【Amazon Lightsail/Amazon EC】違いとメリット/デメリットを解説!

皆さんはAmazon EC2とAmazon Lightsailをご存知でしょうか。今回はAmazon EC2とAmazon Lightsailの違いやメリット・デメリットについて詳しくご紹介していきたいと思いますので、マスターしていきましょう。

【Amazon Lightsail/Amazon EC】違いとメリット/デメリットを解説!のイメージ

目次

  1. 1Amazon Lightsailとは
  2. 特徴
  3. 2Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較~利用料金~
  4. Amazon Lightsail
  5. Amazon EC
  6. 3Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較~作業環境~
  7. Amazon Lightsailのコンピューティング環境
  8. Amazon ECのコンピューティング環境
  9. 4Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較~サーバー作成~
  10. サーバー作成~Amazon Lightsail~
  11. サーバー作成~Amazon EC~
  12. 5Amazon Lightsailのメリット/デメリット
  13. メリット
  14. デメリット
  15. 6Amazon Lightsailが向いている人
  16. 小規模で運営する
  17. 最後に
  18. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Amazon Lightsailとは

Amazon Lightsailの公式サイト

皆さんはAmazon Lightsailというサービスとは何かご存知でしょうか。Amazonとはいえ、なんのサービスが分からない方も多いと思います。今回はAmazon Lightsailとは何かについてまずは説明していきたいと思います。

またAmazon Lightsailとは何かに続き、Amazon EC2とは何かについてもこれから説明していきたいと思いますの、Amazon EC2とはなにか、Amazon Lightsailとは何かをまずはマスターしていきましょう。とはいえそこまで難しいことはないです。

Amazon Lightsail(月額3.5ドル〜の仮想プライベートサーバー:VPS)| AWS

特徴

Amazon Lightsailとは使いやすいクラウドプラットフォームになります。Amazon Lightsailとはアプリケーションやウェブサイトの構築に必要なすべてのものに加えて、コスト効率が良い月額プランを提供してくれるものになります。

Amazon Lightsailとはクラウドに慣れていないお客様でも、信頼している AWS インフラストラクチャを使用してすぐにクラウドにアクセスしようとしている場合も、対応できますのでとても便利なサービスとなっています。

Thumb【Amazon】知らない住所が表示される原因と対処法!
この記事では、Amazonに登録住所とは関係のない知らない住所が表示される原因と対処法につい...

Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較~利用料金~

先ほどはAmazon Lightsailとは何かについて説明していきましたので、ここからはAmazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較していきたいと思います。Amazon LightsailとAmazon EC2はよく比較されますので、要チェックです。

またAmazon LightsailとAmazon EC2の違いの中でも、まずは利用料金について比較して違いをまとめてご紹介していきたいと思いますので、Amazon LightsailとAmazon EC2にどういった違いがあるのか比較していきましょう。

Amazon Lightsail

Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較していきますが、まずは、Amazon Lightsailの月額料金について特徴などを説明していきたいと思います。向いている人もこれで分かるかと思いますので、参考になればいいかなと思います。

Amazon Lightsailはとても使いやすくメリット・デメリットがありますので、自分がAmazon Lightsailが向いている人なのかどうかを利用月額料金からも判断してみてください。

月額固定

Amazon Lightsailの月額料金は月額固定になっているのが特徴になります。月額固定なので、特徴としては月に支払う料金が決まっていることになりますので、とても分かりやすい月額料金となっていますので、おすすめです。

Amazon Lightsailの月額料金は月額 3.50 USD からのプランとなっていますので、とてもリーズナブルとなっていますので、特徴としては、簡易にサービスをリリースしたい方は向いている人かと思います。

Amazon EC

続いて、Amazon EC2について特徴をまとめて行きたいと思います。Amazon LightsailとAmazon EC2はとえもよく比較され、違いを聞かれることがありますので、そういった違いやあるのか、また月額料金はどういった違いがあるのかまとめます。

