【使い道がない?】「iPad mini4」の活用術をくわしく紹介!

「iPad mini4」は使い道がないのかのくわしい使い道として活用術を紹介していきます。「iPad mini4」の使い道を「有料・無料アプリ」「価格」「サイズ」「注意点」から見ていきます。また「iPad mini4」は今では使い道がないのかも明確にします。

【使い道がない?】「iPad mini4」の活用術をくわしく紹介!のイメージ

目次

  1. 1「iPad mini4」とは
  2. Apple社が発売するiPad miniの第4世代
  3. 2【使い道がない?】「iPad mini4」の活用術
  4. おすすめの活用術
  5. 3【使い道がない?】「iPad mini4」の便利な使い方
  6. キーボード/マウスを接続
  7. Slide Over/Split Viewを駆使
  8. 4「iPad mini4」のメリット/デメリット
  9. メリット
  10. デメリット
  11. 5「iPad mini4」がおすすめの人
  12. プライベート用途に使いたい人
  13. メモ/ノートを多用する人
  14. ブログ作成を行っている人
  15. プレゼンを行う人
  16. スマートフォン画面サイズに不満な人
  17. 6「iPad mini4」の注意点
  18. Apple Pencilに不対応
  19. Smart Keybordに不対応
  20. まとめ
  21. 合わせて読みたい!iPadに関する記事一覧

「iPad mini4」とは

「iPad mini4」

「iPad mini4」は今でも使い道はあるのか・ないのか知りたい人。「iPad mini4」の「有料・無料アプリ」「価格」「サイズ」「注意点」を考えて使い方を考えて行きたい人に向けて、「iPad mini4」は使い方や使い道についてくわしく解説していきます。

とは言え「iPad mini4」がどういった端末であるのか分からないという人もいるかと思われますので、「iPad mini4」のスペックや性能、サイズや価格について探っていきたいと思います。性能、価格やサイズなどを知らなければ使い道を見出せません

それでは、「iPad mini4」の使い道はあるのか・ないかの判断する重要なサイズや価格などの基本情報について、一つ一つ紹介をしていきたいと思いますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Apple社が発売するiPad miniの第4世代

「iPad mini4」は「Apple社が発売するiPad miniの第4世代」となっています。発売日が2015年9月となっているので、約5年前のiPad miniとなっています。現在も「iPad mini4」を使っているというユーザーもいるかと思われます。

当然ながら「iPad mini4」は5年前のモデルとなっていますので、現在の「iPad mini4」と性能やスペックなどを比較してしまうと、差が出てしまいます。

それでは、「iPad mini4」の基本情報となる「スペック/性能」「サイズ」「価格」などをまとめましたので、ひと昔のモデルが今でも使いことができそうなのか把握しておくといいでしょう。

スペック/性能

それでは、「iPad mini4」のスペック/性能についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。スペック/性能は、チップセットA8チップを搭載しています。チップセットは今現在でA12Xまで登場していますので、少し古いチップ使っています。

また、「iPad mini4」のディスプレイ仕様・サイズは、7.9インチRetinaディスプレイとなっています。ディスプレイは、コンパクトな7.9インチRetinaディスプレイで、iPadと比較しますと小さい印象を持たれると思われます。

つづいて「iPad mini4」のその他のスペックとしては、カメラバックカメラ:800万画素で、インカメラが120万画素になっていて、Touch ID搭載(指紋認証)を搭載しています。また、接続端子はLightningとなっています。

サイズ

つづいて、「iPad mini4」のサイズは高さ203.2mm/幅134.8mm/厚さ6.1mmで重量 298.8g (Wi-Fiモデル)となっていて、Cellularモデルの重量は304gとなります。

価格

「iPad mini4」の価格ですが、Wi-Fiモデル¥45,800(税抜)でCellularモデルの価格が¥60,800(税抜)となっています。

Thumb【iPad/iPad mini】「Safari」でプライベートブラウズを設定する方法!
iPadやiPad miniのデバイスにて「Safari」のプライベートブラウズという機能が...

