LINEノートの投稿がタイムラインに表示される?公開範囲や非公開の設定方法は?

LINEのノートを投稿すると、自動的にタイムラインに投稿されてしまいます。自分が投稿したLINEのノートが皆に見られたか不安に思うかもしれませんが、タイムラインの公開範囲を設定することでそれを未然に防ぐことができますので、検証していきます。

LINEノートの投稿がタイムラインに表示される?公開範囲や非公開の設定方法は?のイメージ

目次

  1. 1. LINEのノートをトークルームで投稿したときのタイムラインでの公開範囲
  2. 1-1. 1対1のトークルームでノートを投稿した場合
  3. 1-2. グループトークでノートを投稿した場合
  4. 2. LINEのノートをタイムラインで投稿したときの公開範囲
  5. 2-1. 全体公開
  6. 2-2. 自分のみ
  7. 2-3. 友だち
  8. 2-4. リストを作成
  9. 3. LINEのノートのタイムラインの公開範囲を投稿後に変更する方法
  10. 3-1. 自分の投稿を表示する
  11. 3-2. 友だちごとに公開設定をする
  12. 3-3. 公開範囲を自分のみにする
  13. 4. LINEのノートをタイムラインで非公開にする方法
  14. 4-1. 特定の友だちを非公開にする
  15. 4-2. 非表示リストの確認
  16. 4-3. 自分が投稿したLINEノートをタイムラインで非公開にする
  17. 4-4. 絶対にノートを非公開にしたい場合

LINEのノートをトークルームで投稿したときのタイムラインでの公開範囲

友だちや家族、会社の人たちとの連絡手段として私たちの生活に密着しているLINE。今や日本人の80%の方がLINEを使われているといわれています。

LINEはメッセージのやり取りが簡単ですし、自分の感情をLINEスタンプで表現できるのでとても手軽でかんたんですよね。

今やたくさんの方が使っているLINEですが、LINEのノート機能を使って写真や動画、イベントなどを友達や家族、会社の方と共有している方も多いと思います。

LINEのトークルームでは、時系列でメッセージが流れていくので、LINEスタンプや必要でないメッセージが多いと、大事なイベントのお知らせが流れていってしまいます。

LINEのノート機能を使えば、大事なメッセージが流れていくこともないですし、LINEのグループトークでのイベントの出欠や皆の意見をきくこともできます。
 

しかし、LINEのノート機能を投稿すると、友だちや家族、会社ののタイムラインにもその投稿が公開されると知っていましたか?

例えば、恋人とのラブラブな写真や動画をLINEのノート機能に投稿したら、いつの間にかタイムラインにも投稿されており、とても恥ずかしい思いをした!家族との写真をノートに投稿したら会社の人に見られて気まずくなってしまった!など。

LINEのタイムラインに投稿した覚えがなくても、LINEノートを投稿するとタイムラインに公開されてしまうのです。とても使い勝手がいいLINEですが、勝手にノートがタイムラインに公開されてしまうのは抵抗がありますよね。
 

でも大丈夫です!LINEのノートを投稿したとしても、タイムラインに公開される範囲を自分で設定することができ、ノートの写真や動画が見られて恥ずかしい思いをしないのすむのです。

皆に見られていると思ってノート機能を投稿するのは控えようと思ってしまいがちですが、友だちの公開範囲や非表示、表示さえきちんと設定していれば大丈夫なので、その設定方法をご紹介していきます。

1対1のトークルームでノートを投稿した場合

友だちや家族、恋人との写真や動画はよく1対1のLINEノートでやり取りすると思います。LINEで1対1のトークルームでノートを投稿した場合、LINEのタイムラインにはどのように公開されるのでしょうか。検証してみましょう。

LINEノートを投稿した状態で、LINE画面下の「タイムライン」をタップします。実際に自分のLINEタイムラインに表示されているので、びっくりしますよね。でも大丈夫です。

LINE画面左上の自分の名前を長押しします。すると、「○○とあなただけが閲覧できます」とメッセージが表示されます。

すべてのLINE友達にノートの投稿が公開されていると思いきや、LINEトークルームの友達と自分だけしかその投稿をみることができません。LINEのほかの友達のタイムラインにはきちんと非表示になっているので、不安にならないでくださいね。

