【Amazon】2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由を解説!

Amazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由をご存知ですか?Primeマークの対象外であったり、定期おトク便、Amazonフレッシュ等様々あります。本記事はAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由をご紹介します。

【Amazon】2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由を解説!のイメージ

目次

  1. 1Amazonの送料が無料にならない事がある
  2. 様々な理由が考えられる
  3. 2Amazonの送料が無料にならない理由~Primeマーク~
  4. 2000円以上購入しているのに無料にならない場合
  5. 3Amazonの送料が無料にならない理由~発送方法~
  6. 準備ができた商品から順に発送を選択している
  7. 4Amazonの送料が無料にならない理由~Amazonフレッシュ~
  8. Amazonフレッシュでの購入
  9. 5Amazonの送料が無料にならない理由~複数の配送先~
  10. 2000円購入分を複数の場所へ配送
  11. 6Amazonの送料が無料にならない理由~お急ぎ便~
  12. お急ぎ便や日時指定の手数料は別途かかる
  13. 7Amazonの送料が無料にならない~対象外~
  14. 定期おトク便は2000円未満でも送料無料
  15. まとめ
  16. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Amazonの送料が無料にならない事がある

Amazonの配送料についての公式ページ

皆さんAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由をご存知でしょうか。この理由としてPrimeマークの対象外であったり、定期おトク便、Amazonフレッシュ等様々な理由が考えられます。

本記事ではそんなPrimeマークの対象外であったり、定期おトク便、Amazonフレッシュ等のAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由をご紹介していきたいと思います。

本章ではまず始めにAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならないことがあるのかどうかについてご紹介していきたいと思います。

様々な理由が考えられる

Amazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならないことがあるのかどうかという質問に対しての答えとして、Amazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならないことはあります。

このAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由として様々なものが考えられます。その考えられる理由を次章からご紹介していきたいと思いますが、手数料が無料にならない場合は一度ヘルプページ等をご覧ください。

基本的には手数料が無料になる方法がAmazonのヘルプページに書かれていると思うので、その中からどの条件が満たしていないのかを見つけることで、今後利用するときも手数料がかかることをご理解頂けるようになると思います。

「配送料について」ヘルプ&カスタマーサービス
ThumbAmazonマーケットプレイスの保証についてくわしく解説!
皆さんはAmazonマーケットプレイス保証とは何かご存知でしょうか。今回はAmazonマーケ...

Amazonの送料が無料にならない理由~Primeマーク~

Amazonのプライムマーク

前章ではAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならないのかどうかについてご紹介しました。Amazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならないことはあり得るようになり、それは様々な理由でなるということをご理解頂けたかと思います。

それではAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由とはどのようなものがあるのか疑問に思う方が多いと思います。その理由について本章からご紹介していきたいと思います。

本章ではまず始めにAmazonでに送料がかかる/無料にならない理由として、Primeマークについてご紹介していきたいと思います。

2000円以上購入しているのに無料にならない場合

Amazonで2,000円以上購入しているのに、無料にならない場合の理由について次項でご紹介していきたいと思います。

Primeマークがついていない商品は対象外

Amazonで2,000円以上購入しているのに、無料にならない場合の理由として、Primeマークがついていないから対象外ということが考えられます。Primeマークがついていない商品は残念ながら対象外となっているからです。

Primeマークとは本書の一番最初に合った画像のようなマークのことで、商品一覧のページにPrimeマークがついている事が多いと思います。そのため、Primeマークを見逃すことが多いと思いますが、見逃さないようにしてください。

primeマークについて | 出品商品にprimeマークを表示させて売上拡大を目指しましょう
Thumb【Amazon】送料を無料にする4つの方法をくわしく解説!
Amazonでは、購入した商品に対し送料が発生する可能性があります。有料か無料かはAmazo...