【使い道がない?】「iPad mini4」の活用術

つづきましては、「iPad mini4」は今現在では使い道がないのか見極めるために「活用術」に関する情報を提供していきたいと思います。「iPad mini4」の使い道として「無料・有料のアプリ」を使った活用術をくわしく解説していきたいと思います。

「iPad mini4」は正直メインとしての使い道・使い方はできないと思われますが今回紹介をする「無料・有料のアプリ」を使った活用術を理解することで、便利な使い方・使い道を知ることができます。

それでは、「iPad mini4」の「無料・有料のアプリ」を使った活用術を一つ一つ紹介をしていきたいと思いますので、参考にして使ってみてください。

おすすめの活用術

では、「iPad mini4」は使い道がないのか明確にするためのおすすめの活用術「無料/有料アプリ」などについてフォーカスし説明をしていきたいと思います。

無料/有料電子書籍を閲覧

「iPad mini4」の活用術としては「無料/有料電子書籍アプリを閲覧」するという手があります。「iPad mini4」の使い道としては、無料・有料の電子書籍を閲覧する専用の端末として使うことをおすすめします。

「iPad mini4」のサイズから考えて、片手で持つことができますので「無料/有料電子書籍アプリの閲覧」はピッタリの活用術だと思われます。音声読み上げも可能なので、とても便利に無料/有料電子書籍アプリを「iPad mini4」で使うことができます。

無料/有料動画視聴

つづいての「iPad mini4」の活用術は「無料/有料動画アプリの視聴」する使い道です。無料/有料動画アプリを視聴する際にピッタリなサイズなので、無料/有料電子書籍と合わせて専用端末にすることができます。

カーナビ/地図表示

つぎに紹介をする、「iPad mini4」の活用術として「カーナビ/地図表示」があげられます。車においておけるサイズであり、画面もコンパクトなのでカーナビの代わりとして便利に使えます。

SNS作成/投稿

「iPad mini4」の活用術としておすすめな使い方は「SNS作成/投稿」です。ブログやTwitterなどの軽い投稿としての使い道がおすすめです。

料理時のレシピ閲覧

つづいての「iPad mini4」の活用術としておすすめな使い方としては「料理時のレシピ閲覧」があげられます。片手で持てるサイズなので、料理をしながら「iPad mini4」でレシピを見ることに適しています。

動作が軽い無料/有料アプリゲーム

つぎの「iPad mini4」の活用術は「動作が軽い無料/有料アプリゲーム」です。無料・有料アプリゲームでも、手軽にプレイできる「パズドラ」「テトリス」などのアプリは「iPad mini4」に向いています。

画像スライドショー

最後に紹介をする「iPad mini4」の活用術としては「画像スライドショー」です。端末に保存されている画像をスライドして楽しむことができます。たまには過去に撮った写真を振り返ってみるのもいいかもしれません。

Thumb【iPad/iPad mini】初期設定(セットアップ)方法を解説!
iPad、iPad miniはアップル社のタブレット端末です。この記事では初めてiPad、i...

【使い道がない?】「iPad mini4」の便利な使い方

つづきましては、「iPad mini4」は使い道がないのかあるのか考えて行く行く上で「便利な使い方」についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。「iPad mini4」の便利な使い方は、実はさまざまあります。

「iPad mini4」の使い道がないと嘆いている人は、今から紹介をする「便利な使い方」を行うことをおすすめします。それでは、「iPad mini4」の有効的な使い方を2つほど紹介をしていきたいと思いますので、参考にして使ってください。

キーボード/マウスを接続

キーボード/マウスを接続

一つ目の「iPad mini4」の便利な使い方としては「キーボード/マウスを接続」することがあげられます。キーボードとマウスを「iPad mini4」に接続すれば、入力作業の場合はスピードが速くなり効率が良くなります。

また「iPad mini4」に「キーボード/マウスを接続」すれば、PCのような作業も行えますので使い道がないと思っている人は「iPad mini4」対応の「キーボード/マウスを接続」を購入してはいかがでしょうか。

