「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」を比較!稼げるのは?

アフィリエイトには代表的なものにAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトがあります。はたしてどちらでアフィリエイトしたら稼げるのか?今回はAmazonアソシエイトと楽天アフィリエイトの概要含め様々な点から稼ぐポイントについて触れていきます。

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」を比較!稼げるのは?のイメージ

目次

  1. 1「Amazonアソシエイト」の概要
  2. 特徴
  3. 2「楽天アフィリエイト」の概要
  4. 特徴
  5. 3「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いを比較〜料率〜
  6. 「Amazonアソシエイト」の紹介料率
  7. 「楽天アフィリエイト」の紹介料率
  8. 4「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いを比較〜メリット〜
  9. 「Amazonアソシエイト」を使うメリット
  10. 「楽天アフィリエイト」を使うメリット
  11. 5「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いを比較〜デメリット〜
  12. 「Amazonアソシエイト」を使うデメリット
  13. 「楽天アフィリエイト」を使うデメリット
  14. 6「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」が稼げる理由
  15. 稼げるポイント
  16. 7「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」どっちが稼げるのか
  17. 料率の高い「Amazonアソシエイト」が稼ぎやすい
  18. 両方使うのがおすすめ
  19. 合わせて読みたい!Amazonと楽天に関する記事一覧!

「Amazonアソシエイト」の概要

Amazonアソシエイト

アフィリエイトの代表的なサービスにAmazonアソシエイトがあります。「Amazonアソシエイト」とはいったいどのようなサービスなのでしょうか?

今回は、Amazonアソシエイトの特徴だけでなく、商品の紹介率や現金化の流れ、受け取り方、審査などについて触れていきます。

特徴

様々な商品でアフィリエイト可能

まずはAmazonアソシエイトの特徴についてチェックしていきましょう。Amazonアソシエイトとは、Amazonが運営する物販系アフィリエイトサービスです。

Amazonが運営する物販系アフィリエイトサービス

Amazonアソシエイトは誰無料で簡単に始めることが可能なサービスとなっています。アカウントの作成は無料でとなっていて、アカウント作成後は自身のウェブサイトやアプリへ商品のリンク設定が可能です。

設置したリンクから商品が購入されると、商品購入に対する紹介料をもらうことができるというシステムになっています。Amazonアソシエイトではリンクの作成ツールが予め用意されている為、商品リンク作成に無駄な時間を使うことはありません。

1億以上の商品の中から自分の好きな商品を選択してリンクを張り付ける(紹介)ことができます。自由に稼げる副業として代表的なサービスですね。

ちなみに紹介料の最大利率は10%となっています。また、同時購入された商品も成果対象となる為、上手くいけば利益も高まるので成果に対する期待も大きくなります。

始めるには審査が必要

そんな魅力あるAmazonアソシエイトですが、始めるには審査が必要となっています。審査が受からないことにはAmazonアソシエイトでアフィリエイトすることはできないので注意しておきましょう。

Amazonアソシエイト(アフィリエイト)プログラムに参加しよう!

「楽天アフィリエイト」の概要

楽天アフィリエイト

アフィリエイトの代表的なサービスとしては「楽天アフィリエイト」というサービスもあります。今回は「楽天アフィリエイト」の概要についても触れていきたいと思います。

特徴

商品多数

「楽天アフィリエイト」とは、楽天が運営する物販系アフィリエイトサービスです。Amazonアソシエイト同様商品が多く存在します。

紹介する商品はジャンルから簡単に探すことができるのも特徴の一つです。

楽天が運営する物販系アフィリエイトサービス

商品の紹介方法は「アフィリエイトバナーやリンク作成ツール、楽天モーションウィジェット、メールやSNSでの紹介など、様々な形で行うことができます。

「楽天アフィリエイト」の公式サイトにはアフィリエイトの成功事例なども紹介されており、過去の成功事例をもとにどのようにアフィリエイトしていくかを検討していくこともできます。

審査不要で始められる

なお楽天アフィリエイトは審査不要で始められることも特徴となっています。登録するだけで誰でも楽天で用意された商品のアフィリエイトができるので、手軽さが売りにもなっているわけです。

楽天アフィリエイト自体はとても簡単で、じっさいに収益を得るには商品リンクをブログに張り付け、そのリンクから商品購入があれば収益が発生するという流れになっています。

商品リンク自体はリンク作成ツールがあるのでリンクのアドレスをコピペして貼り付けるだけというとても簡単な作業です。

注目商品

リンクの広告タイプも3種類用意されていて、「画像とテキスト」や「画像のみ」「テキストのみ」のどれかから自由に選択することができます。さらにサイズも指定できるので貼り付け場所に合わせて作成可能です。

