【Google】問い合わせ方法をくわしく解説!

Googleへ問い合わせを行いたい場合、電話番号やメールはどこにすればいいのか迷った人もいるでしょう。この記事では、Googleへ問い合わせをする際の電話番号やメールとはどれなのか、電話番号やメールで問い合わせる場合の注意事項も含め解説していきます。

【Google】問い合わせ方法をくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1【Google】問い合わせ方法
  2. 一部のみ電話での問い合わせに対応
  3. 電話での問い合わせ方法
  4. チャットでの問い合わせ方法
  5. メールでの問い合わせ方法
  6. プレスリリースやメディア関係の問い合わせ方法
  7. 問い合わせする際のポイントと注意事項
  8. 基本はウェブサイトのヘルプページで解決方法を探す
  9. 最後に

【Google】問い合わせ方法

Googleへ問い合わせを行いたい場合、電話番号やメールを探そうとしたもののよく分からなかったという人もいるかと思います。

一部のみ電話での問い合わせに対応

結論から申し上げると、Googleへの問い合わせ方法は基本的にはウェブ上でのものであり、電話番号での問い合わせは一部のサービスでのみ対応しています。

Googleの無料のサービスは対応していないものがほとんどで、大抵は有料のサービスでしか電話番号での問い合わせに対応していません。無料のサービスに関する問い合わせはヘルプページからのウェブ対応が基本となります。

電話対応しているサービス/コンテンツ

電話番号での問い合わせに対応しているサービス/コンテンツは、下記の有料コンテンツです。それぞれ問い合わせ先や電話番号、受付日時や問い合わせの内容をまとめています。
 

対応サービス 問い合わせ
Google広告 電話番号 0120-731-580
受付 平日(土日祝日除く)
受付時間 9時~18時
内容 購入した商品について
Google Play
Googleストア
電話番号 0120-950-065
受付 年中無休
受付時間 9時~18時
内容 購入した商品について

なお、Google Playはメールでも問い合わせを受け付けていますが、Googleストアの場合は下記電話番号への電話のみの対応となります。

G Suiteサポートの管理者は電話でのサポート有り

Googleアカウントの機能を会社内で一括管理する際に利用されるG Suiteの場合は、所属する組織のG Suiteサービスの管理者がサポート電話番号などへ連絡することでG Suiteサポートを受けることができます。G Suiteサポートでの対応は24時間365日行われています。

G Suiteサポートは下記リンク先からアクセスしてください。

G Suiteサポート

管理者のページにログインを行います。注意事項として、管理者のアカウントは通常のGoogleアカウントと異なり「@gmail.com」で終わらないものですので、間違えないようにしましょう。

?マークをクリックし、G Suiteサポートへのお問い合わせで問い合わせる方法を選択すればOKです。なお、電話での問い合わせを行う場合、その電話番号からの電話をするためにPINが必要ですので、PINの取得を忘れないようにしてください。

次にG Suiteサポートに電話をします。電話番号は国ごとで異なるので確認しておいてください。日本の場合のG Suiteサポートへの問い合わせ番号は次の2つです。
 

  • 0120-556-813
  • 03-6634-4698

上記電話番号のいずれかへ電話をかけます。電話がつながったら、先程取得したPINをオペレーターへ伝えれば電話番号での問い合わせができるようになります。

電話での問い合わせ方法

Googleへ電話番号を利用して問い合わせをする場合、前述したサポートへの問い合わせを行ってください。なお、Googleの問い合わせ電話番号は国によって異なります。日本のものも含め電話番号を記載しておきますので参考にしてください。
 

  • 日本の電話番号: 0120-950-065
  • アメリカの電話番号: +1 855-836-3987
  • イギリスの電話番号: +44 (0)20-7031-3000
  • インドの電話番号: +91 80-67218000
  • カナダの電話番号: +1 514-670-8700
  • ドイツの電話番号: +49 30 303986300
  • メキシコの電話番号: +52 55-5342-8400

電話番号へ電話をかけると、自動の音声ガイダンスが流れます。音声ガイダンスの内容に従い電話番号を入力するダイヤルパッドでメニュー番号を入力しましょう。

なお、希望したメニューの番号や問い合わせの内容によってはオペレーターへ繋がってもなかなか相手が対応できないことがあります。2020年9月現在はコロナの影響で対応している人員を減らしているため、それが影響してなかなか繋がらないこともあるでしょう。

その場合は電話が繋がるまで待つか、一度切ってしばらく立ってから電話番号へ電話を行ってみてください。

問い合わせたいプロダクトを選択(電話)

なお、折返し指定した電話番号への電話をお願いすることもできます。下記リンク先で問い合わせたいプロダクトを選択します。

Google ヘルプ
「お問い合わせ」ボタンを選択

「お問い合わせ」ボタンが下にあるため、そこを選択しましょう。

3番目のステップで問い合わせ方法が表示

問い合わせたい項目を設定し、「次のステップへ」を行っていくと、3番目のステップで問い合わせ方法が表示されます。内容によっては電話番号での問い合わせができないこともあるので注意が必要です。

「通話で受け取る」を選択

指定した電話番号へ電話をかけて欲しい場合は「通話で受け取る」を選択しましょう。

問い合わせ内容と電話番号を入力

必要事項を記入します。「*」がついているものは必須入力事項です。

「通話リクエスト」を押す

入力が完了したら「通話リクエスト」ボタンを押しましょう。表示されている時間内に、Googleから電話がかかってきます。

チャットでの問い合わせ方法

問い合わせるプロダクトを選択する(チャット)

