【Facebook】「再登録」できるのかくわしく解説!

今記事では、Facebookに再登録できるのかについてご紹介していきます。またFacebookを削除/退会したアカウントを再開する方法や友達やメッセージはどうなるのか、登録する電話番号や名前についてもご紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

【Facebook】「再登録」できるのかくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1【Facebook】「再登録」はできる?
  2. 2つの方法で可能
  3. 2【Facebook】「再登録」の方法〜アカウント再開〜
  4. 削除したアカウントを再開する手順
  5. アカウント再開の条件
  6. 友達やメッセージはどうなる?
  7. 3【Facebook】「再登録」の方法〜新規アカウントの作成〜
  8. 新規アカウントの作成手順
  9. 新規アカウントの作成条件
  10. 4【Facebook】新規アカウント作成の裏技
  11. アカウント削除前に情報を変更
  12. 5【Facebook】アカウントの「再登録」に関する注意点
  13. アカウント初期化機能はなし
  14. アカウントが停止されている場合
  15. 同じ電話番号は使えない
  16. 同じメールアドレスも使えない
  17. 友達が「知り合いかも」に出る可能性
  18. 同じ名前での二重登録はできない
  19. 最後に
  20. 合わせて読みたい!Facabookに関する記事一覧

【Facebook】「再登録」はできる?

再登録できるのか

Facebookに再登録はできるのかについて、アカウントを再開する再登録の方法/新規アカウント作成する再登録の方法/再登録の際の注意点、名前や友達についてご紹介していきます。Facebookの再登録を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

2つの方法で可能

Facebookに再登録できるのかについて、Facebookでは2つの方法で再登録することが可能です。まずは、再登録する方法について削除/退会したアカウントを再開/新しくアカウントを作成についてご紹介していきます。

削除/退会したアカウントを再開

一つは削除/退会したアカウントを再開する方法です。Facebookでは削除/退会をしたアカウントの情報を2週間は消さずに残しておくそうです。削除/退会してから30日以内であれば今まで通りにログインするだけでアカウントを再開することができます。

新しくアカウントを作成

続いてご紹介する方法は、新しくアカウントを作成する方法です。ですが、後ほどご紹介しますが今使っているアドレスを利用して新しくアカウントを作成するためには、既存のアカウントを削除/退会する前にやらなくてはならないことがあります。

【Facebook】「再登録」の方法〜アカウント再開〜

Facebookの再登録の方法のうち、アカウントを再開させる方法についてご紹介していきます。何らかの理由によってFacebookを削除/退会してしまったけど、やはりこれまでのアカウントを再開させたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

削除したアカウントを再開する手順

まずは削除したアカウントを再開する手順についてご紹介していきます。

ブラウザでからFacebookにアクセス

ブラウザからアクセス

削除したアカウントを再開するには、ブラウザからFacebookにアクセスして削除する前と同じアドレス・パスワードでログインします。Facebookではアカウントを削除しても30日間はデータを保存しているためログインすることで再開することができます。

ここで注意したいのが、ブラウザからFacebookにアクセスするということです。アプリからFacebookにアクセスしてもアカウントを再開させることはできないので注意が必要です。

アカウント再開の条件

続いて、アカウントを再開させる条件についてご紹介していきます。アカウントを再開させたいと考えている方でも、この条件に当てはまらない場合には残念ながら再開することができません。

アカウント削除から30日以内に再ログイン

アカウントを再開させる条件は、アカウントの削除から30日以内に再ログインすることです。ご紹介したようにFacebookを削除してもアカウントの情報は30日間保存されているが、30日をすぎると完全に削除されてしまうので、30日以内のログインが条件です。

友達やメッセージはどうなる?

アカウントを削除して再開させる場合に気になるのが、これまで友達になっていた人たちやメッセージのやりとりの内容についてです。続いては、Facebookを削除して再開した場合に友達やメッセージはどうなるのかについてご紹介していきます。

30日以内ならそのまま復活

Facebookの再開の条件である30日以内の再開であれば、アカウントのデータが残っているので友達やメッセージは以前のまま復活します。30日以内の再開では削除する前と何も変わらずにFacebookを利用することができます。

【Facebook】「再登録」の方法〜新規アカウントの作成〜

続いてFacebookの再登録の方法について、新規アカウントの作成方法についてご紹介していきます。これまでのアカウントを削除して新しくFacebookを始めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

新規アカウントの作成手順

新しくアカウントの作成

Facebookの再登録方法について、新しくアカウントを作成する手順は通常のアカウント作成の方法と同じく名前やメールアドレス/電話番号を入力してアカウントを作成します。

新規アカウントの作成条件

続いて新規アカウントの作成条件についてご紹介していきます。以前のアカウントと同じではなく新しくFacebookを始めたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

削除から30日経過したとき

新規アカウントの作成条件は、アカウントの削除から30日経過していることです。アカウントの削除から30日が経過すると依然と同じデータのアカウントを利用することはできないので、新しくアカウントを作成する必要があります。

ThumbSNS起因の「トラブル」の解決に新団体を設立!LINE/FacebookやTwitterなど!
スマホの普及に伴いSNSは幅広い年齢層で利用されていますが、SNS起因の様々なトラブルも増加...
Thumb【Facebookショップ開始】無料でInstagram/Facebookに開設!
小売店がFacebookやInstagramにオンラインショップを無料で開設できる「Face...

