【Wi-Fi】接続済み インターネットは利用できませんと表示される原因と対処法!

Android端末を利用していると、でWi-Fiに接続済みなのにインターネットは利用できませんと表示されることがあります。Wi-Fi接続済みでインターネットは利用できませんと表示される場合の原因とその対処法について解説していきます。

【Wi-Fi】接続済み インターネットは利用できませんと表示される原因と対処法!のイメージ

目次

  1. 1. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の状態とは?
  2. 1-1. Wi-Fi接続は正常だがそれ以外で異常がある状態
  3. 2. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の原因
  4. 2-1. SSID/パスワードの間違い
  5. 2-2. スマホやルーターの異常が起きた可能性
  6. 3. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~SSIDの確認~
  7. 3-1. SSIDの再確認
  8. 4. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~パスワードの確認~
  9. 4-1. Wi-Fiのパスワードの再確認
  10. 5. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~再起動~
  11. 5-1. 機器の再起動
  12. 6. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~アップデート~
  13. 6-1. 機器/アプリのアップデート
  14. 7. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~初期化~
  15. 7-1. Android端末の初期化の手順
  16. 8. 「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~機内モード~
  17. 8-1. 機内モードとは
  18. 8-2. 機内モードのオン/オフの手順
  19. 8-3. 合わせて読みたい!スマホに関する記事一覧

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の状態とは?

Android端末を利用していて、ネットの状態がどうにも不安定だなと思ったとき、「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」という表示がされる場合があります。

Wi-Fi接続は正常だがそれ以外で異常がある状態

スマホのキャリア通信などを節約しようとしてよく利用するのがWi-Fiです。フリーWi-Fiが提供されている場所も多く、よく利用している人も多いのではないでしょうか。

そんなWi-Fiを利用しているときなど、Wi-Fiがどうにもつながらず「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示されることがあります。

それはWi-Fiの接続は正常でも、それ以外の点で異常があることを示しています。自宅や職場のWi-Fiの場合も同様です。

もっとわかりやすく言うと「Wi-Fi利用のための認証が正常に完了していない」ということを示しています。この状態の場合、そのAndroid端末でWi-Fiを利用することはできません。

Wi-Fiが正常に接続されていれば、「接続」「接続済み」「接続されました」という表示がされます。いずれに関しても不安定であれ何であれ接続はできている状況です。

しかし、「IP設定エラー」「認証に問題」「保存済み」「IPアドレス取得中」「制限付きアクセス」「接続済み、インターネットは利用できません」と表示される場合は、Wi-Fi接続に異常が発生していて、ネットワーク接続ができません。

なお、接続済みと保存済みの二つが表示されている場合は、正常に接続できていることを示していますので、そういう場合は気にしなくても大丈夫です。その場合で通信が不安定であれば、この記事で説明する内容を試してみてください。

関連記事
Wi-Fi(ワイファイ)とは?仕組みを分かりやすく解説!

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の原因

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示される原因というのはいわゆる認証エラーにあたりますが、その認証エラーの原因は大きく分けて2種類存在しています。

SSID/パスワードの間違い

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示される原因の一つ目は、Wi-FiのSSID(Wi-Fi接続のためのID)やWi-Fiに接続するためのパスワードの選択・入力間違いです。

SSIDは自動的に取得されるため、自宅のものかどうかはともかく表示されてしまいます。その中に似たような名前のものもたくさんありますので、間違ったものを選択している、ということは十分にあり得ます。

また、パスワードは1文字入力間違いをしただけでも接続エラーになりますので、数字の0なのか英字のOなのかの違いであったり、英数字が入れ替わってしまっていたりなどで接続できないこともあります。

Wi-Fiに必要なその情報がちゃんと入力されていなければ、Wi-Fiにちゃんと接続できるはずもありません。その場合は、原因の解消――つまりSSIDの選択やパスワードの入力を訂正することになります。

スマホやルーターの異常が起きた可能性

もしくは機器そのものの不具合の可能性です。それがAndroid端末なのか、ルーターそのものなのかは状況で異なってきますが、それぞれの機器に異常が起きていればWi-Fiが繋がるのは難しいといえます

Android端末であれば、端末のキャッシュがたまっていたり、アプリが原因で不具合が起きていたりと動作が不安定になる原因はさまざまです。Wi-Fiがその影響を受けることもあります。

