Amazonで「ID」決済する方法をくわしく解説!

IDとは、ドコモの提供する電子マネーです。後払い式の電子マネーとなっており、Amazonでも利用することが可能となっています。今回はそんなIDとはどんなサービスなのか、ID決済に必要なものや、Amazonで決済する方法などについて触れていきます。

Amazonで「ID」決済する方法をくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1AmazonでiD決済を使用する前に
  2. 2AmazonでiD決済を使用する方法~必要なもの~
  3. 3AmazonでiD決済を使用する方法~手順~
  4. 4AmazonでiD決済ができない場合
  5. 5AmazonでiD決済を使用するメリット
  6. 6AmazonでiD決済を使用するデメリット

AmazonでiD決済を使用する前に

Amazon

AmazonではIDという電子マネーアプリを利用して決済をすることが可能です。今回はそんなIDとはなにか?という点から解説していきます。

iDとは何か

IDとは

ドコモと三井住友カードの提供する電子マネー、それがIDです。後払い式の電子マネーでAmazonでも利用することが可能となっています。チャージも不要なタイプのおサイフケータイなので、使った分だけ後払いでの請求となる仕組みです。

支払いの方法はケータイをお店の端末にかざすだけなので非常にスムーズに会計ができます。日々の生活がキャッシュレス化するので、ATMなどへ行く手間も減少するのが魅力です。

今回はそんなIDとはどんなサービスなのか、ID決済に必要なものや、Amazonで決済する方法、AmazonでID決済する場合のメリット、Amazonで決済する場合のデメリットなどについて触れていきます。

支払方法について

AmazonでiD決済を使用する方法~必要なもの~

支払方法

それではさっそくAmazonでID決済を使用する為の手順について確認していきましょう。まずはAmazonでIDを利用する為に必要なものについてです。

準備するもの

商品発送の流れ

ドコモと三井住友カードが提供するおサイフケータイアプリIDをAmazonで利用する為に準備するものとは、以下二つになります。
 

  • iDを利用できるおサイフケータイ
  • iDアプリ

一つひとつ確認していきましょう。

iDを利用できるおサイフケータイ

ドコモと三井住友カードが提供するおサイフケータイアプリIDをAmazonで利用する為に準備するもの一つ目はIDを利用できるおサイフケータイです。IDはスマホ(AndroidやiPhone)のアプリであり、おサイフケータイに対応しているケータイが必要になります。

おサイフケータイに対応しているケータイとおサイフケータイに対応していないケータイははたから見ても区別はつきません。きちんと各ケータイの情報を確認して自身のケータイがおサイフケータイとして活用できるのか確認してみてください。

iDアプリ

IDアプリ

ドコモと三井住友カードが提供するおサイフケータイアプリIDをAmazonで利用する為に準備するもの二つ目はアプリであるID自体です。

おサイフケータイがあってもIDをインストール・ダウンロードできていなければ利用できません。きちんとIDをダウンロードし、電子マネーとして活用してみましょう。

Google Playの場合は以下リンクからダウンロードが可能です。ただし、iPhoneの場合はIDのダウンロードを行うはなくApple Pay経由で利用することになります。

iDアプリ - Google Play のアプリ

AmazonでiD決済を使用する方法~手順~

おサイフケータイ

続いてはAmazonでiD決済を使用する為の手順について確認していきましょう。ドコモと三井住友カードが提供する電子マネーアプリIDではどのような手順で電子マネーとして活用することになるのか、一つひとつ確認していきましょう。

決済手順

クレジットカードが必要

AmazonでiDの決済を行う為の手順としては、以下流れで行う形となっています。
 

  • Amazonで買い物をして通常配送を選択
  • 支払い方法を電子マネーにする
  • Amazonからメールが届く
  • 指示に従いiDで支払うを選ぶ
  • Amazonから支払い番号が発行される
  • iDアプリをspモードで開く
  • iDアプリで支払い番号を入力すれば完了

Amazonで買い物をして通常配送を選択

AmazonでiDの決済を行う為の手順としてはまず最初にAmazonで買い物をして通常配送を選択します。実はこの段階でIDが利用できないという方がいるようです。

それはなぜかというと、例えばアマゾンプライムを利用している方は配送の指定が当日お急ぎ便に指定されているケースがあります。この場合、支払い方法を変更することができず結果としてIDが利用できなくなるのです。

ですがこの問題は当日お急ぎ便の指定を通常配送へ変更するだけで解決します。通常配送を選択すると、支払い方法変更の際、コンビニ・ATM・ネットバンキング・ 電子マネー払いが選べるようになります。

