Amazonアカウントを複数作成する裏技を紹介!

Amazonにおいてアカウントは原則1つと定められています。しかし、実際にはAmazonアカウントを複数作成することは可能です。あくまで裏技ですが、今回はAmazonアカウントを複数作成する裏技について触れていきたいと思います。

Amazonアカウントを複数作成する裏技を紹介!のイメージ

目次

  1. 1Amazonアカウントの複数作成がバレるとどうなる?
  2. Amazonアカウントの停止
  3. 2Amazonアカウントの複数作成がバレる原因
  4. 記載情報
  5. 特殊情報
  6. 3Amazonアカウント複数作成の裏技~記載情報~
  7. 別個の個人情報を記入
  8. 4Amazonアカウント複数作成の裏技~特殊情報~
  9. デスクトップクラウドを利用
  10. 5Amazonアカウント複数作成を裏技で実行するメリット
  11. Amazonアカウント停止を回避
  12. 低コスト
  13. 時短
  14. 6Amazonアカウント複数作成を裏技以外で実行するデメリット
  15. PCと通信環境を複数用意
  16. Amazonアカウントを複数作成する裏技を紹介!~まとめ~
  17. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧!

Amazonアカウントの複数作成がバレるとどうなる?

Amazon

Amazonでは、Amazonアカウントの複数作成は認められていません。今回は、Amazonアカウントを複数作成した場合どうなるか、という点から確認していきましょう。

Amazonアカウントの停止

アカウント停止の可能性

結論からいうと、Amazonアカウントを複数作成したことがAmazonにバレてしまった場合、Amazonアカウントの停止処分を受けることになります。Amazonアカウントが停止されてしまうので、以下のようなデメリットが発生することになります。
 

  • 売上金ストップ
  • 出品/販売ができない

順に確認していきましょう。

売上金ストップ

Amazonアカウントの停止処分を受けると、当然ですがAmazonアカウントが利用できないので売上金はストップされます。Amazonアカウントで利益を得ている業者の場合、これはとても重要なデメリットといえるでしょう。

出品/販売ができない

Amazonアカウントの停止処分を受けた場合、売上金がストップされるだけでなく出品や販売ができないという状態になります。本来出来るはずののAmazonアカウント操作ができないのでかなり歯がゆい思いをすることになるでしょう。

この点も売り上げに繋がるので重要なデメリットとなります。Amazonアカウントで商品販売・出品することで利益を得ている場合複数アカウント作成によるデメリットはかなり大きいです。

しかし、実はAmazonアカウントについては複数作成する裏技があります。今回は、なぜAmazonアカウントの複数作成がバレてしまうのか、その理由を確認していきます。

そこからAmazonアカウントを複数作成する為の裏技を記載情報や特殊情報から解説していきます。最後にAmazonアカウントを裏技で作成することのメリットやデメリットについても解説していきます。

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

Amazonアカウントの複数作成がバレる原因

それではまずAmazonアカウントの複数作成がバレる原因について確認していきましょう。Amazonアカウントの複数作成がバレる原因としては、大きく分けて二種類の情報が挙げられます。

記載情報と特殊情報についでです。この二種類の情報について確認していきましょう。

記載情報

記載情報とはいったいなんなのか?まずはこのAmazonアカウントの記載情報について触れていきたいと思います。

アカウントに記載された同一の重要個人情報

Amazonアカウントにおいて記載情報とは、アカウントに記載された同一の重要個人情報のことを指します。重要個人情報とは、例えば以下のような個人情報のことです。
 

  • 住所
  • クレジットカード
  • 銀行口座
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 店舗名
  • 担当者名

これら個人情報が他のAmazonアカウントと同一だった場合、個人情報を要因としてAmazonアカウントの複数作成と疑われてしまいます。結果的にAmazonアカウントの停止処分を受ける可能性もあるので、上記個人情報は必ず別の情報を用意しましょう。

特殊情報

続いて特殊情報とはいったいなんなのか?Amazonアカウントの特殊情報について触れていきたいと思います。ここでいう特殊情報とは以下情報を指します。
 

  • 同じ端末でのログイン情報
  • 同じネット通信環境からのログイン情報
  • 同じ情報を持つ複数のアカウントでのログイン情報

一つひとつ確認していきましょう。

同じPCからアマゾンにログイン

Amazonアカウントの複数作成がバレる原因としては、同じPCからのAmazonアカウントへのログイン情報があります。これは、PC(パソコン)内にて使用されるCookieという情報を元に探っています。

