AndroidのVPN接続方法とおすすめ無料VPNアプリ

AndroidのVPN接続は初心者にはハードルが高いですが、手順さえわかれば誰でも簡単にできます。VPNを利用するためにはアプリをインストールするのが一般的です。ここではAndroidのVPN接続方法とおすすめアプリを紹介していきます。

AndroidのVPN接続方法とおすすめ無料VPNアプリのイメージ

目次

  1. 1. VPNとは
  2. 1-1. 「Virtual Private Network」の略称
  3. 2. VPN接続するメリット
  4. 2-1. インターネット接続の安全性を確保できる
  5. 3. VPNには何が必要?
  6. 3-1. 「VPNサーバ」や「VPNアプリ」
  7. 4. AndroidでVPN接続する方法
  8. 4-1. Android の設定で VPN に接続する手順
  9. 4-2. アプリを使用して VPN に接続する手順
  10. 5. AndroidでVPN を追加または使用する方法
  11. 5-1. VPN の情報を入手する
  12. 5-2. VPN の情報を入力する
  13. 5-3. VPN を切断または削除する手順
  14. 5-4. VPN 設定を編集する手順
  15. 6. 【Android】無料で利用できるおすすめVPNプロバイダー
  16. 6-1. TunnelBear
  17. 6-2. VyprVPN
  18. 7. 【Android】無料で利用できるおすすめVPNアプリ
  19. 7-1. VPN Gate
  20. 7-2. SpeedVPN
  21. 7-3. HexaTech VPN
  22. 7-4. VPN Master
  23. 7-5. 合わせて読みたい!Androidに関する記事一覧

VPNとは

VPNとは、Webサイトのサーバーととサイトにアクセスしたクライアントの間の通信を独自の技術で暗号化するシステムのことです。

このVPNを利用すれば外出先の無料Wi-Fiなどで個人情報を盗まれたり、第三者にハッキングされたりすることを防ぐことができます。

「Virtual Private Network」の略称

VPNとは「VirtualPrivateNetwork」の略です。カフェやレストランなどに設置されている無料Wi-Fiは、セキュリティがあってもなくても、個人情報を盗まれやすく危険と言われています。この危険性を抑える役割をします。

無料Wi-Fiでブラウジングするときは「https://」からアドレスが始まるサイトだけを見れば安全です。httpsによる通信(SSL/TLS)は無料Wi-Fiのセキュリティとは違う段階で通信を暗号化しているからです。

でも欲しい情報が記載されているWebサイトが、必ずしも「https」からアドレスが始まるとは限りませんよね?

もし「https」からはじまらないWebサイトを観たい場合に、無料Wi-Fiともhttps通信とも違う技術で通信を暗号化するVPN通信ができると安全なのです。

関連記事
AndroidでWi-Fiに繋がらない原因・対処法

VPN接続するメリット

無料Wi-Fiを使う場合はアプリをインストールしたり、パスワードを入力したりするので、少し手間がかかります。

その上VPNまで使わないといけないとなると、手間が増えてしまいますが、手間を増やしてでもAndroidからVPNで通信するのにはメリットがあります

インターネット接続の安全性を確保できる

無料Wi-Fiでブラウジングするときは、「https」からアドレスが始まるWebサイトじゃないと危険です。しかしこうしたWebサイトでも、ブラウザアプリによっては危険なこともあります。

ブラウザアプリとはiPhoneに標準インストールされているSafariや、Androidに標準インストールされているGoogleChromeなどのWebサイトをみるためのアプリです。

安全性が高いのはSafariとChromeなので、これ以外のブラウザアプリを使っている場合は、Webサイトにかかわらず危険です。

VPNを利用すればブラウザアプリも、httpsアドレスも関係なく、安全にWebサイトが見られるようになります。

VPN Gate Viewer - 公開VPNサーバ 一覧 - Google Play のアプリ

VPNには何が必要?

VPNを利用して安全に無料Wi-Fiを使うためには、何が必要なのかを把握する必要があります。VPNを使うのに必要なのはVPNサーバやアプリです。

「VPNサーバ」や「VPNアプリ」

VPNサーバやVPNアプリをAndroidスマホにインストールすることで、無料Wi-Fiでも安全にブラウジングできます。アプリのインストールの方法は、他のアプリと同じなので誰でも簡単にできます。

有料と無料がある

AndroidスマホにインストールできるVPNサーバとVPNアプリには、有料のものと無料のものがあります。無料のものでも十分安全性が高いので、まずは無料のものをインストールしてみましょう。

関連記事
iPhoneとiTunesをWi-Fi経由で同期する方法

AndroidでVPN接続する方法

AndroidスマホでVPN接続するためにはAndroidの設定アプリから接続する方法と、アプリから接続する方法があります。どちらの接続方法も初心者でも簡単にできます