せっかくIDをダウンロードしても利用できなければ意味がないので、もしアマゾンプライムを利用していて同じようにIDが利用できない場合はぜひ試してみてください。

支払い方法を電子マネーにする

AmazonでiDの決済を行う為の手順続いては支払い方法を電子マネーにします。前述した方法で支払い方法を変更できるようになったら必ず電子マネーにしましょう。

Amazonからメールが届く

AmazonでiDの決済を行う為の手順として次に確認するのはAmazonからのメールです。AmazonでIDを利用する場合、以下条件に当てはまる為Amazonからメールが来る仕組みになっています。
 

  • コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いをご利用の場合、お支払い番号が必要です。お支払い番号は、お支払い番号お知らせメールやアカウントサービスで確認できる11ケタの番号です。

指示に従いiDで支払うを選ぶ

AmazonでiDの決済を行う為の次の手順としては、前述したAmazonからのメールが届いたらメールの指示に従うことになります。その後、実際にIDで支払うを選択してみてください。

Amazonから支払い番号が発行される

支払番号

次に行うAmazonでiDの決済を行う為の手順では、Amazonから発行される支払い番号の確認を行います。この支払番号はAmazonからメールで送信されるので、メールが来るまで待機してみてください。

ちなみに、このメールは数時間後にくる可能性があります。ですのでメールが遅くなる可能性も頭に入れて待機する必要があるかもしれません。

iDアプリをspモードで開く

次のAmazonでiDの決済を行う為の手順では実際にIDアプリを開きます。ただしこの時点で開くIDアプリには注意点があります。それはspモードで開くという点です。ドコモにはspモードという接続方法が用意されています。

ドコモの「spモード」とは、プロバイダ(ISP)です。便利に安全にスマホ(AndroidやiPhone)を利用する為のサービスとなっています。IDアプリはこのドコモのspモードが必須です。

ドコモでIDアプリを起動するにはspモードでの接続が必要とIDアプリ自体に明記されています。Wi-Fiをオフにして、iDアプリをspモードで開いてみてください。Wi-Fiで接続しているとIDアプリは正常起動しないので注意しておきましょう。

iDアプリで支払い番号を入力すれば完了

spモードでIDアプリに接続できたあとはiDアプリで支払い番号を入力すれば完了です。このようにAmazonでiD決済を使用するにはメールの確認やWi-Fi接続の切断及びspモードでの接続が必要となります。

ThumbAmazonプライムビデオのダウンロード・オフライン再生方法と注意点
AmazonプライムビデオはAmazonが提供する動画配信サービスですね。Amazonプライ...

AmazonでiD決済ができない場合

別の支払い方法について

AmazonではiD決済ができないケースもあります。そんな場合どうすればいいのかについても確認していきましょう。

通常配送でしか利用できないので確認する

AmazonではiD決済ができない場合は前述した配送方法の確認を行いましょう。Amazonで商品を購入する手続き画面にて通常配送になっているか確認します。通常配送でしか利用できないのできちんと確認しておきましょう。

spモードではなくWiFi接続している

AmazonではiD決済ができないケースとしては、spモードではなくWi-Fi接続しているケースも考えられます。Wi-Fi接続時は使用できないので、spモードになっているかどうかも確認しておきましょう。

Thumb【Amazon Music Unlimited】ダウンロード/オフライン再生する方法を解説!
「Amazon Music Unlimited」はAmazonが運営する音楽配信サービスです...

AmazonでiD決済を使用するメリット

続いてはAmazonでiD決済を使用するメリットについて確認していきたいと思います。AmazonでiD決済を使用するメリットは例えばポイントについてです。

AmazonとiDのポイントの両方貯まる

AmazonでiD決済を使用するメリット一つ目の「ポイント」ですが、AmazonでID決済した場合、AmazonとiDのポイントの両方貯まる仕組みになっています。Amazonの利用が多い場合ほどこの利点は大きくなっていくでしょう。

クレジットカードを登録しなくて済む

AmazonでiD決済を使用するメリット二つ目はクレジットカードを登録しなくて済むという点です。IDは後払い式の電子マネーなので使った分はクレジットカードの利用分と合わせて請求されます。

Amazonでのクレジットカード登録も不要となるので、クレジットカードの登録を面倒に感じている場合はこの点もメリットとなってくるでしょう。

ThumbAmazonプライムビデオをPCにダウンロードする方法!保存方法は?
Amazonプライムビデオはたくさんの動画を楽しめ、動画のダウンロードも可能、オフライン視聴...