例えば、メールアドレスやID、パスワードなどをPC(パソコン)で自動入力するようにしている場合、そのデータはCookieの機能を用いているのです。

Amazonでも同様にブラウザに入力するAmazonアカウントの情報をCookieにて扱うことがあります。AmazonではこのCookieの情報を元に複数アカウントの所持についての確認を行っているのです。

同じネット通信環境からログイン

同じネット通信環境からログインする場合もAmazonアカウントの複数作成がバレる原因となります。ここでいう通信環境とはIPアドレスを辿る方法で、Amazonでは通信環境も紐づけの対象としています。

例えば漫画喫茶などで利用した場合も通信環境から全く別のAmazonアカウントとして疑われるケースもあります。

信環境が原因でAmazon側に誤解を与えぬよう、自分のWi-Fi以外でAmazonアカウントを利用しないといった形で通信環境にも注意する必要もあるわけです。

同じ個人情報を持つ複数のアカウントでログイン

同じ個人情報を持つ複数のアカウントでログインする場合もAmazonアカウントの複数作成がバレる原因です。基本的に、一度登録に使用したAmazonアカウントの情報は使用してはいけません。

Amazon側で同じ情報がないか紐づけを行っているので、これは最低限守るべきルールとなっています。

ThumbAmazonプライムの会費をギフト券で支払いする方法!できないときは?
Amazonプライムの会費はAmazonギフト券で、支払うことができるのか?Amazonプラ...

Amazonアカウント複数作成の裏技~記載情報~

続いてはAmazonアカウント複数作成の裏技を確認していきましょう。まずは記載情報についてです。

別個の個人情報を記入

Amazonアカウント複数作成の裏技としては、まず別個の個人情報の記入を行います。別個の個人情報とは以下のことを指します。

電話番号

一つ目の別個の個人情報とは電話番号です。Amazonでは個人情報を紐づけすることで監視しているので、別の電話番号が必要となります。

メールアドレス

二つ目の別個の個人情報とはメールアドレスです。これは作成が簡単なので特に困ることはないでしょう。間違えても同じメールアドレスで登録しないでくださいね。

クレジットカード

三つ目の別個の個人情報とはクレジットカードです。クレジットカードはただ別のクレジットカードを登録すればいいわけではありません。

クレジットカードには請求情報として請求先住所が保存されています。この請求先住所が同じ場合、Amazonアカウントの重複として規約違反になってしまう可能性があるので、請求先住所が別の住所になっているクレジットカードを選択してください。

この点は意外と忘れがちなです。つい忘れて同じ請求先住所のクレジットカードで登録してしまい、結果Amazonアカウントを紐付けられてしまうといったケースもあります。

当然紐付けられればAmazonアカウントを利用できない状態にされてしまう可能性があるので、出品・販売を目的にAmazonアカウントを作成するのであればこの点は重要な点として頭に入れておいてください。

銀行口座

四つ目の別個の個別情報とは、銀行口座です。クレジットカード同様、必ず別の銀行口座を登録しましょう。ちなみに名義が同じであっても、Amazon側が名義によるAmazonアカウントの紐づけを行うケースはまだ起きていないようです。

この点もAmazonアカウントの複数作成がバレて使用できない(アカウント停止)ケースとならない為にも重要な点となっています。

店舗の住所

五つ目の別個の個別情報とは、店舗の住所です。店舗情報が同じ場合も個人の住所同様複数作成したアカウントとして紐づけされてしまう可能性があります。

Amazonアカウントが利用できない状態(停止)にならないよう様々な配慮が重要だと頭に入れておくと良いでしょう。

Thumb「Amazonマーケットプレイス」とは?出品/購入方法を解説!
Amazonマーケットプレイスとは何かをご存知でしょうか。Amazonの”出品者”となりたい...

Amazonアカウント複数作成の裏技~特殊情報~

続いてはAmazonアカウント複数作成の裏技として特殊情報について触れていきたいと思います。

デスクトップクラウドを利用

デスクトップクラウド

特殊情報としては、デスクトップクラウドの利用が挙がります。デスクトップクラウドとはいったいなんなのか?確認していきましょう。

デスクトップクラウドとは

デスクトップクラウドとは、仮想デスクトップを利用するサービスです。IPアドレスが違う形で表示されるので、Amazonアカウントの複数アカウントとしてAmazon側に認識されずに済みます。

結果Amazon側から規定違反としてAmazonアカウントが停止される・利用できないといったケースがなくなるので、出品や販売も可能となります。

デスクトップクラウドは同じPC(パソコン)で出品・販売が可能となるので、ネット利用(Amazonアカウント利用)手段がPC(パソコン)一つしかない人にとってはおすすめの方法となります。

