【Mac】Numbersの使い方!便利な使い方のコツまとめ

Macには「Numbers」というApple製の表計算表アプリが標準で付いています。Numbersでは魅力的な表と画像が入った美しいスプレッドシートを凄く簡単に作ることができます。Macユーザーなら是非一度使ってみることをオススメします。

【Mac】Numbersの使い方!便利な使い方のコツまとめのイメージ

目次

  1. 1MacのNumbersとは?
  2. 2MacのNumbersがExcelより便利な理由
  3. 3MacのNumbersの基本的な使い方
  4. 4MacのNumbersの便利な使い方
  5. 5MacのNumbersで家計簿を作る方法

MacのNumbersとは?

Macの「Numbers」とは、Appleが提供している無料の表計算アプリケーションです。Numbersはiworkというオフィススイートで登場し、AppleStoreでは単体での入手も可能です。

MacのNumbersは直感的な操作感とシンプルなインターフェースが特徴的です。MacのNumbersは難しいというイメージが付いていますが、実はとても簡単です。Numbersはビジネスシーンで活躍してくれますが、無料なので個人でも使うととても役立ちます。

‎「Numbers」をMac App Storeで

Numbersでの作業は果てしなく広がるグリッドの上ではなく、真っ白なキャンパスの上からスタートできます。

書類はいわば単なる白紙という考え方なので、Numbersではセルの幅などを気にせずに好きな場所に好きなデザインの表を作ることができます。Numbersでは図形やテキストも好きな位置に配置することができます。

Numbersでは様々な作業を思いのままに操ることができ、しかもスプレッドシートを編集しているメンバー全員が無料で同じパワフルな機能を使うことができるのです。

無料のMac版Excel

表計算の定番といえばMicrosoft社のExcelですが、NumbersはMac版の無料のExcelと言えます。Excelよりも機能数は少ないですが、特殊な業種を除いて基本的なビジネスシーンで活躍してくれます。

Excelに慣れた人にはもちろん、そうでない人でも簡単にMacのNumbersは使いこなせるようになります。もちろんMacのNumbersでもMicrosoft社のExcelのように関数を扱うことができます。

iPad/iPhone/ブラウザでも使える

MacのNumbersはiPad、iPhoneでも利用できる無料のiOS版があります。MacやiOSデバイスでiCloudを設定すると全てのデバイス上でスプレッドシートの同期が維持されます。

これによりNumbersスプレッドシートをMac、iPad、iPhoneあるいはWeb上のいずれかから作成、編集してもその結果は全ての場所に反映されます。好きな場所、好きなときにNumbersを使うことができます。

‎「Numbers」をApp Storeで
ThumbMac画面を録画(動画キャプチャ)する方法【音声入り】
Macをお使いの皆さんは、普段画面キャプチャ機能は使っていますか?画面キャプチャ機能は、画像...

MacのNumbersがExcelより便利な理由

Excelを使ったことがある人なら印刷したときの見栄えを良くしようとして苦労したことがありませんか?原因は書類全体が格子状のセルになっているという要因がひとつあげられます。

例えばセルの幅を変えると上から下まで全て同じ幅になってしまいます。部分的にセルの幅や高さを変えることは難しいので、セルの連結などExcelは色々なテクニックを駆使しなければいけません。

Macの無料で使えるNumbersではこの問題をシンプルに解決しています。MacのNumbersでは表の大きさを自由に変えることができるのです。Excelに慣れている人には新鮮な操作に感じられます。

このようにMacのNumbersではExcelよりも複雑ではなく簡単にスプレッドシートを作ることができます。

Numbersで覚える場所

Excelでは色々覚えなければいけませんがMacのNumbersを使う際には「メニューバー」と「右側にある詳細設定する場所」さえ覚えておけば使いこなすことができちゃいます。Excelよりも簡単なので一から覚えるなら確実にやりやすくなっています。

ThumbMacのおすすめセキュリティソフト7選
Macは一般的に安全とされウイルス対策を行なっていないユーザーも多いです。Macにもウイルス...
ThumbMacでウィンドウ切り替え!Windows「Alt+Tab」の代わりのショートカットは?
Macを使っている皆さんは、ウィンドウの切り替え方法はご存知ですか?Windowsでは「Al...

