dTV無料お試しのやり方!無料での登録から解約方法まで解説

dTVは初めての利用では完全無料で31日間お試し期間として楽しむことができます。スマホやパソコンなどの端末で見られて、見放題作品も豊富なのがdTVの特徴です。dアカウントを作れば誰でも契約できるので、dTVを無料で楽しみましょう。

dTV無料お試しのやり方!無料での登録から解約方法まで解説のイメージ

目次

  1. 1dTVの特徴
  2. とにかくコンテンツ数が豊富
  3. 内容もユニーク
  4. お試し期間は見放題作品のみ完全無料
  5. 2dTVのメリット/デメリット
  6. dTVのメリット
  7. dTVのデメリット
  8. 3dTVが見れる端末
  9. テレビ
  10. スマホ/タブレット
  11. パソコン
  12. セットトップボックス・ストリーミングデバイス
  13. ゲーム機では見られない
  14. 4dTVのお試しのやり方〜準備〜
  15. dTVの利用登録をする
  16. 5dTVのお試しのやり方〜登録〜
  17. パソコンでのdTV登録手順
  18. スマホでのdTV登録手順
  19. 6dTVで無料登録するときの注意点
  20. dアカウントとカード情報が必要
  21. 無料期間の31日以内に解約しないと自動更新される
  22. 月末に有料会員になっても一ヶ月分の費用が請求される
  23. 無料で見られるのは見放題作品のみ
  24. 合わせて読みたい!動画配信サービスに関する記事一覧

dTVの特徴

dTVとは

dTVとは、NTTドコモが運営する月額料金でアニメやドラマ、映画が無料で見放題の動画配信サービスです。月額500円の請求で様々なジャンルの動画がスマホやパソコンなどの端末で見られるのが特徴で、近年人気を集めています。

dTVの特徴

dTVには初回の申し込みに限り料金が請求されない完全無料期間があったり、見放題作品が非常に多かったりする特徴が色々あります。

今回はdTVを完全無料で始めるための方法やdTVのメリット・デメリットなどをご紹介します。dTVに興味がある人は参考にしてください。

とにかくコンテンツ数が豊富

作品数が多い

dTVがの大きな特徴の一つが、数ある動画配信サービスの中でも見放題作品が多いというポイントです。請求される料金も安いうえに12万以上の見放題作品があることでトップクラスの人気になっています。

他のサイトと比べると?

Huluも多い事で知られている

  月額料金(税別) コンテンツ数
dTV   500円  12万以上
Netflix 800円・1200円
・800円
 非公開
Hulu   933円  5万以上
Amazonプライム
・ビデオ
370円(年会費に
すれば300円)
3万5千以上
auビデオパス   562円  1万以上
dアニメストア   400円  2600以上
FODプレミアム   888円  2万話以上

NetflixよりもdTVが多い

上記を見れば、dTVの無料で見られる見放題作品がどれほど多いかが一目瞭然です。6桁以上の見放題作品がある動画配信サービスは他にはないので、お気に入りの動画が見つかること間違いなしです。

そして、見放題作品に対して請求される金額が安いのも特徴となっています。請求料金の安さに加えて初回は完全無料のお試し期間もあるので、非常にお得だと言えるでしょう。

内容もユニーク

作品ジャンルが多い

dTVの無料の見放題作品は非常に種類が多いことでも知られています。洋画・邦画・アニメ・国内ドラマ・海外ドラマ・音楽・キッズ・韓流・ガールズ・バラエティなどがあり、幅広い年代の人が楽しめること間違いなしです。

また、人気の動画作品をランキングで検索できるので新しいジャンルの動画を見つけることもできるでしょう。

お試し期間は見放題作品のみ完全無料

レンタル作品は無料では見られない

dTVの見放題作品には、無料お試し期間中に完全無料で見られる動画とは別に「レンタル」というコンテンツがあります。

このレンタルコンテンツは有料のため、見ると料金を請求されますから注意が必要です。無料お試し期間中に他の請求をされずに完全無料で動画を見たいなら、レンタルコンテンツは見ないようにしてください。

ThumbHulu(フールー)とNetflix(ネットフリックス)を徹底比較!どっちがおすすめ?
動画配信サービス(VOD)が流行っていますが、その中でもNetflix(ネットフリックス)・...

