題の「ブックカバーチャレンジ」のルールを紹介します。ルールを理解しておけばやり方もかんたんなバトンですので自分の元に届いたときでもすぐにこのバトンを回すことができます。

ブックカバーチャレンジのルールは明確にあるわけではありませんが、多くの参加者の投稿に共通している部分がありますので、基本的なルールとしてどのような共通している部分があるのかを紹介します。

基本のルール

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題のブックカバーチャレンジの基本的なルールを紹介します。Facebook(フェイスブック)やTwitterで流行っているこのバトンですが、ルールも時々変わっていますが基本的なものを紹介します。

自分の元にこのバトンが回ってきたときにはこれから紹介する、基本的なルール・やり方を参考にして次の人へバトンを回すようにすると、よりブックカバーチャレンジも盛り上がりを見せるのでぜひチャレンジしてください。

ブックカバーチャレンジには明確なルールや決まりはありません。参加している人が自分の好きな本を誰かに紹介したいという思いで行われているチャレンジですので、独自ルールをつけてしまっても全く問題ありません。

自分の好きな本を7日間かけて1日1冊紹介

自分の好きな本を7日間かけて1日1冊紹介

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題のブックカバーチャレンジでは、自分の好きな本を7日間かけて1日1冊ずつ紹介していきます。紹介する本の種類や投稿時間については一切ルールがありませんので、単純に好きな本であればOKです。

本の表紙の画像だけをアップ

本の表紙の画像だけをアップ

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題のブックカバーチャレンジでは、本を紹介する際に本の表紙の画像だけを写真におさめてアップします。本の詳しい内容の説明はしません。これが基本的なルールですが派生ルールもあります。

毎日1人にバトンを回す

毎日1人にバトンを回す

Facebook(フェイスブック)やTwitterで話題のブックカバーチャレンジでは、本を紹介する際にバトンを回します。バトンとは、Facebook(フェイスブック)やTwitterのメンション機能を使って、次に本を紹介する人をしてしてバトンのように回すことです。

Thumb【Facebook】子供向けアプリ「Messenger Kids」の提供国を70ヶ国に拡大!
Facebookは子ども向けアプリ「Messenger Kids」の提供国を70ヶ国に拡大し...

【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」のやり方

FacebookやTwitterで話題のブックカバーチャレンジのやり方を紹介します。自分に、バトンが回ってこなくても、ブックカバーチャレンジのやり方を抑えておけば自分から始めて次の人へバトンを回すこともできます。

FacebookやTwitterで今人気急上昇中ですので、ぜひやり方を覚えて自分からバトンを始めるときやバトンが回ってきたときには、このブックカバーチャレンジにチャレンジしてみてください。

投稿の手順

FacebookやTwitterにブックカバーチャレンジを投稿するためのやり方として、投稿手順を紹介します。

ブックカバーの写真を撮影

ブックカバーの写真を撮影

FacebookやTwitterにブックカバーチャレンジを投稿する際には、ブックカバーの写真を添付します。まずは、自分がブックカバーチャレンジで回す本の、ブックカバーの写真を撮影しましょう。添付する写真は表紙の写真だけです。

「写真」から「写真/動画」をタップ

「写真」

写真を撮影したらいよいよ、FacebookやTwitterでブックカバーチャレンジを回すやり方に移りましょう。ブックカバーチャレンジを回すには、まずは写真をタップして先ほど撮影した、ブックカバーチャレンジで回す写真を選択します。

カメラロールから投稿したい本の写真を選択/撮影

カメラロールから投稿したい本の写真を選択/撮影

写真をタップすると、写真・動画の一覧が表示されるので先ほど撮影した、ブックカバーチャレンジでFacebookやTwitterに回す写真を選択しましょう。写真は自分で撮影した写真を利用するようにするのがベストです。

テキストを入力して投稿

テキストを入力して投稿

FacebookやTwitterの投稿画面に自分の好きな、ブックカバーチャレンジで回す本の写真を追加したらテキストを入力して投稿します。ここで入力するテキストについても、ブックカバーチャレンジ特有のやり方があるのでこれから紹介します。

おすすめのテキスト例文

ブックカバーチャレンジで自分が好きな本を紹介する際のおすすめのテキストの例文を紹介します。あくまでも、一般的なブックカバーチャレンジで利用されているテキスト例文ですので自分好みに編集して、自分らしさを出していきましょう。

