【ApplePay】Suicaの使い方!メリット・デメリットは?

みなさんはApple PayのSuicaの使い方はご存知でしょうか。Apple PayのSuicaは使い方を知っていればとても便利なものなので、Apple PayのSuicaの使い方を知らない方に向けてまとめていきます。

【ApplePay】Suicaの使い方!メリット・デメリットは?のイメージ

目次

  1. 1【ApplePay】Suicaの使い方〜登録方法〜
  2. WalletアプリでSuicaを取り込む手順
  3. エクスプレスカードの設定方法
  4. クレジットカード機能付きSuicaは取り込めない
  5. 2【ApplePay】Suicaの使い方〜決済〜
  6. 改札で利用する方法
  7. 支払いに利用する方法
  8. 3【ApplePay】Suicaの使い方〜チャージ〜
  9. クレジットカードでチャージ
  10. 現金でチャージ
  11. オートチャージ
  12. 4【ApplePay】Suicaの使い方〜履歴確認〜
  13. Suicaの残高を確認する方法
  14. Suicaの使用履歴を確認する方法
  15. 5【ApplePay】Suicaの使い方〜移行〜
  16. Apple WatchにSuicaを移行する方法
  17. 機種変更時にSuicaを移行する方法
  18. 6【ApplePay】Suicaのメリット/デメリット
  19. Apple PayでSuicaを使うメリット
  20. Apple PayでSuicaを使うデメリット
  21. 7【ApplePay】Suicaのトラブル時の対処法
  22. 改札を通れない時の対処法
  23. 充電が切れた時の対処法
  24. 最後に
  25. 合わせて読みたい!決済に関する記事一覧

【ApplePay】Suicaの使い方〜登録方法〜

Apple PayのSuicaでキャッシュレス化

みなさんはApple PayのSuicaの使い方はご存知でしょうか。Apple PayのSuicaを使うとキャッシュレスになり、普段の生活がとても便利になります。Apple PayのSuicaを使うと、クレジットカードをWalletに登録することができます。

ここからは、Apple PayのWalletに登録してエクスプレスカードに登録す方法についてこれから説明してまとめていきたいと思います。みなさんもApple PayのSuicaの使い方や登録方法をマスターして、生活を便利にしていきましょう。

Apple PayのSuicaの使い方の前にApple PayのWalletにクレジットカードやSuicaを登録していろいろと設定をしていかなければなりませんので、まずはここでApple PayのSuicaやWalletに登録する方法について説明していきます。

日本で iPhone や Apple Watch の Suica を使う - Apple サポート
Apple PayのSuicaとは?

WalletアプリでSuicaを取り込む手順

まずは登録します

Apple PayのSuicaの使い方の前に、WalletアプリにSuicaを登録する方法を説明していきます。WalletにSuicaを登録して、設定する方法はとても簡単ですので、まずは、手元にiPhoneのWalletを開けてつかっているSuicaを取り出してください。

新規でも登録できます

Walletを開けたら、Suicaを取り込んでWalletにSuicaを登録していきたいと思います。しっかりしていないとSuicaをWalletに取り込めないことがありますので、取り込めないときは再度WalletからSuicaを取り込んでください。

既存のSuicaを取り込む方法

SuicaをWalletに取り込むには、Walletを開けたままiPhoneとSuicaを引っ付けてください。するとWalletが自動的にSuicaを登録してくれます。

これで取り込み完了

取り込めないアラートが出て取り込めない場合は再度チャレンジしてください。

エクスプレスカードの設定方法

右上をタップ

取り込めないこともなくApple PayのSuicaを使えるようにできましたら、登録は済んでいますので続いてエクスプレスカードの設定の方法を説明していきたいと思います。

この画面に切り替わります

Apple PayのSuicaをエクスプレスカードに登録設定するのは簡単です。

設定をタップします

取り込めないなどがなければすぐにいつも通りにApple PayのSuicaを使うことができます。

Suicaをタップします

エクスプレスカードはエクスプレスカードに設定しないと使うことができません。

ここでオンに変更します

エクスプレスカードに登録設定してApple PayのSuicaを便利にしましょう。

これでエクスプレスカードの設定は完了です

Apple PayのSuicaをエクスプレスカードに設定するのは、Apple PayのSuicaをタップしてエクスプレスカードの設定をオンにすることでApple PayのSuicaをエクスプレスカードに設定登録することができます。