Slide Over/Split Viewを駆使

Slide Over/Split Viewを駆使

つづいての「iPad mini4」の便利な使い方として「Slide Over/Split Viewを駆使」することもあげられます。「Slide Over/Split View」を使うことで、マルチタスクとして使えるので使い方の幅が広がります。

たとえば、「iPad mini4」で動画を観ながらメールを開いたり、音楽を聞きながら読書を読んだり、ブログの文字入力しながら写真閲覧するなどマルチタスクで行えます。

Thumb【iPad/iPad mini】iPhone経由で電話をかける/着信を受ける方法!
iPad/iPad miniを利用してiPhone経由で電話をかける方法や着信を受ける方法が...

「iPad mini4」のメリット/デメリット

つづきましては、「iPad mini4」のメリット/デメリットについて注目をしていきたいと思います。「iPad mini4」を使うことで受けられるメリットと受けてしまうデメリットを把握していないと、実際に使う際に便利に感じる不便に感じてしまうことになります。

そんな「iPad mini4」のメリット/デメリットをまとめましたので、これから購入する、あるいは既に持っているけど有効活用しようと再び考えている人は参考にして使ってみてはいかがでしょうか。

メリット

まずは、「iPad mini4」のメリットについてフォーカスし説明をしていきたいと思います。「iPad mini4」のメリットは主に3つほどありますので一つ一つ紹介をしていきたいと思います。

「iPad mini4」の「持ち運び」「画面表示」「価格」に関するメリットに関する情報を提供していきたいと思います。

持ち運びに便利

持ち運びに便利

「iPad mini4」の魅力的なメリットとしては「持ち運びに便利」なことがあげられます。「iPad mini4」は、端末名に「mini」と記載されている通り、重量とサイズがコンパクトで軽いです。片手で持ち歩けるほど軽量サイズです。

よく旅行に出かける、電車の中や通勤中に電子書籍や音楽を聴くという人は「iPad mini4」があると何かと便利になるはずです。

画面表示が綺麗

つづいての「iPad mini4」のメリットは「画面表示が綺麗」なこともあげられます。Retinaディスプレイ搭載していますので、全体的に画面が綺麗で画像や動画を再生した際に美しく描写されます。

比較的安価

比較的安価

最後に紹介をする、「iPad mini4」のメリットとして「比較的価格が安い」ことです。整備済製品の価格は特に安いです。「iPad mini4」はECサイトなどで購入すると価格が少々高い傾向があります。
 

ストレージモデル iPad mini 4 iPad mini 5 iPad 第7世代
64GB / 4万5800円 /
128GB 4万2790円
3万5800円
/ 4万4800円

デメリット

一方で「iPad mini4」のデメリットについてもくわしく解説していきたいと思います。デメリットを知っておくことで「iPad mini4」を使った際に感じる不満を軽減することができる、あるいは購入を避けることができます。

そんな「iPad mini4」のデメリットを4つほど紹介をしていきたいと思います。

チップ性能が低い

一つ目に紹介をする、「iPad mini4」のデメリットは「チップ性能が低い」ことがあげられます。やはり5年前のモデルなので、他のチップと比べると劣るりグラフィック性能が荒く、処理などが重いので気を付けておくべきです。
 

チップ CPU(性能) グラフィックス
A8 1 1
A10 2 2.7
A12X 3 9

容量/ROMが128GBのみ

二つ目の「iPad mini4」のデメリットはとして「容量/ROMが128GBのみ」しかないこともデメリットです。「iPad mini4」のストレージとROMは固定されており、選ぶことはできませんのでカスタマイズ性はありません。

新品入手は困難

三つ目の「iPad mini4」のデメリットは「新品入手は困難」なこともあります。ECサイトなどでは、新品入手は困難です。ひと昔のモデルなため流通しているのは中古品ばかりです。

