【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えたときの対処法!

LINEアプリがホーム画面から突然消えたときの対処法をご存じでしょうか?LINEアプリがホーム画面から突然消えたときの対処法を紹介するので、LINEアプリがホーム画面から突然消えたときにはぜひ参考にしてLINEアプリを復元させてください。

【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えたときの対処法!のイメージ

目次

  1. 1. 【LINEアプリ】とは
  2. 1-1. 友人とトークができる無料チャットアプリ
  3. 2. 【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた原因
  4. 2-1. 見つけにくい場所に隠れている
  5. 2-2. ランチャーの不具合
  6. 2-3. 誤って削除してしまった
  7. 2-4. コンテンツ制限がかかっている
  8. 2-5. アップデート中
  9. 3. 【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の対処法~iPhone~
  10. 3-1. アプリフォルダに隠れていないか探す
  11. 3-2. レイアウトをリセット
  12. 3-3. ダウンロード状況を確認
  13. 3-4. iPhoneのアップデートを行う
  14. 3-5. コンテンツ制限を解除
  15. 4. 【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の対処法~Android~
  16. 4-1. アプリフォルダに隠れていないか探す
  17. 4-2. ダウンロード状況を確認
  18. 4-3. ドロワーからホーム画面に追加を行う
  19. 5. 【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の復元方法~iPhone~
  20. 5-1. アプリを再ダウンロード
  21. 5-2. 復元手順
  22. 5-3. 注意点
  23. 5-4. トーク履歴の復元にはバックアップが必要
  24. 5-5. 友達リストは再ログインで復元できる
  25. 6. 【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の復元方法~Android~
  26. 6-1. アプリを再ダウンロード
  27. 6-2. 復元手順
  28. 6-3. トーク履歴の復元にはバックアップが必要
  29. 6-4. 友達リストは再ログインで復元できる
  30. 7. 【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた後に復旧ができない事例
  31. 7-1. アカウント自体が消えてしまうこともある
  32. 7-2. 合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

【LINEアプリ】とは

LINE

LINEアプリがホーム画面から突然消えたときの対処法をご存じでしょうか?LINEアプリがホーム画面から突然消えたときの対処法を紹介します。まずは、LINEアプリとはどのようなアプリか確認しておきましょう。

‎「LINE」をApp Storeで
LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ - Google Play のアプリ
コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

友人とトークができる無料チャットアプリ

LINEアプリは友だちと、テキストメッセージや音声通話、ビデオ通話でトークができる無料のチャットアプリです。LINEアプリの特徴を紹介するので、LINEアプリにはどのような特徴があるのか参考にしてください。

日本で最も親しまれている

LINEアプリは日本のスマホユーザーの殆どの方のスマホに入っている、日本で最も親しまれているSNSやアプリです。今までガラケーを使っていた方も、LINEを使うためにスマホに機種変更したという方までいます。

LINEアプリはすでに、日本ではなくてはならないアプリになっています。日常的な会話から、仕事の連絡までほぼすべてのスマホからの連絡をLINEだけで行っている方も大勢いらっしゃいます。

通話も無料でできる

LINEアプリを使えば、データ通信のみで無料で音声通話やビデオ通話を楽しむことができます。今までのような通話料金は発生しないので気軽に長電話を楽しむことができます。ただし、データ通信量はかかるので注意が必要です。

LINEアプリは基本無料で利用でき、必要なのは通信に必要なデータ通信のみです。また、LINEアプリではスタンプと呼ばれるステッカーを送りあう機能があり、有料のスタンプなども存在します。

LINEはスーパーアプリになろうとしている

LINEアプリは現在、日本人が利用しているほとんどのスマホにインストールされています。LINEは昨今ではチャットアプリとしてのLINEだけではなく、電子決済サービスやサブスクサービス、保険など様々な分野に手を広げています。

LINEは、様々なサービスを一つのプラットフォームで行うことができるスーパーアプリになろうとしています。現在でもすでにLINEアプリにはチャット機能以外にも、電子決済機能やミニブラウザ機能が搭載されています。

関連記事
【LINE 無料通話】「LINEオーディオ」を元に戻す方法を解説!
関連記事
LINEの連動アプリの「設定変更/解除」する方法!

