【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることについて解説!

LINEのアプリケーションで通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることを知っていますか。急にLINEの通話画面のスピーカーボタンが「赤」になってびっくりした人もいるかと思います。ここではその理由や原因について紹介していきます。

【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることについて解説!のイメージ

目次

  1. 1【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっている詳細
  2. LINEの通話画面で確認された変更
  3. 2【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっている理由
  4. アップデート後の仕様変更
  5. 3【LINE】通話画面のスピーカーボタンを「赤」から戻す方法
  6. 基本的に戻すことはできない
  7. 4【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていない場合の対処法
  8. 対処の手順
  9. 最後に
  10. 合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっている詳細

みなさんはLINEのアプリケーションを利用していますか。LINEのアプリケーションを活用すると簡単に人と連絡を取ったり、コミュニケーションを取ることができるアプリケーションになっています。

実はそのLINEのアプリケーションの通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることに気づいた人はいますでしょうか。ここでは通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっている詳細な理由について紹介していきます。

LINEの通話画面で確認された変更

LINEのアプリケーションを利用して、LINE通話を利用したことはありますか。LINE通話を活用すると電話と同じ要領で人で会話することができます。

そんな便利なLINE通話は日本中では色んな人が活用していますが、そのLINE通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることを最近気づきましたか?

ここではLINE通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることについて変更点や詳細を紹介していきます。

通話中にスピーカーアイコンの色が変更になった

スピーカーアイコンの色が変更

LINE通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることを確認できるのは、通話中のみになっています。LINEの通話中にスピーカーアイコンの色が変更になっています。

もし今まで気づかなかった人は、LINEの通話中にLINEのアプリケーションをあまり見ずにLINE通話を楽しんでいるのかもしれません。もし今度LINE通話をする機会があれば確認してみてください。

iOS/Androidどちらでも確認されている

そしてLINE通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることを確認できるのは、iPhoneとAndoroidスマートフォン両方で確認できるようになっています。

パソコン版のLINE通話を活用する場合もLINEのアプリケーションのバージョンによっては確認できることもあります。

このように最新のLINEのアプリケーションを活用してLINE通話をしている場合は、既に通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることに気づいている人がほとんどなのではないでしょうか。

Thumb【LINE】最大500人に「グループ通話」の人数を拡大!
LINEがサービス提供を行っている無料の「グループ通話(ビデオ通話・音声通話)」の参加人数を...

【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっている理由

LINE通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていることを確認する方法と詳細について紹介してきましたが、ここからはLINE通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっている詳細な理由についてチェックしていきます。

なぜLINE画面のスピーカーボタンが「赤」になっているのでしょうか。いつからINE画面のスピーカーボタンが「赤」になったのでしょうか。確認してみましょう。

アップデート後の仕様変更

LINEバージョンによって変更される

実はLINE通話のスピーカーアイコンが「赤」になっている理由は、LINEのアプリケーションのアップデートと関係があります。

LINEのアプリケーションを最新にアップデートすることでLINE通話のスピーカーアイコンが「赤」に変更されるようになっています。最近LINEのアプリケーションをアップデートしましたか。

LINEのアプリケーションは定期的に不具合や仕様変更を反映させるためにアプリケーションのアップデートをしているので、時折アップデートするようにしましょう。

不具合/品質の問題ではない

LINEのアプリケーションをアップデートすることでLINE通話のスピーカーアイコンが「赤」に変更されるため、LINEのアプリケーション不具合や品質の通らブルではないので安心してください。

恐らくLINE通話のスピーカーアイコンが変更されて、びっくりした人はあまりいないかと思いますが、LINE通話のスピーカーアイコンが「赤」になっているも品質の問題ないのでそのまま通話をしても大丈夫です。

正常動作を表しているため大丈夫

またLINE通話のスピーカーアイコンが「赤」になっていても、LINEのアプリケーションは正常動作を表しているためアプリには品質の問題はないため今まで通りのLINEのアプリケーションを活用できます。

LINEのアプリケーションをアップデートすると今まで少し画面が変更されたり、画面の配色が変更されることがありますが、品質上大丈夫なので安心してください。

他のアイコンも緑から赤に変更になった

またLINEのアプリケーションをアップデートした人は気づいている人も多くいるかと思いますが、LINE通話のスピーカーアイコンが「赤」に変わった以外にも変更された点があります。

LINEのアプリケーションの他のアイコンも緑から赤に変更になっています。もちろんこれも正常な動作なので安心して利用して大丈夫です。

このようにLINEのアプリケーションをアップデートすると色々な部分の品質向上のため仕様変更がされますが、動作や品質向上のためなのであまり気にせず利用を続けても大丈夫です。

Thumb【PC】LINE通話に「バーチャル背景」がブラウンなど設定可能に!
LINEが「LINE」PC版をバージョン6.0.0にアップデート実施しLINE通話に「バーチ...

