【Twitter】タイムラインにツイートが全部表示されない/抜け漏れについて解説!

突然Twitterのタイムラインにツイートが全部表示されない/抜け漏れが発生した場合の原因や対処法を紹介します。Twitterのタイムラインの表示されないバグや抜け漏れの対策としてキャッシュ、スレッド活用、リスト追加、モバイル版利用することを見ていきます。

【Twitter】タイムラインにツイートが全部表示されない/抜け漏れについて解説!のイメージ

目次

  1. 1. 【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜バグが原因〜
  2. 1-1. アップデート後のバグが原因
  3. 1-2. 対処法
  4. 2. 【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜新機能が原因〜
  5. 2-1. 新機能により設定が変更になったことが原因
  6. 2-2. 対処法
  7. 3. 【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜上限超過が原因〜
  8. 3-1. ツイート数の上限を超えたことが原因
  9. 4. 【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜削除が原因〜
  10. 4-1. 一括削除/連続削除が原因
  11. 5. 【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜ミュートが原因〜
  12. 5-1. キーワードミュートを設定していることが原因
  13. 5-2. 対処法
  14. 6. 【Twitter】タイムラインの抜け漏れに対するその他の対処法
  15. 6-1. Twitterの公式アプリ以外も活用
  16. 6-2. リストを活用
  17. 6-3. スレッドを活用
  18. 6-4. まとめ
  19. 6-5. 合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜バグが原因〜

Twitterのタイムラインでツイートが表示されない場合の対処法や原因が知りたい人。Twitterのタイムラインのツイートの抜け漏れの対処法についてくわいしく解説をしていきたいと思います。

まずは、Twitterのタイムラインでツイートが表示されない場合として考えられる原因として「バグが原因」についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

Twitterは、数々のバグが発生していますので、タイムラインでツイートが表示されないという可能性も十分あります。そういったTwitterのバグに関して、あなたが該当していないか確認をしておくといいでしょう。

アップデート後のバグが原因

Twitterのバグでタイムラインがツイートが表示されない場合として一番考えられるのが「アップデート後」です。Twitterのアプリをアップデートした場合に、バグが起きやすいです。

何故ならば、Twitterのアップデート後は動作が不安定になりやすく、さまざまな問題が発生する傾向があるからです。

ツイートの抜け漏れがある不具合も発生

Twitterのアップデート後によく起きるバグとして「ツイートの抜け漏れがある不具合も発生」しています。ツイートの抜け漏れは、すべてのツイートが表示されないことを意味しているバグとなっています。

このツイートの抜け漏れは、ブラウザ版・モバイル版どちらも確認されています。

対処法

Twitterのツイートの抜け漏れが起きないためには、今から紹介をする「4つの対処法」をとることをおすすめします。

キャッシュを削除

一つ目の対処法として「キャッシュを削除」することがあげられます。ブラウザのキャッシュを削除することで抜け漏れが改善される可能性があります。

キャッシュの削除は、アプリであればアプリのキャッシュ。ブラウザであればブラウザのキャッシュを削除します。

再ログイン

二つ目の対処法は「再ログイン」です。Twitterを再ログインすることで改善される場合があります。

最新の状態に更新

3つ目の対処法としては「最新の状態に更新」することがあげられます。アプリが最新の状態であるのか一度確認をします。もし古いバージョンのままだとバグが残っているので、アップデートして最新の状態にすることで解決するかもしれません。

復旧を待つ

4つ目の対処法として「復旧を待つ」ことも手となっています。再ログインや再アップデートをしても表示されない場合は、復旧を待つ必要があります。

関連記事
Twitterのミュートとは?ブロックとの違いや使い方・設定/解除方法を解説

【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜新機能が原因〜

つづきましては、Twitterのタイムラインにツイートが表示されない原因として考えられる「新機能」についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

新機能により設定が変更になったことが原因

Twitterのアップデートにより、新機能が追加されたことで設定が変更になったことが原因として考えられます。最近、Twitterのインターフェースやデザインが変化したという人は、新機能が原因となっている可能性が高いです。

2018年の12月から搭載された機能によって、設定が勝手に変わっている場合があります。

表示形式は「ホーム」と「最新ツイート」の2つ

このTwitterの新機能の表示形式は「ホーム」と「最新ツイート」があり、タイムライン上のツイートの順番が異なってしまいます。ツイートの時系列がおかしい場合は、この設定になっている場合が考えられます。

対処法

それでは、表示形式がおかしい場合の対処法として「時系列順に変更」する手順を解説していきます。

タイムラインの表示を時系列順に変更

星マーク

時系列順に変更する場合は、Twitterのツイートする項目の上にある「星マーク」を選択します。

最新ツイート表示に切り替える

ここで「最新ツイート表示に切り替える」を選択すると、時系列順に変更することができます。

最新順

最新ツイートが投稿順(時系列順)に表示されています。という表示になりましたらタイムラインの表示を時系列順に変更が完了しました。

関連記事
インスタグラムとTwitterを連携して写真を同時投稿する方法!