【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた原因

LINEアプリがホーム画面から突然消えてしまったときの考えられる原因を紹介します。普通に利用していれば、LINEアプリがホーム画面から突然消えてしまうことはありません。突然消えてしまったときにこれらのことが考えられます。

見つけにくい場所に隠れている

LINEアプリは実はまだホーム画面に残っていて、気が付かないうちに見つけにくい場所に隠してしまっている可能性があります。

アプリフォルダに紛れている

隠れている

アプリを整理するために、フォルダを作成してその中にLINEアプリを含む多くのアプリを入れてしまった場合には、フォルダの奥の方に整理されてしまっている可能性があります。

ランチャーの不具合

Androidは自由にホーム画面のランチャーを変更できます。標準のランチャーから、サードパーティ製のランチャーに設定した際に、サードパーティ製ランチャーの挙動が原因で、LINEアプリのアイコンが消えてしまったことが考えられます。

ランチャーによってはそれまでのアプリ配列を維持できないものもあります。Androidの方でランチャーを新しく設定した方は確認しておきましょう。

誤って削除してしまった

大抵のスマホはアプリを長押しすると削除することができます。突然、LINEアプリが消えてしまったときには自分でも気が付かないうちに、誤ってアイコンを長押ししてしまって、削除してしまった可能性があります。

コンテンツ制限がかかっている

多くのスマホには特定のアプリや設定などコンテンツに利用制限をかけることができます。LINEアプリが突然消えてしまったときには、コンテンツ制限をかけられた・誤って自分でかけてしまった可能性があります。

アップデート中

LINEアプリ自体がアップデート中の場合は、LINEアプリが見えなくなる可能性があります。しばらく経ってからもう一度、LINEアプリが表示されていないか確認しておきましょう。

OSバージョンが古い

LINEアプリには最低動作環境が設定されており、それよりもOSのバージョンが低い場合には、スマホの機能で自動的に消えてしまうことがあります。

関連記事
【LINE】プロフィール画像(アイコン画像)を動画に変更する方法!

【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の対処法~iPhone~

iPhoneの方でLINEアプリが突然消えてしまったときの対処法を紹介します。

アプリフォルダに隠れていないか探す

アプリフォルダに隠れていないか探す

LINEアプリ自体をホーム画面に作成したアプリフォルダの奥深くに入れてしまった可能性があります。対処法として、アプリフォルダを最後のページまで確認しましょう。

レイアウトをリセット

ホーム画面のレイアウトを整理したものの個性的すぎて、LINEアプリの場所がわからなくなってしまった方は、対処法として一度ホーム画面のレイアウトをリセットしましょう。

設定画面を開く

設定画面を開く

設定から一般を選択して一般設定を開きます。

ホーム画面のレイアウトをリセット

リセット

画面下部にあるリセットをタップします。

ホーム画面のレイアウトをリセット

ホーム画面のレイアウトをリセットを選択します。

完了

完了

最終確認が表示されるので、ホーム画面をリセットをタップして操作を完了させます。

ダウンロード状況を確認

LINEアプリが本当に正しくダウンロードされているか確認しておきましょう。

Appストアから確認

Appストアから確認

AppStoreのLINEアプリダウンロードページから確認します。AppStoreのボタンが開くになっていればダウンロードされています。雲のようなアイコンになっていると消えています。