ルーターも長いこと使っていれば不具合が起きることもありますし、ファームウェアが古いままだと不具合が起きることもあります。ファームウェアを更新するだけで解消されることもあります。

Android端末にせよ、ルーターの機器にせよ、その不具合が一時的なものなのか、すでに寿命なのかで対処法は異なってきます。基本的に、この記事では主に一時的な不具合の場合を考えての対処法の説明をしていきます。

ここで説明する方法のいずれかをとっても解消されない場合は、特にルーターの寿命ということもあり得ますので、その場合はWi-Fiルーターを買い替えることも視野に入れた方がよいでしょう。

関連記事
モバイルデータ通信/LTEとWi-Fiの違いをくわしく解説!

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~SSIDの確認~

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示される際の原因がSSIDにある場合の対処法について説明していきましょう。

SSIDの再確認

ルーターのSSIDを確認する

SSIDというのは、Wi-Fiにアクセスする際、そのアクセスポイントに対する識別名称を指します。Wi-Fiルーターごとに名前が設定されており、場合によってはデフォルトのものから変更している人もいます。

接続するその名称を手入力することはありませんが、その名称を選択する時点で間違っていれば接続はできません。

フリーWi-Fiであれ自宅のWi-Fiであれ、SSIDの再確認を行ってください。フリーWi-Fiであれば店舗などに表記があるはずですし、自宅のWi-Fiであればルーターなどに記載があるはずですので、一度接続しようとしているものがあっているか確認してください。

現在選択しているWi-FiのSSID情報に関しては、Android端末のWi-Fi設定で確認することができます。そのSSIDが利用したいWi-Fiのものとちゃんと一致しているでしょうか?

今では各家庭に一つWi-Fiルーターを置いている人も多いため、近くに様々なWi-Fiが飛んでいることが多いです。Wi-Fiが飛ぶ範囲はルーターの性能によって異なりますが、屋内では100メートルくらいとされています。

障害物(壁など)があればその範囲は狭まりますが、それでも隣近所のものを受信する可能性は十分に高く、モバイルルーターの存在も含めるとかなりの数のSSIDを受信することも少なくありません。

利用できるできないにかかわらず周囲のSSIDが表示される

利用できるできないにかかわらずそのSSIDはAndroid端末で勝手に表示されています。その中から自分が利用するものを選択してください。

また、ルーターで確認する方法もあります。ルーターにはSSIDの初期値が記載されています。SSIDを変更していなければ、この初期値を選択すれば問題ありません。

なお、初期値から変更しているという場合は、別の接続済み端末からSSIDを確認してください。

接続と解除を何度か繰り返してみる

Wi-FiのSSIDの確認が済んだら、そのWi-Fiの接続と解除を何度か繰り返してみてください。接続と解除を繰り返すことで、一度Wi-Fi接続の環境が解除されることを利用して、簡易とは言えリセットする形です。

それで接続と解除を繰り返すことで最終的に接続できるようになれば問題ありませんし、それでも接続できない場合はパスワードが間違っている可能性もあります。

接続と解除を何度か繰り返しても解消されない場合は、次の「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~パスワードの確認~」を行ってみてください。

関連記事
BluetoothとWi-Fiの違いや特徴を分かりやすく解説!

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~パスワードの確認~

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示されていて、SSIDがちゃんとあっている場合は、SSIDに対するパスワードが間違って入力されている可能性があります。

Wi-Fiのパスワードの再確認

ルーターでWi-Fiのパスワードの確認を行う

Wi-Fiのパスワードも、SSIDの初期値と同じく初期のパスワードはルーターの端末などに表示されています。

パスワードは「パスワード」や「Key」「暗号化キー」「PSK-AES」など各メーカーごとに記載は異なりますが、そういった名称のものを指します。それ以外にもそれっぽいものが記載されていますので、間違える方も一定数います。

そのため、まずはWi-Fiルーターに記載されているパスワードの再確認を行ってください。

パスワードの確認が終わったら、そのパスワードで再度設定しなおしてみましょう。実は、何らかの要因でパスワードが書き変わってしまっていることがあります。

そのため、Wi-Fiのパスワードを再度入力して上書きする、Wi-Fi接続設定を一度削除して再設定する、ネットワーク設定そのものをリセットするという3つの対処法を行ってみてください。