今回はそんな楽天アフィリエイトやAmazonアソシエイトについてさらにくわしく解説していきます。

アフィリエイトを始めるなら! 楽天アフィリエイト

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いを比較〜料率〜

それではさっそく「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いを料率から比較してみましょう。

「Amazonアソシエイト」の紹介料率

まずは「Amazonアソシエイト」の紹介料率についてです。「Amazonアソシエイト」の紹介率は以下のようになっています。

紹介料率

紹介料率 商品カテゴリー
10% Amazonビデオ(レンタル・購入)、Amazonコイン
8%

Kindle本、 デジタルミュージックダウンロード、Androidアプリ、

食品&飲料、お酒、服、ファッション小物、ジュエリー、シューズ、バッグ、Amazonパントリー対象商品、SaaSストアの対象PCソフト(*2)

5% ドラッグストア・ビューティー用品、コスメ、ペット用品
4.5% Kindleデバイス、 Fireデバイス、Fire TV、 Amazon Echo
4% DIY用品、産業・研究開発用品、ベビー・マタニティ用品、スポーツ&アウトドア用品、ギフト券
3% 本、文房具/オフィス用品、おもちゃ、ホビー、
キッチン用品/食器、インテリア/家具/寝具、生活雑貨、手芸/画材
2% CD、DVD、ブルーレイ、ゲーム/PCソフト(含ダウンロード)、カメラ、PC、
家電(含 キッチン家電、生活家電、理美容家電など)、カー用品・バイク用品、腕時計、楽器
0.5% フィギュア
0% ビデオ、Amazonフレッシュ

※2 対象商品は以下リンクにて記載
対象商品

なお、紹介料の上限については1商品1個の売り上げに1000円(消費税別)となっています。上記商品カテゴリーに含まれない商品に関しては紹介料率は2%です。なお、Amazon Business購入及びプライムワードローブは対象外となります。

上記紹介料率を考慮してアフィリエイトを行う形となります。

クリックされてから24時間有効

ちなみにアフィリエイトで商品を購入される際はクッキーという再訪問有効期間について知っておくとよいでしょう。Amazonアソシエイトではクッキーは24時間と指定されています。

このクッキーの時間内であれば、クリック後すぐに商品購入に至らなくても再訪問したときに再度商品購入することで報酬を得ることができます。

ちなみに過去の楽天アフィリエイトはこのクッキーが30日間に設定されていた為、Amazonアソシエイトと楽天アフィリエイトではかなりの違いがありました。

成果に繋がる余裕を持てるという意味ではAmazonアソシエイトのほうが分が悪かったかもしれませんが、現在楽天アフィリエイトのクッキーは24時間と改定されているようです。

5000円以上で現金化

Amazonアソシエイトの特徴に最低報酬支払金があります。これは、5000円以上で現金化になるという話です。発生した報酬を引き出す為の最低金額が5000円であり、5000未満の場合は振込むことができません。

5000円未満の場合は次の月に持ち越されるのでこの点はAmazonアソシエイトの特徴として理解しておきましょう。

「楽天アフィリエイト」の紹介料率

先ほどまでAmazonアソシエイトについての紹介料率やクッキーについて触れてきましたが、楽天アフィリエイトはAmazonアソシエイトは別の形で紹介料率やクッキーを設定しています。

ですので「楽天アフィリエイト」の紹介料率やクッキーについても触れていきましょう。それぞれの違いを比較することで物販系でどっちが稼げるのかイメージしやすくなると思います。

料率は基本1%

過去、楽天アフィリエイトの紹介料率は基本1%と設定されていました。ただし、現在はこの料率も変更され、2%~8%へと変わっています。Amazonアソシエイトでは最高紹介料率が10%であったのでこの違いは比較するうえで重要な項目となるでしょう。

クリックされてから24時間有効

アフィリエイトで商品を購入される際はクッキーという再訪問有効期間が重要です。楽天アフィリエイトではクリックされてから24時間有効となります。

また、楽天アフィリエイトでは24時間以内にカゴに入れた商品を89日以内に購入完了してもらうことで成約完了となります。この条件に当てはまらない場合はクリックも無効とされるので注意が必要です。

ちなみに、Amazonアソシエイトの場合はカゴに入れた商品が購入完了されるまでの期間に指定はありませんが、カゴから除外された時点で無効となってしまうという特徴もあります。

この特徴の違いは物販系アフィリエイトでどっちが稼げるのか比較する際重要な項目となってくるでしょう。

報酬額によりポイント/キャッシュ/現金で受取り

楽天アフィリエイトの報酬の受け取り方は以下三種となっています。
 

  • ポイント
  • キャッシュ
  • 現金受け取り

まず、楽天アフィリエイトの報酬は通常は楽天スーパーポイントとなっています。ただし、月間3000ポイント以上の報酬があった場合は楽天キャッシュによる受け取りも可能です。

また、月間5000ポイント以上を3ヵ月以上連続で稼いだ場合は現金振込も対応しています。現金へのキャッシュが通常の支払い方法ではないという点を考慮すると、現金が欲しい方にとってはAmazonアソシエイトのほうが分があるかもしれませんね。

この報酬の受け取り方の特徴の違いもどっちの物販系アフィリエイトをやるかという点を考慮するうえで必要となってくるでしょう。

Thumb「Amazon Prime Music」と「Amazon Music Unlimited」の違いを詳しく解説!
「Amazon Prime Music」と「Amazon Music Unlimited」の...