重い作業に不向き

最後に紹介をする、「iPad mini4」のデメリットとして「重い作業に不向き」なことも欠点です。動画編集や重いアプリゲームには、そもそも適していません。

「iPad mini4」がおすすめの人

つづいて、「iPad mini4」がおすすめの人について見ていきたいと思います。

プライベート用途に使いたい人

最初に紹介をする、「iPad mini4」がおすすめの人は「プライベート用途に使いたい人」です。ブラウジング/動画視聴/軽いアプリゲームをする/外出時にPCのように使いたい人は向いています。

メモ/ノートを多用する人

つぎの「iPad mini4」がおすすめの人は「メモ/ノートを多用する人」です。頭に思い付いたアイディアを手軽にメモやノートにしたい場合は、コンパクトなサイズの「iPad mini4」がうってつけです。

ブログ作成を行っている人

つづいての「iPad mini4」がおすすめの人は「ブログ作成を行っている人」です。キーボードと接続できるため、軽いブログ作成に適しています。

プレゼンを行う人

プレゼンを行う人にも「iPad mini4」はおすすめです。手元で操作でき画像やパワーポイントのスライドショーに向いています。

スマートフォン画面サイズに不満な人

最後に紹介をする、「iPad mini4」がおすすめの人としては「スマートフォン画面サイズに不満な人」です。スマートフォンよりも画面サイズが大きいので、動画観賞や画像表示などに最適です。

「iPad mini4」の注意点

ここからは、「iPad mini4」を利用する際の「注意点」についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

「iPad mini4」には気を付けるべき「注意点」が2ほどあります。これから紹介をする注意点を理解しておかなければ、自分が思い描いていた使い方ができなくなってしまう場合があります。

そんな「iPad mini4」を使いこなす際に覚えておくべき「注意点」をくわしく解説していきたいと思いますので、事前に覚えておいてください。

Apple Pencilに不対応

Apple Pencilに不対応

最初に紹介をする、「iPad mini4」を利用する際の注意点としては「Apple Pencilに不対応」だということです。Apple Pencilで、イラストをメインに「iPad mini4」を使って行きたいと考えている人は気を付けておいてください。

残念ながらApple Pencilは旧型・新型どちらも不対応になっていますので、ペンを使ったイラスト目的では使うことはできません。

Apple Pencil - Apple(日本)

Smart Keybordに不対応

Smart Keybordに不対応

つづいて紹介をする、「iPad mini4」を利用する際の注意点としては「Smart Keybordに不対応」なこともあげられます。

「iPad mini4」は最新の「Smart Keybord」には対応していませんので、Smart Keybordを持っている人は使うことはできません。

注意点を考え「iPad mini4」でキーボードを使いたいという人は、「Magic Keyboard(テンキー付き)」「Logicool Keys-to-Go Ultra Slim Keyboard with iPhone Stand」などを購入しなければなりません。

iPadのためのキーボード - Apple(日本)

まとめ

以上が、【使い道がない?】「iPad mini4」の活用術をくわしく紹介!の記事でした。「iPad mini4」はさまざまな活用術を考えて行けば、今現在も現役で使える端末となっていますので、サブ機として使ってみるといいでしょう。

それでは、この記事を参考にして「iPad mini4」の使い道や注意点を把握して有効活用してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!iPadに関する記事一覧

Thumb【新機能】「iPadOS」の使い方をくわしく解説!
iPadOSはiPad専用のOSでiPadを最大限に活用できるようになっています。新しいホー...
Thumb「iPadOS」へアップデート可能な対応機種を一覧で紹介!
「iPadOS」へアップデート可能な対応機種を一覧で一つ一つ紹介しますj。「iPadOS」へ...
Thumb【iPad】漫画を読むのに最適なのは?画面サイズも比較!
iPadを使って漫画を読みたい!という方はいませんか?iPadを使って漫画を読むために、最適...
Thumb【Word for iPad】iPadでWordを使う方法を詳しく解説!
Word for iPadを利用したことはありますか。Word for iPadとは、iPa...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