【Twitter】DMの文字入れがおかしいバグについて解説!

TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグの原因を紹介します。TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしい場合の対処法を「LINEオープンチャット」「再インストール」「コピペ」「キャッシュ」などを解説していきます。

【Twitter】DMの文字入れがおかしいバグについて解説!のイメージ

目次

  1. 1. 【Twitter】DM/ダイレクトメッセージの文字入れがおかしいバグの内容
  2. 1-1. DMの不具合発生箇所
  3. 2. 【Twitter】DM/ダイレクトメッセージの文字入れがおかしいバグの原因
  4. 2-1. 考えられる原因
  5. 3. 【Twitter】DM/ダイレクトメッセージの文字入れがおかしいバグの対処法の種類
  6. 3-1. ブラウザ版Twitterを利用
  7. 3-2. 複数アカウント所持の場合はアカウントを切り替え
  8. 3-3. Twitterアカウントの再ログイン
  9. 3-4. Twitterアプリのキャッシュデータを削除
  10. 3-5. 「Twitter」アプリを再インストール
  11. 3-6. 「メモ」アプリなどで文章を作成しDMにコピペ
  12. 3-7. LINEオープンチャットを代用
  13. 3-8. まとめ
  14. 3-9. 合わせて読みたい!Twitterに関する記事一覧

【Twitter】DM/ダイレクトメッセージの文字入れがおかしいバグの内容

TwitterのDMの文字入れがおかしいバグについての原因や不具合対処法や代用として使えるというLINEオープンチャットからブラウザ版を使うなどの手順を知りたい人に向け、さまざまな不具合の対処法をくわしく解説をしていきたいと思います。

まずは、TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグ・不具合の内容について探っていきたいと思います。

DMの不具合発生箇所

TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグ・不具合の発生個所についてまとめましたので、自分に不具合の症状が当てはまっていないか確認しながら見てください。

キーボード入力

最初に紹介をする、TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグ・不具合としては「キーボード入力」に問題が発生することがあります。

キーボード入力時の挙動がおかしい場合があります。例えば、入力した文字が違い文字として入力される。タップしてもキーボードが反応しないことがあげられます。

フリック入力

つづいてのDMの不具合発生箇所としては「フリック入力」もあげられます。フリック入力で文字入力するとおかしくなることが考えられます。

特殊フォントの使用

つぎのDMの不具合発生箇所は「特殊フォントの使用」です。特殊フォントはTwitterでは使用することができないので、使用しようとするとおかしくなります。

DM送信

最後に紹介をする、DMの不具合発生箇所として「DM送信」があります。DMの機能が停止しているため送信ができなくなります。

関連記事
【Twitter】Windows 10向けアプリでツイートの下書き/予約投稿機能に対応!
関連記事
【Twitter】「読まずにリツイート」に確認する機能のテストを開始!

【Twitter】DM/ダイレクトメッセージの文字入れがおかしいバグの原因

つづいては、TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグの原因についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。

なぜ、TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグが発生するのか、その原因となる元を知らなければ、これから紹介をする「対処法」をとったとしても再び不具合が発生してしまいます。

ですので、文字入れがおかしいバグの原因を突き止める必要があります。それでは、TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグの発生元について、一つ一つ紹介をしていきたいと思います。

考えられる原因

TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグが発生する、考えられる原因は主に3つほどありますので、くわしく解説をしていきたいと思います。

Twitter側の不具合

文字入れがおかしいバグが発生してしまう、考えられる原因は「Twitter側の不具合」です。Twitter側のサーバーやシステムの不具合などが発生して、一時的おかしくなっていることがあります。

通信環境が不安定

通信環境が不安定

つづいての文字入れがおかしいバグが発生時の考えられる原因としては「通信環境が不安定」なこともあげられます。通信環境が不安定だとDM送信などができない場合もありますので、通信速度が遅くないかなど確認しておく必要があります。

アプリが最新バージョンではない

アプリが最新バージョンではない

つぎの文字入れがおかしいバグが発生時の考えられる原因は「アプリが最新バージョンではない」ことです。アプリのバージョン差による不具合や古いバージョンに残る改善されていないエラーが原因となっていることもあります。

関連記事
【Twitter】「セルフリツイート」のメリット/やり方!ポイントも解説!

【Twitter】DM/ダイレクトメッセージの文字入れがおかしいバグの対処法の種類

つづきましては、TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグ・不具合の対処法を紹介していきたいと思います。文字入れがおかしいバグの対処法を各原因別に説明をさせていただきます。

対処法の種類としては「ブラウザ版Twitter」「再インストール」「キャッシュ削除」「アカウントを切り替え」などがありますので、一つ一つ対処法の手順や内容についてくわしく解説をしていきたいと思います。

TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグの各対処法を一つ一つ順を追って試していけば、解決するかもしれませんので、試してみてください。

ブラウザ版Twitterを利用

ブラウザ版Twitterを利用

文字入れがおかしいバグの対処法は「ブラウザ版Twitterを利用」することです。ブラウザ版Twitterを利用したことがないという人は、アプリではなくブラウザ版を使ってみるといいかもしれません。

