LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージしてお得にポイントを還元する方法

ポイント還元率が高いLINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージすると、普通にチャージするよりもお得です。ここではLINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする方法を、初心者でも分かりやすく紹介していきます。

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージしてお得にポイントを還元する方法のイメージ

目次

  1. 1LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (Suica編)
  2. Suica アプリをインストール
  3. Suica 発行
  4. 2LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (Apple Pay編)
  5. Apple PayにSuica 追加
  6. Suicaアプリ 会員登録
  7. 3LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (チャージ編)
  8. LINE Payカードでチャージ
  9. 4LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (チャージ その他編)
  10. Suica アプリでチャージ
  11. Walletでチャージ
  12. 現金でチャージ
  13. 5Apple Pay 決済のクレジットカード(LINE Payも)を比較
  14. Apple Pay 決済のデメリット
  15. Apple Pay 決済でおすすめのクレジットカード

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (Suica編)

LINE Payカードはスマホから発行手続きが出来て、LINE Payに銀行口座情報を登録している人なら誰でも無料で手に入れられるクレジットカードです。JCBカードでもあるので、国内外の約12,000店舗で買い物の時に使うことができます。

LINE Payカードで買い物をするとポイント還元率がお得になり、そのポイントを買い物の時に使うことができます。これだけでもお得なカードですが、Apple PayのSuicaをチャージする時にLINE Payカードを使うとさらにお得です。

「LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージする」というと、アプリなどを登録するのも、チャージをする手順もとても面倒くさそうですが、登録方法もチャージ方法もとても簡単です。

スマホの複雑な操作が苦手な人、電子マネーなどに抵抗がある人でもできます。この機会にLINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージする生活を取り入れてみましょう!

Suica アプリをインストール

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージするためには、まずスマホにSuicaアプリをチャージします。Suicaはカードでも使えますが、スマホアプリとしてインストールしても使えるのです。

AppstoreかGooglePlayから「Suica」を、無料でインストールしましょう。

スマホにアプリをインストールすると、すぐに会員登録を済ませてしまいたくなりますが、Suicaアプリに新規登録するのはこの段階では待ちましょう。Suicaに新規登録する前にLINE Payに登録したり、Apple PayのSuicaカードを登録したりする準備があるからです。

手順としてはSuicaアプリをApple Payに移行し、LINE payを登録して、LINE Payにチャージしてから、Suicaに新規登録します。LINE Payにすでに登録してあり、銀行口座との連携も済んでいてチャージ済みという場合は、Apple Payに移行するだけで、Suicaを新規登録できます。

Suica 発行

Suicaアプリをスマホにインストールしているだけでは使えないので、Suicaカードを持っていない場合は発行しましょう。Suica付きのピューカードの場合もLINE PayカードでApple Pay経由でチャージできないので、Suicaカードを発行する必要があります。

SuicaカードはJR東日本の駅にある券売機で発行する方法と、Suicaアプリから発行する方法があります。

SuicaアプリからSuicaカードを発行する方法は、アプリを起動して「Suica発行」をタップし、カードの種類を選びます。そしてICカード乗車券取扱規則などに同意してチャージ金額を選び、支払い方法を決登録します。

この時に「Apple Pay」と選択しておかないと、チャージするたびにポイント還元率がお得になりません。

またSuicaはLINE PayともApple Payとも連携させられるのですが、LINE PayカードとApple Payを直接連携させることができないです。SuicaのLINE PayカードとApple Payとの連携が重要なので、確実に連携させておいてください。

駅でSuicaカードを発行するなら黒い券売機

SuicaカードをJR東日本の駅にある券売機で発行するためには、多機能券売機か指定席券売機、みどりの窓口を利用します。手順はSuicaアプリから発行するのとほとんど同じです。必要事項を入力したら数十秒でSuicaが券売機から発行されますので、みどりの窓口で手続きをするよりも、黒い券売機で発行した方が手っ取り早いです。