dTVのメリット/デメリット

dTVのメリット・デメリット

dTVは見放題作品も多く、完全無料のお試し期間があったり請求される料金が安かったりとおすすめの動画配信サービスなのですが、他にもメリット・デメリットがあります。

dTVのメリット・デメリットを色々知っておくことで、よりdTVを便利に使えるようになりますから参考にしてください。

dTVのメリット

メリットが多い

dTVにはメリットが特に多いと言えるでしょう。前述した数々のおすすめポイントの他にも3つのメリットがあります。
 

  • 音楽コンテンツが多い
  • 動画をダウンロードできる
  • 動画の画質が選べる

上記の3つのメリットがあるので、ここで詳しくご紹介します。

音楽コンテンツが多い

音楽コンテンツが多い

dTVの特徴の一つが、音楽コンテンツの充実です。他の動画配信サービスでは音楽コンテンツがこれほど充実しているものはないため、音楽コンテンツの為にdTVを契約する人が多いと言われています。

アーティストのミュージックビデオはDVDやCDを購入しないと無料で見ることはなかなかできませんが、dTVでなら無料の見放題作品に入っているので思う存分見られるでしょう。

また、LIVE動画なども豊富ですから好きなアーティストのLIVE動画が無料お試し期間中なら完全無料で見ることができます

動画をダウンロードできる

簡単に動画をダウンロードできる

dTVが人気を集めている大きな特徴が、ダウンロード機能です。気に入った動画を完全無料でダウンロードすることができるため、非常に重宝されています。

dTVでの動画のダウンロード方法はとても簡単です。動画のすぐ下にあるDLと書かれたマークをタップするだけです。それだけで無料でダウンロードできるため、dTVを利用している多くの人がダウンロード機能を活用しています。

オフラインで見られる

dTVのダウンロード機能の便利な理由が、ダウンロードした動画をオフラインで見られることです。これにより、飛行機など携帯の通信電波を切らなければいけない場所でもdTVの動画を楽しめるようになるんです。

動画のダウンロードは無料お試し期間中はもちろん、いつ行っても完全無料で追加料金などの請求はないですから、安心してたくさんダウンロードしてください。

動画の画質が選べる

3段階で選べる

dTVなどの動画配信サービスは、ダウンロードするときに大変多くの容量を使用するというデメリットがあります。スマホの容量が少ないと、多くの動画をダウンロードできなくなってしまうんです。

そこで便利なdTVの機能が、ダウンロード時に動画の画質を選べることです。少し画質を落としてダウンロードすることにより、ダウンロード時に必要な容量を減らせるのでより多くの動画をダウンロードすることができるようになると好評です。

1時間あたりのデータ容量が記載されているので、スマホの残りの容量も考えながら画質を選んでください。

dTVのデメリット

dTVのデメリット

dTVにはメリットがたくさんあるのですが、残念ながらデメリットと言えるポイントもいくつかあります。しかし、ここで知っておくことでデメリットを補う方法も考えられますからdTVの無料お試し期間を申し込もうと考えている人は参考にしてください。

海外ドラマなどは少ない

海外ドラマには弱い

dTVのデメリット一つ目は、海外ドラマコンテンツの少なさです。dTVは国内ドラマなどは豊富なのですが、海外ドラマは少ない傾向にあるんです。

海外ドラマを見るのが好きな人は、好きな海外ドラマがあるか無料お試し期間中にチェックしておくことをおすすめします。

大人向けコンテンツが少ない

年齢制限コンテンツが少なめ

R15やR18など、その動画を見るにあたっての年齢制限があるような動画はdTVに少ないと言われています。

そのため、見たい動画が年齢制限のあるものだという場合はその動画がdTVにあるか確認しておきましょう。

ThumbDAZN(ダゾーン)動画をダウンロード保存や録画してオフライン再生する方法は?
DAZNは2016年から実装した人気の動画配信サービスですが、配信されている動画はダウンロー...