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いを比較〜メリット〜

続いては「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いをメリットから比較していきましょう。

「Amazonアソシエイト」を使うメリット

「Amazonアソシエイト」を使うメリットは以下二つです。
 

  • 紹介料率が高い
  • 現金で受け取れる

一つひとつ確認していきましょう。

紹介料率が高い

前述していますが、「Amazonアソシエイト」は楽天アフィリエイトより紹介料率が高いです。楽天アフィリエイトの紹介料に比べ、「Amazonアソシエイト」は最大10%以上となっています。

金額の差は物販系のアフィリエイトである「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」のどっちを選択するかを検討するにあたり重要な項目となるでしょう。

現金で受け取れる

「Amazonアソシエイト」のメリット二つ目は現金で受け取れるという点です。楽天アフィリエイトでも現金での受け取りは可能ですが、楽天アフィリエイトでの現金受け取りには条件が課せられています。

その条件は初心者にはやや難しいもので、月間5000ポイント以上を3ヵ月以上連続で稼ぐ必要があります。

「Amazonアソシエイト」であれば、発生した報酬を引き出す為の最低金額が5000円以上であれば問題なく引き出せるので、気軽に引き出すことが可能です。

物販系アフィリエイトで「Amazonアソシエイト」か「楽天アフィリエイト」かどっちかで迷っている場合はこの点も意識しておく必要があるでしょう。

「楽天アフィリエイト」を使うメリット

続いては「楽天アフィリエイト」を使うメリットについて触れていきたいと思います。「楽天アフィリエイト」のメリットには、審査が不要であるという点が挙がります。

審査なしですぐに始められる

Amazonアソシエイトでは審査は必須です。その審査自体も厳しいので、最悪審査が通らず時間を無駄にしてしまう可能性もあります。

それに比べ楽天アフィリエイトでは登録さえすれば審査なしですぐに始められるので、作業自体も非常にスムーズに行うことが可能となっています。

特にアフィリエイトに慣れていない場合、作業が一時的にでもストップしてしまうとモチベーションにも影響してきます。

物販系アフィリエイトで「Amazonアソシエイト」か「楽天アフィリエイト」かどっちかで迷っている場合、作業をスムーズにこなしていくことを優先したいなら楽天アフィリエイトを選択するのも一つの手段といえます。

Thumb【ラジオ配信アプリ】「SPOON」は稼げる?稼ぐコツも解説!
SPOONのラジオ配信アプリは、稼げるとあって人気があります。SPOONアプリの仕組みや稼げ...

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いを比較〜デメリット〜

続いては「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」の違いをデメリットから比較していきたいと思います。

「Amazonアソシエイト」を使うデメリット

「Amazonアソシエイト」を使うデメリットには以下二つが挙がってきます。
 

  • 審査が厳しい
  • 最低金額が高い

一つひとつ確認していきましょう。

審査が厳しい

「Amazonアソシエイト」のデメリット一つ目は審査が厳しいという点です。審査を終えることでAmazonでアフィリエイトできるようになるわけですが、この審査に苦戦する方も多数存在します。

Google Adsenseの審査のほうが楽だったという声もあるくらいで、実は筆者もAmazonアソシエイトの審査に時間がかかっていて、「何か問題があるのだろうか」「いったいどうやったら審査が通るのだろう」など悩む時期がありました。

内容のしっかりしたサイトであれば問題なく審査も通ると思いますが、アフィリエイト初心者が作りたてのサイトで申請した場合、中身の無さから審査に落ちてしまうケースがあります。実際審査に落ちると少なからずショックを受けてしまいます。

当然モチベーションも下がってしまうので今後の活動意欲的にはかなりのデメリットとなります。

もし物販系アフィリエイトで「Amazonアソシエイト」か「楽天アフィリエイト」かどっちかで迷っている場合、審査があることを前提としてモチベーションを下げずデメリットにしないよう作業していく必要があるでしょう。

最低換金額が高い

「Amazonアソシエイト」のデメリット二つ目は最低換金額が高いという点です。このデメリットは楽天アフィリエイトに比べやや高く設定してあります。

とはいえこのデメリットはきちんと地道に作業をこなしていくことで自然と突破していくでしょう。5000円というのはアフィリエイターとしての一つの壁として捉え、乗り越える為の目標の一つとして作業していくといいかもしれません。

