【Amazon】「AWS EC2」とは?使うときの注意点も解説!

本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うときの注意点なども紹介しています。AmazonにおけるAWS EC2の紹介では、AWSが提供する仮想サーバーのサービスで、様々なOSに対応していることを挙げています。

【Amazon】「AWS EC2」とは?使うときの注意点も解説!のイメージ

目次

  1. 1【Amazon】 「AWS EC2」とは?
  2. AWSが提供する仮想サーバー
  3. 様々なOSに対応
  4. EC2の特徴
  5. 2【Amazon】 「AWS EC2」のメリット
  6. サーバーをすぐに使うことができる
  7. 場所/ロケーション
  8. サーバーの環境をコピーできる
  9. 冗長化が簡単
  10. スペック変更やサーバ台数の増減が容易
  11. 3【Amazon】 「AWS EC2」のセキュリティ
  12. セキュリティグループ
  13. 鍵認証
  14. EC2のSLA
  15. 4【Amazon】 「AWS EC2」の料金
  16. オンデマンドインスタンス
  17. リザーブドインスタンス
  18. スポットインスタンス
  19. 5【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点
  20. ストレージやバックアップは別に用意する
  21. EC2だけでは機能に制限がある
  22. セキュリティは各自で設定する
  23. コストが変動する
  24. 支払いはカード決済のみ
  25. まとめ
  26. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

【Amazon】 「AWS EC2」とは?

【Amazon】 「AWS EC2」とは何か知っていますか。まずは【Amazon】 「AWS EC2」とは何か解説していきます。

本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うときの注意点なども紹介しています。

AmazonにおけるAWS EC2の紹介では、AWSが提供する仮想サーバーのサービスで、様々なOSに対応していることを挙げています。また、EC2の特徴やAWS EC2のセキュリティなども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Amazon EC2(安全でスケーラブルなクラウド上の仮想サーバー)| AWS

AWSが提供する仮想サーバー

【Amazon】 「AWS EC2」とは、AWSが提供する仮想サーバーのことを指します。

様々なOSに対応

また、【Amazon】 「AWS EC2」は様々なOSに対応しています。

EC2の特徴

Amazon EC2は、インスタンスという単位で仮想マシン(仮想サーバー)を利用していることが特徴です。インスタンスにはいくつもの種類やサイズがあるので用途に合わせて変更できます。

なお、ストレージやセキュリティなどの機能を追加する場合には、多くの場合AWSの他のサービスと組み合わせて使用可能です。

Thumb「Amazon」の注文商品が予定日に届かないときの対処法!
今回は、「Amazon」の注文商品が予定日に届かないときの対処法を紹介します。遅延を防ぐ対策...

【Amazon】 「AWS EC2」のメリット

【Amazon】 「AWS EC2」のメリットは以下の5つになります。
 

  • サーバーをすぐに使うことができる
  • 場所/ロケーション
  • サーバーの環境をコピーできる
  • 冗長化が簡単
  • スペック変更やサーバ台数の増減が容易

なお本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うときの注意点なども紹介しています。

そして、AmazonにおけるAWS EC2の紹介では、AWSが提供する仮想サーバーのサービスで、様々なOSに対応していることを挙げています。また、EC2の特徴やAWS EC2のセキュリティなども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

サーバーをすぐに使うことができる

1つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のメリットは、「サーバーをすぐに使うことができる」ことです。

場所/ロケーション

2つ目に紹介するつ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のメリットは、「場所/ロケーション」です。

サーバーの環境をコピーできる

3つ目に紹介するつ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のメリットは、「サーバーの環境をコピーできる」ことです。

冗長化が簡単

4つ目に紹介するつ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のメリットは、「冗長化が簡単」であることです。

スペック変更やサーバ台数の増減が容易

5つ目に紹介するつ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のメリットは、「スペック変更やサーバ台数の増減が容易」であることです。

Thumb「Amazon」の商品を受け取り拒否する方法!ペナルティ/返金は?
Amazonでは、商品の受け取りを拒否する方法があります。しかし、全ての商品を自由に受け取り...

【Amazon】 「AWS EC2」のセキュリティ

【Amazon】 「AWS EC2」のセキュリティは以下の3つです。本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うときの注意点なども紹介しています。

AmazonにおけるAWS EC2の紹介では、AWSが提供する仮想サーバーのサービスで、様々なOSに対応していることを挙げています。また、EC2の特徴やAWS EC2のセキュリティなども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
 

  • セキュリティグループ
  • 鍵認証
  • EC2のSLA

セキュリティグループ

1つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のセキュリティは、「セキュリティグループ」です。

鍵認証

2つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のセキュリティは、「鍵認証」です。

EC2のSLA

3つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」のセキュリティは、「EC2のSLA」です。

ThumbAmazonの「通常配送」と「お急ぎ便」はどれくらい違うのか解説!
Amazonには2つの配送方法があり、通常配送とお急ぎ便があります。それぞれの特徴の紹介と、...

