Apple Musicで音楽をオフライン再生する方法!楽曲をダウンロードしよう

Apple Musicは音楽をダウンロードしてオフライン再生できることで注目されています。アルバム単位や1曲単位など、通信制限を気にすることなく音楽を楽しめるApple Musicのオフライン再生方法についてご紹介します。

Apple Musicで音楽をオフライン再生する方法!楽曲をダウンロードしようのイメージ

目次

  1. 1Apple Musicで音楽をオフラインで再生する方法
  2. 楽曲をダウンロードする方法
  3. アルバムやプレイリスト単位でダウンロードする方法
  4. 2Apple Musicのライブラリに加えたら自動でダウンロードする設定方法
  5. 設定アプリを開く
  6. 3オフライン再生が出来る楽曲のみを表示する方法
  7. ダウンロード済みを選択
  8. 4Apple Musicのオフライン再生のメリット
  9. 通信制限を気にする必要がなくなる
  10. バッテリーの消耗を抑えられる
  11. 電波状況に関係なく利用できる
  12. 5Apple Musicのオフライン再生のデメリット
  13. スマホの容量を消費する事になる
  14. 合わせて読みたい!音楽に関する記事一覧

Apple Musicで音楽をオフラインで再生する方法

オフライン再生する方法

Apple MusicとはApple社が提供している日本国内から海外の楽曲まで世界中の様々な音楽を再生できる音楽ストリーミングサービスです。

Apple Musicは基本的にオンラインで音楽を再生して楽しむサービスなのですが、オフラインで音楽を再生させることもできます。

今回はApple Musicで音楽をオフライン再生して通信制限などを気にせず利用する方法をご紹介しますから、参考にしてください。

Apple Musicの公式サイト

楽曲をダウンロードする方法

Apple Musicで音楽をオフライン再生するには、音楽をスマートフォンにダウンロードすることが必要になります。

Apple Musicの音楽のダウンロード方法は+追加ボタンでライブラリに音楽を追加して表示された雲マークをタップすることでできますから、ここで紹介するダウンロード方法を参考に試してみてください。

+追加ボタンでライブラリに追加

曲を選択する

Apple Musicで音楽をオフライン再生するには、まずはライブラリに音楽を追加します。

Apple Musicで気に入る音楽を見つけたら音楽の名前の横にある+追加ボタンをタップしてしてください。+追加ボタンを一度タップするだけで、Apple Musicのライブラリに音楽が追加されます。

雲マークでダウンロード開始

雲マークをタップ

+追加ボタンでライブラリに音楽が入ったら、先ほどまで+追加ボタンだった部分に雲マークが表示されます。この表示された雲マークがApple Musicでのダウンロードボタンです。

ライブラリに入れただけでは音楽をオフライン再生することはできませんから、+追加ボタンと同じように雲マークをタップしてスマートフォンに音楽をダウンロードしましょう。

アルバムやプレイリスト単位でダウンロードする方法

Apple Musicでは音楽を1曲単位でダウンロードすることもできますが、お気に入りのアルバムやプレイリスト単位で音楽をダウンロードすることも可能となっています。

アルバム単位やプレイリスト単位で音楽を一気にダウンロードすることで、よりApple Musicのオフライン再生を楽しむことができますから試してみてください。

プレイリストをタップ

Apple Musicのトップページから、左下のライブラリを開きます。ライブラリのページで「プレイリスト」をタップしてください。

プレイリストを選択

プレイリストが開いたら、ダウンロードしたいプレイリストを選択してタップします。

雲マークをタップしてダウンロード

ダウンロードしたいプレイリストに表示されている「雲マーク」をタップしてください。雲マークをタップするだけで、自動的にプレイリストにある音楽を全てダウンロードしてくれます。

アルバムをダウンロード

ライブラリでアルバムをタップ

Apple Musicではプレイリストのみでなく、アルバム単位でのダウンロードもできます。アルバム単位でダウンロードするときは、ライブラリを開いたあとに「アルバム」をタップします。

アルバムを選択

アルバムのページが開いたら、ダウンロードしたいアルバムを選択します。

雲マークをタップしてダウンロード

アルバムのページが開くので、プレイリストのダウンロードのとき同様に雲マークをタップします。

ThumbApple Musicのプレイリストの使い方まとめ!自動プレイリストで快適に!
Apple Musicをお使いのみなさん、Apple Musicのプレイリストは使いこなせて...

Apple Musicのライブラリに加えたら自動でダウンロードする設定方法

Apple Musicの音楽をオフライン再生するには、前述したように音楽をダウンロードする前にライブラリに加える必要があります。

そして、基本的にライブラリに加えたあとにくも雲マークをタップしてダウンロードする仕様になっているんです。

しかし、Apple Musicでの設定を変更することで音楽をライブラリに追加するのみでも自動的にダウンロードできるようにすることができます

設定アプリを開く

設定を開く

Apple Musicでライブラリに追加した音楽を自動的にダウンロードするように設定するには、スマートフォンの設定から行います。設定アプリを開きましょう。

Apple Musicのアイコンをタップ

スマートフォンにダウンロードされている様々なアプリが表示されるので、その中からApple Musicのアイコンを選択してください。

自動的にダウンロード

「自動的にダウンロード」を選択します。Apple Musicをダウンロードしたのみでは、ここは画像のように左に寄って白くなっています。

オンにする

自動的にダウンロードの部分を右へスライドさせて、緑色のオンの状態にします。

ThumbApple Musicで音楽をPCにダウンロード保存する方法
この記事では、Apple Musicで音楽をPCにダウンロード保存する方法や、ダウンローでき...