Suicaカードを発行するときは、チャージ金額とは別に預り金(デポジット)として500円を請求されます。この預り金(デポジット)は、Suicaカードを返却するときに戻ってきます。

ただ緑色の券売機ではSuicaカードの発行ができないので、気を付けましょう。

駅の券売機でSuicaカードを発行するときに事前にスマホで手続きをしたり、暗証番号を取得しておいたりする必要はありません。氏名などの基本的な個人情報だけで発行できるので、特に発行するための準備は必要ないのです。

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (Apple Pay編)

Suicaアプリをスマホにインストールし、Suicaカードを発行したら、今度はApple Payの方の設定をします。Apple Payは対応端末ならスマホにインストールされているので、アプリストアからインストールする必要がありません。

スマホの「wallet」から設定します。

Apple PayにSuica 追加

Apple PayにSuicaカードを追加する画面で「Apple Payにカードを追加」をタップします。ICカード乗車券取扱規則などに同意を求められる画面になるので「同意する」を選択して、次の画面の右上にある「次へ」マークをタップします。

「エクスプレスカードに追加完了」と表示されるので、Apple PayにSuicaを登録できます。この手続き画面はSuicaカードの発行手続きで支払い方法を「Apple Pay」にすると、自動で表示されます。

Suicaカードを発行した流れでApple Payに追加しなかった場合は、スマホで「Wallet」から画面右上の「+」マークをタップし、そこからSuicaを登録します。

「+」マークをタップするとApple Payにカードを追加する案内画面になり、次に追加するカードを選択し、ID番号と生年月日を入力します。利用規約に同意したら、Suicaカードの上にスマホをかざしてApple Payにカードを追加します。

スマホにSuicaカードを追加したら、Suicaカードでは支払いができなくなるので気を付けましょう。

Suicaアプリ 会員登録

ここまでの手続きが終わったら、今度はSuicaのアプリで会員登録をします。Suicaアプリのホーム画面の右下から「チケット購入 Suica管理」をタップして、会員登録をタップします。メールアドレス、パスワード、氏名などを登録したら、完了です。

Suicaアプリで会員登録をする場合も、Suicaカードを発行するときと同じように詳しい個人情報や暗証番号などは必要ありません。

会員登録したら同じ「チケット購入 Suica管理」から、SuicaにLINE Payを登録します。「登録クレジットカード情報変更」をタップして、「クレジットカード情報登録入力」の画面でLINE Payカードの番号と有効期限を登録します。

LINE Payカード裏面に記載されている3桁のセキュリティーコードを登録し、クレジットカード情報の登録確認画面で「登録する」をタップしたら完了です。

発行手続きをしてからLINE Payカードが届くまでの日数

SuicaアプリとLINE Payカードを連携させるために、LINE Payカードの裏に掲載されているセキュリティコードを入力します。LINE Payカードが手元にないと分からないコードですが、LINE Payカードは発行手続きをしてから自宅に届くまで1週間前後かかります。

ただSuicaアプリに新規登録した後でもLINE Payカードを登録することもできるので、Suicaアプリの新規登録までにLINE Payカードが自宅に届かなくても問題ありません。

また一度Suicaアプリにプリペイドカードを連携させても、他のカードに変更することもできます。

LINE Payはいつでも無料で発行できて、お得なポイントももらえる便利なカードです。しかし使っていて気になるところがある場合は、別のカードを発行し、Suicaアプリに連携させましょう。

Suicaアプリは毎日のように使う人がほとんどなので、Suicaアプリにチャージするカードは重要です。使ってみないと分からないこともあるので、デメリットを感じたら変更することをおすすめします。

チャージでLINEポイントがもらえるタイミング

LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージをしたら、3日前後でLINE Payにお得なポイントが還元されます。以前はLINE Payカードのポイント還元率は2%とクレジットカードとしてはとてもお得でしたが、今はLINE Payの使用頻度によって決まるマイカラーによって、ポイントの還元率が変わってきます。

