【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカードを紹介!

Apple PayとはAppleのモバイル端末で利用できる決済サービスで、Suica、iD、QUICPay対応の店舗や交通機関などでの支払いに利用することができます。今回はApple Payに登録するべき、iD搭載のおすすめクレジットカードを紹介します。

【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカードを紹介!のイメージ

目次

  1. 1Apple Payとは?
  2. Appleデバイスで使える決済サービス
  3. 2iDとは?
  4. ドコモの決済プラットフォーム
  5. 3Apple Payの概要
  6. 利用可能機種
  7. 対応OSバージョン
  8. 4【Apple Pay】iDを利用するメリット
  9. 主なメリット
  10. 5【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~dカード GOLD~
  11. 年会費
  12. 還元率
  13. 申込資格
  14. ポイント付与条件
  15. 6【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~dカード~
  16. 年会費
  17. 還元率
  18. 申込資格
  19. ポイント付与条件
  20. 7【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~ライフカード~
  21. 年会費
  22. 還元率
  23. 申込資格
  24. ポイント付与条件
  25. 8【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~三井住友VISAクラシックカードA~
  26. 年会費
  27. 還元率
  28. 申込資格
  29. ポイント付与条件
  30. 9【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~三井住友VISAデビュープラスカード~
  31. 年会費
  32. 還元率
  33. 申込資格
  34. ポイント付与条件
  35. 合わせて読みたい!Apple Payに関する記事一覧

Apple Payとは?

Apple Payとは、iPhoneやApple WatchなどAppleデバイスをかざすだけで全国の電車やバスに乗ったり、買物したりできる決済サービスで、日本では2016年10月から開始されています。

Apple Payはアプリのダウンロードは特に必要ない決済サービスで、対応しているクレジットカードなどを設定するだけなので使い方は簡単です。

普段持ち歩く財布にはクレジットカードやプリペイドカードが何枚か入っているでしょう。Apple PayはそうしたクレジットカードやプリペイドカードをiPhoneなどAppleデバイスで持ち運び、使えるようにする決済サービスです。

Appleデバイスで使える決済サービス

Apple PayとはAppleのモバイル端末で利用できる決済サービスのことを言います。

Apple PayにSuicaやクレジッドカードなどを追加しておけば物理的なカードを財布に入れておく必要がなく、Appleデバイスさえ持っていればお店でコーヒーを飲んだり、買い物をしたり、鉄道やバスに乗車したりすることができます。

つまりApple Payが普段持ち歩いている財布の代わりに使えるわけです。Apple PayではSuica、iD、QUICPay対応の店舗や交通機関、アプリ・オンラインショッピングなどでの支払いに利用することができます。

交通機関での支払い(Suica)

交通系ICカード

Apple PayではSuica対応の電車やバス、タクシーなどの交通機関での支払いに利用できます。電車の場合は改札にかざすだけで改札をスムーズに通ることが可能で、交通系ICカードの相互利用ができる日本全国のエリアで使用できるので便利です。

店舗での支払い(Suica・iD・QUICPay)

店舗支払い

さらにApple Payは、Suica支払いの場合はSuica対応店、クレジットカードの場合は「iD」または「QUICPay」加盟店で支払うことがでる決済サービスです。

クレジットカードの場合は登録すると自動的に「iD」または「QUICPay」のいずれかが割り振られるのでそれぞれの対応店舗で使用できます。iDとQUICPayのうちどちらの基盤を使うかは、登録するクレジットカードによって決まります。

コンビニなどで使うカードリーダーの多くはiD、QUICPayのいずれにも対応していて大抵の場合問題ありませんが、一部では、iDかQUICPayの片方しか使えない店舗もあります。

「QUICPayのみ対応」というカードリーダーであれば、iDとして登録されているカードは利用できない仕組みです。使いたいカードが「iD」か「QUICPay」かは、WALLETアプリで確認可能となっています。

今回はApple Payに登録するべき、iD搭載のおすすめクレジットカードを紹介します。これからiD搭載クレジットカードのメリット、年会費や還元率、ポイント付与条件などを詳しく解説しますのでどのクレジットカードが自分に合っているか確認してください。

apple-pay
Thumb【iPhone】Apple Payの設定方法を詳しく解説!
Apple PayはiPhoneやApple Watchを使った決済サービスです。Apple...

iDとは?

おサイフケータイ

「iD」とは現金いらずの電子マネーです。使い方はスマホと連携させておサイフケータイとして利用する方法とiD専用カードを利用する方法があります。

おすすめはiDをスマホと連携させておサイフケータイとして利用する方法で、このiD利用方法はスマホさえ持っていれば財布がなくても支払いが可能となりとても便利な決済サービスと言えます。

ドコモの決済プラットフォーム

「iD」はNTTドコモが主体となって取り扱っている電子マネーの1種です。使い方は他の電子マネーと同様で、iD加盟店にてiD対応端末にかざすだけで支払いが完了する決済サービスです。

iD加盟店の数は全国に80万店舗以上ととても多く、コンビニやスーパーなどの小売店や飲食店、ガソリンスタンドに空港、レジャー施設と幅広いジャンルを取り揃えています。

iDにはそれ自体に独自のポイントシステムや還元サービスはありませんが、基本的には連携しているカードのポイントシステムに利用に応じてポイントが貯まる仕組みになっていて、iDと連携するカード次第で還元率が変わってきます。

かざしてお支払い iD
‎iD Mobile on the App Store
Thumb「d払い」と「iD」の違いは?サービス内容など比較!
d払いとiDの違いが分からないという人は多いですが、ここで具体的にサービス内容を把握しておく...

Apple Payの概要

Apple Payを利用すれば、iPhone、iPad、Apple Watch、Macなどの機種で買い物が簡単となります。しかも個人情報保護や安全性の面もしっかりしているので安心して利用できるでしょう。

使うデバイスや利用するiPhoneの機種によって追加できるカードの枚数も変わりますので利用可能機種や対応OSバージョンも確認しておきましょう。

利用可能機種

Apple PayはiPhone7以降の機種から利用が可能になりました。

Apple Payは「iPhone XS MAX」や「iPhone XS」「iPhone 8」「Apple Watch Series3」など、ICカードと瞬時に情報のやり取りができるFeliCaが搭載された機種で使える電子決済サービスです。FeliCa未搭載の機種では実店舗で利用不可となります。

Apple Payにはクレジットカードやプリペイドカード、電子マネーが「iPhone 8」機種以降では合計12枚まで、それ以前の機種では合計8枚まで登録でき、電子マネーは「Suica」「iD」「QUICPay」の3種類が利用できます。

対応OSバージョン

Apple PayはiOS 10.1以降の機種から対応が始まりiPhoneでSuicaやクレジットカードが使えるようになりました。

【Apple Pay】iDを利用するメリット

Apple Payは、iDやQUIC PAYと言った後払い式電子マネーを搭載したクレジットカードをApple Payに登録して利用する決済サービスです。

これによってクレジットカードを財布から出さなくても、iD・QUIC PAYの支払いに対応した店舗でiPhoneをタッチするだけでスムーズに支払いをすることができます。特に利用できるシーンの多いiD利用者にとってはおすすめのサービスと言えます。

主なメリット

ではApple PayでiDを利用するメリットを紹介します。

決済のスピードが速い

Apple PayでiDを利用するメリットとして、決済のスピードが速いことが挙げられます。例えばクレジットカード決済をしようした場合は、サインをしたり何回払いかを確認されたりと意外と時間を取られます。

しかしiD搭載のクレジットカードを登録したApple Payはリーダーにかざすだけで数秒で決済が完了し、サインレスなので支払いはあっという間です。時間がない時やレジが混んでいる時などにも安心ですね。

ポイント還元される

またApple PayにiD機能搭載のクレジットカードを登録しておけば、Apple Payの利用時には通常のiD利用時と同じようにポイントも還元される点も大きなメリットと言えます。

例えばApple Payに登録したdカードを使ってiD決済した場合、dポイントが貯まります。dカードの還元率は1%なので、仮に5,000円分をiD決済したとするとdポイントが50ポイントもらえる計算になります。

カード払いした時と同じようにしっかりとポイントが貯まるので安心です。ここで還元率の高いカードを紐付けておけばApple Payでお得にiD決済できる点は大きなメリットです。

クレジットカードが利用できない店舗でもiDは利用できる

さらにiD利用のメリットのひとつとして、クレジットカードが利用できない店舗でもiDは利用できる店舗があることが挙げられます。クレジットカード利用不可の店舗でも、iDが利用できればApple Payで決済をすることができます。

例えば今は自動販売機でもiDが利用可能な機種が増えていますし、コインパーキングやコインランドリーなどもクレジットカードは使えなくてもiDが使える機種が増えています。最も大きなメリットと言えるのがマクドナルドでのiD利用ができることです。

このようなメリットの多いiDを搭載したクレジットカードを登録することが出来るのが、Apple Payという決済サービスを利用する魅力と言えるでしょう。

Thumb【iPhone】Apple Payの設定方法をくわしく解説!
Apple PayはiPhoneなどのAppleデバイスを使った決済サービスで、Apple ...

【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~dカード GOLD~

Apple Payに登録できるクレジットカードは多いですが、iD対応のクレジットカード発行会社の中でも、全ての会社がApple PayでのiD利用に対応しているわけではなく、会社によって対応しているiDのタイプは異なります。

そこで、Apple PayでiD搭載クレジットカードの中でも、おすすめのクレジットカードを紹介していきます。まず、ドコモユーザーの方なら「dカード GOLD」がメリットが多くおすすめです。

年会費

dカードゴールド

「dカードゴールド」は、年会費10,000円となっていてゴールドカードとしては中堅クラスの価格設定となっています。

「dカードゴールド」はドコモの携帯電話・スマホや「ドコモ光」などのドコモ回線を利用している人であれば実質無料に近い形で利用することができ、ドコモ料金が10%も還元されるのでポイントだけで元が取れてしまいます。

月々の携帯料金が9,000円以上ならポイントだけで年会費がカバーできてしまいます。

還元率

通常のお買い物で基本還元率は1%となっています。また「dカード GOLD」に関しては、どこものスマホや携帯料金・ドコモ光に対してはポイント還元率が最大10%となります。

「dカード GOLD」はローソンでiDの支払いを行うことで、ローソンでの商品購入金額から最大5%の還元となりかなりお得になります。

申込資格

申込資格は満20歳以上で、学生は除き、安定した継続収入がある方です。法人名義は不可となります。

ポイント付与条件

「dカード GOLD」のポイント付与条件については、基本的なクレジット決済で100円につき1ポイントのペースでdポイントが貯まっていきます。1ポイントは基本1円相当として利用可能なので、還元率でいえば1%です。

これは一般的なクレジットカードの還元率水準からすると高めの設定と言えます。またdポイントは提携しているdポイント加盟店が多数あります。そのdポイント加盟店では「dカード GOLD」を提示するだけでもdポイントが支払額の1%獲得できます。

dポイント加盟店では「dカード GOLD」の提示とクレジット支払いで最大2%のポイント還元を受けることができます。

さらに街中の店舗でdポイントを通常より多く貯めることができるサービスがdカード特約店で、クレジット決済又はdカードに搭載された電子マネーiDで支払いをすることで、通常のポイントに加えてボーナスポイントが獲得できる仕組みになっています。

支払方法の指定は店舗によって異なり、対象店舗の中にはdポイント加盟店とdカード特約店の両方のサービスと提携しているところもあります。

このような店舗ではカード提示+クレジット(iD)支払いでより多くのポイントを獲得することができます。

ThumbApple Pay(アップルペイ)で使えるおすすめのクレジットカードを紹介!
Apple Payに対応しているおすすめのクレジットカードを紹介します。Apple Payに...

【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~dカード~

ドコモユーザー以外であればiD搭載クレジットカードとしては「dカード」がおすすめです。「dカード」に関するメリットやポイント付与条件などを見ていきましょう。

年会費

「dカード」

dカードは年会費1,250円(税抜)となっていますが初年度は無条件で無料で利用できます。また2年目以降も年間1度でも利用があれば翌年度無料となります。

つまり年に1度でも利用すれば年会費無料という手軽なクレジットカードでありながら、優待特典や付帯保険といったお得で便利なサービスも多数備わっているメリットの多いカードです。

還元率

「dカード」の最大のメリットはdポイントが効率的に貯められるという点です。dポイント加盟店・特約店といった提携店舗では通常の獲得ポイントに加えてボーナスポイントも貰えます。

dカードでは利用先に関わらずクレジット利用100円ごとに1ポイントのレートでdポイントを獲得することができます。基本還元率が1%の高還元であることが大きなメリットです。

またdカードならiDの支払いで、ローソンでの商品購入金額から最大5%還元でかなりお得になります。

申込資格

申込資格は、満18歳以上で安定継続した収入があることで、学生は除きます。本人名義の口座をお支払い口座として設定できることが条件となります。

ポイント付与条件

dカードは年に1度でも利用すれば年会費が無料になるので実質無料で利用でき、基本還元率も1%と高還元でメリットが大きいです。

ポイント付与条件としては、dカードは利用先に関わらずクレジット利用100円ごとに1ポイントのレートでdポイントを獲得することができます。追加カードとして電子マネーiDやETCカードを発行している場合は、同じく100円につき1ポイントずつ貯まります。

ドコモの携帯料金の支払いをdカード払いに設定すると、キャッシュバックが受けられてなおかつdポイントも貯まりとてもお得です。

【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~ライフカード~

お出かけ好きの人であればなら年会費無料の「ライフカード」がおすすめです。ライフカードはホテルサンルートやオオクラホテルが10%OFFで利用できたり、その他テーマパークなどを優待価格で楽しめるなど優待が豊富です。

ではiD搭載おすすめクレジットカードの「ライフカード」のメリットやポイント付与条件などを見ていきましょう。

年会費

ライフカード

「ライフカード」の年会費は永年無料となっています。

還元率

「ライフカード」は誕生月がポイント3倍(還元率1.5%)という高還元になるクレジットカードです。通常はカードの支払額1,000円ごとに1ポイント(LIFEサンクスポイント)が付与されます。

ライフカードでの1ポイントは5円相当にあたり、還元率に直すと0.5%で、普通に使う分なら0.5%の還元率はあまりおすすめとは言えないかもしれません。

申込資格

「ライフカード」の申込資格は満18歳以上(高校生を除く)で安定した収入のある人です。

ポイント付与条件

前述したように「ライフカード」還元率は0.5%でメリットはなく、普段使いにはおすすめしません。ただポイント付与条件を満たせば「ライフカード」はポイント還元率を増やす方法が数多くあるので、確認しておきましょう。

まず入会後1年間はポイント1.5倍になりこれで0.75%となります。また年間のカード利用額に応じて、ポイント還元率が高くなります。ポイント付与条件として、ヘビーユーザーほどお得になる仕組みになっている点がメリットと言えます。

「ライフカード」最大のメリットは誕生日月にポイント3倍になることです。特定の店だけポイント3倍になるのではなく、クレジットカードが使える店ならどこでもポイント3倍になりポイント還元率に直すと1.5%と最強になります。

【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~三井住友VISAクラシックカードA~

リーズナブルな価格でステータスカードを持ちたい方におすすめなのが、「三井住友VISAクラシックカードA」です。

現在26歳以上で「三井住友VISAデビュープラスカード」申込資格対象から外れてしまっているという方におすすめのお手頃カードが「三井住友VISAクラシックカードA」となります。

では「三井住友VISAクラシックカードA」のメリットやポイント付与条件などを見ていきましょう。

年会費

三井住友VISAクラシックカードA

「三井住友VISAクラシックカードA」は初年度年会費は無料となっています。次年度以降の年会費は1,500円ですが免除条件を上手く利用すれば、ステータスカードを年会費無料で持つことができるお得なカードです。

その条件とは「マイ・ペイすリボ」を登録することと前年度中に1回以上カードを利用することです。

還元率

「三井住友VISAクラシックカードA」の基本還元率は0.5%と一般的なカード還元率ですが、三井住友カードのポイントプログラムは年間の利用金額に応じて還元率がアップしていきます。

「三井住友VISAクラシックカード」は「ポイントUPモール」でオンラインショッピングしたり「ココイコ!」のエントリーでショッピングすることで通常の2倍から20倍もポイント倍率がアップします。

申込資格

「三井住友VISAクラシックカードA」の申込資格は満18歳以上(高校生を除く)で安定した収入のある人です。

ポイント付与条件

「三井住友VISAクラシックカードA」は海外・国内旅行保険やショッピング補償といったクレジットカードの三大保険もしっかりと備わっていて、ベーシックながら使い勝手の良いカードです。

三井住友が運営するポイントサイトは実店舗での買い物でもポイントアップ対象となる点も魅力のひとつです。通常還元率は0.5%と低めですが、ポイント付与条件としてリボ払いに登録することでポイント還元率が倍の1%で利用することができます。

【Apple Pay】iD搭載おすすめクレジットカード~三井住友VISAデビュープラスカード~

「三井住友VISAデビュープラスカード」は、申込資格対象年齢を25歳以下に限定する若者向けのカードです。更新時にはプライムゴールドに自動ランクアップできますので、将来上級カードを持ちたいと考えている人にもおすすめです。

三井住友のゴールドカードの審査は若干厳しい面がある為、新規にゴールドカードに申し込むよりも簡単に手に入れることができます。では「三井住友VISAデビュープラスカード」のメリットやポイント付与条件などを見ていきましょう。

年会費

三井住友VISAデビュープラスカード

「三井住友VISAデビュープラスカード」は初年度の年会費は無料で、次年度1,250円(税別)がかかりますが1回以上の利用で無料となります。

還元率

「三井住友VISAデビュープラスカード」は実質年会費無料でありながら、ポイント還元率は通常の三井住友カードの2倍の1%に設定されています。このカードなら年に1度でも利用すれば年会費は無料になりますし、ポイントは通常の2倍と高還元です。

申込資格

「三井住友VISAデビュープラスカード」の申込資格は満18歳(高校生は除く)から満25歳で安定した収入のある人です。

ポイント付与条件

「三井住友VISAデビュープラスカード」の最も大きなメリットとしては、通常還元率が他の三井住友カードのカードラインナップの2倍の1.0%還元であることと言えます。

それだけではなく、ポイント付与条件として入会から3か月間は5倍の2.5%の還元を受けることができるお得なカード構成となっています。また「ポイントUPモール」経由でポイント最大20倍となり、「ココイコ!」利用でポイント最大18倍となります。

また満26歳のカード更新時に「プライムゴールドカード」へ自動グレードアップされ、その更新時に200ポイントプレゼントされる点もかなりお得です。

合わせて読みたい!Apple Payに関する記事一覧

ThumbApple Pay(アップルペイ)とは?特徴/メリットを詳しく解説!
Apple Pay(アップルペイ)とは何か解説しています。Apple Pay(アップルペイ)...
Thumb【au WALLET】Apple Payでの使い方!使えないときの対処法も解説!
au WALLETクレジットカードをApple Payに登録して使い方をすると便利です。そこ...
Thumb【Apple Pay】dカード プリペイドは利用可能?使い方/設定方法は?
Apple Payは、Apple製のデバイスの標準アプリ「Wallet」にクレジットカードや...
ThumbApple Payでデビットカードを設定する方法と使い方!
Apple Payで銀行系のデビットカード使うことができるのです。そんなApple Payで...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
usagifwfw
インステ