オフライン再生が出来る楽曲のみを表示する方法

Apple Musicでは、プレイリストに追加するのみでは音楽をオフライン再生することはできません。そのため、プレイリストにはオンライン再生で聴ける音楽とダウンロードすることでオフライン再生で聴ける音楽があるんです。

通信制限やスマートフォンの容量を気にせずにApple Musicを利用するなら、オフライン再生ができる楽曲のみを表示させられると便利です。ここではApple Musicでオフライン再生できる楽曲のみを表示させる設定方法についてご紹介します。

Apple Musicのアプリ内で簡単にオフライン再生できる楽曲のみを表示できるように設定できますから、覚えておきましょう。

ダウンロード済みを選択

ライブラリを開く

Apple Musicのアプリを開き、左下にあるライブラリをタップします。

ダウンロード済み

ライブラリの中から「ダウンロード済み」という部分を選択してタップします。このほかの「プレイリスト」や「アルバム」だけでは、まだダウンロードされていない音楽も含まれてしまいますから注意してください。

ダウンロード済みのページで曲を選ぶ

ダウンロード済みと表示されたページが、オフライン再生できる音楽のみを表示させているページになります。

このページに表示された音楽ならどの楽曲でもオフライン再生できますから、WiFiの接続されていない場所でのApple Musicの利用や通信制限対策としておすすめです。

Apple Musicのオフライン再生のメリット

Apple Musicのオフライン再生ができる機能には、どんなメリットがあるのでしょうか?ここではオフライン再生できることによるメリットについてご紹介します。

通信制限やバッテリーの消耗など、Apple Musicの楽曲をオフライン再生できることでのメリットはいくつかあるので参考にしてください。

通信制限を気にする必要がなくなる

通信制限を気にしない

Apple Musicは基本的にオンラインストリーミングサービスですから、オンライン状態でダウンロードを行ったり音楽の再生を行えば自動的にモバイル通信がかかる仕組みになっています。

しかし、オンライン状態で音楽を再生させるのには想像以上に通信料がかかるので通信制限がかかってしまう場合も考えられます。そんなときに安全なのがApple Musicのオフライン再生です。

オフライン再生にすれば、当然ながら通信料はかからないですから通信制限を気にすることなくApple Musicを利用できるというメリットがあります。

バッテリーの消耗を抑えられる

バッテリー消耗を抑えられる

Apple Musicを利用するスマートフォンなどは、オンラインで音楽の再生を行うとバッテリーの消費が気になるという人も多いでしょう。

そんなときは楽曲をダウンロードしてオフライン再生すると良いでしょう。音楽をオフライン再生することで、スマートフォンなどの端末のバッテリー消耗を抑えられるというメリットがあるんです。

オフライン再生にしてバッテリー消耗を抑えられることで、外出時でも気にせず音楽を楽しめることでもApple Musicは評判となっています。

電波状況に関係なく利用できる

オンライン再生だと、通信制限などを気にすることなく利用していたとしても電波状況に問題があると結局Apple Musicで音楽を楽しむことはできません。

それがオフライン再生では電波状況を全く気にする必要がないのも大きなメリットだと言えるでしょう。

Apple Musicのオフライン再生のデメリット

基本的にメリットが多いとされるApple Musicのオフライン再生ですが、デメリットと言われるポイントもあります。

デメリットとなるポイントは人によってはあまり気にならないポイントの可能性もありますし、Apple Musicを利用する前にデメリットを知っておくことによってデメリットへの対処も行えますからここで紹介するデメリットを覚えておきましょう。

スマホの容量を消費する事になる

ストレージを消費する

オフライン再生するということは、スマートフォンに音楽をダウンロードして再生させることになります。そうなると、スマートフォンのストレージにダウンロードされることになるため端末の容量に影響してしまうんです。

写真など様々なデータを端末で管理している人にとっては端末の容量が音楽のダウンロードによって減ってしまうと非常に不便でしょう。

Apple Musicで多くの楽曲をダウンロードしたい人は端末の容量を増やしたり、他のデータを削除したりするなどの対策を行っておくのがおすすめです。

ThumbApple Musicの評判・口コミレビュー!良い点/悪い点まとめ
Apple MusicはiPhoneの標準アプリで、多くの人が利用しています。ただ評判には悪...

合わせて読みたい!音楽に関する記事一覧

Thumb無料音楽アプリMusic FMやMusic Boxは違法?
無料で音楽が聴き放題なアプリのMusic FM(ミュージックFM)やMusic Boxですが...
Thumb音楽アプリAWAのレビュー評判と特徴を紹介
サブスクリプション型(ストリーミング型)音楽配信アプリであるAWAをご存知でしょうか。AWA...
ThumbApple Music無料期間の終了後にもダウンロードした曲が聴ける?
皆さんの中でもApple Musicを3ヶ月無料でご利用されている方は少なくはないでしょう。...
ThumbApple Music-曲がダウンロードできない時の対処法まとめ
皆さまはApple Musicで曲がダウンロードできないなんて経験がありますか?こちらではA...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
m.ayano
インステ