「Amazonポイント」が使えないものについてくわしく解説!

Amazonポイントは非常にお得です!Amazonポイントを集めている方も多いのでは無いでしょうか?しかしAmazonにはAmazonポイントが使えない商品があります。Amazonポイントが使えない商品について詳しく解説します。

 「Amazonポイント」が使えないものについてくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1Amazonポイントが使えない商品は?
  2. ポイントが使えない商品/サービス一覧
  3. 2Amazonポイントが使える商品は?
  4. Amazonで購入した商品
  5. 3Amazonポイントの交換や換金はできる?
  6. 交換/換金はできない
  7. 別アカウントへの移動もできない
  8. 4Amazonで余ったポイントはどうなるの?
  9. ポイント残高に残る
  10. Amazonポイントの有効期限は?
  11. 5Amazonポイントの確認方法
  12. ポイントの残高確認
  13. ログインしていれば確認できる
  14. 6Amazonの仮ポイントとは?
  15. 支払いが完了するまでの間に付与されるポイント
  16. 支払い確定までは使用できない
  17. 合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Amazonポイントが使えない商品は?

Amazon内で様々な商品に使えるとってもお得なポイントがAmazonポイントです。Amazonポイントは非常に多くの商品で使えるポイントですが、実はAmazonの中にはAmazonポイントが使えない商品があります。

本記事ではAmazonポイントを使える商品やサービスとAmazonポイントポイントが使えない商品やサービスについて解説します。Amazonポイントが使える、使えない商品がわからなかった方は必見です。

Amazonポイントが使える商品・サービスとAmazonポイントが使えない商品・サービスをしっかりと理解して、お得にAmazonを利用しましょう。

ポイントが使えない商品/サービス一覧

Amazonポイントが使えない商品・サービスの一覧について解説します。AmazonポイントはAmazonで商品やサービスを購入する際に現金の代わりに使えるポイントです。

Amazonポイントは多くの商品・サービスで使えるポイントですが、使えない商品・サービスも複数ありますので、使える商品・サービス、使えない商品・サービスをしっかり覚えておきましょう。

Amazonポイントは、Amazonギフト券、Amazonコイン、Amazonフレッシュ、定期おトク便、1-clickでの注文、Kindle本を覗くデジタルコンテンツ商品、Prime会員の会費などで使えないので詳しく解説します。

Amazonギフト券

Amazonポイントが使えない商品の代表例として挙げられるものがAmazonギフト券です。Amazonギフト券はAmazonポイントが使えない商品です。使える商品と勘違いしている方が多い商品ですが、Amazonギフト券は使えない商品になります。

Amazonギフト券を購入する際には、Amazonポイントが使えないので支払いに使えるクレジットカードなどを用意しましょう。商品やサービスによってAmazonポイントが使える商品やサービスに違いがありますので注意してください。

Amazonコイン

Amazonポイントが使えない商品として挙げられるものにAmazonコインがあります。この商品・サービスはAmazonポイントが使えない商品です。使える商品と勘違いしている方が多い商品ですが、Amazonポイントが使えない商品・サービスになります。

AmazonコインとはKindleなどAmazon端末で利用するためのアプリストアで利用できるコインです。Amazonコインを利用してアプリストア内のアプリやアイテムを購入することができます。

Amazonフレッシュ

Amazonポイントが使えない商品として挙げられるものにAmazonフレッシュがあります。この商品・サービスはAmazonポイントが使えない商品です。使える商品と勘違いしている方が多い商品ですが、Amazonポイントが使えない商品・サービスになります。

定期おトク便

Amazonポイントが使えない商品として挙げられるものに定期おトク便があります。この商品・サービスはAmazonポイントが使えない商品です。使える商品と勘違いしている方が多い商品ですが、Amazonポイントが使えない商品・サービスになります。

1-clickでの注文

Amazonポイントが使えない商品として挙げられるものに1-clickで注文があります。この商品・サービスはAmazonポイントが使えない商品です。使える商品と勘違いしている方が多い商品ですが、Amazonポイントが使えない商品・サービスになります。

Kindle本を覗くデジタルコンテンツ商品

Amazonポイントが使えない商品として挙げられるものにKindle本以外のデジタルコンテンツがあります。この商品・サービスはAmazonポイントが使えない商品です。

Kindle本以外のデジタルコンテンツつまり、AmazonでオンラインでレンタルできるビデオやクラウドステレージはAmazonポイントが使えない商品・サービスになります。

Prime会員の会費

Amazonポイントが使えない商品として挙げられるものにPrime会員の会費があります。この商品・サービスはAmazonポイントが使えない商品です。使える商品と勘違いしている方が多い商品ですが、Amazonポイントが使えない商品・サービスになります。