パスワードの上書きの手順

「ネットワークとインターネット」をタップ

まずはWi-Fiのパスワードの上書き手順の説明を行っていきます。Wi-Fi接続設定でパスワードのみを変更することになります。[設定]で[ネットワークとインターネット]を開いてください。

[Wi-Fi]をタップ

[Wi-Fi]をタップします。

対象のSSIDを長押し

エラーが表示されるWi-Fiのアクセスポイント(SSID)を長押ししてください。

「ネットワーク設定を変更」をタップ

表示されたメニューで「ネットワーク設定を変更」をタップします。

ルーターのパスワードを入力

Wi-Fiのパスワードを入力する画面が表示されますので、そこに正しいパスワードを入力します。パスワードの入力時には、間違いなく入力するよう注意してください。

「パスワードを表示する」にレ点を入れれば入力内容の確認ができる

なお、Wi-Fiのパスワードを入力する際、パスワードを表示したい場合は「パスワードを表示する」にチェックを入れれば、Wi-Fiのパスワードを確認しながら入力することができます。

「保存」をタップして完了

「保存」を押してください。なお、「ネットワークを保存できませんでした」と表示された場合、パスワードが間違っていたことになりますので注意してください。

Wi-Fi接続設定の削除/再設定手順

2つ目の方法は、Wi-Fi接続設定を一度削除して解除し、再度そのSSIDを選択してパスワードを入力して接続しなおす方法です。エラーが表示されるWi-Fiのアクセスポイント(SSID)を長押ししてください。

「ネットワーク設定を削除」をタップ

表示されたメニューで「ネットワーク設定を削除」をタップします。続いて、再度そのSSIDを選択して、それに対応するパスワードを入力しましょう。

この方法をとっても効果がない場合は、何度かWi-Fi接続設定の削除&再入力を複数回行ってみてください。2回パスワードを入力しても認証に問題があると表示されて、3回目でようやく接続できた例もあるようです。

再接続した後も「認証に問題」「保存済み」などと表示されている場合は、入力したパスワードが間違っている可能性もありますので、もう一度パスワードの正誤を確認してみてください。

ネットワーク設定のリセットの手順

3つ目の方法は、Android端末で設定されているネットワーク設定すべてを一括してリセットする方法になります。

エラーが発生しているWi-Fiを含め、他のWi-Fi設定、Bluetoothの設定などすべてリセットされます。逆に、そのほかのネットワーク設定が不具合の原因となっている場合はこの方法が最も効率的と言えます。

注意しなければならないのは、この方法を利用できるのはAndroidOS 6.0以降の端末になりますので、AndroidOS 5.0以前を利用している方は手動解除する以外に方法はありません。

[設定]から[ネットワークとインターネット]を開く

ネットワーク設定の一括リセットの方法ですが、[設定]から[ネットワークとインターネット]を開いてください。

「ネットワークとインターネット」のメニューを「…」から開く

右上の三点リーダー([…]が縦に並んだもの)でメニューを開いて、「ネットワーク設定のリセット」をタップしてください。([設定]→[システム]→[リセット]→[ネットワーク設定のリセット]からも同様の操作が可能です)

「ネットワーク設定のリセット」をタップ

[設定をリセット]をタップして実行してください。

「設定をリセット」をタップしてリセット実行

これで、Android端末内に登録されていたネットワーク関係の情報すべてがリセット(初期化)されます。この後、再度Wi-Fiの接続設定を行い、Wi-Fiのネットワーク環境が改善されるかどうか確認してください。

関連記事
【IPアドレス取得中】スマホがWi-Fiに繋がらないときの原因と対処法!

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~再起動~

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示されていて、SSIDもパスワードもちゃんとあっているのに接続できない場合は、Android端末やルーターそのものに不具合が生じている場合もあります。

その場合は、Android端末もしくはルーターを再起動してみましょう。

機器の再起動

Wi-Fiの設定に限らず、Android端末に何らかの不具合が生じている場合、Android端末を再起動(強制再起動も含む)することで改善することがあります。

アプリのキャッシュがたまりすぎていたり、アプリの不具合が端末に影響を及ぼしていたりと原因は様々です。

後者の場合はセーフモードなどを利用して不具合の原因アプリを探すことも視野に入れた方がよいですが、ひとまず再起動で回復するかどうか確認してみましょう。

また、Android端末に不具合がなくてルーターに不具合がある場合も、再起動することで改善することもあります。どちらともが原因、ということもありますので、それぞれの対処法について説明していきます。