一番ランクが低いホワイトの場合は0.5%のポイント還元率で、最大で5%のポイント還元率になります。

LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージしたら、数日後にLINE Payから上の画像のような通知が届きます。LINEポイントを取得できたのに気が付かないということはありません。

またLINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージしても、チャージしたことを知らせる通知が届きます。この機能はスマホを落としたり、なくしたりしたときに活用できます。

あらかじめパソコンにLINEをインストールしておいて、パソコンからもLINEアカウントにログインできるようにしておけば、スマホを落としたときにどのタイミングでどれくらいの金額を不正使用されているのか、確認できるのです。

ThumbLINE Pay使えるお店(加盟店)・コンビニは?決済方法やメリット・デメリットも解説
LINEPayはさまざまなお店で使えるのですが、具体的にどんな店舗で使えるのか知らない人が多...

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (チャージ編)

SuicaアプリをインストールしてApple PayにSuicaを追加し、SuicaアプリにLINE Payカードを登録出来たら、LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする下準備が出来ました。

ここからはLINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする方法を紹介していきます。とても簡単なので、駅の券売機でチャージするよりも簡単です。

LINE Payカードでチャージ

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージするために、Apple PayにLINE Payカードを登録することができません。しかしSuicaにLINE Payを登録することができ、Apple PayにSuicaを登録することができます。

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする方法は、スマホでSuicaアプリを起動してLINE Payカードでチャージをすればいいだけです。もともとSuicaをApple Payに登録してあるので、これだけでLINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージできます。
 

LINE Payに銀行口座やコンビニからチャージするのは、24時間いつでもできます。とても便利ですがチャージ金額やチャージするタイミングを決めておかないと、お金を使いすぎてしまう原因になります。

Suicaは電車の乗車代を支払うだけではなく、自動販売機やコンビニ、スーパー、ショッピングモールなどの支払いに使えます。現金ではないので、お金を使っている実感が沸かないというデメリットもあります。LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージするのは週に1度や月に1度にして、金額も決めておきましょう。

LINE Payカードのチャージにはカードは使えない

LINE PayカードをApple PayのSuicaをチャージするときに使うことができますが、LINE Payカードのチャージに他のカードを使うことはできません。以前はコンビニでのチャージにファミマTカードを使うことができましたが、今はコンビニでのチャージは現金のみになっています。

現金以外のチャージは銀行口座からの振り込みで、LINE Payにはクレジットカード情報を登録する項目がありますが、これはLINE Pay経由でクレジットカード払いをするためのものです。LINE Payのチャージのときにお得なポイントをもらうことはできません。

2017年1月まではJCB付きのLINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージすると、通常のポイントに比べて遥かにお得なポイント還元のキャンペーンが開催されていました。しかし今はこうしたキャンペーンは行われていません。

JCB以外にも三井住友カードやオリコカードなども、キャンペーンが終了しています。LINE Payカード自体の支払いのたびに2%のポイント還元されるサービスも終了しているので、LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージすると通常では考えられないくらいのポイント還元率になるというわけではありません。

ただ普通にクレジットカードからApple PayのSuicaにチャージした場合よりも、2倍のポイントがもらえる場合もあるのでお得なことには変わりないですよ。

チャージでたまったポイントを活かす方法

LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージして貯まったポイントは、簡単に活かすことができます。LINEアプリの「その他」タブで「LINEポイント」をタップすると、画面上部に貯まっているLINEポイントが表示されます。

「使う」タブをタップすると「LINEポイント交換しますか?」というメッセージが表示されるので、「交換」をタップします。「1、5、10、50、100…」とLINEポイントの交換金額が表示されるので、好きなものを選びます。

LINEポイントは「1ポイント=1円」でLINE Payに課金されます。

LINE Payに課金されたお金はLINE Payカードで、JCB加盟店での買い物に使うことができます。全国のコンビニ、衣料店、ドラッグストアなどで支払いに使えますし、LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージしたポイントを換金して支払いをしても、LINEポイントが貯まります。

 

ThumbLINE Payカードの使い方とメリット/デメリット!還元率・申し込み・チャージ方法も解説
LINEPayはLINEのコインを購入するときに便利ですが、カードを発行できるのをご存じでし...