もしもアプリで不具合が発生した場合は、ブラウザ版を試すことでTwitterのDMができるかもしれません。

ブラウザ版で不具合が生じる場合はアプリ版を利用

ブラウザ版アプリ版を利用

また、ブラウザ版で不具合が生じる場合はアプリ版を利用していきます。また、利用する端末を切り替えて不具合が発生するか確認するのも手です。どちらかが不具合を起こしているのならば、発生元を突き止めることができます。

複数アカウント所持の場合はアカウントを切り替え

つづいてのTwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグの対処法としては「アカウントを切り替え」ることが効果的です。アカウントを切り替えは、複数アカウントを所持していないと行えませんので、アカウントを作成しておくといいでしょう。

複数アカウントの作成方法はプロフィール画面から「新しいアカウントを作成」をタップして作ることができます。アカウントの切り替えを行う場合は「作成済みのアカウントを使う」をタップして切り替えることが可能です。

アカウントを切り替えても不具合が発生するか確認

複数アカウント所持の場合は、アカウントを切り替えることで特定のアカウントのみの症状なのか全体での症状なのかを確認することができます。このようにアカウント別で不具合を見極めておく必要があります。

Twitterアカウントの再ログイン

つづいての文字入れがおかしいバグの対処法は「Twitterアカウントの再ログイン」です。一度ログアウトし、再ログインすることで、一時的な不具合が取り除かれます。

再ログインし不具合が解消しているか確認

設定とプライバシー

再ログインをして不具合が解消しているか確認をしていきます。まずはTwitterアプリを起動してメニューを開いていきます。メニューから「設定とプライバシー」をタップして操作を進めていきます。

アカウント

設定とプライバシーから「アカウント」を選択して進めていきます。

ログアウト

アカウントの設定画面の下の方にある「ログアウト」をタップして操作を行っていきます。

OK

ログアウトの警告メッセージが表示されますので「OK」タップしていきます。

ログイン

ログアウトが完了しますので、下の「ログイン」をタップして操作を行っていきます。

ログインします

メールアドレスとパスワードを入力して再ログインをします。

Twitterアプリのキャッシュデータを削除

つづいての文字入れがおかしいバグの対処法として「Twitterアプリのキャッシュデータを削除」ことも効果的です。Twitterアプリを長期にわたって使用していると、キャッシュデータが蓄積され不具合が発生してしまいます。

蓄積されたデータのキャッシュを削除することで解消される場合がある

蓄積されたデータのキャッシュを削除すると、不具合が取り除かれます。ただし、Twitterアプリからログインした他サービスのログインデータやCookieなどが消え、キャッシュの削除後に新たに他のサービスを利用する際には再度ログインが必要になります。

設定

キャッシュの削除方法を行っていきます。まずは設定をタップします。

アプリ

つづいて「アプリ」をタップしていきます。

Twitterアプリを選択

Twitterアプリを選択していきます。

ストレージ

つぎに「ストレージ」をタップして進んでいきます。

キャッシュを削除

下の方にある「キャッシュを削除」をタップすると完了です。

「Twitter」アプリを再インストール

文字入れがおかしいバグの対処法の中には「「Twitter」アプリを再インストール」方法もあります。アカウントの再ログインが必要となりますので、アカウントとパスワードを確認してからアプリを削除し再インストールしてください。

再インストールすることで不具合解消となる場合もある

今回のバグは再インストールによって解消されることが多い傾向がありますが、アクセス過多によるサーバー落ちの場合は、再度インストールできない場合もあるため再インストールは最終手段にしたほうが良いです。

アンインストール

再インストール手順としては、Twitterアプリのアイコンを長押しして「アンインストール」します。

再インストール

各ストアへアクセスをして「インストール」をタップすることで再インストールが行えます。

「メモ」アプリなどで文章を作成しDMにコピペ

また、文字入れがおかしいバグの対処法として「「メモ」アプリなどで文章を作成しDMにコピペ」する方法もあります。

文字入力不具合でもペースト作業であれば出来る場合が多い

メモアプリなどにコピペすることで、文字入力不具合であっても連絡を取れます。根本的な不具合解決ではありませんが、緊急で連絡をとる必要がある場合は、コピペして使ってください。メモアプリ以外でもコピペを使った連絡手段なら何でも構いません。

LINEオープンチャットを代用

最後に紹介をする、対処法は「LINEオープンチャットを代用」することです。LINEオープンチャットは、気軽に連絡を取れるLINEのサービスです。

DM同様に匿名利用可能

オープンチャット

LINEのホーム画面から「LINEオープンチャット」をタップします。

作成する

LINEオープンチャットの作成画面になりますので作成します。ここから、LINEオープンチャットを通して連絡を取れます。

まとめ

以上が、【Twitter】DMの文字入れがおかしいバグについて解説!の記事でした。原因をしっかり見極めて、対処法である「再インストール」「メモアプリへのコピペ」などを一つ一つ試して解決することをおすすめします。

合わせて読みたい!Twitterに関する記事一覧

関連記事
Twitterの「タイムライン」はどうなっている?表示/通知や順序など解説!
関連記事
【Twitter】Internet Explorer 11のサポート終了で影響!「GoodTwitter」にも!
関連記事
【ほろよい】インスタ/Twitterで同じ缶を探すのが話題なのかくわしく紹介!
関連記事
【Twitter】音声ツイート機能をiOSでテスト!140秒までの録音が可能!

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