Amazon EC2はとても人気があるサービスで、クラウドサービスを使っている方であれば知らない人は居ないかと思います。そんなAmazon EC2の月額料金について説明していきたいと思います。

従量制

Amazon EC2は従量課金制になっています。また秒単位の課金では、使用した分のみ支払うようになっています。1 時間のうち未使用の分または秒の料金は課金されないため、時間あたりの使用率を最大に高めることができます。

また特に、不定期に実行されるインスタンスを管理する場合にはメリットがあります。例えば、開発やテスト、データ処理、分析、バッチ処理、ゲームアプリケーションなどに向いているというサービスになります。

Thumb「Amazon EC2」のコストはどれくらい?レンタルサーバーより安い?
Amazon EC2のコストはどれくらいレンタルサーバーより安いのか解説します。また、Ama...

Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較~作業環境~

ここからはAmazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較していきますが、作業環境についてまとめてご紹介していきたいと思います。Amazon EC2とAmazon Lightsailは作業効率が加速するサービスですが、作業環境についてまとめます。

Amazon LightsailとAmazon EC2でどういった違いが作業環境で出てくるのか、説明しづらかったりしますので、ここで詳しく説明していきたいと思います。

Amazon Lightsailのコンピューティング環境

まずは、Amazon Lightsailのコンピューティング環境の特徴や向いている人について説明していきたいと思います。Amazon Lightsailはとても特徴があるサービスで、ターゲティングがとても優れており分かりやすいサービスになっています。

アプリケーションなどを作る時には、とてもおおくのサービスを連携させて作り上げていきますが、Amazon Lightsailを使えばこれ一つで様々なアプリケーションをつくりあげることができますので、とてもおすすめなサービスになります。

他サービスの申し込みが不要

他サービスの申し込みが不要となっているのがAmazon Lightsailの特徴になります。既に必要なサービスがそろっていますので、後はAmazon Lightsailで組み合わせることですぐにサービスをデプロイすることができます。

Amazon Lightsailの特徴として他サービスの申し込みが不要というのがとても大きな特徴となりますので、Amazon Lightsailとはなに聞かれたらこういった他サービスの申し込みが不要という特徴を伝えて貰えればいいかなと思います。

Amazon ECのコンピューティング環境

続いてAmazon ECのコンピューティング環境について比較した違いをまとめてご紹介していきたいと思います。Amazon EC2の作業環境はとても難しいので、ここで説明していきたいと思います。向いている人・サービスがあります。


Amazon ECのコンピューティング環境はとても難しいというのには理由があります。なにもないというのが理由になりますが、用意されているのではなく、こちらが好きなものを組み合わせて用意する必要があります。

他サービスの申し込みが必要

Amazon EC2は他サービスの申し込みが必要になります。自分のサービスに必要なものを自分で用意する必要がありますので、少し難しいですが、大規模なサービスにも対応することができますので、とてもおすすめになります。

実際に、Amazon EC2のサービスを使っている企業はとても多く、実際にAmazon EC2のページを見てもらえると、どれだけ愛用されているものが分かるかと思いますので、自分で用意したいひとは向いている人かと思います。

Thumb【Amazon】「AWS EC2」とは?使うときの注意点も解説!
本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うとき...

Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較~サーバー作成~

Amazon LightsailとAmazon EC2の違いを比較していますが、これからはサーバー作成について比較して違いをまとめてご紹介していきたいと思いますので、どういった違いがあるのかここでマスターしていきましょう。

サーバー作成の違いを比較していくと自分がどっちが向いている人なのかが分かるようになっていますので、メリット・デメリットを自分の中でかみ砕いてみてください。ではAmazon LightsailとAmazon EC2を比較していきます。

サーバー作成~Amazon Lightsail~

Amazon Lightsailのサーバー作成についてまとめていきます。メンドクサイ人はAmazon Lightsailが向いている人になるかと思います。Amazon Lightsailのサーバー作成はとても簡単に作成することができますので、初めての人でも大丈夫です。

