「Amazon/メルカリ/ヤフオク」の違いを比較!特徴/メリットも解説!

Amazon・メルカリ・ヤフオクでは、出品方法や手数料などにも違いがあって、Amazon・メルカリ・ヤフオクそれぞれでユーザー層や利用方法にも違いがあるので比較してみることでメリットとデメリットがあるので紹介していきます。

「Amazon/メルカリ/ヤフオク」の違いを比較!特徴/メリットも解説!のイメージ

目次

  1. 1Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜特徴〜
  2. Amazonの特徴
  3. Amazonのロゴの意味
  4. メルカリの特徴
  5. ヤフオクの特徴
  6. 2Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜出品方法〜
  7. Amazonの出品方法
  8. メルカリの出品方法
  9. ヤフオクの出品方法
  10. 3Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜取引形式〜
  11. Amazonの取引形式
  12. メルカリの取引形式
  13. ヤフオクの取引形式
  14. 4Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜発送方法〜
  15. Amazonの発送方法
  16. メルカリの発送方法
  17. ヤフオクの発送方法
  18. 5Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜手数料〜
  19. Amazonの月額料金や販売手数料
  20. メルカリの月額料金や販売手数料
  21. ヤフオクの月額料金や販売手数料
  22. 6Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜売れるジャンル〜
  23. Amazonで売れるジャンル
  24. メルカリで売れるジャンル
  25. ヤフオクで売れるジャンル
  26. 7Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜メリット〜
  27. Amazon
  28. メルカリ
  29. ヤフオク
  30. 8Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜デメリット〜
  31. Amazon
  32. メルカリ
  33. ヤフオク
  34. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜特徴〜

Amazon・ヤフオク・メルカリはそれぞれに特徴や市場規模の違いがあって、人気商品やよく売れている商品に違いがあります。商品を販売しても「そのサイトにあっていない商品」を出品していても商品は売れないので稼ぐことができません。

Amazon・メルカリ・ヤフオクのECサイトの特徴を知っておくことで、どの商品を狙っていけば稼げるのかわかってきます。

それぞれの特徴を生かすために、特徴にあった販売をしていくことが重要となるので、効率的に利益をあげるために各販売サイトの特徴や違いを知っておきましょう。

Amazonの特徴

アメリカAmazon.comの日本語版サイトとして、2000年11月に日本Amazonがオープンしました。

なにかを買いたいと思ったら、Amazonで検索してみるという人も多く、販売者が法人というイメージもありましたが、個人でも出品している人が増えてきています。

Amazon | 本, ファッション, 家電から食品まで | アマゾン

Amazonのロゴの意味

Amazonのロゴには意味が

Amazonのロゴも有名で2つの意味があって、矢印がaからzを指している点が「あらゆる商品が揃っている」という意味を持っています。

矢印の形が笑っているように見えることから、「Amazon商品で笑顔にしたい」という思いが込められているようです。Amazonはカスタマー最優先ということをロゴでも表現しています。

市場規模

開設当初は書籍のみの取扱でしたが、取扱品目を増やしていてすくなくとも20億の品目があって、年間合計で40億個の荷物を取り扱っています。

年々右肩上がりに売り上げを伸ばしていて、楽天市場を抜いて現在では日本一のECサイトになっています。

ユーザー層

幅広いカテゴリ

Amazonは特定のユーザー層に利用されているのではなく、男性にも女性にも若い人や中高年にも利用されています。

他のサイトよりも幅広く利用されているといわれていて、Amazonは「なんでも販売する」という理念に基づいて、今後も販売商品の種類を増やしていくと考えられます。

商品説明がシンプル

幅広いユーザー層に様々な商品をアプローチしているのがAmazonで、あまり際立った特徴がないのがAmazonの特徴です。

Amazonは商品説明がシンプルで価格が安く、すぐに商品が届くところが商品が届くところが男性ウケになっている理由となっています。

メルカリの特徴

2013年にスタートしたフリマアプリの「メルカリ」は、日本のスマホアプリの中で一番利用者の多いサービスです。

メルカリの利用者は圧倒的に女性が多く、年齢層も10代~30代前半が多いのが特徴です。10代~30代前半の女性に人気の商品を出品するならメルカリで売ることをおすすめします。