Android の設定で VPN に接続する手順

設定のメニュー画面

Androidの設定からVPN接続する方法は、PPTP、L2TP/IPSec(PSKorRSA)、IPSecXauth(PSKorRSA)、IPSecHybridRSAのどれかであれば、Androidスマホから初心者でも簡単にできます。

まずAndroidのホーム画面から設定アプリをタップします。そして設定アプリのメニューから「ネットワークとインターネット」を選択しましょう。

ネットワークとインターネットの画面

「ネットワークとインターネット」の画面では「VPN」をタップします。VPNの設定はここから行います。

VPNの画面

まだAndroidスマホをVPNに接続していない場合は、「VPNは追加されていません」と表示されています。右上の+アイコンをタップして、追加していきます。

VPNプロファイルの編集画面

VPNプロファイルの編集画面が表示されるので、必要事項を入力していきます。まず「名前」には自分で自由に決めたVPN名を入力します。分かりやすいものを設定しましょう。

「タイプ」はタップすると5種類のタイプが表示されるので「IPSecXauthPSK」を選択してください。あとはVPNアプリの情報に沿って入力します。

アプリを使用して VPN に接続する手順

アプリのVPN接続画面

VPNアプリをインストールしたら、まず接続画面で「接続」などのVPN接続設定をするメニューをタップします。

VPNの追加画面

VPNを追加する項目をタップして、必要事項を入力していきます。「新しいVPN接続の追加」を選択しましょう。

「説明」の入力画面

「新しいVPNの追加」画面で「説明」は好きなVPNの名前を入力します。分かりやすい名前に設定しましょう。

アドレスの入力画面

あとは「VPNGate公開VPN中継サーバー」などのサイトからダウンロードできるファイルを使って、必要事項を入力していきます。

Learning VyprVPN Fast And Unlimited WiFi - Apps on Google Play

AndroidでVPN を追加または使用する方法

VPNを接続したあとに別のVPNに接続したくなった場合は、AndroidスマホにVPNを追加していきます。VPNを追加する手順も、追加後に使用する手順も簡単です。

VPN の情報を入手する

Googleplayの画面

VPNを追加したり、使用したりするためには、VPNの情報を入手する必要があります。VPNの情報は開発者が所有しているので、開発者のアプリをインストールしてセットアップすることで、追加や使用ができるようになります。

VPN アプリをインストール/セットアップ

VPNアプリのセットアップ画面

アプリをインストールした後に行うセットアップの方法は、アプリの種類によって違います。詳しくはアプリをインストールしてから、確認しましょう。

VPN の情報を入力する

詳細登録画面

VPNアプリをインストールしたら、Androidの設定アプリから行います。「設定」から「ネットワークとインターネット」をタップして、「VPN」を選択します。

追加アイコンをタップして、必要事項を入力していくのですが、「IPSec事前共有鍵」はPSK(Pre-SharedKey)を入力します。「ユーザー名」と「パスワード」はL2TPで接続する際のユーザー名とパスワードを入力します。

端末の設定アプリから設定

ユーザー名とパスワード入力画面

必要事項を入力したら、「常時接続VPN」という項目をタップします。ただ「このVPNタイプは常時接続できません」というメッセージが表示されていると常時接続できませんので、気を付けましょう。

VPN を切断または削除する手順

VPNの接続を切断したくなったり、VPNの接続を削除したくなったりした場合は、設定アプリの「VPN」から切断したり、削除したりしたいVPNの項目の歯車アイコンをタップして、「切断」か「削除」を選択してください。

VPN 設定を編集する手順

VPNの接続設定を編集する場合も設定アプリからVPNを選び、歯車アイコンをタップして「編集」を選択します。接続しているVPNに関する設定変更はこの歯車アイコンから行います。

関連記事
機内モードでWi-Fiは使える?接続するメリットや電話・通信料は?

【Android】無料で利用できるおすすめVPNプロバイダー

無料で利用できるAndroid向けのVPNアプリには、さまざまな種類があります。ここからはおすすめのVPNアプリを紹介していきます。

TunnelBear

TunnelBearのメイン画面

「TunnelBear」は無料でインストールできるVPNプロバイダーで、かわいいくまのイラストが印象的なアプリです。デザインがシンプルなので、見やすいというメリットもあります。セットアップの仕方も簡単なおすすめプロバイダーです。

TunnelBear VPN - Apps on Google Play

特徴

TunnelBearの案内画面

特徴としてはGoogleplayでインストールして、メールアドレスを登録すると、登録したアドレスにログインURLが記載されたメールが届きます。そこからログインをして、セットアップします。