MacのNumbersの基本的な使い方

Numbersのアイコン

MacのNumbersの基本的な使い方を説明していきます。Numbersのアイコンは上の赤枠のように表示されます。

豊富なテンプレート

Numbersのテンプレート一覧

MacのNumbersを立ち上げると沢山のテンプレート一覧が出てきます。もちろん全て無料で使えるのでテンプレートを使わない手はないです。一から作りたい!ていう人はNumbersのテンプレートを使わずに一から作れますし難しくありません。

Numbersには沢山のテンプレートがあるので、使いたいテンプレートを探してみてください。Numbersで使用したいテンプレートが見つかったらダブルクリックしてください。選んだテンプレートが展開されます。

Numbersのパーティープランのテンプレ

今回はNumbersに入っているパーティプランのテンプレートを選んでみました。このテンプレートを編集しながら使い方を説明していきます。

文字を編集

Numbers変えたい文字をダブルクリック

変更したい文字をダブルクリックしてください。ダブルクリックすると文字を変えることができます。

Numbersの文字変え

文字をダブルクリックすると編集できるようになるので、元からある文字を消して自分が入れたい文字を入力してください。今回は「クリスマスパーティー」と文字を変更してみました。

そのまま文字を打ち込むとテンプレートと同じ文字スタイルで入力されます。文字スタイルを変えたいときは右側にあるスタイルやテキストを編集すると文字を自分の好きなものに変えることができます。

画像を変更

Numbersの画像

Numbersのテンプレートから画像を変更する使い方を説明します。

画像の右下をクリック

Numbersのテンプレートに入っている画像の右下にある「絵マーク」をクリックしてください。

Numbersの画像をクリックした後の画面

「写真がありません」と出てしまいました。Macの写真アプリに写真や画像が入っている場合はここから選択して入れることができます。

Macのフォルダやデスクトップに写真や画像がある場合はここに表示されません。

Numbers画像を置き換えるをクリック

Numbersに入れたい写真や画像がMacのフォルダやデスクトップにある場合は、右側の「イメージ」にある「置き換える」をクリックしてください。

このとき変更したい場所の画像を一度クリックして選択した状態にしておいてください。

画像選択画面

置き換えるをクリックするとフォルダが出てくるので挿入したい画像を選んでクリックしてください。

画像開くをクリック

挿入したい画像をクリックしたら右下にある「開く」をクリックしてください。

Numbersの画像変更完了画面

これで変更したい画像が新たに挿入されました。画像の右下にある「絵マーク」を押してしまいがちですがフォルダから画像を選びたいときは右側にある「イメージ」の「置き換える」をクリックしてください。