‎「LINE」をApp Storeで

iPhoneのアップデートを行う

LINEアプリが突然消えてしまった原因として、iPhoneをアップデートしてなくてOSが古くなってる可能性があります。OSをアップデートしましょう。

設定画面をタップ

設定画面をタップ

iPhoneのOSをアップデートするには、設定から一般を選択します。

ソフトウェア・アップデートをタップ

ソフトウェア・アップデートをタップ

一般の中にある、ソフトウェア・アップデートを選択して、アップデートがあれば、ダウンロード後にインストールします。

パスコードの入力で開始

OSのアップデート開始にはパスコード入力が必要です。アップデート完了まで待ちましょう

コンテンツ制限を解除

LINEアプリに利用制限がかけられて突然消えてしまった可能性があります。

設定から解除

設定から解除

設定のスクリーンタイムから利用制限を確認します。コンテンツとプライバシーの制限を選択してください。

コンテンツ制限をタップ

コンテンツ制限をタップ

コンテンツ制限をタップして、Appを選択してください。

当てはまる条件を選択

「12+」「17歳以上」「すべてのAppを許可」の中から該当する項目を選択することでアプリがホーム画面に表示されます。

【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の対処法~Android~

Androidの方でLINEアプリが突然消えてしまったときの対処法を紹介します。

アプリフォルダに隠れていないか探す

アプリフォルダに隠れていないか探す

LINEアプリがアプリフォルダの奥深くに隠れてしまっている可能性があります。アプリフォルダの中身を最後のページまでスライドして確認しましょう。

ダウンロード状況を確認

LINEアプリのダウンロード状況をGooglePlayで確認しましょう。

Googleプレイから確認

Googleプレイから確認

GooglePlayのLINEアプリのダウンロードボタンが、開くになっていればダウンロード済みです。インストールボタンになっていれば、LINEアプリが消えてしまっています。

LINE(ライン) - 無料通話・メールアプリ - Google Play のアプリ

ドロワーからホーム画面に追加を行う

Androidの場合はホーム画面から、LINEアプリのアイコンが消えてしまった可能性があります。AndroidはiPhoneと異なり、アプリ一覧画面であるドロワーとホーム画面があります。

アプリ一覧にあるアプリも、ホーム画面に移動しなければホーム画面に表示させることはできません。

LINEアプリを長押し

LINEアプリを長押し

ホーム画面のLINEアプリを消してしまったときには、アプリ一覧のドロワーからLINEアプリを長押しして、ホーム画面に追加します。

【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の復元方法~iPhone~

iPhoneの方で、LINEアプリがホーム画面から突然消えてしまったときの復元方法を紹介します。

アプリを再ダウンロード

LINEアプリを消してしまった方は、LINEアプリを再ダウンロードしてアプリを復元しましょう。ただし、LINEアプリのみ復元されるので、友達やトークはまだ復元されません。

LINEアプリを再インストールしたら、今までと同じアカウントでLINEにログイン、トーク履歴の復元を行う必要があります。

復元手順

友達やトークの復元方法を紹介します。特にiPhoneの方は初期設定時に、トーク復元しなければその後トークが復元できなくなるので注意が必要です。

初期設定

初期設定

LINEアプリのアカウントを復元するには、LINEアプリを再インストール後に、電話番号とパスワードの入力が必要です。また、アカウントの有効性を確認するために電話番号によるSMS認証が必要となります。

トーク履歴をバックアップから復元を選択

初期設定の途中に必ず、トーク履歴をバックアップから復元しましょう。iPhoneのLINEアプリは初期設定時のみ、トーク履歴の復元が可能です。

LINEアプリは同じアカウントでログインしても、友達リストしか復元することができません。トークの履歴は別途バックアップを行っておかなければいけません。

注意点

iPhoneの方が、LINEアプリを復元するときの注意点を紹介します。

トーク履歴の復元にはバックアップが必要

バックアップが必要

LINEアプリはアプリを削除してしまうと、トーク履歴も消えてしまいます。そのため、トークのバックアップをこまめに行いましょう。バックアップ方法はかんたんで、「設定」→「トーク」→「トークのバックアップ」で行えます。