【LINE】通話画面のスピーカーボタンを「赤」から戻す方法

LINE画面のスピーカーボタンが「赤」になっている理由について紹介してきましたが、わかって頂けましたでしょうか。アプリケーションのアップデートを大きく関係しているようですね。

しかしLINEのアプリケーションをアップデートして通話画面のスピーカーボタンを「赤」になってしまったことが気に食わない人もいるのではないでしょうか。

もしLINEのアプリケーションをアップデートして、通話画面のスピーカーボタンを「赤」になってしまったら、元の緑に戻すことはできるのでしょうか。

基本的に戻すことはできない

LINEのアプリケーションをアップデートして通話画面のスピーカーボタンを「赤」になってしまった場合は、基本スピーカーアイコンの色を元の緑に戻すことはできません。

他のアプリケーションをアップデートによって変更された仕様は簡単にもとにもどすことはできないようになっています。

なのでLINEのアプリケーションをアップデートする際は、仕様変更される可能性があることを理解してからアップデートするようにしましょう。

UIの設定はユーザーが変更できない

LINEのアプリケーションをアップデートして変更された、UIの設定はユーザー側では設定変更できないようになっています。これはアプリケーションの仕様上変更できないようになっているためです。

LINEのアプリケーションのアップデートは、画面の配置や仕様変更以外にも他のプログラムのバグや不具合を修正する意図もあるため、単に通話画面のスピーカーボタンを「緑」に戻したいと思っても、簡単にはできないようなっています。

もちろんLINEの背景や自分のアイコンを変更することは容易にできるのだが、LINEのアプリケーションのUIの設定についてはLINEユーザーが変更することができないので注意する必要があります。

評判によっては再度の変更の可能性もある

LINEへの問い合わせページ

LINEのアプリケーションをアップデートして変更された場合は、UIの設定に関してはLINEユーザ側で変更したり、元に戻することはできません、しかしスピーカーアイコンの色を元の緑に戻る可能性はあります。

もしLINE通話画面のスピーカーボタンが「緑」から「赤」に変更されたことで他の不具合が発生したり、評判が悪くなったりした場合は、再度の変更される可能性はあります。

しかしLINEのアプリケーションのアップデートされるタイミングでLINE通話画面のスピーカーボタンの設定やその他UI画面の変更があるので、実施されてももうちょっと先かもしれません。

ThumbLINEのビデオ通話 で「オンライン帰省」!特設サイトを開設!
LINEのビデオ通話を使ってオンライン帰省する方法をまとめた特設サイトを開設したことを発表し...

【LINE】通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていない場合の対処法

LINEのアプリケーションをアップデートして通話画面のスピーカーボタンを「赤」にしてしまうと簡単には元に戻すことができないことはわかって頂けましたでしょうか。

それでは最後にLINEの通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていない場合に通話画面のスピーカーボタンを変更する方法について紹介していきます。

もしまだLINEの通話画面のスピーカーボタンが緑色になっている場合は、個々で紹介する手順を試してみてください。

対処の手順

ここで紹介するLINEの通話画面のスピーカーボタンが「赤」になっていない場合に通話画面のスピーカーボタンを変更する対処法は、LINEのアプリケーションのアップデートする方法になります。

基本的にLINEのアプリケーションのアップデートは、スマートフォンの設定によって自動でアップデートされていることもあるため、わざわざここで紹介する手順を実施する必要はありません。

しかし自分のiPhoneとAndoroidスマートフォンのアプリのアップデート設定がわからない場合は、手動でLINEのアプリケーションのアップデートをする必要があります。

アプリを最新バージョンに変更する

LINEのアプリケーションのアップデート方法として、まずはiPhoneの場合のアップのアップデート方法について紹介していきます。

iPhoneの場合は、AppStoreでLINEと検索しましょう。そして表示されtら公式のLINEのアプリケーションを探して、「アップデート」の項目をタップすれば大丈夫です。

iPhoneアップデート方法

あとは自動でLINEのアプリケーションのアップデートが開始されるので、完了するの待つようにしましょう。

Andoroidスマートフォンアップデート方法

一方Andoroidスマートフォンの場合は、GooglePlayからLINEのアプリケーションを検索して、「更新」をタップしましょう。この際に同時に他のアプリもアップデートしても大丈夫です。

最後に

LINEのアプリケーションの通話画面のスピーカーボタンが「赤」になってしまう詳細の理由や対象法について紹介してきましたが、わかって頂けましたでしょうか。

このようにLINEのアプリケーションをアップデートする仕様が詳細まで変更され見た目が変わることもあるので、注意してアプリのアップデートをするようにしましょう。

合わせて読みたい!LINEに関する記事一覧

ThumbLINEのグループ通話にスマホ画面共有「みんなで見る」機能を追加!
あの人気の通話アプリLINEのグループ通話にスマホ画面共有「みんなで見る」機能を追加しました...
Thumb【LINEグループ】「Live」とは何かくわしく解説!
LINEではLINEグループで通話を行うことができますが、それとは別に「Live」という機能...
Thumb【LINE】トークルーム背景に動く「エフェクトスタンプ」を表示!
LINEアプリにトークルーム背景に動く「エフェクトスタンプ」を表示可能にしたと発表をしました...
Thumb【LINE】スタンプキーボードがリニューアル!うれしい/OKなど用途別に!
LINEにて多くのユーザーに利用されているスタンプキーボードがリニューアルを実施し用途別表示...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
柴吉
よろしくお願いいたします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