Amazonの送料が無料にならない理由~発送方法~

前章ではAmazonの送料が無料にならない理由として、プライムマークについてご紹介しました。2000円以上購入しているのに無料にならない場合はPrimeマークがついておらず対象外になっている可能性があります。

このPrimeマークは複数の商品についている場合は多いため、基本的には気にする必要はありませんが、もし送料無料にならなくておかしいと思った場合は、Primeマークがついているかどうかを確認してください。

次に本章ではAmazonの送料が無料にならない理由として、準備ができた商品から順に発送等の発送方法についてご紹介していきたいと思います。

準備ができた商品から順に発送を選択している

Amazonの送料が無料にならない理由として、準備ができた商品から順に発送を選択している可能性があります。この準備ができた商品から順に発送を選択している場合、Amazonの送料が無料にならない場合があります。

そのため配送方法を準備ができた商品から順に発送にしている場合は、準備ができた商品から順に発送以外の配送方法に変更して、準備ができた商品から順に発送を使わないようにしてください。

複数の商品それぞれに配送料がかかる

この準備ができた商品から順に発送をしている場合、準備ができた商品から順に発送で発送した複数の商品にそれぞれに配送料がかかります。そのため、複数であれば複数であるほど、複数の手数料がかかっていくようになります。

そのため、基本的には準備ができた商品から順に発送という配送設定はやめておいた方が、複数の商品を購入した等は特に準備ができた商品から順に発送時より準備ができた商品から順に発送以外の配送方法の方が安く済みます。

後述しますが、日時指定などを行った場合別途手数料がかかるため、一括で配送してもらったほうが配送料だけでなく手数料も減らすことができるので、極力複数の商品を別々に送ってもらうということは避けてください。

Thumb 「Amazonポイント」が使えないものについてくわしく解説!
Amazonポイントは非常にお得です!Amazonポイントを集めている方も多いのでは無いでし...

Amazonの送料が無料にならない理由~Amazonフレッシュ~

前章ではAmazonの送料が無料にならない理由として発送についてご紹介しました。これで準備ができた商品から順に発送にしていると複数の商品が別々に配送され、複数回の送料がかかることをご理解頂けたかと思います。

前章で発送方法によっては送料無料の対象外になるということをご理解頂けたかと思いますが、これ以外にも送料無料の対象外になることがはあります。その1つとしてAmazonフレッシュというものが挙げられます。

本章ではそんなAmazonの送料が無料にならない理由として、Amazonフレッシュ関連についてご紹介していきたいと思います。

Amazonフレッシュでの購入

Amazonの送料が無料にならない理由として、Amazonフレッシュで購入したということが挙げられます。Amazonフレッシュで購入しても送料無料になることはありますが、それを知らずAmazonフレッシュで購入すると気付かない場合があります。

次項ではAmazonフレッシュで購入したとき、Amazonフレッシュの送料ついてご紹介していきたいと思います。

6000円未満で送料がかかる

Amazonフレッシュで購入した場合は6,000円未満で送料がかかるようになっています。そのため、Amazonフレッシュで購入した場合は、6,000円未満では送料がかかることを忘れないようにしてください。

Thumb【Amazon】Prime Nowアプリで食品スーパーライフの生鮮食品を購入&即配!
Amazonがプライム会員向けサービス「Prime Now」で食品スーパーライフの生鮮食品を...

Amazonの送料が無料にならない理由~複数の配送先~

前章ではAmazonの送料が無料にならない理由として、Amazonフレッシュについてご紹介しました。これでAmazonフレッシュで購入した場合は6,000円未満で送料がかかるということをご理解頂けたかと思います。

次にAmazonを購入した場合、稀に複数の場所へ配送したい時があると思います。その複数の場所に配送するとき、Amazonの送料がどのようになるのか分からない人が多いと思いますし、気になる方は多いと思います。

本章ではそんなAmazonの送料が無料にならない理由として、複数の配送先の場合についてご紹介していきたいと思います。

2000円購入分を複数の場所へ配送

Amazonの送料が無料にならない理由として、複数の場所へ配送している可能性があります。複数の配送している場合は2,000円購入分が挙げられます。そのため、複数の場所へ配送するときはご注意ください。

配送先ごとに送料がかかる

この複数の場所に配送している場合は、配送先ごとに送料がかかります。そのため、出来る限り配送先はまとめておいた方が送料を安く済ませることができます。これは準備ができた商品から順に発送している場合と同じこととなります。

ThumbAmazonプライム、年会費を値上げで4900円に!その理由とは?
日本Amazon(アマゾン)プライムが年会費の値上げを発表しました。日本Amazon(アマゾ...