友達リストは再ログインで復元できる

LINEアプリはLINEアカウントがあれば、バックアップがなくても友達リストは復元可能です。パスワードと電話番号の入力が必要ですので忘れないようにしましょう。

【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた時の復元方法~Android~

Androidの方で、LINEアプリがホーム画面から突然消えてしまったときの復元方法を紹介します。

アプリを再ダウンロード

Androidの方が、誤ってLINEアプリを消してしまったときやLINEアプリが知らないうちに消えているときには、GooglePlayからLINEアプリを再インストールする必要があります。再インストールでLINEアプリ自体は復元できます。

復元手順

LINEアプリを再インストールしたら、LINEアプリのデータを復元します。Androidの場合にはGoogleDriveにトーク履歴をバックアップしているため、初期設定時以外にもトーク履歴の復元が可能です。

設定から復元

設定から復元

再インストールしたLINEアプリに同じアカウントでログインしたら、友達リストは復元されます。トーク履歴を復元するには、設定ボタンからトーク設定に移動します。

トーク履歴をバックアップ&復元を選択

トーク履歴をバックアップ&復元を選択

設定へ移動すると、トークという項目があるのでトークをタップして、「トーク履歴をバックアップ&復元」を選択ます。これで、LINEアプリのデータを復元できます。

トーク履歴の復元にはバックアップが必要

LINEアプリの友達リストはLINEアカウントに保存されていますが、トーク履歴は個別バックアップが必要です。LINEアプリが消えてしまうとトーク履歴は失われるのでバックアップからの復元が必要です。

バックアップは簡単

LINEアプリのトーク履歴のバックアップはかんたんに行なえます。「設定」→「トーク」→「トーク履歴をバックアップ&復元」でGoogleDriveにトーク履歴をバックアップすることができます。

LINEアプリの消えた、トーク履歴の復元にはトーク履歴のバックアップが必要不可欠です。友達リストはかんたんに復元できますが、消えたトーク履歴はバックアップがなければ、同じアカウントを使っても復元不可です。

友達リストは再ログインで復元できる

友達リストはLINEアプリのLINEアカウント復元でもとに戻るのでバックアップ不要です。LINEアプリを再インストールしたときに、今までと同じ電話番号・パスワードでLINEアプリにログインしましょう。これで友達リストは復元されます。

【LINEアプリ】ホーム画面から突然消えた後に復旧ができない事例

LINEアプリが突然消えてしまったときに、残念ながら復旧できない事例があります。アカウントがわかっても復元できないときの事例を紹介します。

アカウント自体が消えてしまうこともある

LINEアプリが画面から消えるときには、LINEアカウント自体は残っていることがほとんどです。ですが、何らかの理由で、LINEアプリとLINEアカウントどちらも消えてしまうとがあります。

これまでに紹介した、対処法やアップデート方法を試しても復元できない場合にはアカウント自体が消えてしまっている可能性があります。アカウントが消えると、トーク履歴や友達リストなど全ての情報が消えてしまいます。

LINEの乗っ取り

LINEにログインするときには電話番号やパスワード、更にはSMS認証による認証コードが必要ですが、何らかの理由によりそれらが外部に流出して、LINEアカウントが乗っ取られてしまった可能性があります。

LINEアカウントを利用する際には、特にSMSの認証コードは誰にも教えてはいけません。認証コードはその都度発行されますが、認証コードが漏れてしまうとアカウントは容易に乗っ取ることができます。

規約違反

LINEアプリは、LINEの利用規約に違反すると予告なしにアカウントが削除される場合があります。この場合は基本的にアカウントを復元することはできません。ただし、不服がある場合にはLINEのサポートに問い合わせてみましょう。

問い合わせ

合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

関連記事
【有料オンラインライブ】「LINE LIVE-VIEWING」を今夏より開始!
関連記事
【子供をトラブルから守る!】「LINE」のアカウント制限の必須設定について解説!
関連記事
【PC】LINE通話に「バーチャル背景」がブラウンなど設定可能に!
関連記事
LINEのトークルームの「鍵マーク」がなくなったことについて解説!

関連するまとめ

Original
この記事のライター
suncat

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