クレジットカード機能付きSuicaは取り込めない

ちなみに、Apple PayのSuicaの中でもクレジットカード機能付きSuicaは取り込めないようになっていますので、クレジットカード機能付きSuicaは取り込めないことになっていますので、注意が必要になります。

クレジットカード機能付きSuicaは取り込めないため、もしApple PayのSuicaを使いたい場合は、通常のSuicaを登録し直して設定する必要がありますので、クレジットカード機能付きSuicaを使っている方は取り込めないため設定できません。

取り込めないことよりも、Apple PayのSuicaを使えないことの方が不便であるため、クレジットカード機能付きSuicaは取り込めないため、使いたい方は通常のSuicaを登録してWalletに登録するようにしてください。

ThumbLINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージしてお得にポイントを還元する方法
ポイント還元率が高いLINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージすると、...

【ApplePay】Suicaの使い方〜決済〜

ここからはApple PayのSuicaの使い方の中でも、Apple PayのSuicaの決済の方法ややり方などの使い方についてまとめて説明していきたいと思いますので、エクスプレスカードに設定出来た方はいつもと変わりない使い方ができます。

Apple PayのSuicaの使い方はとても簡単でとてもシンプルな使い方ができます。エクスプレスカードにApple PayのSuicaを登録しているといつもと同じような使い方で改札を通ることができますし、チャージもクレジットカード経由でできます。

なので、Apple PayのSuicaの登録が済んでクレジットカードやエクスプレスカードの設定が完了した方は、ここで説明するApple PayのSuicaの使い方を読んですばやく決済をしていきましょう。

改札で利用する方法

い湯も通りタッチします

Apple PayのSuicaの使い方はとても簡単であり、いつもと同じように使うことができます。例えば、Apple PayのSuicaで改札を利用することがメインになってくると思いますが、エクスプレスカードに登録しているといつもと同じように利用できます。

エクスプレスカードにApple PayのSuicaを設定しておくと、改札を通る時はiPhoneを改札の機械にタッチするだけで、いつもと同じように改札を通ることができますので、使い方は変わりませんので、カードが一枚減ることになります。

これであれば、Apple PayのSuicaの使い方に特別な作業が必要になる訳ではありませんので、いつもと同じ使い方をすることができますので、なにも困ることはありませんので、初めて使う方は安心してください。

支払いに利用する方法

指紋認証で準備完了

Apple PayのSuicaの使い方の中でもコンビニや普段に買い物の支払いに利用する方法をまとめて説明していきたいと思います。ここでも、Apple PayのSuicaをエクスプレスカードに登録しておくことでスムーズにSuicaで決済することができます。

エクスプレスカードに登録していない方は、画面がロックされた状態からホームボタンを2回連続でタップしてもらうと、Apple PayのSuicaで決済することができますので、もしくはWalletを開けて指紋認証すること決済することができます。

これだけでApple PayのSuicaを使って支払いを済ませることができますので、Apple PayのSuicaの使い方を是非今回でマスターして、今日からSuicaのカードを持ち歩くことなく生活することができますので、是非登録してみてください。

ThumbApple Pay、iOS12.3からエクスプレスカード対応拡大でクレジットカード追加か?
iOS12.3からApple Payのエクスプレスカードに、「EMV」と呼ばれる国際クレジッ...

【ApplePay】Suicaの使い方〜チャージ〜

ここからはApple PayのSuicaの使い方の中でもApple PayのSuicaにチャージする方法について説明してまとえめていきたいと思います。Apple PayのSuicaではなくSuicaカードの場合は駅やコンビニでチャージしていたかと思います。

しかし、カードがないと交通機関の駅の中でいつものようにApple PayのSuicaにお金をチャージすることができませんので、Apple PayのSuicaの使い方の中でもここで説明していくチャージ方法をしっかりと読むようにしてください。

Apple PayのSuicaの使い方をマスターしておかないとうまくチャージできずにいざという時に現金で支払いをしなければならないようになってしまいますので、Apple PayのSuicaを使うときは注意が必要になります。

クレジットカードでチャージ

クレジットカードでチャージ

Apple PayのSuicaの使い方の中でも、Apple PayのSuicaへチャージする方法はいくつかありますので、お好みの方法を選んでApple PayのSuicaへチャージしておけば、対応しているところではApple PayのSuicaで決済することができます。