Amazonの送料が無料にならない理由~お急ぎ便~

前章ではAmazonの送料が無料にならない理由として、複数の配送先がある場合についてご紹介しました。これで2,000円分購入で複数の場所へ配送されるということをご理解頂けたかと思います。

次にAmazonを利用しているとよくあるすぐに配送してほしいという場合があると思います。その時利用するのがAmazonのお急ぎ便だと思います。このAmazonのお急ぎ便の手数料はどのようなものになるのか気になる方が多いと思います。

そこで本章ではAmazonの送料が無料にならない理由として、お急ぎ便関連のものをご紹介していきたいと思います。

お急ぎ便や日時指定の手数料は別途かかる

お急ぎ便は手数料無料の対象外です。対象外であるためお急ぎ便や日時指定では手数料が別途かかるようになっています。そのため、手数料を無料にしたい場合はお急ぎ便や日時指定をせず、暇な時に余裕を配送してもらえるよう手配してください。

しかし、お急ぎ便を使わないという人も日時指定はよく使う人がいると思います。そんな人は手数料を払うことは仕方がないと思います。そのため、手数料は出来る限り安く済ませるためにも先述した一括でまとめて配送してもらうようにしてください。

もしお急ぎ便を多用するという方は、出来る限り余裕を持ってAmazonに注文することでお急ぎ便を使わずに済む、つまり手数料を掛けずによくなるかもしれないため試してみてください。

ThumbAmazonプライム無料期間の申し込み手順!自動更新しない方法は?
お得な特典が満載のAmazonプライム会員。無料期間で出来ればできるだけ楽しみたいという想い...

Amazonの送料が無料にならない~対象外~

前章ではAmazonの送料が無料にならない理由としてお急ぎ便に関連する場合をご紹介しました。これで、お急ぎ便や日時指定の場合は別途手数料がかかるためAmazonの送料が無料にならないということをご理解頂けたかと思います。

前章までの方法でAmazonの送料が無料にならない理由のほとんどをご紹介してきました。どれか1つでも当てはまっていた場合は、Amazonの送料が無料にならない場合があるため注意が必要となります。

最後に本章ではAmazonの送料が無料にならない理由として、対象外に関連するものをご紹介していきたいと思います。

定期おトク便は2000円未満でも送料無料

Amazonの定期おトク便を利用している場合は、2,000円未満でも送料無料になるため非常に定期おトク便は便利なサービスとなっています。しかし、この定期おトク便にも不便なところは存在します。

この定期おトク便は何か月間に1度の頻度で日用品等を購入する必要があります。1回だけ購入して定期おトク便をキャンセルする方法も存在しますが、定期おトク便のキャンセルには素早い対処が必要になるので、少し面倒なことになります。

そのため、もし日用品などで定期的にAmazonで購入するものがあるという方には、この定期おトク便が非常に便利なサービスだと思います。

Amazon定期おトク便 - 通販 | Amazon.co.jp

まとめ

本記事ではPrimeマークの対象外であったり、定期おトク便、Amazonフレッシュ等のAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由についてご紹介してきました。これで無料にならない理由についてはご理解頂けたかと思います。

しかし、普段日時指定を行っている方が多いと思いますが、この時は手数料が必ずかかります。そのため、その手数料を出来る限り安くするために、一括で配送してもらったり、1カ所に配送してもらったりすることで、手数料を安くすることができます。

皆さんもAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない時なぜ送料がかかるのか/無料にならないのか気になる場合は、是非本記事を参考にAmazonで2000円以上なのに送料がかかる/無料にならない理由をご理解ください。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Thumb「Amazonショッピングアプリ」のメリットを紹介!
皆さんはAmazonのショッピングアプリを利用したことはありますか?最近は筆者も利用していま...
ThumbAmazonマーケットプレイスの保証についてくわしく解説!
皆さんはAmazonマーケットプレイス保証とは何かご存知でしょうか。今回はAmazonマーケ...
ThumbAmazonの返品のやり方/必要な手続きをくわしく解説!
皆さんはAmazonで商品を返品するやり方や方法をご存知ですか?いざ返品しようとしても返品の...
Thumb【Amazon】支払い方法を変更する方法をくわしく解説!
今回は、Amazonで商品を購入する場合の支払い方法を変更する方法を解説します。Amazon...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
tomohiko
よろしくお願い致します
インステ