メリット/デメリット

TunnelBearの国選択画面

日本のサーバーもあるので安心して使えるのですが、注意点としては毎月500MBまでしか使えません

ツイッターにつぶやくと1GB追加になりますが、月1でつぶやかないといけないという注意点があるので大変です。

VyprVPN

vyprVPNのログイン画面

「vyprVPN」はシンプルで分かりやすいプロバイダーで、セットアップも簡単にできます。見やすいプロバイダーなので、初心者におすすめです。

VPN: Best Private & Secure VyprVPN - Apps on Google Play

特徴

vyprVPNの接続画面

プロバイダー側から申し込みを受けて、それにこたえることで使えるようになるプロバイダーなのですが、悪質なサイトをブロックする機能もあるので、より安全にブラウジングできます。

メリット/デメリット

vyprVPNの接続完了画面

メリットとしては無料プロバイダーにもかかわらず、機能が充実していることです。注意点としては1回1000MBまでの使いきりプロバイダーであることです。

また他の注意点としてはシンプルなデザインである分、説明が少ないので使い方が分からなくなることもあります。

【Android】無料で利用できるおすすめVPNアプリ

VPN接続するのはプロバイダーだけではなく、アプリでもできます。ここからは無料でインストールできるVPNアプリを紹介していきます。

VPN Gate

VPNGateの一覧画面

無料で無制限で使えるVPNアプリなので、無料Wi-Fiを使う機会が多い人におすすめです。日本の接続エリアの種類が多いので、安心して使うことができます。接続方法は、接続したいエリアを選び、設定するだけです。

VPN Gate Viewer - 公開VPNサーバ 一覧 - Apps on Google Play

特徴

VPNGateのメニュー画面

無料アプリにも関わらず、サポートがあります。VPN初心者で接続の方法などがよく分からないという人におすすめのアプリです。

メリット/デメリット

VPNGateのIPアドレス画面

またアプリ内でIPアドレスをコピー出来るので、Androidスマホで設定するときも入力の手間がかかりません。

注意点としてはセットアップをすべて手動でしないといけません。他のアプリはセットアップは自動で行ってもらえるので、このデメリットは多いです。他の注意点は文字が多いアプリなので、読みづらい部分もあります。

SpeedVPN

SpeedVPNの起動画面

「SpeedVPN」も無料でインストールできるアプリで、カラフルなデザインになっています。明るい色なので、実用的なアプリでも堅苦しいデザインが苦手な人におすすめです。

SpeedVPN Free VPN Proxy - Google Play のアプリ

特徴

SpeedVPNの広告画面

ただ特徴としてログインするまでに広告が大きく表示されてしまうので、少し使いづらいです。VPNアプリ初心者よりもVPNアプリを使ったことがある人におすすめです。

メリット/デメリット

SpeedVPNのログイン画面

また注意点として英語表記だけで、日本語表記には対応していません。ただ簡単な英語ばかりなので、英語が苦手でも問題ありません。他にはとくに注意点がありません。セットアップの仕方も、とても簡単です。

HexaTech VPN

HexaTechVPNのログイン画面

日本語には対応していませんが、簡単にセットアップができるVPNアプリです。表示もデザインもシンプルなので、初心者でも使いやすいので、幅広い人におすすめです。

特徴

HexaTechVPNの購入画面

簡単にログインができて、セットアップもすぐに終わります。無駄のないデザインなので、見やすいという特徴があります。

メリット/デメリット

アプリの一覧画面

アプリへのログインとセットアップが終わったらアプリ一覧が表示されるので、一覧から「Hexatech」をオンにします。注意点としては情報が少ないので、使ってみたいとデメリットが詳しく分からないというところです。

また他の注意点としてはサポートもないので、トラブルが起こった時は別のVPNアプリに変更するしかありません。

VPN Master

VPNMasterのログイン画面

シンプルで使いやすいデザインで、セットアップの方法も接続エリアを選択して「接続」をタップするだけです。これだけで使い始めることができるので、初心者におすすめです。

VPN Master - Free unblock Proxy VPN & security VPN - Apps on Google Play

特徴

VPNMasterの購入画面

無料版では広告の量が多いので見づらい部分もありますが、有料版にすることで改善できます。お試しでVPNアプリを使ってみたい人にちょうどいいアプリです。

メリット/デメリット

VPNMaterのメイン画面

注意点としては無料版は最初の7日間だけで、それ以降に料金が発生してしまうということです。この注意点を忘れてしまうと、料金が発生します。

いかがでしたか?無料Wi-Fiを安全に使えるVPNプロバイダーやVPNアプリをインストールし、セットアップして、あなたの大事な個人情報を守りましょう。

合わせて読みたい!Androidに関する記事一覧

関連記事
Androidアプリ「簡単ボイスレコーダー」の使い方
関連記事
Android 8.0へのアップデート後の不具合まとめ!対策や原因は?
関連記事
Androidスマホの壁紙の設定/変更方法!ロック画面/ホーム画面の待ち受けを変更しよう
関連記事
Androidスマホでテザリングできない・繋がらない原因・対処法

関連するまとめ

Original
この記事のライター
さおり
不定期で記事を執筆していきます。犬と料理が好きです。よろしくお願いします!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