サーバー作成するのは実施はとても大変で、いろいろと環境設定をしなければならないですが、Amazon Lightsailを使うことでとても簡単にサーバー作成をすることができますので、サクッと作りたい方はAmazon Lightsailが向いている人です。

設定箇所が少ない

Amazon Lightsailの特徴としては、サーバを作成するときに設定箇所が少ないという特徴があります。Amazon Lightsailは複雑な設定を省いてある程度自動で設定してくれるとても便利なサービスになります。

なので、小規模からサービスを展開していきたいというかたであれば、こういたAmazon Lightsailを使ってもらえるとすぐにサービスを展開することができますので、まずはAmazon Lightsailで始めることがおすすめです。

サーバー作成~Amazon EC~

続いてAmazon EC2のサーバー作成についてまとめてご紹介していきたいと思います。Amazon Lightsailと比較して使ってもらえると分かりやすいのですが、Amazon EC2はAmazon Lightsailと比較してとても難しいです。

設定箇所が多い

Amazon EC2のサーバー作成するときに気付く方も多いかと思いますが、設定箇所が多いということが特徴として挙げられます。これはデメリットになりメリットにもなりますが、詳細の設定をすることができるという面もあります。

なので、Amazon Lightsailと比べて設定箇所がおおいので、細かい設定をすることができますが、少し手間が増えてしまうということがありますので、細かい設定を行いたい方はAmazon EC2を使ってみてください。

Amazon Lightsailのメリット/デメリット

ここからはAmazon Lightsailのメリット/デメリットについて詳しくまとめてご紹介していきたいと思います。Amazon Lightsailのメリット・デメリットを把握することで、自分が向いている人なのか向いていいないのかを判断することができます。

ここでAmazon Lightsailのメリット・デメリットをいくつかご紹介していきますので、Amazon LightsailかAmazon EC2かで迷った時はここを参考にして貰えるといいかと思います。

メリット

Amazon Lightsailのメリットとしては、設定箇所や少ないことがメリットになります。また月額料金が定額で契約することができますので、とても計算しやすく、小規模でサービスを作り始めたいという方にはとてもおすすめです。

デメリット

ここかはAmazon Lightsailのデメリットについてまとめてご紹介していきたいと思います。デメリットがいくつかありますので、デメリットについてここでご紹介してまとめていきたいと思います。Amazon Lightsailのデメリットについてです。

Amazon Lightsailのデメリットは小規模のサービスにしか適していないということが挙げられます。どうしてもサービスが大きくなってくると障害が出てきてしまうので、サービスを拡張していく方はAmazon EC2を選択しましょう。

Amazon Lightsailが向いている人

ここではAmazon Lightsailが向いている人とはどういった人なのかについてまとめてご紹介していきたいと思います。Amazon Lightsailが向いている人はある程度絞られてきますので、自分がAmazon Lightsailが向いている人なのか確かめてください。

小規模で運営する

Amazon Lightsailが向いている人は小規模で運営するという方には向いています。なので、Amazon Lightsailが向いていない人は、大規模でサービスを展開している人には向いていないことになりますので、これを基準にしてみてください。

最後に

今回は【Amazon Lightsail/Amazon EC】違いとメリット/デメリットを解説!をまとめてご紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。Amazon LightsailかAmazon EC2で迷っているならここを参考にしてみてうださい。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Thumb【Amazon】知らない住所が表示される原因と対処法!
この記事では、Amazonに登録住所とは関係のない知らない住所が表示される原因と対処法につい...
Thumb「Amazon」で合計金額が2000円以下でも送料無料になる裏技!
今回は、「Amazon」で合計金額が2000円以下でも送料無料になる裏技を紹介します。今回紹...
Thumb「Amazonポイント」がたまらない/つかない理由を解説!
AmazonとはAmazonで買い物をするとたまるポイントを指します。そんなAmazonポイ...
Thumb【迷惑メール】「Amazonアカウントを利用制限しています」の対処法!
今回は、「Amazonアカウントを利用制限しています」という危険性の高いメールに対する対処法...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
Shige0352
よろしくお願いいたします。
インステ