【インスタ】「フィードをリフレッシュできませんでした」表示の対処法!

この記事では、インスタで「フィードをリフレッシュできませんでした」表示のエラーの原因について解説します。また、インスタで「フィードをリフレッシュできませんでした」表示のエラーが出た場合の対処法についても解説していきます。

【インスタ】「フィードをリフレッシュできませんでした」表示の対処法!のイメージ

目次

  1. 1【インスタ】「フィードをリフレッシュできませんでした」表示の対処法
  2. Instagram/インスタグラムのフィードとは
  3. 原因
  4. 対処法
  5. 合わせて読みたい!インスタグラムに関する記事一覧

【インスタ】「フィードをリフレッシュできませんでした」表示の対処法

インスタとは、Facebookが提供している無料で利用可能な写真共有サービスです。インスタを利用しているユーザーの中には「フィードをリフレッシュできませんでした」というエラーが出て困ったことがある方も多いのではないでしょうか?

インスタで表示されるこのエラーは、「画像(動画)の読み込みができませんでした」という不具合です。この記事では、インスタで「フィードをリフレッシュできませんでした」のエラーが表示された場合の原因や対処法について解説します。

Instagram

Instagram/インスタグラムのフィードとは

インスタのフィードとは、インスタを起動した際のホーム画面を指しており、フィードに投稿された写真や動画は、自分で削除しない限りインスタアカウントのプロフィール画面に固定表示されます。

インスタを開いた際にトップページに表示されるため、家族や友人に近況を伝えたい場合などフィードを利用して投稿しているユーザーも多いようです。

原因

インスタで「フィードをリフレッシュできませんでした」とエラー表示が出る不具合の原因は、主に以下の理由が考えられます。
 

  1. インスタの通信障害やサーバーダウン
  2. スマホなどの端末エラー
  3. フリーWi-Fiスポットにいる
  4. アプリ側の不具合

インスタグラムの通信障害やサーバーダウン

インスタでは、ユーザーのアクセスが集中した際に、サーバーが落ちてしまい、通信障害が発生したりサーバーダウンしてしまうことがあります。インスタで通信障害サーバーダウンが起きると画像が開けなくなってしまい、このエラー表示がでる場合があります。

なお、インスタの通信障害とは、スマホのWi-Fi環境や天候などで電波状況に不具合が発生してしまうことで、インスタだけでなくスマホの通信事態ができなくなってしまうこともあります。

スマホなどの端末エラー

スマホなどの端末エラーとは、スマホなどの本体に不具合が生じている場合にこのエラーが表示されます。その場合は、インスタではなく、端末に問題が発生している可能性が大きいので、スマホ端末を修理する必要があります。

フリーWi-Fiスポットにいる

コンビニや駅などのフリーWi-Fiスポットでインスタを利用している場合に不具合が発生し、エラー表示される場合が多くあります。

原因は、フリーWi-Fiスポットの場合、Wi-Fiの強度が弱く、Wi-Fiを利用できる場所から少しでも移動してしまうと通信環境が悪くなりインスタを読み込めない状態となるためです。

アプリ側の不具合

特定の機種を利用している場合や、スマホではインスタが見られるのにPCではエラー表示されてしまうという場合は、インスタアプリ側の不具合が原因かもしれません。

多くのユーザーがTwitterにインスタのエラーを投稿している時は、インスタアプリ側の不具合がエラーの原因となっていることが多くあります。

対処法

インスタで「フィードをリフレッシュできませんでした」というエラー表示が出た場合の対処法について解説していきます。

通信環境/Wi-Fiをチェック

インスタを利用している端末の通信環境やWi-Fiをチェックし、通信状況を改善することでエラーが解決することがあります。

外出先のコンビニやスーパーなどで、この不具合が起きてしまった場合は、フリーWi-Fiにつながっていないか確認します。もしフリーWi-Fiの中につながっていることが判明した場合は、対処法として少し場所を移動することでエラーが解消されることがあります。