画像を移動

Numbers画像の移動

Numbersでは画像をクリックしてドラッグすると自由に移動することができます。

Numbers画像重複調整

画像の重複具合を調整したいときは調整したい画像をクリックし選択し、右側にある「配置」から画像の重複調整ができます。

画像スタイルの変更

Numbers画像のスタイル変更

画像のスタイルでは画像に枠をつけたり影を付けたり反射させたりすることができます。右側のスタイルから種類を選んでクリックしてみてください。

表の項目を追加

Numbers表の縦行を増やすとき

表の縦の項目を増やしたいときは表をクリックし選択するとマークが出てくるので下にある「=マーク」をクリックしてください。

Numbers表の横行を増やしたいとき

表の横の項目を増やしたいときは表をクリックし選択するとマークが出てくるので「‖マーク」をクリックしてください。

Numbersの表項目増えた

これで表の項目が増えました。

表を狭める

Numbers表を狭める

表を減らしたいときは表をクリックし選択するとマークが出てくるので右下にある「」マーク」をクリックし減らしたい方へドラッグしてください。

Numbers表の縦項目を消すときのマーク

表の縦の項目が消えなかったときはカーソルを消したい行の項目へもっていってください。「∨マーク」が出てくるので削除したい行の「∨マーク」をクリックしてください。

Numbers行を消すかのダイヤログ

「∨マーク」をクリックするとダイヤログが出てくるので「行を削除」をクリックしてください。これで選択した行が削除されます。

チェックボックスやポップアップリストの作成

Numbers入れないところクリック

チェックボックスやポップアップリストは今まで作りたくても難しかったと思います。Numbersではチェックボックスやポップアップリストを簡単に無料で挿入することができます。

チェックボックスやポップアップリストを入れたいところをクリックしてください。

Numbersデータフォーマットクリック

クリックし選択したら右側の「セル」を選んで「データフォーマット」をクリックしてください。

Numbersチェックボックスクリック

データフォーマットをクリックすると色々な項目が出てくるので「チェックボックス」をクリックしてください。

Numbersチェックボックス出現

チェックボックスをクリックすると先ほど選択した場所にチェックボックスが出現します。

Numbersチェックボックスにチェック

出現したチェックボックスをクリックするとチェックボックスにチェックがつきます。もう一度チェックボックスをクリックするとチェックが外れます。これでチェックボックスの作成が完了しました。

Numbers星印の評価

右側にある「セル」から「データフォーマット」をクリックすると色々な項目が出てくるので入れたいものを選んでクリックし入れてください。簡単に色々なものが無料で作成できます。

関数の使い方

Numbers関数挿入

Numbersで関数を使いたいときは上にある「+マーク」(挿入)をクリックしてください。

Numbers新規数式をクリック

「+マーク」(挿入)をクリックするとダイヤログが出てくるので「新規数式」をクリックしてください。

Numbers新規数式出現

関数を入れたいところを先にクリックしておくとそこに「新規数式」が出てきます。

Numbers関数一覧

右側に関数の一覧が出てくるので、関数の一覧から選ぶことができます。入れたい関数を選んでください。

Numbers関数の説明

右下に関数の説明が表示されます。もっと関数のことを調べたいときは上にある「ヘルプ」から「数式および関数ヘルプ」をクリックすると関数に関するヘルプページが表示されます。

メニューバーの使い方

Numbersのメニューバー

MacのNumbersではメニューバーから無料で簡単に関数や表やグラフや画像などを挿入できます。メニューバーの使い方を説明していきます。

グラフの使い方

Numbersメニューバーにてグラフクリック

MacのNumbersではExcel同様様々なグラフを作成することができます。棒グラフや折れ線グラフ、円グラフといったスタンダードなグラフから、2軸グラフやバブルチャートといったやや特殊なグラフも用意されています。

メニューバーにあるグラフをクリックしてください。

Numbersで挿入したいグラフ選択

メニューバーにあるグラフをクリックするとダイヤログが出てきます。メニューバーから挿入したいグラフを選びます。

まずは「2D」「3D」「interactive」の3つから選びクリックし、挿入したいグラフを選んでクリックしてください。クリックするとグラフが挿入されます。

Numbersテンプレートにあるグラフの基本

Numbersに元から入っているテンプレートに「グラフの基本」というものがあります。グラフの基本では各グラフの説明や使い方が書いてあるのでグラフを調べたいときは見て確認してください。

