Check Flashの使い方!USBメモリのエラーをチェックする方法を紹介!

USBメモリやSDカードなどを利用してデータの保管をしている人も多いでしょうが、それらにエラーが有るかどうかの確認ができるソフトにCheck Flashがあります。Check Flashのダウンロード/インストール方法と使い方を説明します。

Check Flashの使い方!USBメモリのエラーをチェックする方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1Check Flashの使い方
  2. Check Flashとは
  3. Check Flashの使い方
  4. 最後に

Check Flashの使い方

WindowsパソコンでUSBメモリやSDカードなどを用いてデータの保存をしている人も多いでしょう。そのUSBメモリやSDカードの調子が悪いことや、使用前にそのメモリに問題がないかどうか確認したいと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

Check Flashとは

そんな人におすすめのフリーソフトにCheck Flashがあります。

USBメモリーなどのフラッシュドライブを診断するチェックソフト

Check Flashは、USBメモリ(フラッシュドライブ)やSDカードにエラーがないかどうかを簡単にチェックすることができるソフトウェアです。不調だと感じる場合であったり、事前にエラーがないかどうかをチェックしたい時にも便利です。

Check Flashの使い方

そのCheck Flashの使い方の説明に移ります。

ダウンロード/インストール

Check Flashのダウンロード/インストール方法の説明からしていきます。Check Flashのインストーラーは下記リンク先からダウンロードします。

Check Flashのダウンロード

「VERSION 1.17.0 FROM 15.01.2017」をクリックして、Check Flashをダウンロードしてください。

Zipファイルを解凍

Zipファイルがダウンロードされます。これを解凍しましょう。

Check Flashのダウンロード完了

Zipファイルを解凍すると「CheckFlash.exe」があります。これを実行することでCheck Flashを利用することができます。スタンドアロンソフトなので、インストール作業などは必要ありません。

USBメモリーをチェックする手順

CheckFlash.exeを起動する

Check Flashを利用してUSBメモリをチェックする方法のやり方の説明をしていきます。解凍したファイルの中の「Check lash.exe」を起動してください。

「論理ドライブとして(NTベースのシステムのみ)」を選択

起動すると上記の画面になります。Check Flashでのエラーチェック前に、Check Flashを使ってUSBメモリなどの中のデータのバックアップを取ります。「アクセスタイプ」を「論理ドライブとして(NTベースのシステムのみ)」を選択してください。

「イメージの保存」を選択

アクションタイプを少しスクロールして「イメージの保存」の部分を選択してください。

「スタート!」をクリックしてバックアップ開始

「スタート!」をクリックすればデータのバックアップがおこなわれます。

データ復元時は「イメージの読み込み」を選択

なお、復元に関してはアクションタイプで「データの読み込み」を選択して「スタート!」をすればできます。

「論理ドライブとして(NTベースのシステムのみ)」を選択する

エラーのチェックはアクセスタイプを「論理ドライブとして(NTベースのシステムのみ)」にします。

「読み書きテスト」の「最小パターン」を選択

アクションタイプは「読み書きテスト」の「最小パターン」を選択します。

「フルパス1回」を選択

また、テストの長さの項目で「フルパス1回」を選択してください。

「スタート!」をクリックしてエラーチェック開始

「スタート!」をクリックすると警告画面が表示されますので「はい」をクリックして、エラーチェックを開始してください。

なお、検査には時間がかかりますので、時間的な余裕がある時に実行することをおすすめします。エラーチェックが完了したら、表示されたエラー情報を確認しておいてください。

フォーマットを実行

エラーチェックが完了したら、チェックしたUSBメモリやSDカードのフォーマットをおこなっておきましょう。エクスプローラーで対象のドライブで右クリックして「フォーマット」を選択します。

「FAT32(規定)」を選択

「ファイルシステム」は「FAT32(規定)」を選択します。

「クイックフォーマット」にチェックを入れる

「フォーマットオプション」の「クイックフォーマット」のチェックボックスをオンにしてください。

「開始」をクリックしてフォーマット開始

その他はデフォルトの設定で問題ありません。「開始」をクリックしてフォーマットを実行しましょう。

最後に

USBメモリやSDカードのエラーチェックはCheck Flashを利用することで簡単におこなうことができます。

USBメモリやSDカードに保存されているデータのバックアップなどが必要ではあるものの、インストール不要ということもあり手軽に利用できるため、是非ダウンロードしてみてください。

ThumbUSBメモリを認識しない/読み込まない原因と対処法!注意点も解説!
WindowsでUSBメモリを入れた際「USBデバイスが認識されません」と表示されて認識しな...
Thumb【Windows10】USBメモリの書き込み禁止の解除方法を解説!
Windows10でUSBメモリを読み込んで中のファイルを編集しようとした際、書き込み禁止に...
Thumb【Windows10】USBメモリへのデータ保存/削除方法を解説!
Windows10でUSBメモリにデータを保存する方法をご存知でしょうか?Windows10...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
インステ