メルカリの公式サイト

市場規模

メルカリはヤフオクやAmazonと比べても新しい存在で、PCサイトもありますがスマホ用アプリとしてスタートしています。

2013年7月にAndroid版でスタートしてから少し遅れてiOS版が配信されました。1日の出品数は2013年で1万点以上でしたが、2015年には10万点以上とわずか数年で大きく成長しています。

2016年6月期には1000億円以上の年間流通総額と考えられ、「フリマア」はプリサービスの中でも首位となっているので、インターネットをかいする個人売買の国内最大規模の「ヤフオク」を脅かすサービスに成長しています。

ユーザー層

最もユーザー層に特徴があるのが「メルカリ」です。メルカリの利用者層は10代~30代前半のシェアが多いです。

10代~20代の若い男性も「メルカリ」の利用が徐々に増えてきている点が注目されていて、若年層向けの商品を選定することでメルカリでの転売で利益を伸ばすことができます。

ヤフオクの特徴

ヤフオクはYahoo!JAPANが運営しているインターネットオークションサイトです。日本で一番利用者の多いオークションサイトなのです。

オークションに出品するときにはヤフオク一択になってしまいます。少し前まではヤフオクで転売ビジネスをするのが当たり前でした。

ヤフオク! - 日本最大級のネットオークション・フリマアプリ

市場規模

1999年にYahoo!オークションがYahoo!JAPANで開始されました。最初の数年は利用料無料でしたが、国内に同じようなサービスはなかったので、不思議なものが出品されておもしろ事件があって楽しませてくれました。

DeNAや楽天などのネットオークションサービスが乱立していますが、ヤフオクが圧勝状態となっていました。

2008年12月にはヤフオクの出品総数が2000万件を超えて、他のライバルサイトを大きく引き離していて、ヤフオクでは出品者や落札者の両方が集まりやすい状況になっていました。

ヤフオクは日本以外で失敗している

アメリカやカナダのヤフオクは終了していて、日本での成功は珍しい結果となっていました。

2016年のネットオークション市場規模は10849億円と推定していましたが、ヤフオクの取扱高が8966億円と、ネットオークションにおけるヤフオクのシェアは「82.6%」と圧倒的なシェアを誇っています。

1日で40億円にもそう落札額が達する日もあって、日本でも非常に大きなマーケットになっています。

ユーザー層

入札で価格が上がる

ヤフオクのユーザー層にも特徴があって、男性が多めとなっていて若年層より中高年が多いという特徴があります。

ヤフオクのイメージとして、パソコンを使っている利用者が多く、入札のたびに価格が上がるオークションというイメージがあったのですが、最近は変わってきています。

現在はパソコンの利用者よりもスマホの利用者が多くなってきていて、ヤフオクでも定期ですぐに購入できる「フリマ商品」が増えてきています。

ヤフオクの利用環境やユーザー層はどんどん変化していて、この変化は明らかにメルカリの急成長を意識しているものです。

Thumb【Amazon】宅配ボックスの設置メリット!仕組み/使い方も解説!
本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介してい...

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜出品方法〜

Amazon・メルカリ・ヤフオクを比較したときの違いになってくるのが出品する方法です。出品方法はそれぞれオークションであったりフリーマーケット形式になっているなど、それぞれのサイトごとに違いがあるので紹介していきます。

Amazonの出品方法

AmazonはECサイトという出品方法となっているので、一度に多く商品を出品することができます。

公式で出品ファイルの利用をすることができるので、一度に多くの商品を出品することが可能になります。

メルカリの出品方法

個人が商品を出品

メルカリはフリーマーケットのような出品方法となっているので、個人が商品を1つずつ出品していく形になります。

メルカリでの出品作業を効率化するためにツールを使うことができるのですが、メルカリの運営側が規制を年々厳しくしてきています。

ツールによる出品作業をしているとメルカリのアカウントが停止になってしまう危険性もあります。

ヤフオクの出品方法

Yahoo!JAPAN IDを登録

ヤフオクに出品するためには、Yahoo!JAPAN IDが必要で、月額498円のYahoo!プレミアムに登録しなければいけません。

モバイル確認か本人確認ををしてから、ヤフオクのオークションやフリマに出品できるようになります。

ThumbAmazonのアカウント停止の理由は?何度もキャンセルすると停止?
Amazonアカウントは。何度もキャンセルしたりすると”停止”や”閉鎖”されてしまう可能性が...