「楽天アフィリエイト」を使うデメリット

続いては「楽天アフィリエイト」を使うデメリットについてです。

現金で受け取るにはハードルが高い

「楽天アフィリエイト」一つ目のデメリットは現金で受け取るにはハードルが高いという点です。「楽天アフィリエイト」は基本ポイントでの報酬受け取りになります。

現金を受け取る為には月間5000ポイント以上を3ヵ月以上連続で稼ぐ必要があるのですが、「楽天アフィリエイト」の紹介料が1%なので、単純計算で50万円以上の商品成約が必要となります。

この点は初心者のアフィリエイターにはかなり難しい条件です。月間3000ポイント以上の報酬があった場合は楽天キャッシュによる受け取りも可能ですが、それでもかなり厳しい条件です。

アフィリエイトを始めたばかりで楽天アフィリエイトかAmazonアソシエイトどっちを選ぶか検討しているのであれば、最終的にきちんと現金を貰えるようになるAmazonアソシエイトのほうが良いかもしれませんね。

現金で受け取ると手数料と消費税が引かれる

ちなみに楽天アフィリエイトで現金受け取りをした場合、手数料と消費税が引かれることになっています。※換金する金額の10%が手数料として差し引かれ、さらに消費税も引かれてしまいます。

アマゾンであれば、月々の手数料は300円と固定されているので、換金する金額が大きいほどAmazonアソシエイトと差が生まれてきてしまうというわけです。どっちにするか迷っているのであれば、この点も考慮しておくとよいかもしれません。

Thumb「毎日3万円稼げるアプリ」の無料体験に注意!相談118件【消費者庁が注意喚起】
消費者庁は「ゲーム感覚で毎日3万円稼げる」という虚偽の広告で顧客を勧誘し、アプリ入手のために...

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」が稼げる理由

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」が稼げる理由は稼げるポイントにあります。どういうことか確認していきましょう。

稼げるポイント

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」が稼げるポイントとは、他の商品に影響があるという点です。

紹介したものと他の商品が購入されても報酬が発生

紹介したものと他の商品が購入されても報酬が発生するので、アフィリエイトサイトが上質であるほど他の商品への購買意欲も高く、関連商品の成約率が高まります。他サイトではあくまで指定した商品のみであるケースもあるので、この違いは非常に大きいです。

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」どっちが稼げるのか

では結局「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」のどっちが稼げるのか、この点についても触れていきましょう。

料率の高い「Amazonアソシエイト」が稼ぎやすい

結論からいうと、料率の高い「Amazonアソシエイト」が稼ぎやすいです。ただし、これはあくまで「どっちが良いか」という疑問に対する答えであり、最良の選択かどうかというと話は別です。

両方使うのがおすすめ

ではどうすればいいかというと、「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」両方使うのがおすすめということになります。

これはなぜかというと、料率の高さや振込の話だけではありません。例えば、商品を成約してくれるユーザーの中にはAmazonしか利用していないユーザーもいます。逆も当然あるでしょう。

つまり、Amazonだけ利用していた場合、楽天アフィリエイトのユーザーを逃してしまうことになるのです。このようなケースを避けるためには、両方利用しておくことがベストであると云えます。

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」を比較!稼げるのは?~まとめ~

さて、今回は物販系アフィリエイトである「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」を比較!稼げるのはどっちなのか、その疑問について触れてみました。

「Amazonアソシエイト」と「楽天アフィリエイト」にはどちらにも特徴があり、メリット・デメリットが存在します。料率の高さや振込の利便性のみを考慮するとAmazonアソシエイトのほうがアフィリエイト初心者にはいいかもしれません。

ただし、ユーザーは一つのマーケットだけに存在するわけではないので、マーケットを広げておくだけでもアフィリエイトでの収入に違いが出てくると思います。少しでもアフィリエイトによる収益を伸ばしたい場合は、ぜひ両方利用してみてください。

合わせて読みたい!Amazonと楽天に関する記事一覧!

Thumb【Amazonカスタマーセンター】電話で問い合わせる方法!
Amazonカスタマーセンターは知っていますか。Amazonカスタマーサービスセンターを電話...
Thumb楽天ペイの特徴と使い方!チャージ・支払い方法も解説!
楽天ペイはネットショップやオンラインサービスで買い物をする場合に便利です。楽天ペイの使い方や...
Thumb【2019年】「Amazon」の支払い方法と手数料を比較!コンビニ支払いは?
Amazonの支払い方法【2019年】にはコンビニなどがあり、手数料も様々です。コンビニでの...
Thumb【最新版】楽天ペイが使える店舗・お店を一覧で紹介!
楽天ペイの仕組みと使える店舗やサイトの調べ方と最新の楽天ペイが使える有名な店舗とサイト情報に...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
小森 樹
インステ