ブックカバーチャレンジ○日目

ブックカバーチャレンジ○日目

ブックカバーチャレンジを行うときには、その投稿がブックカバーチャレンジであることがわからなければいけません。そのため、必ずブックカバーチャレンジであることがわかる文章を入れておきましょう。○日目と日数を入れるのもおすすめです。

本の説明

本の説明

本の内容や説明は基本的には書きませんが、ある程度大雑把な内容やタイトル、著者名などは書いている人が多い情報になります。自分の好きな本の紹介ですので、自分が考えてキャッチコピーを記入するのもおすすめです。

次の人へのメンション

次の人へのメンション

ブックカバーチャレンジはバトンリレーですので次にバトンを回す人へのメンションを付けておくことが基本となります。ただし、自分だけでブックカバーチャレンジをしたいときやバトンを回す相手がいない回したくないときには不要です。

ハッシュタグ

ハッシュタグ

ブックカバーチャレンジの投稿には、ブックカバーチャレンジをしている人同士が繋がれるように専用のハッシュタグを付けておくことをおすすめします。ブックカバーチャレンジには主に、下記のハッシュタグが多く使われています。

#7bookcoverschallenge
#7日間ブックカバーチャレンジ

投稿前に全体を見返してみよう

投稿前に全体を見返してみよう

ブックカバーチャレンジの投稿が完成したら、最後に全体を見返して見ましょう。自分が納得できればそのまま投稿して、ブックカバーチャレンジは成功です。

【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」のメリット

ブックカバーチャレンジのメリットを紹介します。ブックカバーチャレンジには自分の好きな本を紹介する以外にもメリットがあります。ブックカバーチャレンジで自分の好きな本を紹介するメリットを見てみましょう。

広めるメリット

ブックカバーチャレンジでお互いが自分の好きな本を紹介して広めるメリットを紹介します。ブックカバーチャレンジに参加資格は一切ありません。誰でも自分の好きな本をブックカバーチャレンジとして紹介することができます。

面白い本を探すのに役立つ

面白い本を探すのに役立つ

ブックカバーチャレンジで紹介されている誰かが好きな本は、自分が好きな本・面白い本かもしれません。ハッシュタグで探しやすく、様々な人が紹介している本を見つけることができるのでときには幼少期の懐かしい本も見つかるかもしれません。

友達の新しい面を発見できる

ブックカバーチャレンジでは好きな本の趣向や載せ方に個性が現れます。表紙の写真を取るだけでもすごくオシャレに撮ってみたり映えるように撮ってみたりなど、ブックカバーチャレンジをしている人の新しい面を発見できます。

本の紹介だけでなく、写真のとり方や紹介方法から新たな話題に発展することこともありますので、友だちがブックカバーチャレンジを行っていたらぜひ、友だちが紹介する投稿の写真や紹介方法も読んでみましょう。

自分の知らなかった趣味や得意分野に気づくことができるかも知れません。ブックカバーチャレンジはただ単に本を紹介するだけのバトンではありません。

【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」の注意点

ブックカバーチャレンジの注意点・危険性を紹介します。ブックカバーチャレンジは本を紹介するだけですが危険性はあるのでしょうか?ブックカバーチャレンジに潜む危険性や注意点を紹介しますので参加する方はぜひ参考にしてください。

ブックカバーチャレンジには危険性がある?

ブックカバーチャレンジに潜む危険性について紹介します。ブックカバーチャレンジは一見本を紹介するだけですので危険性は特に無いような気もしますが、実は本を紹介するという行為自体に危険性がるのです。

ブックカバーチャレンジに潜んでいる危険性について紹介しますので、ブックカバーチャレンジにはどのような危険性が潜んでいるのかこれから、ブックカバーチャレンジに参加しようとしている方はぜひ参考にしてください。

意図しないものの映り込みに注意

意図しないものの映り込みに注意

ブックカバーチャレンジの危険性として、本の写真から本の扱いや、本のタイトルが政治などに偏ったものであれば、思わぬトラブルに発展してしまう危険性があります。偏った内容の本は特に危険性が高いので注意が必要です。

紹介に危険性がある本

本は人の思想や考え方がよく現れているものです。そのため、ブックカバーチャレンジで自分の好きな本を紹介してもその本の内容が、特定の政治団体や宗教などを勧める内容の場合にはその投稿が原因でトラブルに発展してしまう可能性があります。

個人がどのような本を好んで、紹介してもそれは個人の自由ですがSNS上で紹介を行うとその投稿は、自分が想像している以上の多数の方に見られることを意識しなければいけません。