Android端末の再起動/強制再起動の手順

まずはAndroid端末の再起動/強制再起動の手順です。再起動に関しては基本的に利用している人も多いでしょうから、分かっている人も多いかと思います。電源ボタンを長押しして、「再起動」をするだけです。

再起動がない機種の場合は、一度電源を切ってから再度Android端末を起動してみてください。

Android端末の再起動を行う

なお、強制再起動をする場合は、端末によって方法が異なります。基本的に、どのAndroid端末においても電源ボタンと音量調節ボタンの同時長押しで強制再起動(強制終了)が可能です。

しかし、Android端末の種類によっては、強制再起動の際に音量調節ボタンのどちらを押すのか、また、長押しする秒数がどれくらいなのかが異なります。電源ボタンを長押しするだけで強制再起動できる端末もありますね。

そのため、強制再起動の方法が分からない場合は、電源ボタンと音量調節ボタンの長押しをいろいろ試してみてください。押す時間も10秒くらいというものもありますので、強制再起動のため長押しする秒数もいくつか試してみるといいでしょう。

強制再起動は基本的に、Android端末がフリーズしてうんともすんとも言わない場合に利用します。フリーズしておらず利用できる場合は、強制再起動ではなく普通の再起動でも十分と言えるでしょう。

Wi-Fiルーターの再起動の手順

Wi-Fiルーターも、親機となるルーターのIPアドレスの振り分けなどで設定に問題が生じている場合があります。その場合はWi-Fiルーターを再起動しましょう。

Wi-Fiルーターの再起動方法はルーターの種類によっては再起動ボタンがあり、それを利用してもOKです。

そういうボタンがない場合やルーターの再起動のやり方が分からない場合はコンセントの抜き差しによる再起動を行いましょう。もはや強制再起動に近いとも言えます。

パソコンなどで強制再起動する際にも言えることですが、コンセントの抜き差しで強制再起動をする場合は、一度コンセントを抜いた後、時間をおいてから再接続してください。すぐにコンセントを挿して起動させても改善されない可能性が高いです。

なお、Wi-Fiルーターには同時接続上限数があります。それが原因で不安定になっている可能性もありますので、複数の端末をWi-Fiルーターに接続している場合は、一時的にで構いませんので接続を切断してください。

関連記事
Wi-Fiで「インターネット未接続」表示の対処法!端末ごとに解説!

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~アップデート~

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示された場合の対処法の4つ目は、Android端末及びWi-Fiルーターのアップデートになります。

機器/アプリのアップデート

機器やアプリなどのアップデートが行われていないと、機器の動作やアプリケーションの不具合につながります。Android端末だけでなく、Wi-Fiのルーターにもアプリに相当するもの(ファームウェア)がありますので、それを更新しましょう。

Android OSのアップデートの手順

Android OSが古いことが原因でWi-Fiが接続できない場合、Android OSを最新版へアップデートするとエラーが解消される可能性があります。

また、OSが最新かどうか、だけでなく、そのほかの端末に対するアップデートがあれば同じ方法で確認・更新ができますので、それを対処法としてください。

「システム」をタップ

Android OSのアップデート方法ですが、[設定]で[システム]をタップしてください。

「端末情報」をタップ

[端末情報]をタップします。

「ソフトウェアアップデート」をタップして確認

[ソフトウェアアップデート]という項目がありますので、そこをタップし、更新があればアップデートを行ってください。

なお、ソフトウェアアップデートは、直接端末で行う場合は通信が発生します。Wi-Fi環境下以外で利用できない場合、一度通信できるWi-Fi環境下で行うか、通信が可能なパソコンなどから間接的にアップデートを行うことになります。

Wi-Fiルーターのファームウェアのアップデート手順

Wi-Fiを利用するために必要な制御プログラムがファームウェアと言いますが、このファームウェアが更新されていないことがWi-Fi接続エラーの原因になることがあります。

ファームウェアの更新はなかなか念頭にない人が多いと思いますので、不具合の原因かどうかに関わらず一度確認してみてもいいかもしれません。

なお、Wi-Fiルーターのファームウェアのアップデート情報の確認ややり方は各ルーターのメーカーにより異なります。

利用しているWi-Fiルーターのメーカーの各HPへ赴き、そこで表示される手順の通りに操作してファームウェアを最新のものへ更新してください。こちらも通信が必要とはなりますが、モデムに影響がない限り利用できないことはないはずです。