AmazonでiD決済を使用するデメリット

続いてはAmazonでID決済を使用するデメリットについて触れていきたいと思います。AmazonでID決済を使用する際のデメリットは以下が挙がります。
 

  • ドコモユーザー以外はIDアプリをダウンロードする必要がある
  • クレジットカード決済より手間がかかる
  • WiFi接続だと決済できない
  • 通常配送しか利用できない

一つひとつ確認していきましょう。

ドコモユーザー以外はiDアプリをダウンロードする必要がある

Apple Pay

AmazonでID決済を使用する際のデメリット一つ目はドコモユーザー以外はIDアプリをダウンロードする必要があるという点です。

Apple Pay 拡大中

例えば、auのユーザーの場合はApple Payが利用できます。IDはApple Payに対応しているので、iPhoneであればauユーザーであってもIDが使えるようです。

クレジットカード決済より手間がかかる

AmazonでID決済を使用する際のデメリット二つ目は、クレジットカード決済より手間がかかるという点です。本来であればIDは手間をかけない為のアプリです。

しかし、デメリット一つ目のようにApple Payを利用する場合はApple Payの「ID」で支払うからWalletに登録したクレジットカードに請求をかける形になるので正直手間がかかります。

ドコモユーザーであればこのデメリットは関係ないですが、他のユーザーにとってこの点は大きなデメリットといえるでしょう。

WiFi接続だと決済できない

AmazonでID決済を使用する際のデメリット三つ目はWiFi接続だと決済できないという点です。前述しましたがIDはWi-Fiではなくspモードを利用して決済を行います。

うっかりWi-Fiを切るのを忘れてしまう可能性もありますし、この点は慣れていない方にとって混乱の元かもしれません。

通常配送しか利用できない

AmazonでID決済を使用する際のデメリット四つ目は通常配送しか利用できないという点です。Amazonには配送方法に当日お急ぎ便や通常配送、お届け日指定といった選択肢があります。IDはこの選択肢を通常配送のみに絞ってしまうのです。

IDにはクレジットカードの登録の手間が省けるというメリットはありますが、日時の指定やお急ぎ便が使えないというのは案外不便だったりします。

配送方法を取るか、支払い方法をIDにするか、そのどちらかを選択することになるので優先順位を決めて選択することをおすすめします。

Amazonで「ID」決済する方法をくわしく解説!~まとめ~

対応するクレジットカード

今回はIDとはいったいどんなアプリなのか、IDアプリの概要をはじめ、IDアプリの決済に必要なものやその手順、Amazonで決済する方法、AmazonでIDアプリを利用して決済する際のメリット・デメリットなどについて触れてきました。

IDはドコモと三井住友カードの提供する電子マネーです。利用するにはIDを利用できるおサイフケータイやIDアプリのインストールが必要となってきます。

また、AmazonでId決済をする為の手順としては、Amazonでの商品購入の際配送方法を通常配送に指定する必要があります。実際IDアプリで購入する場合は通常配送にしてから支払い方法を電子マネーにする必要があるわけです。

端末の利用可否

支払い方法を電子マネーに変更して購入手続きを進めるとAmazonからメールが届きます。そのメールの指示に従いIDで支払うを選択することで支払い番号が発行されるので、IDアプリをspモードで開いて支払い番号を入力することで購入完了となります。

AmazonでID決済ができないケースとしては、通常配送に指定し忘れていたり、spモードではなくWi-Fi接続しているケースもあります。この点は忘れやすいので注意が必要です。

AmazonでID決済を利用すると、AmazonのポイントとIdのポイント両方もらうことができます。2重でポイントがもらえるので興味の湧いた方はぜひ試してみてください。

合わせて読みたい!iDに関する記事一覧

Thumb【メルペイ】「iD」や「Apple Pay」で使う方法を解説!
「メルペイ」は、QRコードやバーコードなどの【コード支払い】の他に、 Apple Payとし...
Thumb「QUICPay」と「ID」の違いを比較!どちらがいい?
今回の記事では、QUICPayとIDの違いについてを解説していきます。後払い式の電子マネーで...
Thumb【メルペイ】iDとしてAndroidスマホに追加する方法!
Androidのおサイフケータイに、メルペイをiDとして設定しておくと、簡単に支払いができる...
Thumb「d払い」と「iD」の違いは?サービス内容など比較!
d払いとiDの違いが分からないという人は多いですが、ここで具体的にサービス内容を把握しておく...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
菊池 由幸

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