dTVが見れる端末

対応端末について

dTVの無料お試しを登録して見るための端末は、スマホやパソコンはもちろんスマートテレビ、セットトップボックスなど大きく分けて4種類あります。

ここでは、dTVを無料で見るための端末についてご紹介します。それぞれに良さがあるので、自宅環境に合った端末を選んでください。

テレビ

主にスマートテレビなど

dTVの無料お試しをテレビで見たい場合、どんなテレビでも良いわけではありません。スマートテレビと呼ばれるインターネットに接続できるテレビが必要になるんです。

近年は様々なスマートテレビが登場していて、有名なテレビメーカーのものもありますから、使いやすいスマートテレビを探してみてください。

スマホ/タブレット

スマホやタブレットで見られる

dTVなどの動画配信サービスを無料で見るとき、最も多くの人が使う端末はスマホ・タブレットでしょう。スマホなどは、簡単にインターネットに接続できることから無料お試しの登録もしやすいところが人気のポイントです。

端末をWifi環境に持って行けば、dTVを完全無料で見ることもすぐにできるのでスマホなどはおすすめです。

パソコン

パソコンでも登録しよう

パソコンも、スマホと同じくdTVを無料で楽しむのにおすすめの端末の一つです。後程詳しく記載しますが、パソコンでdTVの無料お試しに登録するのは非常に簡単ですから誰にでもできるでしょう。

パソコンでdTVの無料お試しを楽しむなら、上記にあるようにWindowsやMacの接続環境があれば楽しめるのも人気の理由の一つです。

セットトップボックス・ストリーミングデバイス

ストリーミングデバイスを使うと簡単

セットトップボックス・ストリーミングデバイスとは、端末をパソコンやテレビなどに接続することでdTVの無料お試しを見ることができる端末です。

非常に安価な値段で買えることや、端末が小さくてかさばらないというポイントが人気の理由となっています。

ゲーム機では見られない

ゲーム機では見られない

多くの動画配信サービスでは見られる端末はゲーム機も含まれます。しかし、dTVを無料で楽しむのにゲーム機は使用できないんです。

そのため、dTVを無料で見たいならスマホやパソコン、スマートテレビなどを用意する必要があります。ゲーム機で色々な動画配信サービスを楽しんできた人で、dTVの無料お試しをしようと考えている人は覚えておきましょう。

dTVのお試しのやり方〜準備〜

始め方はとても簡単

dTVの無料お試しの申し込みは、docomoの携帯ユーザーではなくてもすることができます。そのためには、まずはdocomoのdアカウントを作る必要があります。

dアカウントは無料で作れるdocomoのアカウントで、簡単に作れますからここでご紹介します。

dTVの利用登録をする

dアカウントの作成方法

dTVの利用登録をするには、まずはdアカウントを作りましょう。dアカウントとは、docomoが提供する様々なサービスを受けるために必要な登録をするための本人確認に便利な無料のIDのことです。

dTVを無料で登録するのにはもちろん、dアカウントを登録しておけば色々なスマホやインターネットのサービスを無料で受けられるので非常に便利だと好評となっています。

dアカウントの作成手順

自分に合ったものを選ぶ

dアカウントを作るには、まずメールアドレスの登録をしましょう。dアカウントに登録するアドレスはdocomoのアドレスである必要はないので、自分が使用しているアドレスを選んで登録してください。

順に入力する

次に携帯電話の番号を登録します。2つ目にあるネットワーク暗証番号とは、docomoの携帯を使用している人のみに必要な番号なので、docomoの携帯を使用していない人は違った画面になります。