Walletからもチャージできます


Apple PayのSuicaにチャージする方法の一つとして、クレジットカードでチャージする方法があります。クレジットカードでチャージするにはWalletにクレジットカードを登録しておく必要がありますので、クレジットカードをWalletに追加してください。

Walletにクレジットカードを追加出来たら、Suicaをタップしてチャージをタップすると、クレジットカードでチャージすることができますので、クレジットカードでチャージする金額を選択して決済するようにしましょう。

現金でチャージ

クレジットカードでチャージする方法はメリットデメリットがありますので、現金でチャージしたい方もいると思います。Apple PayのSuicaに現金でチャージするには、コンビニなどを使うと現金でチャージすることができます。

もしくは現金でチャージする機械があれば駅などでApple PayのSuicaに現金でチャージすることもできますので、Apple PayのSuicaに現金でチャージすることができるところで現金でチャージするようにしましょう。

一番のおすすめはコンビニであれば、どこでもApple PayのSuicaに現金でチャージすることができますので、いつもと同じように現金を指定してコンビニ側に現金を渡してタッチすればApple PayのSuicaに現金でチャージすることができます。

オートチャージ

ここをタップします

モバイルSuicaを使っていた方は、オートチャージという機能があるのをご存知でいらっしゃる方もいると思いますが、Apple PayのSuicaはオートチャージを設定することができ、オートチャージでApple PayのSuicaにチャージすることができます。

設定をタップします

Apple PayのSuicaにクレジットカードを登録しておき、そのまま設定画面でオートチャージを設定しておけば、いつもと同じようにApple PayのSuicaでもオートチャージを使ってApple PayのSuicaにチャージすることができます。

申込をして完了

Apple PayのSuicaにチャージするのも手間だという方はオートチャージをApple PayのSuicaに設定しておけば、勝手に不足したときにチャージしてくれるようになりますので、キャッシュレス化することができます。

ThumbGoogle PayとApple Payの違いは?メリット/デメリットと使い方【おサイフケータイ】
Google PayとApple Payの使い方の違いやメリットデメリットって気になりません...

【ApplePay】Suicaの使い方〜履歴確認〜

ここからはApple PayのSuicaの履歴を確認する方法を説明していきたいと思いますので、Apple PayのSuicaに乗り換えると、履歴をいつでもiPhoneで確認することができますので、是非Apple PayのSuicaを使ってみてください。

Suicaをカードで持っている方だと、履歴や残額を確認しようとすると、機械にSuicaを突っ込まないと履歴を確認することができませんが、Apple PayのSuicaだとiPhoneでいつでも残高や使用履歴を確認することができます。

なので、駅で改札を通ろうとしているときに残高不足で詰まってしまって、恥ずかしい思いをしている方をよく見ますが、Apple PayのSuicaをつかうと恥ずかしい思いをせずに過ごすことができるようになります。

Suicaの残高を確認する方法

Suicaの残高を確認

Suicaの残高を確認する方法はとても簡単で、Apple PayのSuicaが入っているWalletで確認することができます。そのため、Suicaの残高を確認するのはいつでも行うことができますのでApple PayのSuicaの方が便利になります。

Suicaの残高を確認することができますので、残高不足になる前にApple PayのSuicaへチャージすることができます。

Suicaの使用履歴を確認する方法

Suicaの使用履歴を確認する

Suicaの使用履歴を確認する方法もとても簡単にいつでも確認することができます。Suicaの使用履歴を確認するのもiPhoneの中に入っているWalletアプリでSuicaをタップして貰うとSuicaの使用履歴を確認することができます。

なので、iPhoneのApple PayのSuicaに乗り換えると、いつなにに使ったのかを確認することができますし、Apple PayのSuicaを使っていると他のzaimなどの家計簿アプリと連携させておくことで管理しやすくなります。

【ApplePay】Suicaの使い方〜移行〜

ここからは、Apple PayのSuicaの使い方の中でも移行させる方法について説明してまとめていきたいと思いますので、Apple PayのSuicaの使い方をマスターしてより便利に使いこなしてみてください。

移行する方法というのは、具体的にApple WatchにSuicaを移行する方法、機種変更時にSuicaを移行する方法などを指しますので、機種変更するときなどは忘れないようにしてください。

Apple WatchにSuicaを移行する方法

Apple WatchにSuicaを移行するには、まずiPhoneのSuicaを削除する必要があります。そして、削除出来たら、Apple WatchにSuicaを登録していきます。マイウォッチを開けて同じようにSuicaをApple Payに登録してください。