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜取引形式〜

Amazon・メルカリ・ヤフオクでは取引する形式を比較しても違いがあるので紹介していきます。

Amazonの取引形式

Amazonで販売に関するすべての手続きを、Amazonで行ってくれます。出品したら受注した後に、購入者に発送するだけで完了します。

購入者と出品者の間でのコミュニケーションは必要最低限となっていて、普通の商品購入であれば、出品者が連絡を取る必要はありません。

メルカリの取引形式

メルカリでは、商品を購入する前に出品者とメルカリのサイト上でコミュニケーションする機会があります。

メルカリではコメント機能を使うことで、商品ごとに問い合わせをすることができたり、値下げ交渉などにも利用されていることがあります。

価格や商品に対する問い合わせだけでなく、発送方法や発送時期などのやり取りもメルカリのコメント欄で行ってから取引をすることができます。

ヤフオクの取引形式

オークション出品をしたときには開始価格と終了日時を決めて、終了時に入札額が一番高い人が落札するシステムです。

開始価格と即決価格を同じ金額に設定することで、ネットショップのように販売することもできます。

フリマ出品は、定額専用の出品方法で終了時間まで待たなくても買いたい時に変えるのでシンプルです。

Thumb【Amazon】「ほしい物リスト」の公開方法をくわしく解説!
Amazonの便利な機能としてほしい物リストがあるのですが、公開することで知人などに自分のほ...

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜発送方法〜

Amazon・メルカリ・ヤフオクでは、料金や手数料だけでなく発送方法にも違いがあるので、それぞれの発送方法について紹介していきます。

Amazonの発送方法

Amazonの発送方法には2通りあって、セラーが購入者に直接商品を発送する自己発送と、Amazon倉庫から購入者に発送する形式があります。

メルカリの発送方法

メルカリは商品が売れたときの発送方法は、出品者が商品を発送することになっています。

ヤフオクの発送方法

ヤフオクの発送方法は、メルカリと同じように出品した人が商品を発送する形になります。

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜手数料〜

Amazon・メルカリ・ヤフオクである違いは、ユーザー層などもそうなのですが、月額で手数料の料金が発生するかにも違いがあります。

Amazon・メルカリ・ヤフオクを利用したときの手数料となる料金の違いや月額料金の有無について紹介していきます。

  Amazon メルカリ ヤフオク
業態 ECサイト フリマ オークション・フリマ
月額利用料 大口:4,900円
小口:無料
無料 498円
フリマへの出品は無料
販売手数料 大口:8%~15%
小口:100円+8%~15%
10% 8.64%
プレミアム会員以外は10%

Amazonの月額料金や販売手数料

Amazonでは商品のカテゴリによって手数料の料金が変わってきます。大口出品になってくると月額の利用料も発生します。

メルカリの月額料金や販売手数料

メルカリで発生しる手数料は、販売額に対して10%の手数料が発生します。メルカリでは月額で発生するような手数料などはありません。

ヤフオクの月額料金や販売手数料

ヤフオクの販売手数料は、8.64%~10%発生します。プレミアム会員の月額498円の利用料を払って登録すると手数料gあ8.64%となります。

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜売れるジャンル〜

Amazon・メルカリ・ヤフオクでは売れているジャンルに違いがあるので比較してみます。

Amazonで売れるジャンル

Amazonは最初書籍だけでしたが、今ではあらゆるカテゴリのものがまんべんなく売られていて充実しています。

季節によっても売れている商品が変わっていて、季節や行事によってAmazonの関連商品が売れるのは理由があります。

Amazonはキャンペーンなどを行って売り上げの向上を図っていて、Amazonは売り上げを向上させるための工夫が充実しています。

出品者のために豊富なデータや出品のためのアドバイスをしているのも特徴です。これを有効活用することで、さまざまなヒントが見つかります。

カテゴリも豊富で、工具や資材などの業務用商品も多数売買されているのがAmazonの特徴となっていて、高額商品も売れていたり中国輸入品も多く扱っています。

メルカリで売れるジャンル

ユーザーに特徴のあるメルカリは、販売されている商品にも特徴があります。ファッションやエンタメ・ホビーなどが大半となっていますが、若い女性が多いということで、ベビーカテゴリがメルカリでは多いのも注目できる特徴です。