【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜上限超過が原因〜

ここからは、Twitterでタイムラインにツイートが表示されない原因として「上限超過」に関する情報について発信をしていきます。

ツイート数の上限を超えたことが原因

Twitterでタイムラインにツイートが表示されないのは「ツイート数の上限を超えたことが原因」かもしれません。ユーザープロフィールのタイムラインで閲覧できるツイート数は、3,200個までとなります。

全部で3,200個を超えてしまうと遡ることができなくなってしまいます。

上限を超えた場合は古いツイートは表示されない

Twitterのツイートが3,200個の上限を超えた場合は古いツイートは表示されないような仕組みになっています。古いツイートを遡りたい場合は、他のアプリを使うしかありません。

関連記事
Twitterの動画をダウンロード保存する方法【iPhone/Android/PC】

【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜削除が原因〜

つづいてのTwitterでタイムラインにツイートが表示されない場合は「削除が原因」になっていることも考えられます。

一括削除/連続削除が原因

Twitterのツイートを一括削除などをした場合は、タイムラインにツイートが表示されないことの引き金となります。一括削除/連続削除をする場合は気を付けて行わなければならないようになっています。

カウントは残っていてもツイートは全部非表示

ツイートを一括削除などをした場合、タイムラインで遡れる分(表示されている分)だけ削除されるため、遡れない分(表示されていない分)は削除されずにカウントのみ残ってしまいます。

カウントは残っていてもツイートは削除しているため、全部非表示となります。

【Twitter】タイムラインにツイートが表示されない〜ミュートが原因〜

ここからは、Twitterでタイムラインにツイートが表示されない原因として「ミュート」していることもあげられます。

キーワードミュートを設定していることが原因

Twitterのアプリでキーワードミュートを設定していることが表示されない原因になっていることもあります。
「キーワードミュート」を設定している場合、指定されたキーワードを含むツイートが表示されない仕組みになっています。

ですので、自分がミュート設定にしたキーワードがどのように登録されているのか一度確認をする必要があります。

ミュートリストに必要なキーワードが入っている

ミュートしたリストに表示に必要なキーワードが含まれている可能性があります。タイムラインにツイートが表示されないのは、そのミュートしたキーワードが引っかかっていることが考えられます。

対処法

それでは、Twitterのミュートリストの設定方法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

ミュートを解除

設定とプライバシー

ミュートを解除する場合は「設定とプライバシー」を選択します。

プライバシーとセキュリティ

つぎに「プライバシーとセキュリティ」を選択して操作を行っていきます。

ミュート済み

つづいて「ミュート済み」を選択していきます。

ミュートするキーワード

最後に「ミュートするキーワード」を選択し「フォローしていないアカウント」に変更していきます。これでツイートが表示されているはずです。

【Twitter】タイムラインの抜け漏れに対するその他の対処法

ここからは、Twitterのタイムラインの抜け漏れに対するその他の対処法として、モバイル版の利用、リストを活用する方法からスレッドを活用まで一つ一つ説明していきたいと思います。

Twitterの公式アプリ以外も活用

Twitterのタイムラインの抜け漏れの対処法の中には「Twitterの公式アプリ以外も活用」するという手があります。

モバイル版のTwitterなどから確認

その対処法は「モバイル版のTwitterなどから確認」することです。公式アプリでは表示されていなくても、モバイル版のTwitterや公式以外のサービスでは表示される場合があります。モバイル版と公式アプリでは、表示の仕組みが全部異なるようです。

リストを活用

つづいのTwitterのタイムラインの抜け漏れの対処法としては「リストを活用」することがあげられます。全部のツイートは見れないため、リストを活用し、ツイートを分類して見やすくすることで、ツイートの抜け漏れに気づきやすくなります。

リストに追加する手順

リストから追加/削除

リストを活用する方法としては、リストに追加したい相手のプロフィールにアクセスして、三本点のアイコンをタップします。そこから「リストから追加/削除」を選択することで、リストに追加されます。

スレッドを活用

つぎにTwitterのタイムラインの抜け漏れの対処法として「スレッドを活用」する方法を紹介させていただきます。スレッドを活用することで、全てのスレッドを表示することができます。

ツイートを分割しない

このスレッドを表示

対象のツイートの下の方にある「このスレッドを表示」を選択することで「ツイートを分割しない」ようにできます。ツイートを分割しないことで、万が一ツイートが抜けてしまっても内容が伝わるので、スレッドの表示を使いこなすといいでしょう。

まとめ

以上が、【Twitter】タイムラインにツイートが全部表示されない/抜け漏れについて解説!の記事でした。ツイートが表示されない原因は、さまざまありますので、自分がどのような設定にしているのかやミュートにしていないかなど確認する必要があります。

合わせて読みたい!アプリに関する記事一覧

関連記事
SNS起因の「トラブル」の解決に新団体を設立!LINE/FacebookやTwitterなど!
関連記事
【パパ専用の子育てSNS】「firtee」iOS/Webアプリの提供を開始!
関連記事
【ソフトバンク】動画SNS放題に「Amazonプライム・ビデオ」を追加!
関連記事
嵐のSNS解禁にインスタのフォロワー数が約180万人に!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