Amazonプライムの年会費はクレジットカード、携帯電話会社連携決済、Amazonギフト券、パートナーポイントプログラムを利用して支払うことができます。Amazonポイントは非対応ですので注意してください。

現金でAmazonプライムの年会費を支払いたい場合にはAmazonギフト券の利用をおすすめします。Amazonギフト券はコンビニなどで現金で購入できるため非常に手軽に入手可能です。

Amazonポイント
Thumb【Amazon】コンビニ支払いする方法!できない原因と対処法も解説!
Amazon(アマゾン)のコンビニ支払いとは、Amazon(アマゾン)の商品を注文する際に支...
Thumb「Amazon/メルカリ/ヤフオク」の違いを比較!特徴/メリットも解説!
Amazon・メルカリ・ヤフオクでは、出品方法や手数料などにも違いがあって、Amazon・メ...

Amazonポイントが使える商品は?

Amazonポイントが使える商品は、Amazonポイントは、Amazonギフト券、Amazonコイン、Amazonフレッシュ、定期おトク便、1-clickでの注文、Kindle本を覗くデジタルコンテンツ商品、Prime会員の会費以外の対象商品となります。

Amazonポイントは、Amazonギフト券、Amazonコイン、Amazonフレッシュ、定期おトク便、1-clickでの注文、Kindle本を覗くデジタルコンテンツ商品、Prime会員費用などのAmazonポイント対象外商品に注意しましょう。

Amazonで購入した商品

Amazonポイントは、Amazonギフト券、Amazonコイン、Amazonフレッシュ、定期おトク便、1-clickでの注文、Kindle本を覗くデジタルコンテンツ商品、Prime会員の会費以外にAmazonから購入した商品にAmazonポイントが付与されます。

一部マーケットプレイスのAmazon以外が出品している商品はAmazonポイント付与の対象外となりますので、時分の購入する商品がAmazonポイント対象商品かどうかを必ず確認してから購入しましょう。

ThumbAmazonのアカウント停止の理由は?何度もキャンセルすると停止?
Amazonアカウントは。何度もキャンセルしたりすると”停止”や”閉鎖”されてしまう可能性が...

Amazonポイントの交換や換金はできる?

Amazonポイントには有効期限がありますが、Amazonポイントや仮ポイントの交換や換金はできません。Amazonポイントは交換や換金ができないので有効期限内に使い切りましょう。

交換/換金はできない

Amazonポイントは交換や換金はできません。そのため、有効期限が過ぎてしまうとAmazonポイントを失効してしまいます。AmazonポイントはAmazonで現金と同じ用に利用できるので有効期限までにAmazonポイントは使いましょう。

Amazonポイントは他のポイントのように交換や換金ができないので有効期限内に使い切る必要がります。有効期限が切れそうで必要なものが無い方は日常生活でよく使う消耗品などをAmazonポイントで購入しておきましょう。

別アカウントへの移動もできない

Amazonポイントは交換や換金ができませんが、別のアカウントにAmazonポイントを移すこともできません。そのため、AmazonポイントはAmazonポイントを持っているアカウントで有効期限内に使い切る必要があります。

Amazonポイントは交換や換金、別のアカウントへの移動は一切できないので、Amazonポイントの溜め込み過ぎや有効期限には注意してAmazonポイントを計画的に利用しましょう。Amazonポイントをお得に使うにはこれらを覚えておきましょう。

Amazonで余ったポイントはどうなるの?

Amazonポイントは交換や換金ができません。そのため、Amazonで余ったポイントをどうするか解説します。交換や換金ができればよく利用するポイントなどに交換や換金して利用すればよいのですがAmazonポイントはそれができません。

Amazonポイントを交換や換金を前提として溜め込んでいる方は交換や換金はできないかつAmazonポイントには有効期限があるので注意してください。

ポイント残高に残る

Amazonで余ったAmazonポイントはそのAmazonアカウントのポイント残高に残り、次回のAmazonの利用時に利用することができます。そのため、Amazonポイントが余ってしまった方も安心です。ただし後述する有効期限には気をつけてください。

Amazonポイントの有効期限は?