グループトークでノートを投稿した場合

今度はLINEのグループトークでノートを投稿した場合を見てみましょう。

先ほどと同じように、LINEの「タイムライン」をタップします。LINEグループのノートが表示されているところまでスクロールしましょう。

このノートを投稿した人の名前を長押しします。すると、「このメッセージはグループのメンバーだけが閲覧できます」とメッセージが表示されます。

LINEのグループのメンバーのタイムラインにだけ表示されるだけなので、そのほかの友達のタイムラインにはこのノートの内容が表示されることはありません。
 

また、LINEは公式ブログで、残しておきたい情報を共有する時に活躍する「ノート」が、タイムライン形式になりました。グループのノートに書き込んだ投稿は、他のグループメンバーのタイムラインにも流れます。

トークでの発言と違い、発言が残り、後から参加したメンバーも確認できるので、大事な共有事項を投稿するのにぴったりです。グループメンバー以外のタイムラインには表示されませんと、説明があります。

そもそもタイムラインとは

そもそもタイムラインとは何なのでしょうか?LINEのタイムラインとは、FacebookやInstagramのように、自分の近況をテキスト、画像などを使って投稿できる機能です。また、他人が投稿した近況を閲覧することができます。

LINEのタイムラインには近況だけではなく、ノート機能やアルバムが投稿されるとタイムラインに表示されます。
 

親しい友達のLINEタイムラインにコメントしたり、縁遠くなっていた友達の投稿にコメントし、再度つながることもできます。

LINEのタイムラインは、LINEに登録されている友達の投稿が時系列で表示されるので、自分の投稿が見えづらくなることもあります。自分が投稿したタイムラインのみを確認する方法をお伝えします。

まず、①タイムラインをタップします。②タイムライン画面の右上のボタンをタップします。

そうすると、現在作成されているLINEグループに分類表示されます。自分の名前が左上に表示されているので、タップします。

ここに表示された投稿は、他の友達全員のタイムラインに投稿される内容で、自分が投稿した近況、ノートやアルバムのタイムラインが表示されます。

LINEグループ内で作成したノートは、グループの人たちにしか見ることができないので、このタイムラインには表示されません。

もし自分のタイムラインだけを表示したい場合は、この方法を試してみてください。

関連記事
LINE Payで送金・送金依頼や受け取りする方法【LINE】
関連記事
LINEのタイムラインがうざい!うざい投稿/反応の特徴や非表示方法を解説

LINEのノートをタイムラインで投稿したときの公開範囲

LINEで飲み会やイベントをノート機能に投稿すると、タイムラインに表示されます。友達に近況を報告したり、友だちの近況を閲覧したり、自分の位置情報を手軽に共有できる便利なタイムライン。

しかし、そのLINEタイムライン機能には、公開範囲というものが設定できるようになっています。この友達には自分の近況をタイムラインに表示させたいけど、特定の友達には非表示にさせたいなど、友だちの公開範囲を自分で決めることができます。
 

LINEのタイムライン機能は、近況だけではなく、LINEのプロフィール変更をしたり、友だちの投稿にいいね!やコメントをしたらその内容を友達に見られてしまい恥ずかしい思いをされた方もいらっしゃると思います。

プライベートな内容を元カレ、元カノ、家族、会社の上司に見られるのは避けたいと思う人も少なくないはずです。

LINEのノートを投稿したとき、タイムラインを誰までに見せるのか公開範囲(公開・非公開)を設定する方法や公開範囲の変更などをご紹介していきます。

全体公開

LINEにノートを投稿すると、その投稿の内容をだれに見せるかを、だれに見せないか公開、非公開を設定することができます。


LINEのタイムラインの公開範囲は4つあります。全体公開、自分のみ、友だち、リストの作成です。まずは全体公開の設定方法を説明していきます。

まずはLINEの①タイムラインをタップします。②タイムラインの新規作成をタップします。

「投稿」をタップします。

するとタイムライン新規投稿画面に切り替わるので、LINE画面左上の下向き矢印をタップします。

すると、全体公開、自分のみ、友だち、リストを作成の項目が表示されるので、「全体公開」をタップします。この全体公開に設定すると、あなたがノートを投稿すれば、LINEの友だちだれでも閲覧することができます。

自分のみ

自分のみ」に設定する方法は先ほどの全体公開の時と手順は同じです。「自分のみ」に設定すると、そのノートのタイムラインはあなただけしか閲覧することができません。

もし完全に自分だけ、メモやリストをノートで管理したい場合は、「自分のみ」に設定することをおすすめします。

友だち

続いて「友だち」の設定です。この「友だち」に設定すると、タイムラインの友だち公開設定で、公開に設定されている友だちだけが、あなたのタイムラインを閲覧することができます。

次の説明で、この友だちにはLINEノートを投稿したときタイムラインに表示させるか、非表示にさせるか設定できる「友だち公開設定」を説明していきます。

「友だち」の文字の下に「非公開」と表示されていますが、どの友だちにタイムラインを公開、非公開にするかを選ぶことができます。

投稿前にLINEの友だちタブで「設定」ボタンをタップします。

次は「タイムライン」をタップします。

LINEタイムラインの設定画面で、「友だちの公開設定」を選択します。

すると、現在自分のLINE友だちが一覧に表示され、誰にノートを公開するか、非公開にするかがわかります。

タイムライン上部に公開と非公開のタブが表示され、友だちの右側の「非公開」をタップすると、自分が投稿したノートがその友だちのタイムラインには非公開となります。
 

逆に自分のノートの投稿を友達のタイムラインに公開したい場合は、「非公開タブ」をタップし、「公開」ボタンをタップしましょう。

ちなみにその友だちの公開設定を非公開にした場合、これからの投稿だけでなく、過去の投稿も表示されなくなります。

逆に友だちの公開設定でその友だちを非公開から公開に変更した場合、これからの投稿はもちろん、過去の投稿もタイムラインに表示されるようになります。

LINEの初期設定では、すべての友だちが公開となっているので、この画面で、どの友だちにノートを公開するのか非公開にするのか公開範囲を設定していきましょう。

リストを作成

特定のサークルのメンバーや地元の友人、会社のグループなど一部のLINEメンバーだけに公開したい場合は、リスト機能を使うのが便利です。LINEのタイムラインのリストは、その投稿ごとに設定することができます。

「リストを作成」をタップします。

投稿の公開範囲を公開に指定している友だちのみが表示されるので、リスト化したい友だちを選択していきます。

あとはリストに名前を付け、「保存」して完了です。公開設定の中にリストが保存されるので、次回以降も同じリストを使用することができます。

関連記事
LINE無料通話ができない・通信できない・権限がありませんの原因・対処法
関連記事
LINEボイスメッセージの送り方!音声の保存方法や時間制限は?

LINEのノートのタイムラインの公開範囲を投稿後に変更する方法

LINEのノートのタイムラインは、投稿後でも公開範囲を変更することができます。

自分の投稿を表示する

まずは自分が投稿したノートのタイムラインを表示させましょう。

①タイムラインをタップします。②LINE画面の右上のボタンをタップします。

すると、LINEのグループ一覧が表示されます。タイムライン画面の左上があなたの名前になっているので、タップします。

するとあなたの投稿のみが表示されますので、あの友達にノートの公開するのを忘れていた!と気づいたらそのノートのタイムラインを表示しておきます。次の説明で公開範囲設定を変更していきます。

友だちごとに公開設定をする

LINEノートの公開範囲が間違っていることにきづいたら、ノートの公開範囲を変更しましょう。

自分が投稿したLINEのノートを表示させたら、①LINE画面右上のボタンをタップします。②公開範囲を変更をタップします。

友だちをタップします。前述しました「友だち公開設定」を設定し、ノートを公開したい友だち、ノートを非公開にしたい友だちを分けていきましょう。

公開範囲を自分のみにする

公開範囲を「自分だけ」にして、自分だけしかノートを閲覧できないようにします。

先ほどの「公開設定を変更」を「自分のみ」にタップすれば自分のタイムラインにのみノートが表示されます。

公開範囲のまとめ

全体公開 投稿時の公開範囲を「全体に公開」にすると、友だち以外のすべてのLINEユーザーのタイムラインに表示されるようになります。例えば、全体公開の投稿に友だちが「いいね!」をすると、その投稿はいいねをした友だちのタイムラインにシェアされ、不特定多数に方のタイムラインに表示されます。
自分のみ 自分のホーム画面にのみ表示され、自分しか閲覧できないようにします。プライベートな内容やちょっとしたメモなどにも使えます。
友だち あらかじめ「公開」にした友だちのみのタイムラインに表示されます。非公開に設定している友だちには表示されません。公開、非公開を設定していない場合は、自分の友だち全員に公開されます。
リストを作成 友だちのリストを作成し、そのリスト化した友だちにのみ公開できる設定です。公開リストとは違い、非公開にしている友だちにも公開されます。

ノートの投稿の公開範囲は、投稿についているマークで見分けることができます。人マークは友だちに公開、地球儀マークは全体に公開、鍵マークは自分のみに公開、人マークに横線が入ったマークはリストのみ公開になっています。

ノートを投稿するとき公開範囲をしっかりと確認し、この友だちにノートを見られたくなかった!ということがないように注意しましょう。

LINEのノートをタイムラインで非公開にする方法

LINEのタイムラインには、ノート機能以外に、友だちの近況やプロフィールを変更したとき、友だちがいいね!を押したときなど、様々な投稿がタイムラインに流れていきます。

LINEのタイムラインは時系列で流れていくので、自分が投稿したタイムラインや重要なノートなどがすぐに流れいってしまい、どこにあるか下にスクロールをしないと見つけられない!ということが頻繁に起こります。
 

また、LINEスタンプを無料でゲットしたいがために、企業と友だちになり、その企業のPRが毎日自分のタイムラインに表示されしまうということもあります。

特定の友だちや企業からのタイムラインを非表示にできたら、重要なタイムラインがすぐに流れていってしまうということを防げます。

自分のタイムラインに表示、非表示する友だちを選択して、タイムラインを上手に使っていきましょう。

特定の友だちを非公開にする

LINE友だちの中に、ほぼ毎日自分の近況を投稿する方いらっしゃいませんか?仲のいい友だちならいいのですが、特に知りたくない元恋人や上司などは困りますよね。

しかもLINEのタイムラインは、あなたの友だちが投稿にいいね!をした友だちの友だちの投稿までタイムラインに表示されてしまう可能性があります。

そんな特に必要でない投稿は非表示にしてしまいましょう。

まずLINEの「タイムライン」をタップします。

すると、メニューが表示されますので、「この投稿者の投稿をすべて非表示にする」をタップします。

メッセージが表示され、「このユーザーのすべての投稿をタイムラインで非表示にしますか?」ときいてくるので、「OK」をタップします。

これで煩わしいタイムラインは非表示にすることができました。

非表示リストの確認

LINEのタイムラインを非表示にすると、その友だちの投稿を非表示にしたか確認することができます。

LINEの友だち画面で左上の「設定」ボタンをタップします。

少し下にスクロールしていただくと、「タイムライン」が表示されるので、タップします。

タイムラインの画面が表示されるので、「タイムライン非表示リスト」をタップします。

すると、あなたがLINEタイムラインで非表示にした友だちの一覧が表示されます。もしその友だちの投稿をもう一度タイムラインに表示させたかったら、友だちの名前の右側に「非表示解除」のボタンがあるので、タップしましょう。

友だちのタイムラインを閲覧することは楽しくもありますが、あまりに頻繁に投稿されると、嫌気がさしますよね。そんなときはタイムラインを非表示にすればいいだけなので、表示する友だち、非表示にする友だちをわけていきましょう。

自分が投稿したLINEノートをタイムラインで非公開にする

LINEのノートを投稿すると、自分のタイムラインに表示されます。LINEのノート機能に写真や動画を投稿してしまい、投稿したノートがLINE友達全員に見られているのか不安になった方もいると思います。

しかしLINEのノートはノートを共有している友だちやグループだけなので安心してください。

もちろんLINEのノート機能を友だちに公開せずに自分だけが閲覧できるようにする方法もあります。前述の「LINEのノートのタイムラインの公開範囲を投稿後に変更する方法」でもご紹介しましたが、改めて自分だけがノート機能を閲覧できるように設定していきます。

まずはLINEの①「タイムライン」をタップします。タイムラインの画面が表示されたら、②「新規投稿」ボタンをタップします。

メニューが表示されるので、「投稿」をタップします。

すでに「自分のみ」が表示されていれば自分だけのLINEタイムラインに表示されますが、「全体公開」「友だち」などになっていれば下向き矢印をタップし、「自分のみ」に変更しましょう。

これであたなが投稿したグループLINE以外でのノートや近況、アルバムは他のLINE友だちのタイムラインには非表示となり、あなただけが閲覧できるようになります。


そもそもタイムラインの表示自体をオフにしたいと思われるかもしれませんが、タイムライン自体をオフにすることができない仕様になっているので、これは諦めるしかありませんね。