画面の指示に従って入力していきましょう。

送られたコードを入力

携帯番号を登録すると、携帯のショートメールメッセージに暗証番号が送られてきます。その番号を確認したら、ここに入力しましょう。

名前や生年月日を登録する

最後に名前などを登録して終了です。このようにdアカウントは無料で非常に簡単に作れますから、様々なサービスを受けるためにもdアカウントを作成しましょう。

dTVのお試しのやり方〜登録〜

31日間無料おためしから始める

dアカウントが作れたら、dTVの無料お試しを登録できます。まず始めにdTVのトップページで「31日間無料お試し」をタップしてください。

スマホからの登録でもパソコンからの登録でもここから無料登録を開始します。

パソコンでのdTV登録手順

パソコンでの登録方法

パソコンからdTVの無料お試しを申し込みたい場合、まずはパソコンのdocomoのページからdアカウントを作ってください。

パソコンでdアカウントを作る場合も、スマホでの申し込みとあまり変わりません。

メールアドレスの登録から

パソコンの場面でも、メールアドレスの登録を行います。様々なメールアドレスを入力できるようになっていますから、普段使用しているメールアドレスを選びましょう。

好きなIDを考える

好きなdアカウントIDを決めます。自分で考えた字列にするのも良いですが、忘れてしまう心配があるときはメールアドレスをそのままIDにするのがおすすめです。

名前などを登録する

指名・性別・生年月日を登録すれば、パソコンでも簡単に無料でdアカウントを作れます。

パスワードを登録

最後にパスワードを入力すればおしまいです。パスワードは忘れないような特徴的なものにすれば忘れないでしょう。

数字とアルファベットなどを組み合わせて特徴的で覚えやすいものにしてください。

カード番号を記載

最後に料金の請求方法としてや本人確認も含めて、クレジットカード番号を入力すれば完了です。dTVの無料期間が終了してからの料金の請求はクレジットカード会社を通じて行われますので、使えるクレジットカードを入力しましょう。

dアカウントが発行されれば、dTVの登録もそのまま完了するのですぐにパソコンでdTVを楽しむことができます。

スマホでのdTV登録手順

dアカウントが作れたら完了

パソコンでのdTVの登録同様、スマホからの申し込みの場合も無料のdアカウントを作ればそのままdTVの登録に進めます。

「今すぐクリック」をタップしてdTVの無料お試しへ進んでください。クレジットカードなどがあれば、簡単に無料お試しに申し込みができます。

dTVで無料登録するときの注意点

注意点

ここまでdTVの特徴や無料お試しを登録するにあたってのメリット・デメリットなどをご紹介しましたが、注意点もいくつかあるのでご紹介します。

dTVは無料で登録できますから、余計な請求がないように注意点に気を付けて登録するようにしましょう。

dアカウントとカード情報が必要

カード登録が必要

前述した通り、dTVの無料お試しに登録するにはdアカウントを発行する必要があります。また、docomoの回線を使用していればdocomoの携帯料金とのまとめ払いができますが、それ以外の人は本人確認も含めてクレジットカードが必要になります。

そのため、クレジットカードを持っていない人はdTVの無料お試しを登録できない場合もあるので注意してください。

無料期間の31日以内に解約しないと自動更新される

dTVの無料お試しを登録して、そのまま契約を更新するなら問題ないのですが、もしdTVを使用しない場合は無料期間中に解約の申し込みをする必要があります。

解約をせずにそのままにしておくと、dTVを使用していなくても毎月料金が請求されてしまいますから忘れないようにしてください。

月末に有料会員になっても一ヶ月分の費用が請求される

dTVの請求は、月末締めの毎月1日が請求日となっています。そのため、契約したのが月の後半だと31日間終了後に有料会員となって最初の月は日数が少なくても1か月分の500円が請求されてしまいますから、契約する日には注意しましょう。

無料で見られるのは見放題作品のみ

レンタルのページは見られない

ここは前にも少し触れましたが、無料期間中も無料期間後もレンタルコンテンツには別に料金がかかります。完全無料で見られる動画は限りがあるので注意しましょう。

月額500円のみで見たいなら、レンタルコンテンツ以外の見放題作品のみを楽しむようにしてください。

合わせて読みたい!動画配信サービスに関する記事一覧

ThumbdTVの解約・退会方法と注意点まとめ
特にドコモの携帯電話を使っている人ならではのアプリdTVですが、最近では他の動画アプリもたく...
ThumbNetflix(ネットフリックス)で観られるおすすめ映画ランキング(2018年版)
ネットフリックスで観られる映画にはおすすめの動画がたくさんあります。海外のドラマから、コメデ...
ThumbTVer(ティーバー)で番組をダウンロード・録画保存する方法は?
民放が連携した公式無料配信サービスであるTVer。番組が次回放送されるまで録画し忘れても見る...
ThumbNetflixの支払い方法とクレジットカードの変更方法を解説
近年人気のネットフリックスは、支払い方法が豊富なことでも注目されています。クレジットカード・...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
m.ayano
インステ