【Facebook】新規アカウント作成の裏技

Facebookをただ削除しただけでは、利用していた同じアドレスで新しくアカウントを作成することができません。そこで続いてはFacebookで新規アカウント作成の裏技についてご紹介していきます。

アカウント削除前に情報を変更

Facebookで新規アカウントを作成する裏技は、アカウント削除前に情報を変更することです。Facebookでは同じ電話番号やアドレスでアカウントを作ることはできません。そのために削除する前に行う裏技になるのでぜひ参考にしてみてください。

退会前に新しいメールアドレスを用意

アドレスを用意する

まずは退会前に新しいメールアドレスを用意します。この新しいメールアドレスはどんなアドレスでもいいのでFacebookに登録していない別のアドレスか、Gmailなどのフリーアドレスを取得しておきましょう。

登録アドレスを退会前に変更

アドレスを変更

新しいアドレスの用意ができたら、Facebookの登録情報より登録アドレスを新しく用意したアドレスへと変更します。これによって、アドレスが重複することがなくなるので利用していたアドレスを次の新しいアカウントで利用することができるようになります。

「一時停止」ではなく「完全退会処理」を実行

完全退会処理をする

Facebookのアカウントは一時停止と完全退会処理をすることができます。アカウントを新規で作成したい婆には一時停止ではなく完全退会処理を実行します。

Thumb【Facebook】人気の「ブックカバーチャレンジ」について解説!
FacebookやTwitterで今話題の「ブックカバーチャレンジ」をご存じでしょうか?Fa...
Thumb【Facebook】「QRコード」の作成方法!でないときは?
世界最大のSNSサイトFacebookは個人アカウントやイベント・グループなどを自由に作るこ...

【Facebook】アカウントの「再登録」に関する注意点

Facebookのアカウントの再登録の方法についてご紹介してきましたが、続いてはFacebookのアカウントの再登録に関する注意点についてご紹介していきます。アカウントの再登録を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

アカウント初期化機能はなし

まず最初にご紹介するFacebookの再登録に関する注意点はFacebookにはアカウントの初期化機能がないということです。

アカウントを残したまま初期化をすることは原則不可能

Facebookにはアカウントの初期化機能がないので、Facebookに再登録して今までのデータを初期化して利用したいと考えても初期化することは原則不可能となっています。全てのデータを手作業で削除することで初期化のような状態にすることは可能です。

アカウントが停止されている場合

Facebookでは自分でアカウントを停止させていない場合でも、複数アカウントの疑いなどの何らかの理由によってアカウントが運営側から停止されている場合があります。アカウントが停止されても元に戻すことは可能ですが手続きが面倒と言われています。

そのため、アカウントが停止された場合には新しくアカウントを作る方が簡単と考える人も多くいます。ですがアカウントが停止された場合には考えなければならないこともありますのでご紹介していきます。

別のアカウントで新規登録

アカウントが停止された場合には別のアカウントで新規登録する必要があります。ですが、以前に登録したままのアドレスや電話番号は利用することができません。さらに新しいアカウントが運営に見つかると複数アカウントと判断されてしまうこともあります。

同じ電話番号は使えない

Facebookでは1人で複数のアカウントを作ることを禁止しています。そのため同じ電話番号を使って登録することはできません。前のアカウントに電話番号を登録したまま削除した場合でも電話番号のデータが残っているため違う電話番号で登録する必要があります。

同じメールアドレスも使えない

同じアドレスは利用できない

メールアドレスも、電話番号と同軸複数アカウントとして判断されてしまうため同じメールアドレスを利用してアカウントを登録することができません。新しくメールアドレスを作るか、登録情報でメールアドレスを変更してからアカウント削除するようにしましょう。

友達が「知り合いかも」に出る可能性

表示される可能性も

Facebookはスマホに登録されている連絡先を読み込み友達を「知り合いかも」に表示しているので、スマホで利用している場合には、「知り合いかも」に出る可能性があります。知り合いかもに出ないようにするためには自動で同期させない設定が必要です。

同じ名前での二重登録はできない

Facebookでは同じ名前での二重登録はできないようになっています。これはFacebookが複数アカウントを禁止しているため同じ名前での登録を複数アカウントとして判断するためです。前のアカウントの名前を変更するなどが必要です。

最後に

ここまで、Facebookは再登録できるのかについてご紹介してきました。ぜひ参考にしてみてください。

合わせて読みたい!Facabookに関する記事一覧

Thumb【Facebook】過去投稿を「一括削除」できる機能を発表!
Facebookでは、ユーザーが過去の投稿を一括してアーカイブしたり削除したりできる「アクテ...
ThumbGoogleフォトにFacebookの写真を転送するツール【世界で利用可能】
GoogleフォトにFacebookの写真や動画を転送するツールが世界で利用可能となったこと...
ThumbFacebookが「Collab」アプリ発表!TikTok風に音楽でコラボできる!
FacebookがTikTok風アプリ「Collab」のリリースを発表しました。招待制のベー...
Thumb【Facebook】VRを活用する新機能を「Workplace」に追加!
Facebookでは「Workplace」にライブ配信機能やVRを活用する新機能を追加するこ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
xkx1210v

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