FX専用VPS | お名前.com デスクトップクラウド

Amazonアカウント複数作成を裏技で実行するメリット

続いてはAmazonアカウント複数作成を裏技で実行するメリットについて確認していきましょう。

Amazonアカウント停止を回避

Amazonアカウント複数作成を裏技で実行するメリットとしては、Amazonアカウント停止を回避できるという点があります。Amazonアカウントが停止・利用できないとなると当然出品や販売ができなくなります。

こうなってしまうと通信(ネット)環境がいくらい整っていてもAmazonアカウントによる売り上げはゼロなので、どうしようもなくなってしまいます。

また、アマゾンFBAに納品している商品も全て戻ってきてしまうので、そういったリスク(出品・販売、売り上げゼロ)を回避できるという点はとても重要になってくるわけです。

低コスト

また、Amazonアカウント複数作成を裏技で実行するメリットとしては低コストであるという点も重要なメリットとなっています。Amazonアカウント自体は個人情報や特殊情報(ネットなどの通信環境)にさえ注意していれば複数作成可能です。

この複数作成作業に対してかかる費用はほぼかからないのでコストを気にする必要がありません。販売などで売り上げを増やしたい・販売停止などのリスク回避をしたい場合この点はメリットとして挙げるには十分でしょう。

時短

Amazonアカウント複数作成を裏技で実行するメリットとしては時短という点も挙がります。例えば、Amazonアカウントで大口出品をする場合、複数アカウントによるカート獲得率増加を検討することができます。

単純に販売速度も成約率も挙がるので売り上げに対しても時短を検討できます。この点はAmazonアカウントによる販売を検討した場合非常に重要な点といえるでしょう。

ThumbAmazonの大口出品/小口出品の違い!メリット/デメリットも解説!
Amazonでは大口出品と小口出品という出品方法があります。今回はこのAmazonの大口出品...

Amazonアカウント複数作成を裏技以外で実行するデメリット

続いてはAmazonアカウント複数作成を裏技以外で実行するデメリットについて触れていきたいと思います。Amazonアカウントを複数作成を裏技以外で実行する場合、ネット(通信)環境を考える必要があります。

PCと通信環境を複数用意

Amazonアカウント複数作成を裏技以外で実行するデメリットとは、、ネット(通信)環境が挙がります。通常の方法でAmazonアカウントを複数作成したい場合、PC(パソコン)と通信環境を複数用意する必要があります。

これはAmazon側がAmazonアカウントの複数作成帽子にネット(通信)環境をチェックしているからです。前述しましたが、ネット(通信)環境が全く同じ場合、Amazon側はAmazonアカウントの複数作成を行っているものとしてAmazonアカウントの停止処分を下す可能性があります。

コスト負担大で実行困難

Amazonアカウントを裏技なしで通常通り作成する場合、PC(パソコン)を新しく購入する必要があります。さらに通信環境も変える必要もあるわけです。必然的にネット(通信)環境を整える為だけに10万円以上の費用を検討する必要があるでしょう。

Amazonアカウントを複数作成するという目的のみにかけるコストとしてはあまりに大きいと言わざるを得ません。結果、コスト負担大で実行困難であるということになります。

前述した裏技を利用すれば、ネット(通信)環境を気にすることなくAmazonアカウントを複数作成できるので、リスク回避したい・販売売り上げを上げたいといった方には非常におすすめな手段となるわけです。

Amazonアカウントを複数作成する裏技を紹介!~まとめ~

さて、今回はAmazonアカウントを複数作成する裏技を紹介してみました。Amazon側は基本Amazonアカウントの複数作成を禁止しています。裏技を使わず通常の作成方法でAmazonアカウントを作成した場合、コストも高いです。

今回紹介した方法であれば低コストでAmazonアカウントを複数作成できるうえコストも低いので、様々なメリットがあります。まずはAmazonアカウントの複数作成がバレる原因を理解し、記載情報や特殊情報をきちんと作成していきましょう。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧!

Thumb「Apple Music」と「Amazon Music Unlimited」を比較!おすすめなのは?
音楽低額配信サービスの代表格として、「Apple Music」と「Amazon Music ...
ThumbAmazon Driveとは?使い方や料金などくわしく解説!
今回はAmazon Driveだけではなく、Amazon Cloud Drive Photo...
Thumb【イギリス Amazon】「Amazon UK」の購入方法をくわしく解説!
「Amazon UK」は日本でもおなじみの総合通販サイトのAmazonのイギリス版です。Am...
Thumb「Amazon/メルカリ/ヤフオク」の違いを比較!特徴/メリットも解説!
Amazon・メルカリ・ヤフオクでは、出品方法や手数料などにも違いがあって、Amazon・メ...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
小森 樹
インステ