「ベビー」「ビューティー・ヘルス」などがメルカリでは大人気となっていて、メルカリのターゲットははっきりしているので、ねらい目の商品もわかりやすくなっています。

若い女性や若いママ向けの商品を探している人がメルカリでは多いので、キッズ用のスーツなども単価が高く設定されていることからメルカリで利益を出やすくなっています。

ヤフオクで売れるジャンル

ヤフオクでは中高年の男性がユーザー層多いという特性があって、売れている商品ジャンルを館得ると、特に売れやすい商品も見えてきます。

自動車やオートバイ関連でいうと、ドライブレコーダーなどのよく売れていて、意外に思うかもしれないが、ファッション関連もよく売れています。

アプリの利用や定額で販売するフリマモードの取引が増えたのも要因です。アパレルはメルカリというイメージがあるかもしれませんが、先入観を持たずにリサーチする必要があります。

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜メリット〜

Amazon・メルカリ・ヤフオクを比較したときの違いによってメリットは変わってきます。どのようなメリットを活かすことができるのか紹介していきます。

Amazon

Amazonがメルカリやヤフオクと比較したときに、様々な商品を販売することができたり、人気商品が売れやすいというメリットがあります。

出品者に対してのサポートも充実しているので、メルカリやヤフオクとの違いについて解説していきます。

様々な商品を販売できる

Amazonでは、すべてのカテゴリを合わせると1万以上の商品ジャンルがあって細分化されています。

メルカリやヤフオクでは売れないような細かいカテゴリでも商品が出品されていて、工具や悩みを解決できる健康用品などいろいろな販売商品を選択することができます。

物販で稼ごうとしているならAmazonは他とサイトと違い比較してもいい環境づくりがされています。

人気商品が売れやすい

Amazonは他のサイトの販売額や販売数を圧倒していて、一度バカ売れすると驚くほどの爆発力があります。

Amazonのシステム的なものもありますが、売れる商品は売れ筋ランキングや検索結果などで目立つ位置に表示されます。

そのため、同じ商品をリピートして販売している出品者ほど商品が売れる仕組みになっています。

サポートが充実している

Amazonでは出品者へのサポートが充実している特徴もあって、困ったことがあったときでも問い合わせがしやすくなっています。

的確なアドバイスをもらえるところも出品するときの大きなメリットになっています。販売に活用できるデータも充実している優しいサイトになっています。

メルカリ

メルカリの特徴ともなっているメリットは、出品を簡単にできることと、売れるまでのスピードがものすごく高いことにあります。

Amazonやヤフオクに出品するよりもメルカリに出品したときのメリットについて解説していきます。

出品が簡単

スマホのみですべてを完結させることができるので、気軽に出品することができるようなシステムになっているのもメリットです。

パソコンでも出品することができるのですが、スマホのみでもすべてが行えるというのがメルカリの特徴です。

売れるスピードが早い

メルカリはAmazonやヤフオクと比較しても、出品してから売れるまでのスピードが速いことが多いです。このスピード感がメルカリの大きな特徴となっていて、魅力のひとつにもなっています。

サポートが充実している

基本的には個人間の取引となっているのですが、代金の引き渡しは直接ではなくメルカリが間に入ってくれているのです。

決済関連だけでなく、イレギュラーな問題があったとしても、連絡をすればすぐに対応してくれるので、初心者でも安心して出品することができます。

ヤフオク

ヤフオクに出品するメリットとしては、月額定額のフリマだけでなくオークションもあるので出品する方法を選択できるところにあります。Amazonと比較しても高い料金で販売することができるチャンスもあります。

取引形式が選べる

ヤフオクはオークションとフリマの両方で販売することができます。基本的には月額のフリマ形式で販売していても、テスト販売や在庫処分としてオークションで販売することもできます。

