「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない原因と対処法

Google Chromeのプラグイン設定ができた「chrome://plugins」。現在は「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない状態になっています。その原因と、同じようなものを利用できるようにする方法の紹介をします。

「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない原因と対処法のイメージ

目次

  1. 1「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない原因と対処法
  2. 「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない原因
  3. 「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない時の対処法
  4. 最後に

「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない原因と対処法

Google Chromeでは、「chrome://」を利用することで様々な便利機能を使うことができます。その中でも「chrome://plugins」をよく利用していたという人もいるかと思います。

特にFlash Player関係の設定をおこなっていた人は利用頻度も高かったのではないでしょうか。

「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない原因

その「chrome://plugins」ですが、現在表示されない/アクセスできない状態となっています。実のところ、アクセスできなくなったのは2017年3月以降からです。

Chromeのバージョン57以降で廃止

「chrome://plugins」開けないとはどういうことかと思う人もいるかも知れませんが、言葉通りの意味でそのページ自体が消えているのです。

この「chrome://plugins」ですが、Google Chromeのバージョン57以降で廃止されていますので、それ以降にGoogle Chromeをインストールした人、アップデートを実行した人は開けません。

現在は開けない

「chrome://plugins」には2017年頃からアクセスできなくなっている

なお、廃止された「chrome://plugins」にアクセスすると、上記のように「このサイトにアクセスできません」と表示され、開けない状態です。

Google Chromeのバージョン57が公開された2017年3月には既に開けない状態となっていましたので、「chrome://plugins」を頻繁に利用していた人は利用できないことに気づいたタイミングも早かったかと思います。

ご無沙汰だったという人や古いサイトなどを参考にして「chrome://plugins」を利用しようとした人は、このページを開けない事に驚いた人ということが今は多いのではないでしょうか。

「chrome://plugins」が表示されない/アクセスできない時の対処法

廃止された「chrome://plugins」を利用することで設定できていたGoogle Chromeのプラグイン。今はどのようにして設定するのか、「chrome://plugins」の代わりとなる方法の説明に移ります。

プラグイン設定は「chrome://settings/content」と入力

「chrome://settings/content」の画面

2021年6月現在、Google Chromeのプラグイン設定は「chrome://plugins」ではなく「chrome://settings/content」を利用します。

Flash Playerは「chrome://settings/content/flash」から設定

なお、Flash Playerの設定は「chrome://settings/content/flash」から設定可能でした。過去形になっていることから分かるかと思いますが、このFlash Playerの設定に関しては2021年6月現在利用できません

「chrome://plugins」と違いエラーが出ないため分かりづらいかもしれませんが、入力しても「chrome://settings」のページに飛ばされ、そもそも開くことができない状態です。

「chrome://settings/content/flash」へアクセスしても設定画面トップに飛ばされる

Flash Player自体が2020年末に廃止となったため、Google Chrome側も必要ないからと削除したのだと思われます。

Google Chromeの設定で「flash」を検索した結果の画面

当然ながら、Google Chromeの設定画面で「flash」で検索しても結果が表示されません。Flash関連の設定は全てなくなったと思いましょう。

最後に

Flash Player関係の設定ができた「chrome://plugins」は、2017年3月ごろから利用できなくなっています

現状でも、廃止されたFlash Playerの設定自体が消えているため、「chrome://plugins」で利用できていたFlash系の設定はできなくなっています。

2020年末に廃止されたことを踏まえての変更点ですし、実際もうFlash Playerは利用することができません。そういう物があったという思い出という形で頭の隅に入れて、Google Chromeを利用していって下さい。

Thumb【chrome://plugins】Chromeのプラグイン設定ページが廃止?アクセスできない?
Chrome プラグインの設定ページ(Chrome plugins)はChrome 57から...
ThumbAdobe Flashが2020年末に終了!各ブラウザのサポート対応は?
何かとお世話になったことのある人も多いAdobeのFlashが2020年末に終了する、という...
ThumbFlash Playerの終了でアンインストールを促すメッセージの表示へ!
Adobeが提供している「Flash Player」は2020年12月31日のサポート終了に...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
八千草 蛍
分かりやすく気軽に読める記事を書いてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング