【Amazon】宅配ボックスの設置メリット!仕組み/使い方も解説!

本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

【Amazon】宅配ボックスの設置メリット!仕組み/使い方も解説!のイメージ

目次

  1. 1【Amazon】宅配ボックスとは
  2. 2【Amazon】宅配ボックスを設置するメリット
  3. 3【Amazon】宅配ボックスの仕組み
  4. 4【Amazon】宅配ボックスの使い方
  5. 5【Amazon】宅配ボックスの条件
  6. 6【Amazon】宅配ボックスの注意点

【Amazon】宅配ボックスとは

【Amazon】宅配ボックスとは

Amazonの宅配ボックスとは何か知っていますか。大きく分けて3つに分類されます。それでは、以下で詳しく解説していきます。
 

  • 宅配業者が入れる箱
  • 郵便ポスト付近に設置
  • 買える場所が多い

また本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。

最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

宅配業者が入れる箱

Amazonの宅配ボックスとは、宅配業者が入れる箱のことを指します。以下でさらに解説します。

印鑑と鍵もセット

Amazonの宅配ボックスは宅配業者が入れる箱だけを指すのではなく、印鑑と鍵もセットになった箱を指します。

Amazonの宅配ボックスにおける特徴

Amazonの宅配ボックスにおける特徴は以下のとおりです。
 

  • 昼間の荷物が受け取りが困難な人やインターネットショッピングの利用する人に便利
  • 電気不要のメカ式のプッシュボタン錠前で手軽に設置可能。ランニングコストも掛からない
  • 雨水が浸入しても荷物が濡れにくい構造

郵便ポスト付近に設置

また、Amazonの宅配ボックスは郵便ポスト付近に設置されます。どのような地域でAmazonの宅配ボックスは設置されているのでしょうか。

集合住宅に多い

Amazonの宅配ボックスは設置されているのは、主に集合住宅だと言われています。要するに、集合住宅の郵便ポスト付近にAmazonの宅配ボックスが設置されているのです。

買える場所が多い

そして、Amazonの宅配ボックスは買える場所が多いことでも有名です。なお本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。

また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

家電量販店などでも販売

Amazonの宅配ボックスは、家電量販店でも販売しているので、インターネット通販に抵抗がある人におすすめですね。

Amazonでも購入可能

Amazonでも購入可能

また、Amazonの宅配ボックスはAmazonでも購入可能です。

Amazon.co.jp: 宅配ボックス特集
Thumb【Amazon】デリバリープロバイダの再配達依頼方法!
Amazonのデリバリープロバイダは再配達が可能です。デリバリープロバイダは置き配もできるの...

【Amazon】宅配ボックスを設置するメリット

続いてはAmazonの宅配ボックスを設置するメリットを紹介します。以下の4つがAmazonの宅配ボックスを設置するメリットです。
 

  • 不在時でも宅配可能
  • 家で待機する必要無し
  • 再配達の手間が省ける
  • 防犯面の確保

そして本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しています。

不在時でも宅配可能

1つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスを設置するメリットは、「不在時でも宅配可能」であることです。家にいる必要がないので安心してAmazonで買い物できますね。

家で待機する必要無し

2つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスを設置するメリットは、「家で待機する必要無し」ということです。

時間を自由に使える

Amazonの宅配ボックスを設置するメリットはである、家で待機する必要無しということは、時間を自由に使えるということです。配達日に出掛けていても問題ありませんね。

再配達の手間が省ける

3つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスを設置するメリットは、「再配達の手間が省ける」ことです。もしも出掛けている際に商品が届いてしまったら、再配達しなければなりません。

しかしながら、Amazonの宅配ボックスを設置すれば、そのような必要はありませんね。

宅配業者の負担も減る

Amazonの宅配ボックスを設置するメリットである、再配達の手間が省ければ宅配業者の負担も減るので、お互いにメリットです。

防犯面の確保

4つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスを設置するメリットは、「防犯面の確保」です。

玄関を開けなくて済む

Amazonの宅配ボックスを設置するメリットである、防犯面の確保とは玄関を開けなくて済むということ。つまり、玄関先で会うことがないので危険な目に遭う確率がなくなります。

Thumb【Amazon】置き配のやり方!リスクも解説!
Amazonでは置き配という配達方法があります。これは配達先の住人が在宅か不在かは関係なく指...

【Amazon】宅配ボックスの仕組み

次は【Amazon】宅配ボックスの仕組みを紹介していきます。本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。

また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

宅配ボックスの仕組みは2通り

Amazonの宅配ボックスの仕組みは2通りあります。以下の2つです。
 

  • オフラインの宅配ボックス
  • オンラインの宅配ボックス

オフラインの宅配ボックス

1つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスの仕組みは、「オフラインの宅配ボックス」です。オフラインの宅配ボックスとは以下のようなシステムです。
 

  • 暗証番号を業者が設定
  • 暗証番号で開錠
  • ダイヤル式が多い

暗証番号を業者が設定

1つ目に紹介するオフラインの宅配ボックスのシステムは、「暗証番号を業者が設定」です。

暗証番号で開錠

2つ目に紹介するオフラインの宅配ボックスのシステムは、「暗証番号で開錠」です。

ダイヤル式が多い

3つ目に紹介するオフラインの宅配ボックスのシステムは、「ダイヤル式が多い」ことです。

オンラインの宅配ボックス

2つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスの仕組みは、「オンラインの宅配ボックス」です。オンラインの宅配ボックスとは以下のようなシステムです。
 

  • 管理会社の制御
  • 電話サポートあり
  • 音声案内が多い
  • カードキーで開錠

管理会社の制御

1つ目に紹介するオンラインの宅配ボックスのシステムは、「管理会社の制御」です。

電話サポートあり

2つ目に紹介するオンラインの宅配ボックスのシステムは、「電話サポートあり」です。

音声案内が多い

3つ目に紹介するオンラインの宅配ボックスのシステムは、「音声案内が多い」ことです。

カードキーで開錠

4つ目に紹介するオンラインの宅配ボックスのシステムは、「カードキーで開錠」できることです。

Thumb「Amazonアソシエイト」の審査に通らないときの対処法!
本記事では、Amazonアソシエイトの審査に通らないときの対処法を中止に紹介します。そして、...

【Amazon】宅配ボックスの使い方

Amazonの宅配ボックスの使い方を紹介していきます。3つに大きく分けて見ていきましょう。
 

  • 宅配の受け入れ
  • 宅配の受け取り
  • ボックスから発送

なお本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しています。

宅配の受け入れ

1つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスの使い方は、「宅配の受け入れ」です。

事前に空けて準備

宅配の受け入れでは、まず事前に空けて準備していきます。

使用方法に従い入れる

事前に空けて準備した後には、使用方法に従い入れていきましょう。

施錠する

そして、使用方法に従い入れましたら施錠して完了です。

宅配の受け取り

2つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスの使い方は、「宅配の受け取り」です。

不在票の暗証番号で取り出す

宅配の受け取りでは、まず不在票の暗証番号で取り出してください。

カードキーで取り出す

不在票の暗証番号で取り出したら、カードキーで取り出していきましょう。

ボックスから発送

3つ目に紹介するAmazonの宅配ボックスの使い方は、「ボックスから発送」です。使い方の流れは以下のとおりです。
 

  • 事前に宅配サイトで会員登録
  • 送り状を貼り付ける
  • 宅配ボックスに入れる
  • ネットから発送依頼
  • 支払いはクレジットカード

事前に宅配サイトで会員登録

ボックスから発送する際に、まずは事前に宅配サイトで会員登録してください。

送り状を貼り付ける

事前に宅配サイトで会員登録しましたら、送り状を貼り付けましょう。

宅配ボックスに入れる

送り状を貼り付けが終わったら、宅配ボックスに入れます。

ネットから発送依頼

宅配ボックスに入れたら、インターネットから発送依頼をしてください。

支払いはクレジットカード

インターネットから発送依頼した後に、支払いはクレジットカードで行いましょう。

Thumb「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」を比較!稼げるのは?
アフィリエイトには代表的なものにAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトがあります。はた...