Amazonポイントには有効期限があります。有効期限内にAmazonポイントを使い切らなければAmazonポイントは失効してしまいますので注意してください。Amazonポイントを有効期限内に使い切れない場合は消耗品などを購入しておきましょう。

利用期限は1年間

Amazonポイントの有効期限はAmazonポイント取得から1年間です。Amazonポイントを取得して1年以内に利用してももし、Amazonポイントが余っていたらそのあまりの部分については取得から1年間の有効期限ですので注意が必要です。

Amazonポイントの確認方法

Amazonポイントの確認方法を解説します。本項のAmazonポイント確認方法を利用すれば、Amazonポイントの残高を確認することができます。Amazonポイントの確認方法が分かれば商品選びの参考にもなりますので確認方法をしっかり理解しましょう。

ポイントの残高確認

Amazonポイントの確認方法を紹介します。Amazonポイントの確認方法は手順を順に解説しますので、確認方法が全くわからない初心者の方でもこの確認方法を確認すれば簡単にAmazonポイントを確認できます。

アカウント&リストを表示

ポイント確認-アカウント

確認方法でまずはじめに行なうことはアカウント&リストを表示することです。まず初めにアカウント&リストをクリックします。

ポイント確認-アカウントサービス

アカウント&リストをクリックしたら次にアカウントサービスをクリックします。これによりアカウントサービスが表示されます。

Amazonポイントの獲得/利用経歴の確認

ポイント確認-Amazonポイント

Amazonポイントの確認方法の次の手順はAmazonポイントの獲得/利用経歴の確認です。アカウントサービスを表示したらAmazonポイントの獲得・利用履歴の確認をクリックします。

ご利用可能ポイントを確認

ポイント確認-ご利用可能ポイント

アカウントサービスのAmazonポイントの獲得・利用履歴の確認をクリックすると、ご利用可能ポイントという部分に利用が可能なAmazonポイントが表示されます。

ポイント確認-明細

アカウントサービスのAmazonポイントの獲得・利用履歴の確認をスクロールすると購入した商品・サービス毎のポイント獲得履歴が確認できます。

ログインしていれば確認できる

ポイント確認-ログイン画面

また、AmazonポイントはログインさえしていればAmazonの殆どのページからAmazonポイント残高を確認できます。Amazonポイントは画面上側に表示されています。

ポイント確認-ログイン画面からの確認

画面上側のAmazonポイント残高をクリックするとより詳細なAmazonポイント残高を表示させることが可能です。

Amazonの仮ポイントとは?

Amazonポイントには仮ポイントというポイントがあります。Amazonポイントの仮ポイントについて紹介するので、Amazonポイントの仮ポイントがわからない方は仮ポイントを理解するための参考にしてください。

仮ポイントはそのままでは通常のAmazonポイントとして利用できないので、仮ポイントを多く溜め込んでいる人は、本項を確認して仮ポイントについて注意点を覚えてください。

支払いが完了するまでの間に付与されるポイント

Amazonポイントの仮ポイントとは支払いが完了するまでの間に付与されるポイントです。仮ポイントとはAmazonでクレジットカードなどで決済した場合は審査中などの理由で支払いが完了までに期間があることがあります。

仮ポイントとはその様な支払いが完了するまでの間に付与されるポイントです。仮ポイントを言い換えれば、獲得予定ポイントといっても良いでしょう。つまり、仮ポイントとはその商品を普通に購入すれば後ほど取得できるAmazonポイントということです。

支払い確定までは使用できない

Amazonポイントの仮ポイントは支払いが確定するまでは利用できません。そのため、複数の商品を分けて購入して、2回目の購入で1回目のポイントを使おうと思っても仮ポイントの場合はそのポイントは利用できません。

仮ポイントは支払いが確定して初めて通常のAmazonポイントとして利用できるポイントになります。そのため、仮ポイントがたくさんあっても通常のポイントにならなければ意味がありません。

仮ポイントを溜め込んでいる人は仮ポイントの意味を理解して注意してAmazonポイントを利用しましょう。仮ポイントはそのままでは利用できません。

ポイント確認-仮ポイント

因みにAmazonポイントの仮ポイントの残高は前述のご利用可能ポイントの隣に表示されています。仮ポイントを確認したい方はAmazonポイントのご利用可能ポイントを参照するほうほうを解説している項を御覧ください。

同じ画面で仮ポイントの残高を確認できますので計画的に仮ポイントを通常のAmazonポイントとして利用したい方には必見の手法になります。仮ポイントが通常のAmazonポイントになるタイミングを十分理解しておきましょう。

合わせて読みたい!Amazonに関する記事一覧

Thumb【Amazon】「ほしい物リスト」の公開方法をくわしく解説!
Amazonの便利な機能としてほしい物リストがあるのですが、公開することで知人などに自分のほ...
Thumb【Amazon】コンビニ支払いする方法!できない原因と対処法も解説!
Amazon(アマゾン)のコンビニ支払いとは、Amazon(アマゾン)の商品を注文する際に支...
ThumbAmazonの「kindle unlimited」とは?レビューも紹介!
Kindle Unlimitedとは、AmazonのKindleストアにある一部の電子書籍が...
Thumb【Amazon Drive】デスクトップアプリの使い方を解説!
クラウドストレージとして利用可能なドライブアプリが様々ありますが、その中にAmazon Dr...

関連するまとめ

Original
この記事のライター
suncat
インステ