【Amazon】 「AWS EC2」の料金

次は【Amazon】 「AWS EC2」の料金について見ていきましょう。本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うときの注意点なども紹介しています。

また、AmazonにおけるAWS EC2の紹介では、AWSが提供する仮想サーバーのサービスで、様々なOSに対応していることを挙げています。そして、EC2の特徴やAWS EC2のセキュリティなども解説しているので、ぜひ参考にしてみましょう。

オンデマンドインスタンス

オンデマンドインスタンスは、標準の課金体系になります。使用した分だけ秒単位で料金がかかります。初めてAmazon EC2を使うユーザー、もしくは利用量が柔軟に変化するユーザー向けですね。

リザーブドインスタンス

リザーブドインスタンスは、年単位の契約になります。したがって、オンデマンドインスタンスより割安です。定期的に一定量を利用するユーザー向けになります。

スポットインスタンス

スポットインスタンスは、使われていないインスタンスを落札して利用します。スポットインスタンスは割安ですが、インスタンスのスポット価格が入札価格を超えたら停止するリスクがあるでしょう。

「AWS EC2」の料金体系

なお、すべての料金体系に対してデータ転送料金が必要になりmす。Amazon EC2からのデータ送信量に従って料金が加算されますが、データ受信は無料です。

また、Amazon EC2には、1年間の無料枠(750時間/月)があります。1年間無料で使い方をいろいろ試すことができる上に、適切な量を見積もることもできます。したがって、まずは無料枠を利用することがおすすめですね。

Thumb【Amazon返品】返品受付IDが表示されないときの対処法!
今回は、Amazonの返品時に返品受付IDが表示されないときの対処法を解説します。Amazo...

【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点

最後には【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点をいくつか紹介していきましょう。なお、以下の5つになります。
 

  • ストレージやバックアップは別に用意する
  • EC2だけでは機能に制限がある
  • セキュリティは各自で設定する
  • コストが変動する
  • 支払いはカード決済のみ

なお、本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うときの注意点なども紹介しています。

それから、AmazonにおけるAWS EC2の紹介では、AWSが提供する仮想サーバーのサービスで、様々なOSに対応していることを挙げています。また、EC2の特徴やAWS EC2のセキュリティなども解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ストレージやバックアップは別に用意する

1つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点は、「ストレージやバックアップは別に用意する」ことです。

EC2だけでは機能に制限がある

2つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点は、「EC2だけでは機能に制限がある」ことです。

セキュリティは各自で設定する

3つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点は、「セキュリティは各自で設定する」ことです。

コストが変動する

4つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点は、「コストが変動する」ことです。

支払いはカード決済のみ

5つ目に紹介する【Amazon】 「AWS EC2」利用時の注意点は、「支払いはカード決済のみ」です。

まとめ

今回の記事では、【Amazon】「AWS EC2」とは?使うときの注意点も解説!というテーマで執筆しました。まずはAmazonにおけるAWS EC2とは何か解説し、AmazonにおけるAWS EC2のメリットなどを解説してきました。

また、AmazonにおけるAWS EC2のセキュリティや料金についてもお伝えしています。最後には、AmazonにおけるAWS EC2利用時の注意点も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

本記事では、AmazonにおけるAWS EC2とはどんなサービスなのか紹介してから、使うときの注意点なども紹介しています。AmazonにおけるAWS EC2の紹介では、AWSが提供する仮想サーバーのサービスで、様々なOSに対応していることを挙げています。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

ThumbAmazonパントリーとは?使い方をくわしく解説!
皆さんはAmazonパントリーとはどういったものかというのをご存知ですか?Amazonパント...
Thumb「Amazon Vine」メンバーはタダで商品がもらえる?目指すには?
本記事では、Amazon Vineのメンバーとは何か紹介します。Amazonの新商品がタダで...
ThumbAmazonの不具合商品を「返品/交換」する方法!
今回の記事では、アマゾン(Amazon)の不具合商品を返品または交換する方法について解説しま...
Thumb【Amazon返品】返送先住所についてくわしく解説!
今回は、Amazon商品を返品する際に必要になる「返送先住所」を確認する方法を解説します。A...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
あらこう
フリーランスでwebライターをしています。筋トレと散歩が日課です。
インステ