図形の使い方

Numbersメニューバーにて図形クリック

MacのNumbersで図形を挿入したいときはメニューバーにある図形をクリックしてください。

Numbers図形選択

メニューバーの図形をクリックすると様々な図形が出てくるので挿入したい図形を選んでその図形をクリックしてください。どの図形も無料で使うことができます。

Numbers図形説明

メニューバーから選んだ図形をクリックすると図形が挿入されます。挿入された図形はクリックしドラッグすると好きな場所へ移動できます。

図形の詳細を変えたい場合は右側にある「スタイル」「テキスト」「配置」から好きなように図形の詳細を変えることができます。

フォーマット・インスペクタの使い方

Numbersフォーマットの場所

MacのNumbersではフォーマットで様々なことができます。フォーマットは上にあるメニューバーと画面右側にあります。

Numbersフォーマット説明

画面にある表をクリックし選択すると右側に表のフォーマットが表示されます。「表」「セル」「テキスト」「配置」からクリックし選択した表の色々な詳細設定ができます。

グラフや画像をクリックし選択するとそれぞれのフォーマットが表示されます。それぞれにフォーマット内容が違うのでそれぞれに合った詳細な設定をすることができます。

Numbersのフォーマットを隠す

右上にある「フォーマット」をクリックするとフォーマットが隠れます。フォーマットを表示したいときは再度「フォーマット」をクリックしてください。

環境設定の設定項目

Numbers環境設定をクリック

Numbersの環境設定項目の説明をします。左上にある「Numbers」から「環境設定…」をクリックしてください。

一般

Numbers環境設定にて一般

Numbersの環境設定をクリックした後に一般をクリックします。

一般のパネルでは書類作成や編集中の補助機能のオン、オフを設定することができます。自分に合った設定をしてください。

ルーラ

Numbersルーラを表示クリック

Numbersの画面にルーラが表示されていないとき、ルーラを表示することができます。画面の上にある「表示」から「ルーラを表示」をクリックしてください。

Numbersルーラ表示画面

ルーラを表示をクリックするとルーラが表示されます。縦横のメモリがルーラです。

環境設定のルーラ

ルーラの設定をするときは「Numbers」から「環境設定」をクリックして「ルーラ」をクリックしてください。

ルーラパネルではルーラの色やオブジェクトの移動、サイズ変更される際に表示される配置ガイドの設定をすることができます。自分好みに設定してください。

ThumbMacの強制終了方法!アプリや本体が動かない場合の5つの対処法!
Macを使っているとき、急にアプリや本体が動かなくなってしまうことがあります。動かなくなって...

MacのNumbersの便利な使い方

Numbers上級者にオススメの便利な使い方を紹介します。

セルや テキスト をハイライト

Numbers条件付きハイライトクリック

Numbersではセルやテキストをハイライトすることができます。これによりチェックしたいセルなどをすぐに見つけることができるようになります。

ハイライトしたい部分をクリックし選んでから「フォーマット」をクリックし「条件付きハイライト…」をクリックしてください。

Numbers条件付きハイライトルールを追加

右側のフォーマットの「ルールを追加」をクリックしルールを好きなように設定してください。

ここではテキストを「…で始まる」に設定し「¥3」から始まるテキストを「オレンジ塗りつぶし」に設定しました。

Numbersハイライトされた表

先ほど選択していた部分がこれでハイライトされました。自分の好きなように設定でき見やすくなります。

Numbersハイライト削除

設定したハイライトを削除したいときは「ゴミ箱」をクリックしてください。ゴミ箱をクリックするとハイライトが消え元に戻ります。

付加要素をつける

Numbers付加要素追加の画面

表に付加要素を付けることでより表を見やすく整形することができます。付加要素を入れたいセルをクリックし、右にあるフォーマットの「セル」を選択しデータフォーマットをクリックすると付加要素がでてきます。

チェックボックスはチェックを入れたり外すことができます。星印の評価は最大5つまでの星をつけることができます。

スライダは最大値と数字がいくつずつ増えるかを設定してスライドバーでセルの数値を設定できます。ステッパーは上下のボタンでセルの数値を上下することができます。ポップアップメニューはプルダウンメニューと同じ意味です。

