Amazonのアカウント停止の理由は?何度もキャンセルすると停止?

Amazonアカウントは。何度もキャンセルしたりすると”停止”や”閉鎖”されてしまう可能性があります。どのくらいキャンセルする・されてしまうと、Amazonアカウントは停止されるのでしょうか?今回の記事では、Amazonアカウント停止の理由を詳しく解説します。

Amazonのアカウント停止の理由は?何度もキャンセルすると停止?のイメージ

目次

  1. 1Amazonのアカウント停止の流れ
  2. アカウント審査
  3. アカウント停止
  4. アカウント閉鎖
  5. 新規に取得しても関連付けされることもある
  6. 2Amazonのアカウント停止の理由
  7. 販売者都合で取引をキャンセルした
  8. 商品を返品された
  9. 出荷が遅れた
  10. 禁止商品を販売した
  11. 商品の記載内容に誤りがある
  12. 知的財産権を侵害した
  13. 複数アカウントを使用した
  14. 3Amazonのアカウントを復活する方法
  15. 閉鎖の場合は再開ほぼ不可能
  16. 改善案を提案する
  17. 4Amazonで何回もキャンセルするとアカウント停止になるのか
  18. 重い処置を下されることも
  19. キャンセルができる場合
  20. キャンセルができない場合
  21. 予約商品のキャンセルについて
  22. まとめ
  23. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Amazonのアカウント停止の流れ

Amazonのアカウント停止の理由は?何度もキャンセルすると停止?・Amazonアプリのアイコン

大手オンラインショップである”Amazon”は、Amazon公式だけでなく、多くの企業が商品を出品しています。中には、Amazonに出品することで利益を出している企業もいます。

Amazonで物を出品している人にとって一番恐れるのは、”アカウントの停止”です。Amazonアカウントは、とある理由でアカウント停止・閉鎖されてしまうことがあるのです。

今回の記事では、Amazonアカウントが停止される理由を詳しく解説していきます。Amazonで出品している方、また購入者として利用している方も、内容をしっかりと確認していきましょう。

Amazonヘルプ・カスタマーサービス

アカウント審査

Amazonアカウントが停止・閉鎖されるまでに、”アカウント審査”というものが入ってきます。これは、Amazonで出品しているユーザーが”健全”かつ”適切”に運営をしているか、審査していることを指します。

アカウント審査の状態は、停止の一歩手前の段階です。一見何の問題もなさそうに見える状態ですが、一度運営の見直しが必要かもしれません。停止すると復活/再開に手間がかかるので注意が必要です。

アカウント停止

審査の次の段階が、”Amazonアカウントの停止”です。この状態になると、Amazonで商品の販売ができなくなってしまいます。販売はおろか、今までの売り上げも”保留”状態となり、受け取ることができないのです。

この状態になると、Amazonの出品者は真っ青。この状態になったら、停止を解除するために復活/再開の手続きをとる必要があります。しかし、停止される前にきちんと対策は練っておくべきでしょう。

アカウント閉鎖

Amazonアカウントの停止状態であれば、適切な対応をおこなうことで復活/再開できる可能性があります。しかし、Amazonアカウントが”閉鎖”されてしまうと、もう復活/再開は難しいと考えた方が良いでしょう。

所謂”垢BAN”と言われるもので、売上金も保留状態となります。アカウント閉鎖だけはなんとしてでも避けたいものです。

新規に取得しても関連付けされることもある

Amazonのアカウントが閉鎖されて、新規にアカウントを取得して出品活動を復活/再開させようと思う方も居るかもしれません。しかし、Amazonアカウントへも紐づきに要注意です。

新規にアカウントを取得しても、関連付けされることがあります。過去の情報と現在のアカウントが紐づいてしまえば、問題ない状態であってもアカウントが削除されてしまうことがあるのです。

Thumb【Amazonプライムデー】7月15日からのセール予告第5弾発表!体験イベントも開催
Amazonが7月15日から実施する今年で第5弾となる【Amazonプライムデー】セール予告...

