【Twitter】動画の時間制限(140秒)を超えて投稿する方法!

Twitterに投稿できる動画の時間は140秒ですが、それを超えて投稿する方法もあるということはご存じでしょうか。Twitterに動画の制限時間を超えてツイートする方法はいくつかありますので、それぞれどのような方法なのか紹介しています。

【Twitter】動画の時間制限(140秒)を超えて投稿する方法!のイメージ

目次

  1. 1【Twitter】動画の時間制限(140秒)を超えて投稿するには?
  2. 140秒(2分20秒)超えた動画を投稿するとどうなる?
  3. 投稿できる動画の基準
  4. 2【Twitter】動画の時間制限を超えて投稿する方法
  5. YouTubeのコンテンツをTwitterで共有する方法
  6. Twitter広告を利用する方法
  7. 最後に

【Twitter】動画の時間制限(140秒)を超えて投稿するには?

Twitterに投稿できる動画は、時間制限が140秒となっています。

140秒(2分20秒)超えた動画を投稿するとどうなる?

では、Twitterで140秒(2分20秒)を超えている動画を投稿するとどうなるのか、気になりますよね。

動画投稿方法は2種類あるがどちらでも編集画面が起動

この場合トリミング画面が立ち上がります。ここで140秒以内に収まるように編集しなければ動画の投稿はできません。

140秒以上の動画は編集画面が開く

なお、Twitterへの動画投稿方法は2種類あります。スマホ・PC共通の方法は保存済みの動画の投稿です。スマホ版Twitterの場合は、Twitterにアップロードする動画の編集もできます。

画像ボタンをタップ

ツイート画面で画像ボタンをタップします。

投稿したい動画を選択

Twitterに投稿したい動画をタップしましょう。

カメラマークをタップで動画の撮影もできる

カメラボタンをタップすると、その場で動画の撮影をすることもできます。

スマホのみ動画の編集が可能

動画の時間のトリミングを下に表示されている操作バーを利用して編集します。

編集完了後ツイートする

完了したら、ツイートを行ってください。

投稿できる動画の基準

Twitterに投稿できる動画の基準は次の表のとおりです。
 

  アプリ ブラウザ
動画形式 MP4、MOV MP4(H264形式、AACオーディオ)
映像、音声コーデック 映像:H.264(high-L4.2)
音声:AAC(LC)
最大動画サイズ 1920 x 1200(および1200 x 1900)
最小解像度 32×32
最大解像度 1920×1200(および1200×1920)
縦横比 1:2.39〜2.39:1の範囲
最大フレームレート 40fps
最大ビットレート 25Mbps
動画の時間 140秒(2分20秒)

ThumbYouTubeの埋め込みを使いこなすテクニックを紹介!
自分のブログやWebサイトのクオリティを高いものにしたり、アクセス数を伸ばすのに役立つ方法の...
Thumb【Twitter】最大140秒の音声を録音する機能について解説!
Twitterの最大140秒の音声を録音する機能の作成画面や赤いボタンなどについてくわしく解...

【Twitter】動画の時間制限を超えて投稿する方法

もしTwitterに140秒の時間制限を超えて動画投稿をしたい場合、YouTubeのコンテンツやTwitter広告を利用する必要があります。

YouTubeのコンテンツをTwitterで共有する方法

YouTubeの動画をTwitterで共有することも可能です。これが最も簡単な140秒以上の動画の投稿方法です。

YouTubeの埋め込みコードを利用

1つは埋め込みコード(URL)利用してTwitterに共有する方法です。上記のような状態がTwitterに埋め込まれている状態です。

YouTubeを共有してTwitterで投稿する手順

YouTubeで「共有」をタップ

Twitterに埋め込むためには、YouTubeの動画上で「共有」を選択します。

Twitterへの共有

Twitterを選択しましょう。URLのコピーでも大丈夫です。

ツイート画面が表示される

ツイート画面が表示されます。URLコピーした場合はTwitterのツイート画面に貼り付けます。

Twitter上でYouTube動画が再生される(PCのみ)

ツイートした内容は、PC版Twitterの場合のみYouTubeの再生画面Twitter上に表示されます。

サムネイルつきリンクを選択でTwitter上で再生(PCのみ)

Twitter上の再生画面はサムネイルを選択することで表示されます。スマホ版Twitterの場合は、TwitterからYouTubeの動画画面に遷移します。

Twitter広告を利用する方法

Twitter広告アカウント登録画面

また、Twitterにおいてよく企業のツイートや広告で見かける長い動画などのように、Twitter広告を利用すれば140秒以上の動画投稿もできます。

10分まで投稿可能

Twitter広告でアカウントを作成し、Twitterの営業担当者の支援を受けることで、10分までの動画の投稿が可能になることがあります。なお、Twitter広告を利用するにはクレジットカードの情報を登録する必要があります。

Twitter広告

広告を利用してTwitterに動画を投稿する手順

Twitter広告を利用してTwitterに動画を投稿する場合、下記リンク先でTwitter広告のアカウントを作成します。Twitter広告アカウント作成後、下記ヘルプから広告サポートチームの方へ連絡してみましょう。

Twitter Ads - Help

Twitterの広告アカウントでも基本的には動画時間の上限は140秒なのは同じですので、こちらは少し敷居が高いかもしれません。

最後に

Twitterでは基本的に140秒を超えている動画の投稿はできません。しかし、YouTubeなどを利用することでTwitterに時間の長い動画を投稿することもできますので、自分にあったTwitterへの動画投稿方法を利用してみてください。

Thumb【Twitter】音声説明(420文字)をツイート画像に追加する機能について解説!
この記事では、Twitterで音声説明(420文字)をツイート画像に追加する機能について特集...
ThumbTwitterで終了した6秒動画アプリVineが「Byte」で復活リリース!
Twitterが提供終了していた6秒動画アプリ「Vine」が「Byte」として復活リリースさ...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