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージする (チャージ その他編)

上記のチャージ方法は、LINE PayカードでSuicaをチャージする方法です。これでもチャージするたびにLINEポイントがたまりますが、LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージした方がポイントの還元率が高いです。

Suica アプリでチャージ

SuicaアプリにLINE Payカードを登録してある場合は、Suicaアプリで「チャージ(入金)」をタップし、チャージ金額を「1,000」「3,000」「5,000」「その他」から選び、「クレジットカード」をタップします。

SuicaアプリにLINE Payカードでチャージするたびにパスワードを入力したり、暗証番号を入力したりする必要はないので、簡単にチャージできます。わざわざ駅の券売機に行かなくても、いつでもスマホからチャージできます。

Walletでチャージ

LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージするためにはSuicaアプリからチャージしますが、LINE PayカードでApple PayのSuicaをチャージするためにはスマホのWalletからチャージします。

スマホのWalletを開いて「!」マークをタップし、次の画面で「チャージ」を選択します。「1,000」「3,000」「5,000」の中からチャージする金額を選んで、チャージは完了です。あらかじめApple PayにSuicaを登録してあるので、簡単にチャージできます。

現金でチャージ

現金でApple PayのSuicaをチャージする方法は近くにあるコンビニへ行き、スマホでWalletを起動して登録してあるクレジットカードの中からSuicaを選択して、レジの店員にチャージをしたいことと金額を伝えましょう。

スマホにチャージする場合は十分にバッテリーがないと、正しくデータをスキャナーに読み込んでもらえない可能性があります。また指紋認証を設定していないと、いちいちパスワードを入力することになるので面倒です。

指紋認証はスマホの「設定」メニューから登録します。スマホのホームボタンに何度も指をあてて、さまざまな角度で指をあてた場合の指紋をスマホに登録しておきましょう。

Apple PayのSuicaにチャージをしたら、すぐに使うことができます。チャージが反映されるのには数秒しかかからないので、改札や自動販売機、コンビ二などでの支払いに使う直前にチャージしても大丈夫です。

コンビニでの支払いの際にチャージをして払うという方法も、多くの人がやっています。一度登録できたら、時間がかからないので、LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージするのは使い勝手がいいのです。

Apple PayのSuicaは操作にコツがいる

Apple PayのSuicaは改札で使う時に、少しコツがいります。指紋認証で簡単に起動するApple PayのSuicaですが、起動するまでに10秒くらいかかります。改札の順番が来てから起動していては、後ろの人たちを待たせることになります。

改札の列に並び始めたら、すぐに起動しておかないと間に合いません。また指紋認証やFaceIDがうまく読み込めず、手間取ることもあります。慣れるまでに少し時間がかかりますが、一度Apple PayにSuicaを登録してしまうと、Suicaカードは使えなくなるので、改札は端の機械を選びましょう。

LINE Payのマイカラーは送金もしないとランクアップしない

LINE Payは以前は一律でポイント還元率が2%でしたが、現在はマイカラー制度を導入していて、LINE Payの使用頻度に応じてポイント還元率が変わります。一番ランクが低いホワイトから始まり、LINE Payでの支払い合計金額と送金人数によって決まります。

毎日の買い物をLINE Payでしていても、送金機能を使っていないとマイカラーのランクはあがりません。

最高ランクのグリーンになるためには、月間10万円以上LINE Payで支払い、月間5人以上に送金する必要があります。一見、面倒に感じる条件ですが、スーパーやコンビニ、ドラッグストアなど毎日の買い物でLINE Payカードを使い、Suicaにチャージすると月間10万円は無理なく使えます。

また送金の条件は、10円ピンポンのように友だちと協力するとクリアできます。

ThumbLINE PayでLINEスタンプを購入・プレゼントする方法
LINEPayはスマホで普段の買い物ができますが、LINEストアでスタンプの購入に使う人が圧...