Amazonのアカウント停止の理由

新規にアカウントを取得しても復活/再開できないことがあるAmazonのアカウント。そうなる前に、停止や閉鎖される前にきちんと対処をおこなわなければなりません。

ではなぜ、Amazonのアカウントは停止・閉鎖されてしまうのでしょう?その理由を、この項目では確認していきます。

販売者都合で取引をキャンセルした

停止の理由としてまず考えられるのは、”出品者の都合による取引キャンセル”です。これはご法度。取引キャンセルに関しては、Amazonマーケットプレイスを利用した詐欺が流行っていることもあって厳しいようです。

商品を返品された

何回も商品を返品されたり、返金対応を求められている場合も、Amazonアカウントが停止される恐れがあります。実際の商品と、商品の説明が違っていたりしないように気を付けましょう。

検品や梱包を適当に済ませてしまうと、返品・返金対応を求められてアカウント停止に繋がってしまうかもしれません。あまりキャンセルされないように注意が必要です。

出荷が遅れた

商品の出荷が大幅に遅れてしまうことでも、アカウント停止されることがあります。取引のキャンセルや返品・返金対応に関しては、顧客満足度が下がる要因となります。出品者は気を付けましょう。

禁止商品を販売した

顧客満足度以外にも、Amazonアカウント停止の原因はあります。”禁止商品”を販売していた場合です。規約違反になるような商品を販売していれば、それは当然停止の原因となります。

商品の記載内容に誤りがある

また、販売している商品の説明内容に誤りがある場合でも、停止や閉鎖の可能性はあります。詐欺行為にも近いおこないになってしまうので、出品の際にはお気を付けください。

知的財産権を侵害した

販売する商品が、”知的財産権”を侵害している商品だった場合も、停止や閉鎖の処置がおこなわれます。これは非常にデリケートな問題で、停止が解除出来るかも危ういので要注意です。売り出す商品のチェックは必要でしょう。

複数アカウントを使用した

複数アカウントを利用して販売をおこなっている場合も、停止・閉鎖の処置が下されることがあります。なんだかの原因で情報が紐づけられることで、発覚することがあります。(新規アカウント取得の時と同じです)

ThumbAmazonプライムビデオのアプリは2種類!違いと使い方を解説
Amazonプライムビデオのアプリは有名な動画視聴アプリですが皆さんはAmazonプライムビ...
Thumb【2019年】「Amazon」の支払い方法と手数料を比較!コンビニ支払いは?
Amazonの支払い方法【2019年】にはコンビニなどがあり、手数料も様々です。コンビニでの...

Amazonのアカウントを復活する方法

もしAmazonのアカウントが停止されてしまった場合、”復活/再開”はできるのでしょうか?アカウントを復活する方法を、事前に覚えておきましょう。

閉鎖の場合は再開ほぼ不可能

まず復活/再開についてですが、おこなわれた処置が”閉鎖”だった場合、再開はほぼ不可能です。閉鎖は、停止されてからAmazonの求める対応を出品者がおこなわなかった場合等にされます。

対応をおこなっても、Amazon側の審査で問題があるとされれば”閉鎖”となってしまうのです。閉鎖されても、正当な証明や証拠等を提出することで再開されることもありますが、中々難しいでしょう。

改善案を提案する

復活するためには、Amazonからの要求を確認し、それを提出しなければなりません。Amazonアカウントが停止されると、Amazonからなぜ停止されたかの”理由”が届きます。それに対して要求するポイントが、いくつかあるのです。

求められている必要な書類や謝罪、また運営する上での改善案等を提出することで、Amazonアカウントが復活される可能性があります。

Thumbau WALLETをAmazonで使う方法!残高をギフト券に交換する方法も解説!
auのプリペイドカードはMasterCardブランドです。クレジットカード代わりに利用できる...
ThumbAmazonプライムの会費をギフト券で支払いする方法!できないときは?
Amazonプライムの会費はAmazonギフト券で、支払うことができるのか?Amazonプラ...

