【iPhone/iOS12】ショートカットがウィジェットに表示されないときの対処法!

iOS12からショートカットというアプリが誕生しました。ショートカットはウィジェットでも使用できますが、iPhoneのウィジェットに表示されないことがあります。この記事では、iPhoneのウィジェットにショートカットが表示されないときの対処法の解説をします。

【iPhone/iOS12】ショートカットがウィジェットに表示されないときの対処法!のイメージ

目次

  1. 1【iPhone/iOS12】ショートカットとは?
  2. 2【iPhone】ショートカットをウィジェットに設定する方法
  3. 3【iPhone】ショートカットがウィジェットに表示されない原因
  4. 4【iPhone】ショートカットがウィジェットに表示されないときの対処法

【iPhone/iOS12】ショートカットとは?

ショートカットアプリ

まずは、iOS12から使えるようになったiPhoneのショートカットについて解説をしていきます。iPhoneのショートカットとは、iPhoneやiPadなどiOSでのみ使用できるアプリです。

iOSアップデート時にダウンロードされていない場合は、AppStoreからダウンロードを行うことが可能です。iOS11未満のiPhoneでは互換性がないため使用することができません。

もしショートカットを使いたい場合は、iPhoneのOSをiOS12へのアップデートを行いましょう。

iPhone や iPad でショートカット App を使う - Apple サポート

複数の操作手順を自動化できる機能

ショートカットの設定

iPhoneのショートカットの具体的な機能は、複数のアプリの操作を自動化させて使用できる機能です。アプリを組み合わせて使えるのがショートカットの特徴です。

ショートカットのアプリを起動するのはもちろん、Siriに頼んでも様々な作業をしてくれます。ショートカットはiOSに元々準備されているものから、カスタマイズをして自分なりのショートカットを作成することも可能です。

‎「ショートカット」をApp Storeで

【iPhone】ショートカットをウィジェットに設定する方法

ウィジェット

では、iPhoneでショートカットをウィジエットに設定をする方法について解説をしてきます。

ウィジェットとは?

ウィジェット一覧

iPhoneのウィジェットとは、よく使うアプリの情報を表示させることができる機能です。例えば、天気や株価など登録をしておくと、その時間に見られる情報をホーム画面時に右にスワイプをすることでアプリを開かずに簡単に見ることができます。

iPhoneではウィジェットとショートカットを組み合わせることでより作業を効率化させることが可能です。ウィジェットにはGoogleMapやLINEなども登録が可能です。

GoogleMapをナビの代わりとして使っている場合、GoogleMapを起動させなくてもウィジェットから簡単に経路案内などを行うことが可能です。

手順

では、iPhoneのウィジェットにショートカットを追加をする手順の解説から行なっていきます。ウィジェットにショートカットを追加するのは非常に簡単に行うことができます。

ウィジェットを起動

ウィジェット起動

まずはiPhoneでウィジェットを起動させます。iPhoneのホーム画面1ページ目の状態で左から右にスワイプをするとウィジェットが起動します。

編集ボタンをタップ

編集をタップ

ウィジェットが起動したら、編集ボタンをタップします。すでにウィジェットが設定されている場合は、表示の一番したまでスワイプをすると編集ボタンが表示されます。

ウィジェットの追加を開く

ウィジェットを追加

ウィジェット画面で、編集ボタンをタップすると、ウィジェットの追加という画面が表示されます。ウィジェットの追加の画面には、アプリのアイコンが一覧で表示されます。

ショートカットの追加を選択

ショートカットアプリ

ウィジェットの追加画面が開いたら、今回はショートカットをウィジェットに追加するので、ショートカットの左側にある➕ボタンをタップします。

+をタップ

他にもウィジェットに追加をしたいアプリがあれば同様の手順で追加をしておくと便利です。

追加

追加したいアプリを追加したら、右上の完了をタップするとウィジェットにショートカットの追加が完了します。

今後はショートカットアプリを起動しなくれても、ウィジェットからショートカットを起動させることができます。

完了をタップ

【iPhone】ショートカットがウィジェットに表示されない原因

ショートカットが表示されない

では、iPhoneのショートカットがウィジェットに表示されない原因について触れていきます。

iOS12の不具合

iOS12

iOS12から運用が始まったばかりのショートカットアプリですが、iOSの不具合で作成したショートカットの内容がウィジェットに表示をされない様です。

Appleから公式の発表はありませんが、ウィジェット自体がiPhoneの機能なのでiOSに不具合がでているようです。

【iPhone】ショートカットがウィジェットに表示されないときの対処法

ショートカットの点滅

では、iPhoneのウィジェットにショートカットが表示されない時の対処法の解説をしていきます。iOS12の不具合の可能性が非常に高いので、一時的な対処法でしかありません。

iOSのがどんどんアップデートされていくにつれOSの不具合も改善されるので、あまり使わない場合は、ここから解説をする対処法で試すよりも、iOSのさらなる最新版のリリースを待つことをおすすめします。

iPhoneをアップデートするのは不具合の改善以外にもセキュリティ強化などのも含まれます。できる限り最新のiOSにしiPhoneを最新に保つことをおすすめします。