これだけでApple WatchにSuicaを移行することができますので、iPhoneとは別にApple WatchにSuicaを入れて使いたいという方はこちらの方法でApple WatchにSuicaを移行してみてください。

機種変更時にSuicaを移行する方法

機種変更時にSuicaを移行する方法について説明していきたいと思います。新しいiPhoneでもApple PayのSuicaを使いたい時はこちらを参考にしてみてください。とても簡単に移行することができます。

機種変更時にSuicaを移行するには、古いiPhoneからApple PayのSuicaを削除してください。設定から削除することができますので、削除したら新しいiPhoneで再度登録すれば同じようにすぐにつかうことができます。

【ApplePay】Suicaのメリット/デメリット

ここからはApple PayのSuicaのメリットデメリットについて説明していきたいと思います。Apple PayのSuicaといってもメリットデメリットがありますので、メリットデメリットを理解した上でApple PayのSuicaを検討してください。

一見便利に見えるものでも物事にはメリットデメリットが必ずありますので、事前にメリットデメリットを押せておくと、対策することもできますので、ここではApple PayのSuicaのメリットデメリットについて説明していきます。

Apple PayでSuicaを使うメリット

Apple PayのSuicaのメリットは言わなくても分かる通り、カードが不要になりますので、財布がとても軽くなります。またチャージもiPhoneだけで行うこともできますので、キャッシュレス化をすることができますのでとても便利になります。

こういったメリットがたくさんありますので、Apple PayのSuicaをつかってみてください。メリットデメリットを比較してもメリットの方が遥かに大きいと感じています。

Apple PayでSuicaを使うデメリット

一見完璧に見えるApple PayのSuicaですが、デメリットもありますので、デメリットについて説明していきます。大きなデメリットとしては、iPhoneの電池がなくなってしまうとApple PayのSuicaは使うことができません。

電車に乗っている途中で電池が切れてしまうと電車から出ることができなくなってしまうため、電池がなくならないように十分に気を付けてください。反対に電池がなくならなければApple PayのSuicaはとても便利なものです。

【ApplePay】Suicaのトラブル時の対処法

Suicaのトラブル時の対処法について何かあったときのためにまとめていきたいと思います。どうしてもSuicaのトラブルに合ってしまうこともありますので、そんな時は焦らずに対処していくことがここできるようになります。

改札を通れない時の対処法

改札を通れない時の対処法としては、改札口のところに駅員さんがいますので、そちらに行くことでいつも通りに対応してくれますので、改札を出れなくなってしまっても焦る必要はありませんので安心してください。

充電が切れた時の対処法

充電が切れた時の対処法としては、充電するしかありませんので、充電が切れないように気を付けてください。心優しい駅員さんが要れば充電してくれるかもしれませんが、充電が切れてしまっては使うことができません。

なので、充電が切れないようにモバイルバッテリーなどを持ち歩くようにして対策して置けば困ることはないかと思いますので、モバイルバッテリーを購入するようにしてください。

最後に

今回は「【ApplePay】Suicaの使い方!メリット・デメリットは?」についてまとめてみましたがいかがでしょうか。Apple PayのSuicaは使い方をちゃんと理解すればとても便利なものですので、是非Apple PayのSuicaを導入してください。

電池切れだけ事前に対応しておけばトラブルになることもありませんので、Apple PayのSuicaでキャッシュレス化をしていきましょう。

合わせて読みたい!決済に関する記事一覧

Thumb決済特化した「LINE Pay」アプリ公開!使える店舗マップ表示も
LINEの決済機能に特化した【LINE Pay】アプリが公開となりました。【LINE Pay...
Thumbバーコード決済7pay(セブンペイ)7月提供開始【セブンイレブン】
7Pay(セブンペイ)とはセブンイレブンが始めるアプリを使ってできるバーコード決済サービスで...
ThumbPayPayのクレカ不正発生率!「100億円還元」第2弾では0.0004%に改善!
PayPayは100億円あげちゃうキャンペーン第二弾におけるクレジットカード(クレカ)取り引...
Thumb【クラウドペイ】共通QRコードでスマホ決済サービスに対応可能
デジタルペイが共通のQRコードでスマホ決済サービスに対応することができるマルチQRコード決済...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Shige0352
よろしくお願いいたします。
インステ