Amazonで何回もキャンセルするとアカウント停止になるのか

Amazonを利用する上で、アカウント停止を恐れるのは出品者だけという訳ではありません。購入者側も、何らかの原因でアカウントてが停止されることがあります。

購入者が何回もキャンセルを繰り返したり、”悪意”のある返品・返金等を繰り返すことで、アカウント停止の処置をとられることがあります。

しかし、キャンセルに関しては”予約商品の価格が変わってしまったから…”といった、やむを得ない理由もあります。予約商品のキャンセル等に関しても、下記で記載していきます。確認しましょう。

重い処置を下されることも

購入者は、商品が出荷される前であれば注文をキャンセルすることがでいます。また、理由次第では返品や返金対応を求めることも可能です。しかし、何回もキャンセルや返品・返金対応を求めると、重い処罰が下されることがあります。

アカウント停止や、閉鎖の可能性が高まってくるのです。しかし、キャンセルに関してはやむを得ない時もあります。事前に購入者は”キャンセルできる場合”の流れと、できない場合の流れを確認しましょう。

キャンセルができる場合

購入者は、正当な”理由”があれば商品をキャンセルすることが可能です。何回もキャンセルするようなことがなければ、基本的に停止や閉鎖の処罰は下されません。

理由を入力する

商品をキャンセルする時、購入者は”理由”を入力することになります。誤って注文してしまった、等やむを得ない場合のみ、理由を入力してキャンセルをおこないましょう。

キャンセルができない場合

購入者は、注文した商品をキャンセルすることができます。しかし、”出荷”されてしまうと、キャンセルはできません。その場合、どのように対処をとればよいのでしょうか。

返金/返品申請を行う

キャンセルできない場合は、こちらも正当な理由がある場合のみ返金・返品の申請をおこなうことができます。こちらも無意味に、何回もおこなってしまうと処罰を受ける可能性があります。初期不良等があった場合も、返金・返品の申請は可能です。

予約商品のキャンセルについて

Amazonでは、商品の予約注文も可能です。しかし、予約しているうちに価格が下がることがあるのです。この時、「予約した時よりも価格が下がったから、キャンセルしてもう一度購入しなおす」といった対応を取る方がいます。

しかし、これはNG。予約商品の価格が下がった場合は、そのままで大丈夫です。変動した場合は、自動的に最低販売価格が適用されるのです。

もし逆に販売価格が上がって、購入が難しいとなった場合は予約商品をキャンセルしても大丈夫かとは思いますが、下がった場合は予約商品はキャンセルせず、出荷されるのを待ちましょう。

まとめ

今回の記事では、Amazonアカウントが停止される理由を解説しました。出品者も購入者も、アカウント停止の可能性はあります。特に購入者の方は、アカウント停止のことを知らず何回もキャンセルしてしまうこともあります。(予約商品等で)

ペナルティを食らうのは出品者だけではないということを、しっかりと覚えておく必要があります。新規にアカウントを取得しても、IPアドレス等ですぐに新規アカウントも閉鎖される可能性があります。

出品者、購入者双方、Amazonを健全かつ適切な使い方で利用しましょう。

ThumbAmazonプライムの会員特典とメリット!年会費・支払い方法は?
皆さんはAmazonプライム会員はご存知ですか?Amazonプライムって気になるけどアマゾン...

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

ThumbAmazonの大口出品/小口出品の違い!メリット/デメリットも解説!
Amazonでは大口出品と小口出品という出品方法があります。今回はこのAmazonの大口出品...
Thumb【Amazon】デリバリープロバイダの再配達依頼方法!
Amazonのデリバリープロバイダは再配達が可能です。デリバリープロバイダは置き配もできるの...
Thumb【Amazon】宅配ボックスの設置メリット!仕組み/使い方も解説!
本記事では、Amazonの宅配ボックスの仕組みやAmazonの宅配ボックスの条件を紹介してい...
Thumb【Amazon】置き配のやり方!リスクも解説!
Amazonでは置き配という配達方法があります。これは配達先の住人が在宅か不在かは関係なく指...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
夏石望央
よろしくお願いします
インステ