LINEノートのタイムライン公開範囲を設定する方法をご紹介していきましたが、LINEの初期設定での公開範囲は「全体公開」になってることがあるようなので、急いで自分のLINEの公開範囲を確認してみてくださいね。

もし公開範囲が全体公開となっていても、ノートやアルバムの投稿後も公開範囲は変更できるので、頑張って投稿範囲を変更していきましょう。

絶対にノートを非公開にしたい場合

LINEノートをほかの誰にもしられたくない、自分だけが閲覧できればいいというときもあると思います。例えばLINEのノート機能でメモを作成したり、お買い物リストを作成したりとLINEノートの使い方は様々です。

LINEのノートには写真や動画を投稿できるので、写真や動画のバックアップにも使われています。ノートの内容を誰にも知られたくない場合、自分だけのグループトークを作成すればだれにも閲覧できないようになります。

だれにも覗かれず、自分だけのグループトークなのでいちいち公開範囲を設定しなくてもいいのです。その作成方法をご紹介していきます。

一人グループトークの作成手順

早速一人グループトークを作成していきましょう。まずはLINE画面左下の「友だち」をタップします。

次に「グループ作成」をタップします。

「次へ」をタップします。

①自分だけのトークルームの名前をつけましょう。②メンバーが自分だけしか表示されていないか確認します。③確認できたら「完了」をタップします。

これで一人グループトークルームの完成です。巷では「ぼっちグループ」や「ぼっちLINE」と呼ばれているそうです。あとはノートやアルバム、トークルームを自由に使うだけです。

一人グループトークでもLINEのすべての機能を使うことができますので、お買い物リスト、忘れたくないものをメモしたり、予約したお店の住所やURL様々な用途に仕様することができます。

地図(位置情報)やボイスメモを投稿しておくこともできるので、様々なデータを保存しておくのに重宝するでしょう。

一人ぼっちのフループLINEといっても、LINEのグループトークなので、LINEの標準機能の検索ももちろん対応しています。
 

昔にメモしていて、もう一度そのメモをみたくなったときはLINEのメッセージ機能から簡単にみつけだすことができます。

まだ使ったことがないスタンプの試し打ちをしてもいいかもしれません。愚痴だって言いたい放題。一人だから返信はありませんが、きっとすっきりするはずです。

このように絶対にほかの友達に知られたくない、メモ帳代わりに使いたいという方にはもってこいかもしれません。別にメモ帳アプリなどをインストールしたら容量も圧迫されてしまいますもんね。

皆さんも「ひとりLINE」グループを上手に使って、今後の生活に活かしてみてください。きっと今後あなたの役に立つはずです。

意図しないタイムライン投稿

タイムラインへの投稿は、公開範囲をきちんと設定していないと、自分の近況や投稿を知られたくない友だちに知られてしまう可能性があります。

例えば、LINEのプロフィール画像(アイコン)を変えるとき、タイムライン上に自動的に投稿されてしまい、友だちに閲覧されてしまいます。

また、LINEのホーム画面(カバー画像)の写真を変更するときもタイムラインへ自動的に投稿されてしまい、友だちに知られてしまいます。

さらに公式アカウントのプレゼントキャンペーンなどに応募するときも「タイムラインのシェア」にチェックが入っているとします。
 

友だちのタイムラインにあなたがそのキャンペーンに応募したことがバレてしまいますので、よく確認し、「タイムラインのシェア」をオフにしておきましょう。

ちなみに、タイムラインを見せたくな相手、元恋人や連絡を取りたくない人、記憶から消したい人などはブロックという方法があります。ブロックをすることによって相手のタイムライン上から自分の投稿は表示されなくなります。


しかし、公開範囲は全体公開となっている場合には、相手はあなたのホームから引き続き投稿を閲覧できてしまいますので、注意が必要です。

全体公開の投稿を非公開にするためには、公開範囲を友だちか自分のみに変更するか、投稿自体を削除するしかないようです。

LINEのタイムラインはとても便利で手軽に投稿や友だちの投稿を閲覧することができますが、公開範囲を間違えると、とても恥ずかしい思いをするかもしれないので、しっかりと公開範囲を確認したあとにタイムラインを投稿しましょう。

関連記事
LINEの星マークの意味とは?プロフィールの星マークについて解説

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
船津 真由美
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