メーカーによって更新ができる端末などは異なる可能性がありますので、詳細は各メーカーHPをご確認ください

関連記事
保存済みWi-Fiに接続できないトラブルの対処法!【Android】

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~初期化~

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」と表示される場合の対処法で、ほぼこれは最終手段とも言えますがAndroid端末の初期化になります。一応次に説明する「機内モード」の方法も試してどうしてもだめだという場合は行ってみてください。

Android端末の初期化の手順

Android端末の初期化を行うと、中に保存されている情報はすべてリセットされます。Wi-Fiなどの情報だけでなく、端末内に保存している画像や音楽、電話帳などのアプリ情報もろもろすべてです。

SDカードに保存されているものは操作さえ間違えなければ消えることはありませんので、Android端末の初期化を行う場合、必ずSDカードなりパソコンなりクラウドストレージなりにバックアップを取っておいてください。

初期化してから必要だった情報があったと後悔しても遅いですので、その点かなりの注意が必要になります。

「リセット」をタップ

Android端末の初期化方法ですが、[設定]で[システム]をタップした後、[リセット]をタップします。

「オールリセット」をタップ

「オールリセット」が初期化を行うための項目ですので、ここをタップしてください。

「モバイル端末をリセット」をタップして初期化を行う

内容を確認して、[モバイル端末をリセット]をタップして初期化を開始します。初期化後の端末の設定方法は下記リンクにて解説しておりますので、そちらを参考にしてください。

関連記事
Androidスマホの初期設定方法!購入したらすべき設定まとめ
関連記事
スマホの「IPアドレス」は毎回変わる?Wi-Fiではどうなる?

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法~機内モード~

「Wi-Fi 接続済み インターネットは利用できません」の対処法のうち、最後に説明するのは機内モードを利用する方法です。

機内モードとは

機内モードというのは、文字通り「飛行機の機内で利用するモード」というイメージが強いかと思います。しかしこの機内モード、意外な場所でも利用することのできる方法になります。

よくデータ通信量やバッテリー消費を節約する場合に利用する、などという豆知識もあったりしますが、今回利用するのは機内モードの「飛行機の機内でスマートフォンの通信を遮断するための機能」という部分です。

機内モードを利用していると、キャリアのデータ通信、Wi-Fi、Bluetooth、GPSが停止されます。これらを一括で停止できる、つまりその機能の設定/解除をすることができるわけです。

よって、機内モードを利用すれば、それとともにWi-Fiが切れ、機内モードを解除すればWi-Fiを利用できるようになります。機内モードを利用してWi-Fiの接続/解除を行うことにより、リセットができるという部分を利用するのです。

機内モードのオン/オフの手順

機内モードのオン/オフを行うには通知領域から簡単に行うことができますが、人によっては普段使わないからと表示されていない場合もあると思いますので、今回は通知領域ではなく設定からの機内モードの設定・解除方法の説明をしていきます。

[設定]で[ネットワークとインターネット]をタップしてください。

機内モードをONにする

その中に「機内モード」という部分がありますので、そこを「ON」にしてください。

機内モードを解除する

再度押してトグルをOFFにすれば、機内モードが解除されます。これでWi-Fiの通信状態が改善されれば解決となります。

キャリア通信がない端末を利用している方の場合、Wi-Fiに接続できない状況というのはかなりの死活問題です。

その原因が端末にあるのか、Wi-Fiルーターにあるかどうかは状況によりますが、上記の方法を用いて解消されない場合、ルーターそのものの寿命ということも考えられます。

Wi-Fiルーターの寿命は大体4~6年と言われています。それ以上の年数利用している場合は、機器の劣化が原因ということも考えられますので、新しいものに買い替えることも念頭に入れておくとよいでしょう。

関連記事
Wi-Fiで「インターネット未接続」表示の対処法!端末ごとに解説!

合わせて読みたい!スマホに関する記事一覧

関連記事
【シン・エヴァンゲリオン劇場版】スマホアプリをリリース!特典映像など公開!
関連記事
【iPhone】星座アプリのおすすめは?スマホを掲げて天体観測できるアプリも紹介!
関連記事
【ゆうちょPay】他のスマホ決済との違いを解説!
関連記事
ファーウェイ折りたたみスマホ「Mate X」の発売9月へ延期!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