モバイルデータ通信を利用してインスタを起動している場合は、端末の通信制限やスマホのキャリアで通信障害の不具合が起きていないか確認します。

その他、地下や山間部など電波状況が良くない場所でモバイルデータにて利用している時には、電波状態が良い場所へ行くとエラーが解消されます。

インスタには、「データ使用量を軽減」の設定項目があり、設定をオンにしておくとフィードの表示がエラーとなる場合があります。設定を確認の上、不具合が改善するか試してみましょう。

メニューをタップ

「データ使用量を軽減」の設定確認方法は、インスタのプロフィール画面右上の「≡」アイコンをタップし「設定」をタップします。

アカウントをタップ

「アカウント」をタップします。

モバイルデータの使用をタップ

「モバイルデータの使用」をタップします。

左にスライドしてオフに変更する

「データ使用量を軽減」の項目がオンになっている場合は、スイッチを左にスライドしオフに切り替えます。オフに切り替えた後は、インスタアプリを再起動しインスタのフィードが正しく表示されるか確認します。

設定をタップ

また、電車の中で移動中の場合など、場所を動けない時にはスマホ本体のWi-Fi設定をオン⇒オフに変更します。スマホ端末のWi-Fi設定オフに変更するには、初めに端末の「設定」を開きます。

Wi-Fiをタップ

「Wi-Fi」の項目をタップします。

Wi-Fiをオフにする

「Wi-Fi」の項目を左にスライドしてオフにします。

端末の再起動

自宅のWi-Fi環境を利用している場合などフリーWi-Fiが原因ではないことが明らかな場合は、対処法として端末の再起動をしてみましょう。

スマホやPCの端末に原因があった場合は、再起動することで不具合が解消され、正常にインスタを起動できます。

スライドして電源オフ

iPhoneのスマホ端末の再起動の手順は、「電源ボタン」を長押し⇒「スライド電源をオフ」を右にスワイプし電源を切ります。

また、Androidのスマホを利用している場合は「電源ボタン」を長押し⇒「再起動」もしくは「シャットダウン」して電源を切ります。いづれも、端末の電源が切れたら、再度スマホの電源を入れて再起動しインスタを起動しましょう。

Instagramアプリの再インストール

インスタアプリに不要なキャッシュが溜まっている場合は、インスタアプリを再インストールすることでエラーが解消される場合があります。端末のインスタアプリを一度アンインストールし、再度インスタアプリをインストールしてみましょう。

iPhoneを利用している場合はApp Storeから、Androidを利用している場合はGoogle Playからインスタアプリを再インストールします。

‎「Instagram」をApp Storeで
Instagram - Google Play のアプリ

少し時間をあけて操作してみる

少し時間をあけて再度操作してみることで通信環境が安定し、ネットワークやデータの読み込みができるため、不具合の原因が解消されてインスタのフィードを開ける場合があります。

また、エラー発生時には、インスタ運営がエラーの内容を把握しインスタアプリ内で対処している場合もありますので、時間をあけることで不具合が解消されスムーズにインスタが利用できる場合もあります。

合わせて読みたい!インスタグラムに関する記事一覧

Thumb「インスタグラム」の連絡先のリンクの解除方法を解説!
この記事では、「インスタグラム/Instagram」の連絡先のリンクの解除方法を解説します。...
Thumbインスタグラムの鍵の付け方/非公開にする方法!鍵アカでもバレる?注意点も解説
インスタグラムにいろんな投稿をしたいけれど友達にはバレたくない!そんなときはアカウントに鍵を...
Thumbインスタグラムで電話番号で友達に検索されたくない時の対処設定法
インスタグラムで電話番号で友達検索されないための対処方法を説明していきます。スマホのアプリで...
Thumbインスタグラムでブロックした相手の解除方法と解除できない時の対処法
人気アプリは日々アップデートされています。Instagram(インスタグラム)も然り。以前は...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
toto123

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