他人に対しても何もいっていなくても、それを快く思わない方から突然暴言などのコメントを書けられることもあるかも知れませんので、紹介する本については十分に注意してください。

Twitterなどに投稿するときはアカウント名に気をつける

Twitterなどに投稿するときはアカウント名に気をつける

同じ本のブックカバーチャレンジをFacebookだけでなく、Twitterやインスタでも行う場合には垢バレの危険性があります。Facebookは本名でその他はハンドルネームの場合、同じ内容のブックカバーチャレンジをしてしまうとバレる危険性があります。

チェーンメールに疑われる可能性がある

チェーンメールに疑われる可能性がある

ブックカバーチャレンジのように、メンションを付けて別の人を巻き込む拡散投稿をチェーンメールのように不快に思う方や、バトンが回ってくることを快く思わない方も多くいます。特に、バトン相手には注意しましょう。

【Facebook】「ブックカバーチャレンジ」の楽しみ方

ブックカバーチャレンジの楽しみ方を紹介します。ブックカバーチャレンジとはどのようなものなのか、ブックカバーチャレンジのやり方やルール、危険性を紹介してきました。最後に、ブックカバーチャレンジの楽しみ方を紹介します。

ブックカバーチャレンジの危険性なども紹介しましたが、基本的にブックカバーチャレンジは自分の好きな本を紹介するだけですので、楽しいチャレンジになっています。

最後に、ブックカバーチャレンジをより楽しむ方法を紹介していますので、ブックカバーチャレンジを楽しみたい方や自分のブックカバーチャレンジにオリジナリティを出したい方はぜひ参考にしてください。

ブックカバーチャレンジを楽しむ方法

ブックカバーチャレンジの楽しみ方を紹介します。ブックカバーチャレンジには特に厳しいルールなどはありありません。そのため、自分の好きなようにブックカバーチャレンジを楽しむことができます。おすすめの楽しみ方を紹介します。

ルールは改変してもいい

ルールは改変してもいい

ブックカバーチャレンジのルールは特に決まっていません。改変することも自由です。ブックカバーチャレンジのに数を変えたり本の説明をしたり、バトンを回さないなど自由に行うことができます。紹介する本に縛りを付けることもおすすめです。

本の内容はTwitterで紹介する

本の内容はTwitterで紹介する

ブックカバーチャレンジをFacebookとTwitter両方で行っていてそれぞれのアカウントがバレても良い方は、Facebookでは基本的なルールに従って説明を書かずに、Twitterで改めて本の説明をすると行った楽しみ方もすることができます。

バトンを回す場合は相手に配慮する

バトンを回す場合は相手に配慮する

ブックカバーチャレンジでは基本的に次の人にバトンを回しますが、バトンが回ってくることを快く思わない方も多くいます。事前に回してもよいか確認したり、回して欲しい人を探してからバント相手を選ぶようにしましょう。

バトンを無視されても気にしない

ブックカバーチャレンジを楽しむポイントとして、ブックカバーチャレンジのバトンを無視されても気にしないことがあげられます。ブックカバーチャレンジを始め様々なバトンがありますが、バトンを受けるか拒否するかは自由です。

もし、ブックカバーチャレンジでバトンを送った相手が、自分のバトンを無視してもそのことについてコメントしたり説明を求めたりしてはお互いにFacebookを楽しむことができません。

ブックカバーチャレンジなどのバトンを送る際には、相手はバトンを受けることも拒否することも自由であることを念頭に置いて、無視されても特に何も思わず問いただすこともしないことが、楽しむためのポイントになります。

合わせて読みたい!Facebookに関する記事一覧

Thumb【Facebook】新型コロナ感染の疾病予防マップを公開!
Facebookは新型コロナ感染の広がりが人の移動にどのように影響を与えるかを示している「疾...
Thumb「Facebook」のゲーム専用アプリを前倒し!巣ごもり需要高まりで公開!
人気のSNSサイト「Facebook」のゲーム専用アプリを前倒しで公開すると発表をしました。...
ThumbFacebookがGIFアニメ「GIPHY」を買収!Instagramへ統合!
FacebookがGIFアニメ「GIPHY」を買収しInstagramやほかのアプリに統合す...
ThumbGoogleフォトにFacebookの写真を転送するツール【世界で利用可能】
GoogleフォトにFacebookの写真や動画を転送するツールが世界で利用可能となったこと...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
suncat

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