価格が高くても売れる

ヤフオクでは同じ商品であっても、それぞれんの販売ページを作成しなければいけないので、Amazonのような価格競争は起きにくくなっています。

出品したものがAmazonより高い料金でも売れることも多くあるので、Amazonで買った商品をそのままヤフオクで出品する無在庫転売が以前は流行っていました。

送料別でも売れる

Amazonやメルカリでは、送料込みや送料無料の商品でなければ売れにくい傾向があるのですが、ヤフオクでは送料別でも売れにくいということはありません。

送料を別でとることができるのであれば、それだけで利益を増やすことができるので出品する人にとってはありがたいことです。

Amazon/メルカリ/ヤフオクの違いを比較〜デメリット〜

Amazon・メルカリ・ヤフオクを使うときの違いを比較したときにあるデメリットについて紹介していきます。

販売方法や特徴によるメリットがあるようにデメリットもあるので、それぞれのサイトごとの違いを比較してみます。

Amazon

Amazonは出品者へのサポートも充実していますが、メルカリやヤフオクと比較するとデメリットがあります。

メルカリやヤフオクと手数料や特徴も違いがあるので、どのような違いがあるのか紹介しています。

価格競争が起こりやすい

Amazonのデメリットとして一番大きなものは、価格競争が起きやすいという点です。これは、同じ商品なら同じページで販売するというAmazonのルールが大きく影響しています。

同じ商品ページで販売されているから価格比較が簡単にできてしまうので、どうしても価格競争になってしまいまっています。

手数料が高い

Amazonは他のECサイトと比べても利用手数料が少し高めの設定になっています。その点を考慮してリサーチや仕入れをしていなければ赤字になってしまうこともあるので、出品するときの料金には注意しなければいけません。

月額料金が発生することがAmazonではあるので、確認してから出品するようにしてください。

売れないものは残り続ける

Amazonで売れていない商品は、どんどん下位に表示される仕組みになっていて、売れにくくなってしまう状況に陥ってしまうので注意してください。

メルカリ

スマホのみで簡単い出品できるメルカリですが、Amazonやヤフオクと比較するとデメリットもあります。

メルカリを他のサイトと違い、気軽に取り組むことができるメリットもありますが、比較してみるとデメリットになっている点もあるので解説していきます。

業者の利用はアカウント停止になる

メルカリは個人間の取引が原則になっているので、大量出品や出品ツールを使うと業者だと思われてしまう販売手法をしてしまうと、アカウント停止になってしまう可能性があります。

高いものは売れにくい

メルカリユーザーは若い女性が多いので、販売価格が高い商品ジャンルは売れにくい傾向があります。

販売価格が安いものでなければ売れにくいというデメリットがあるので出品するときの料金には注意しなければいけません。

値引き交渉など独自の文化がある

メルカリはフリマアプリなので、値引き交渉をしてくるユーザーもたくさんいます。以前より少なくなってきているといいますが、安くしてもらうためにコメントをしつこく送る人も多いので面倒な点となっています。

出品するときの説明文に「値引き不可」などの記載をしておくなどの対策が必要です。

フリマアプリは若い年代のユーザーが多いため、礼儀がなっていなかったりマナーの悪い人がたまにいまが、このようなことが気にならないのであれば問題ありません。

ヤフオク

Amazonと比較すると高い料金で売れることもあるヤフオクですが、メルカリやAmazonとの違いを比較するとデメリットはあります。

ヤフオクが他のサイトと違う特徴がメリットになっているのですが、デメリットになってしまっている違いを解説していきます。

出品に手間がかかる

ヤフオクで出品するためには、タイトルや商品説明だけでなく画像なども用意しなければいけません。慣れてくると短縮することができますが、他のサイトに比べても出品するための手間がかかってしまいます。

繰り返し販売していこうと思っても、個人アカウントだと自分で再出品の作業をしなければいけません。

サポートがいまひとつ

Amazonは出品する人に対するサポートが充実しているのですが、ヤフオクでは今一つとなっています。個人間取引という前提があるため、各自で解決知ることが基本的な考え方になっているのです。

トラブルの可能性が拭えない

個人間の取引となっているため、可能性は低いですがトラブルになってしまうことがあります。トラブルになってしまう可能性は低いので極端に気にする必要はないでしょう。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

ThumbAmazonの大口出品/小口出品の違い!メリット/デメリットも解説!
Amazonでは大口出品と小口出品という出品方法があります。今回はこのAmazonの大口出品...
ThumbAmazonで「ID」決済する方法をくわしく解説!
IDとは、ドコモの提供する電子マネーです。後払い式の電子マネーとなっており、Amazonでも...
Thumb【Amazon】デリバリープロバイダの再配達依頼方法!
Amazonのデリバリープロバイダは再配達が可能です。デリバリープロバイダは置き配もできるの...
Thumb【Amazon】置き配のやり方!リスクも解説!
Amazonでは置き配という配達方法があります。これは配達先の住人が在宅か不在かは関係なく指...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
マサ
インステ