表示が点滅する場合の手順

ウィジェットの表示でスクリーンが点滅する不具合がでることがあります。表示が点滅をする時の対処法の手順の解説をしていきます。

設定から画面表示と明るさをタップ

ウィジェットの表示が点滅する場合の対処法の1つ目は、画面表示の設定を変更を行います。設定アプリから行うので設定アプリを起動させます。

設定アプリをタップ

設定を開いたら、画面表示と明るさをタップします。

画面表示と明るさをタップ

文字サイズの変更をタップ

文字サイズを変更をタップ

画面表示と明るさをタップすると、画面表示や画面の明るさの様々な設定の変更が可能です。画面表示と明るさの中の、文字サイズを変更をタップします。

調整バーを中央にドラッグ

文字サイズを変更をタップすると、画面の一番下に文字サイズを変更するための調整バーがあります。文字サイズを一度大きくでも小さくでもいいので変更しましょう。

文字サイズを大きくする

文字サイズの変更をした後に最終的には調整バーを中央に戻しましょう。

中央に戻す

ウィジェットでスクリーンが点滅をする場合の対処法は完了なので、ウィジェットに戻り点滅が改善しているかどうかを確認してみましょう。

それでも改善しない場合の手順

ウィジェットのスクリーンが点滅をする場合で、文字サイズの変更をしても改善しない場合の改善の方法の解説をしてきます。ここからのトラブルシューティングはiPhoneのトラブルシューティングの一般的なものです。

ウィジェットの不具合以外でもiPhoneの不具合では有効な方法のなので覚えておくと便利です。

iOSのバージョンを最新版に更新

iOSアップデート

iPhoneに不具合が起きた場合の対処法はとして、iOSのアップデートがあります。今回の不具合もiOSの不具合が影響をしている様なのでiOSのアップデートは有効ですが、最新のアップデートではまだ改善をしていない様です。

他の問題の場合はiOSのアップデートはかなり有効な手段です。iOSのアップデートを行う場合は、アップデート中に途中でエラーになることもあるので必ずバックアップの作成をしておきましょう。

バックアップはiCloudでもiTunesでもどちらでも問題ありません。iOSのアップデートをWi-Fiで行うならiCloudで、iTunesを使ってアップデートをするならiTunesで作成すると手間が少なくなります。

ストレージの空き容量の確保

ストレージ管理

iPhoneのストレージの空き容量が足りなくなり、iPhoneを稼働させるメモリが圧迫をされて影響が出ることがあります。ストレージの空き容量を確保することで改善することがあります。

iPhoneのストレージの確保は、使用しないアプリの削除や写真や動画のデータの削除をすることでストレージを空けることができます。

ストレージを空けるとiPhoneの動作が軽くなることもああるので、iPhoneの中身の整理として行ってみるのもおすすめです。

iPhoneの再起動

システム終了をタップ

iPhoneのトラブルシューティングに限らず、家電製品や精密機械のトラブルシューティングの基本は再起動です。なにかトラブルがあったらまずは、iPhoneの再起動をしてみましょう。

iPhoneは日々使うもので、電源を落としたことがない人もいます。再起動をさせずずっと稼働しているとiPhoneの挙動がおかしくなることもあります。

再起動をしただけで以外にも改善をすることはよくあることなので、iPhoneを再起動してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?iPhoneやiPadに限らず、Appleは製品もアプリも絶えず新しいモノをリリースしています。スクリーンのアプリはiOS12からですし、ファイルアプリはiOS11から使える様になっています。

新しい機能は不具合が出ることがあるので再起動やiPhoneのストレージを空けるなど様々な改善の方法を試してみて、改善がなければiOSのアップデートを待ってみましょう。

この記事を参考にウィジェットやスクリーンを使用してみてください。ここまで読んでいただき誠にありがとうございます。

Thumb【iPhone】ウィジェットの設定方法!使い方を解説!
iPhoneにはウィジェット機能が搭載されています。みなさんはiPhoneのウィジェット機能...
Thumb【iPhone/iPad】ウィジェットにバッテリーがない原因と表示方法!
皆さんiPhone/iPadのウィジェットにバッテリーは表示されていますか?も表示されていな...
Thumb【iOS12.2】アップデートの新機能や変更内容は?不具合は?
iPhoneを使っている皆さんであればiPhoneのiOS12.2アップデートがあったことは...

合わせて読みたい!iPhoneに関する記事一覧

ThumbiPhoneの迷惑メールを拒否する方法!設定・対策法を解説!
iPhoneユーザーの皆さん、「迷惑メール」の対処は万全ですか?今回の記事では、迷惑メールの...
ThumbiPhoneのSIMロック解除の確認方法!手順を解説!
皆さんiPhoneのSIMロック解除の確認方法を知っていますか?今はiPhoneのSIMロッ...
ThumbiPhoneのバックアップができないときの原因と対処法
iPhone(アイフォン)のバックアップができないときは、原因にあった対処法を行うと改善しま...
ThumbiPhoneの写真をバックアップできないときの対処法【iTunes/iCloud】
皆さんはiPhoneの写真がバックアップできないことでこまったことはありませんでしょうか。こ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
ニジシタソウ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