Apple Pay 決済のクレジットカード(LINE Payも)を比較

Apple PayのSuicaのチャージができるLINE Payカードはポイント還元率がお得だったり、メリットや手続きが簡単だったりメリットが多いです。しかしデメリットもあるので、LINE Payカードを使う上で不便なポイントも把握しておきましょう。

Apple Pay 決済のデメリット

LINE Payカードはポイント還元率がお得ですが、これはコールセンターの人件費を削っているためです。LINE Payカードを落としてしまった場合もLINE PayのQ&Aで自分で調べることになります。コールセンターは自動音声しか流れないので、自力でトラブルを解決することになります。

またLINE Payカードの不正使用されたときに補償される金額は、10万円までです。LINE Payカードに大金をチャージしておく人は少ないですが、10万円までしか保証されないのは少し不安ですね。

スマホを落としたり、なくしたりしたときに安心できるのは、自動音声ではなく、オペレーターが対応してくれるプリペイドカードです。年会費が無料だと保証が心細いものが多いですが、中にはきちんと対応してくれるカードもあります。

スマホをなくしやすい人や落とし物をよくする人は、紛失の際のサポートが充実しているカードをApple PayのSuicaに登録しましょう。

Apple Pay 決済でおすすめのクレジットカード

Apple PayのSuicaをチャージする時に登録するクレジットカードでおすすめなのは、セゾンカードです。LINE Payカードと同じで年会費が実質無料なのに、窓口対応がきちんとしているのです。

コールセンターでも自動音声ではなく、オペレーターが丁寧に対応してくれるし、全国にあるセゾンカウンターで直接質問することもできます。

その上、割引や特典がたくさんあるので、ポイント以外でもお得にSuicaにチャージできます。またポイントの有効期限がないので、Suicaをあまり使わない人でもコツコツポイントを貯めることができます。

またセブンカードにはオンラインプロテクションという、ネットでの不正使用を保証するサービスがあります。電子マネーやSuicaアプリなどのオンライン決済には、こうしたサービス付きのカードを利用するのがおすすめです。

LINE Payカードはセキュリティがあまり充実していないので、LINE Pay以外のカードを選ぶならセキュリティが充実しているカードを選びましょう。

飛行機によく乗るならANAカード

飛行機に乗る機会が多い人はANAカードがおすすめです。1000円につき1ポイントが貯まり、そのポイントはマイルに交換できます。ポイントをギフト券に交換するよりも、マイルに交換した方がお得です。

ただANAカードは年会費が2,160円かかります。Suicaをほとんど使わない人がANAカードにしてしまうと、年会費でもらえたポイントが消えてしまうので、その場合はおすすめできません。Suicaをよく使う人で飛行機によく乗る人にANAカードはおすすめです。

ANAカード以外にもSuica付きのクレジットカードがありますが、ANAカードと同じように年会費が有料です。Suicaを毎日のように使う人や新幹線によく乗る人は、ポイントが多く貯まるので年会費がかかっても利益が出ます。しかしSuicaを使う機会が少ない人がANAカードのような年会費有料のカードにすると、損をすることになります。

ANAカードのポイント還元率はLINE Payと同じくらいなので、年会費が無料のLINE Payの方がお得ですね。

いかがでしたか?

LINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージすると、ポイント還元率が高いのでお得です。チャージするためにポイントがもらえますので、ぜひLINE PayカードでApple PayのSuicaにチャージしましょう。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
ネロ
不定期で記事を執筆していきます。犬と料理が好きです。よろしくお願いします!

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