コメントボックスをつけてメモを残す

Numbersコメントボックス

Numbersではセルにコメントボックスでメモを付けることができるので、情報を共有する際に漏れなく伝えることに一役買ってくれます。

シートをパスワードで保護

Numbersパスワードを設定

機密性が高いシートを共有したいときは、パスワードロックをかけてシートを保護することができます。パスワードロックには有効期限がないので一度設定すればそのままパスワードロックがかかり続けます。

また、応用方法として共有相手にシートを見せる必要がなくなったときはパスワードを変更すれば、相手方が観覧できなくなる、という方法もあります。

フィルタ機能

Numbersフィルタ機能

フィルタ機能を使用すると表示したいセルだけを表示することができます。表が大きくなればなるほど見つけたいセルは見つけにくくなります。フィルタ機能をうまく活用できれば作業効率は格段にアップしますのでオススメの機能になります。

表示したい表のアルファベットのところにカーソルを持っていくと「∨マーク」が表示されるのでそこをクリックして「クイックフィルタ」か「フィルタのオプションを表示」を選んでクリックして表示したいセルを選んでください。

「フィルタのオプションを表示」をクリックすると右側のフォーマットでフィルタで表示したいものを細かく設定できます。

ショートカットキー

Numbersでは作業効率を上げるためのショートカットキーが多々あります。その中でも特に使用頻度が高いものを紹介しますので参考にしてみてください。

セルの編集・改行 option+return
フォントウィンドウを表示 command+T
カラーウィンドウを表示 shift+command+C
フォントサイズを大きくする command+れ(+)
フォントサイズを小さくする command+ほ(ー)
選択したセルの上に行を追加 option+↑(キーボード上の矢印キー)
選択したセルの下に行を追加 option+↓
選択したセルの右に行を追加 option+→
選択したセルの左に行を追加 option+←
グラフのデータを編集する shift+command+D
直前の操作をやり直す shift+command+Z

ThumbMacアプリ「OnyX」のダウンロード・インストール方法【定番メンテナンスツール】
Macが重くなったときにMacを軽くするために使う定番メンテナンスツールが「OnyX(オニキ...

MacのNumbersで家計簿を作る方法

Numbersテンプレートの家計簿

Numbersで家計簿を作ってみましょう。作ると言ってもNumbersには最初からテンプレートに家計簿があるのでそれを利用することができます。

Numbersのテンプレートにある家計簿をダブルクリックしてください。左側にある「個人財務」をクリックするとすぐにNumbers家計簿テンプレートがでてきます。

手順

Numbers家計簿テンプレート下へスクロール

Numbersの家計簿テンプレートがでてきたらまずは下へスクロールして「カテゴリ別の概要」を画面にだしてください。

Numbers家計簿のカテゴリ別の概要欄

Numbersの家計簿テンプレートにある「カテゴリ別の概要」の表がでてくるので「予算」を自分の予算に入力し直してください。

Numbers家計簿支出記録

Numbersの家計簿テンプレートの予算を入力し終わったら上のシート選択「支出記録」をクリックしてください。

支出記録の表がでてくるので元から入力してある支出記録を削除し自分の支出を入力してください。

Numbers家計簿が反映された

支出記録を入れた後に「予算シート」に戻ると入力した支出記録が予算シートに反映されています。これで家計簿が入力されました。

合わせて読みたい!Macに関する記事一覧

ThumbMacに絶対入れるべきおすすめアプリ49選【最新版】
Macに絶対入れるべきおすすめアプリ49選【最新版】を解説します。Macを使う方には是非入れ...
ThumbMac「プレビュー」の使い方!便利な画像編集機能まとめ
Macのプレビューアプリは、Macの標準アプリの中でも特に優秀な機能です。プレビューアプリだ...
ThumbMacブラウザでウイルス感染警告が出た時の対処法
Thumb【Mac】スリープ・再起動・システム終了のショートカットまとめ

関連するまとめ

Original
この記事のライター
eiko0901
Diligently and

新着一覧

最近公開されたまとめ