【Amazon】宅配ボックスの条件

ここでは【Amazon】宅配ボックスの条件を紹介していきます。以下ではAmazonでボックスへの配達条件と事前準備について見ていきます。

本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。

最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

Amazonでボックスへの配達条件

Amazonでボックスへの配達条件は以下の3つです。
 

  • 施錠できる状態にする
  • 業者が押印できる状態にする
  • 入れるよう指定する

施錠できる状態にする

1つ目に紹介するAmazonでボックスへの配達条件は、「施錠できる状態にする」ことです。

業者が押印できる状態にする

2つ目に紹介するAmazonでボックスへの配達条件は、「業者が押印できる状態にする」ことです。

入れるよう指定する

3つ目に紹介するAmazonでボックスへの配達条件は、「入れるよう指定する」ことです。

事前準備

Amazonでボックスへの配達条件における事前準備の流れは以下のとおりです。
 

  • ボックス内に鍵と印鑑
  • 目立つように入れる
  • 合鍵は自身で所持
  • 盗難防止を確認
  • ボックスに名前を書く
  • 住所入力欄に入力
  • 「不在時宅配ボックス希望」の一文
  • 目立つ所にメッセージを出す

ボックス内に鍵と印鑑

まずはボックス内に鍵と印鑑を入れておきましょう。

目立つように入れる

ボックス内に鍵と印鑑を入れますが、その際気をつけることは目立つように入れることです。

合鍵は自身で所持

ボックス内に鍵と印鑑を目立つように入れたら、合鍵は自身で所持しておいてください。

盗難防止を確認

合鍵は自身で所持した後に、盗難防止を確認しましょう。

ボックスに名前を書く

盗難防止を確認したら、ボックスに名前を書いてください。

住所入力欄に入力

ボックスに名前を書き終えたら、次に住所入力欄に入力します。

「不在時宅配ボックス希望」の一文

住所入力欄に入力し、続いて「不在時宅配ボックス希望」の一文を書きます。

目立つ所にメッセージを出す

「不在時宅配ボックス希望」の一文を書きましたら、最後に目立つ所にメッセージを出して完了です。

Thumb【Amazonカスタマーセンター】電話で問い合わせる方法!
Amazonカスタマーセンターは知っていますか。Amazonカスタマーサービスセンターを電話...

【Amazon】宅配ボックスの注意点

最後には【Amazon】宅配ボックスの注意点をいくつか紹介します。本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。

なお、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

宅配ボックスに配達できない場面

それでは宅配ボックスに配達できない場面を見ていきましょう。

表札がない住居

1つ目に紹介する宅配ボックスに配達できない場面は、「表札がない住居」です。

鍵や印鑑が無い

2つ目に紹介する宅配ボックスに配達できない場面は、「鍵や印鑑が無い」ことです。

荷物が入らない

3つ目に紹介する宅配ボックスに配達できない場面は、「荷物が入らない」時です。

ボックスの蓋が閉まらない

4つ目に紹介する宅配ボックスに配達できない場面は、「ボックスの蓋が閉まらない」時です。

宅配物が既に入っている

5つ目に紹介する宅配ボックスに配達できない場面は、「宅配物が既に入っている」時です。

手渡しのみ可能な配達物

6つ目に紹介する宅配ボックスに配達できない場面は、「手渡しのみ可能な配達物」の時です。

場所の確保が必要

Amazonにおける宅配ボックスの注意点として、場所の確保が必要ですね。

届いたか気づき難い

なお、Amazonにおける宅配ボックスの注意点として、届いたか気づき難いこともあるでしょう。

配達員の施錠忘れ

そして、Amazonにおける宅配ボックスの注意点として、配達員の施錠忘れもあるかもしれません。

まとめ

今回の記事では【Amazon】宅配ボックスの設置メリット!仕組み/使い方も解説!というテーマで執筆しました。

本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介しています。また、宅配ボックスを買える場所が多いことや事前準備についても解説します。

最後にはAmazonの宅配ボックスの注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Thumb【Amazon】デリバリープロバイダの再配達依頼方法!
Amazonのデリバリープロバイダは再配達が可能です。デリバリープロバイダは置き配もできるの...
Thumb【Amazon】置き配のやり方!リスクも解説!
Amazonでは置き配という配達方法があります。これは配達先の住人が在宅か不在かは関係なく指...
ThumbAmazonプライムフォトの写真を共有する方法をくわしく解説!
Amazonプライムフォトの写真を共有する方法を知っていますか?ここではAmazon Pho...
Thumb「Amazonアソシエイト」の審査に通らないときの対処法!
本記事では、Amazonアソシエイトの審査に通らないときの対処法を中止に紹介します。そして、...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
あらこう
フリーランスでwebライターをしています。筋トレと散歩が日課です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