チャットで問い合わせたい場合も、下記リンク先で下記リンク先で問い合わせたいプロダクトを選択します。

Google ヘルプ
「お問い合わせ」を選択(チャット)

「お問い合わせ」ボタンが下にあるため、そこを選択しましょう。

「チャット」を選択

必要事項を入力してください。「*」がついているものは必須入力事項です。

必要事項を入力(チャット)

問い合わせたい項目を設定し、「次のステップへ」を行っていくと、3番目のステップで問い合わせ方法が表示されます。「チャット」を選択しましょう。

「送信」を押してチャットのリクエスト

送信」ボタンを押せばチャットのリクエストが完了します。Google担当者からのチャットが表示されている時間くらいできますので、それを待ちましょう。

メールでの問い合わせ方法

メールで問い合わせたい場合も、下記リンク先で下記リンク先で問い合わせたいプロダクトを選択します。

Google ヘルプ
「お問い合わせ」を選択する(メール)

「お問い合わせ」ボタンが下にあるため、そこを選択しましょう。

「メール」を選択

問い合わせたい項目を設定し、「次のステップへ」を行っていくと、3番目のステップで問い合わせ方法が表示されます。「メール」を選択しましょう。

必要事項を入力(メール)

必要事項を入力しましょう。「*」がついているものは必須入力事項です。

「送信」でメール送信

送信」ボタンを押せばメールの送信が完了します。Google担当者からのメールが返信されてきますので、返信が来るまで待ちましょう。

プレスリリースやメディア関係の問い合わせ方法

プレスリリースやメディア関係など、個人や企業ではなく報道する側が利用する問い合わせ方法があります。

マスコミやイベント関係の問い合わせ先

マスコミやイベント関係の場合、問い合わせ先は別に準備されており、この問い合わせはマスコミやイベント関係者しか利用できません。問い合わせる先はGoogleの広報部です。

Press Cornerにアクセス

Press Cornerを開く

まずは下記リンク先へアクセスしてください。Press Cornerが開きます。

Press Corner
「press@google.com」から問い合わせ

press@google.com」から問い合わせを行いましょう。

Google Japan Blogのページ

なお、Google Japan Blogのページからは、日本のGoogleへの問い合わせが可能です。右側に「メディア関係者向けお問い合わせ先」として、マスコミやイベント関係者向けへの表示がされています。

Google Japan Blog
「pr-jp@google.com」からメールでの問い合わせ

pr-jp@google.com」からメールでの問い合わせが可能です。マスコミやイベント関係であれば返信を行ってくれます。

なお、いずれのメールアドレスでもマスコミやイベント関係者以外がここで問い合わせても返信されることはありませんので、その点注意が必要です。

また、マスコミやイベント関係者の場合はGoogleのプレスホットラインである「1 650-930-3555」の電話番号へ電話をかければ緊急の問い合わせも可能です。ただし、こちらはアメリカのGoogleへの問い合わせです。

問い合わせする際のポイントと注意事項

Googleへ問い合わせる場合、いくつかポイント/注意点があります。

まず、対応してくれるのは日本国内であれば9時~18時、海外は場所によりますが現地時間の9時から17時ということが大半です。それを超えた場合は対応されない可能性が高いため、そのポイント/注意事項は理解しておいてください。

また、Googleに問い合わせる前に後述しますがヘルプページで解決する内容であることが多いです。Googleのウェブヘルプページに問い合わせる前にチェックするポイントなどが記載されているため、こちらのポイント/注意事項も理解しておいてください。

重要なポイント/注意事項としては個人情報の扱いです。Googleで電話番号を利用してなのかウェブを利用してなのかに関わらず、住所などの個人情報は提示する場合は細心の注意をはらってください。

個人情報は住所などだけではありません。Googleにログインするためのパスワードも含まれます。問い合わせを行った場合でも、Google側からパスワードなどを尋ねることはありませんので、決して教えないうということも問い合わせる際のポイント/注意事項です。

基本はウェブサイトのヘルプページで解決方法を探す

前述したとおり、基本的にはGoogleサービスを利用していてわからないことはヘルプページで解決方法を探します。ヘルプページを見てもどうしても解決しない場合の最終手段が電話やメール、チャットでの問い合わせです。

Googleヘルプで検索する方法

Googleのヘルプページ

Googleのウェブサイトのヘルプページは下記リンク先からアクセス可能です。

Google ヘルプ
「知りたい内容についてご記入ください」でキーワード検索

「知りたい内容についてご記入ください」の部分ではキーワードなどでウェブヘルプページから検索することができます。

ヘルプを探したいサービスを選択

なお、サービスごとにヘルプがまとまっていますので、ヘルプを探したいサービスを選択してヘルプ内容を探すこともできます。

最後に

Googleサービスを利用している場合、分からないことがあったら基本的に自分でヘルプを見ながら解決しているというのが基本です。ここで紹介した問い合わせ方法はヘルプを見ても分からなかった場合の手段として利用してください。

ThumbLINEの問い合わせ先電話番号や問い合わせ方法は?
LINEでは、スマホ(AndroidやiPhone)やPC(パソコン)から様々な相手先に電話...
Thumb「ヤフー」の問い合わせ電話番号/カスタマーセンターを紹介!
ヤフーの取り扱いサービスについて、電話で問い合わせようとしても、Yahoo!Japanのサイ...
ThumbTwitterの問い合わせ方法まとめ!問い合わせ電話番号窓口やメールアドレスは?
Twitterの問い合わせ窓口があるってみなさん知っていますか?!Twitterで困ったこと...

関連するまとめ

関連するキーワード

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング