【動画配信】「NHKプラス」の登録方法!特徴も紹介!

動画配信サービスの「NHKプラス(NHK+)」の登録方法や特徴も紹介について紹介します。動画配信サービスの「NHKプラス(NHK+)」の番組を視聴する便利な機能や追いかけ再生・視聴を解説します。「NHKプラス」の契約方法や登録手順を詳しく見ていきます。

【動画配信】「NHKプラス」の登録方法!特徴も紹介!のイメージ

目次

  1. 1NHK+(プラス)とは?
  2. NHKの地上波番組をインターネットで視聴できる動画配信サービス
  3. 2NHK+(プラス)の特徴/注意点
  4. サービスの特徴/便利な機能
  5. サービスの注意点
  6. 3NHK+(プラス)の登録方法~サービス申し込み~
  7. 公式サイトにアクセスする
  8. 登録用メールが届く
  9. 4NHK+(プラス)の登録方法~本登録~
  10. ハガキを確認する
  11. マイページにアクセスする
  12. 5NHK+(プラス)の登録方法~アプリの導入~
  13. スマホやタブレットでアプリをダウンロードする
  14. アプリを起動する
  15. 6NHK+(プラス)に登録できない時の対処方法
  16. 確認コードが入力できないときは?
  17. 認証メールが届かない時は?
  18. ID登録済みのメッセージが表示された時は?
  19. 問い合わせ方法
  20. まとめ
  21. 合わせて読みたい!動画配信サービスに関する記事一覧

NHK+(プラス)とは?

NHK+(プラス)

NHK+(プラス)のサービスの追いかけ再生や番組視聴の特徴や注意点を知りたい人、NHKプラスの登録方法をくわしく知りたい、番組が視聴できなくなった際の対処法を知りたい人に向けて、登録方法から便利な特徴と対処法について解説をしていきます。

NHK+(プラス)のサービスに便利な追いかけ再生などがあるとは言っても「NHK+(プラス)」がどういったサービスであるのか理解をしていないと登録方法や特徴を思い通りに掴むことはできません。そこで、「NHK+(プラス)」のについて探っていきたいと思います。

それでは、NHK+(プラス)のサービスがどういったサービスであるのか一つ一つ説明をしていきたいと思います。

NHKの地上波番組をインターネットで視聴できる動画配信サービス

NHK+(プラス)は「NHKの地上波番組をインターネットで視聴できる動画配信サービス」となっています。NHKの番組に特化した動画配信サービスになっていますので、NHKの番組が好きな人は利用してはいかがでしょうか。

アプリやブラウザで視聴できる

動画配信サービス「NHK+(プラス)」はアプリやブラウザで視聴できるので非常に便利です。パソコンやスマートフォンで番組を視聴することができますので、どこでも動画を視聴できます。

ThumbNHKインターネット同時配信「NHKプラス」は4月から!見逃し番組配信も開始!
NHKは2020年4月よりインターネット同時配信「NHKプラス」のサービスを開始することを発...

NHK+(プラス)の特徴/注意点

つづきましては、NHKプラスの特徴/注意点についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。NHKプラスには、さまざまな便利な機能があります。NHKプラスのサービスの特徴を知って、便利な機能を活かすと楽しめるはずです。

それでは、NHKプラスのサービスの特徴と注意点から便利な機能まで一つ一つ説明をしていきたいと思いますので、参考にして利用してください。

サービスの特徴/便利な機能

NHKプラスのサービスの特徴と便利な機能を同時に紹介していきます。サービスの特徴と便利な機能は主に4つほどありますので確認をしておくといいでしょう。

「追いかけ再生」ができる

NHKプラスのサービスの特徴として「追いかけ再生」ができることがあげられます。「追いかけ再生」は、配信中の番組を冒頭から動画を再生できる便利な機能です。「追いかけ再生」はタイムシフトのような機能となっています。

「追いかけ再生」を使う例としては、視聴したい番組の開始時間が過ぎてしまい失敗したということがあっても、リアルタイムの番組でも最初から最後まで視聴することができますので、「追いかけ再生」は便利なのです。

追加料金がかからない

NHKプラスの「追いかけ再生」は「追加料金がかからない」のです。「追いかけ再生」は、受信料を支払っている契約者なら無料で使える機能となっています。

「見逃し再生」が利用できる

つづいてのNHKプラスのサービスの特徴としては「「見逃し再生」が利用できる」こともあげられます。「見逃し再生」は、過去1週間の番組を好きな時に再生することができます。

たとえば、どうしても見たい番組を視聴することを忘れてしまったとしても「見逃し再生」機能を使うことで、動画として配信していますので自分の好きなタイミングで視聴することができます。

同時に5画面まで視聴できる

この「見逃し再生」機能は「同時に5画面まで視聴できる」特徴があります。さまざまなデバイスで視聴できますので、テレビやスマートフォンなどで同時に視聴ができます。注意点としては、1つのIDにつき最大5画面となっています。

サービスの注意点

つづきましては、NHKプラスのサービスの注意点について注目をしていきたいと思います。

ID登録には受信契約の確認が必要

NHKプラスのサービスを利用するには「受信契約の確認が必要」になります。これまで紹介した機能については、全て受信契約の確認が必須となります。

遅延が発生する

つづいてのNHKプラスのサービスの特徴は「遅延が発生する」ことです。リアルタイム配信では、30秒程度遅く表示されます。見逃し配信の場合は、動画での配信なので遅延はありません。

ID登録しないとどうなる?

もしNHKプラスのID登録しない場合は、見逃し配信などが利用できない上、画面にメッセージが表示されて邪魔に感じる人もいるでしょう。

Thumb2020年NHK「バーチャル紅白歌合戦」VTuber/歌手が決定!
NHKが2020年バーチャル紅白歌合戦を放送するにあたって、出演者を発表しました。NHKで放...

NHK+(プラス)の登録方法~サービス申し込み~

つづきましては、NHK+(プラス)の登録方法について、くわしく解説をしていきたいと思います。NHKプラスは、さまざな便利な機能ある動画配信サービスだと理解したところで、登録する方法を紹介をしていきたいと思います。

NHK+(プラス)の登録方法は「サービス申し込み」「本登録」の2つの手順を行わないと正式に登録をすることができません。まずは、NHK+(プラス)の「サービス申し込み」を行う方法を一つ一つ説明をしていきたいと思います。

公式サイトにアクセスする

それでは、NHK+(プラス)に「サービス申し込み」していきたいと思います。まず、NHK+(プラス)の公式サイトで申し込みをしなければなりません。下のリンクにアクセスをして、公式サイトにアクセスしていきます。

NHKプラスについて - NHKプラス

「利用登録」を選択する

「利用登録」を選択する

NHKプラスの公式サイトにアクセスをしましたら中央の「今すぐ利用登録」を選択して操作を行って行きます。

利用規約に同意する

利用規約に同意する

今すぐ利用登録を選択しましたら画面が切り替わります。ここから「登録手続きへ」をクリックして操作を行って行きます。

目を通す

登録手続き画面に移ります。ここから利用規約が並んでいますので、一通り確認をしておくといいでしょう。

メールアドレスを入力へ

利用規約をお読みになりましたら「確認して同意」にチェックを入れてから「メールアドレスを入力へ」をクリックして操作を行って行きます。

メールアドレスを入力する

メールアドレスを入力する

そうしますと、メールアドレスの入力画面に切り替わります。ここでメールアドレスを入力していきます。メールアドレスは現在利用しているものを使っておくといいでしょう。

確認画面へ

メールアドレスを入力したら下にある「確認画面へ」をクリックして進んでいきます。

メールアドレスを送信する

メールアドレスを送信する

先ほどの確認画面へのボタンが送信するに変わりますので「送信する」を選択してメールアドレスを送信していきます。

登録用メールが届く

先ほどの登録画面で入力をしたメールアドレスに、NHKプラス登録用のメールが送信されますのでメールアプリなどを起動して確認をしていきます。

URLをタップする

URLをタップする

NHKプラスのご利用手続きメール内の中央にある「URL」をクリックしてアクセスをしていきます。

登録情報を入力する

登録情報を入力する

ログイン情報等の入力画面になりますので、NHKプラスIDなどを入力して進んでいきます。

契約者情報を入力へ進む

NHKプラスのログイン情報を入力したら、一番下にある「契約者情報を入力へ進む」をクリックして操作を進めていきます。

契約者情報を入力する

契約者情報を入力する

つづきまして、契約者情報を入力していきます。契約者情報の氏名などを入力をしてください。

確認画面へ進む

契約者情報を入力をしましたら、一番下にある「確認画面へ進む」をクリックして操作を行っていきます。

利用申込みを完了する

利用申込みを完了する

最後に「利用申し込みを受け付けました」と表示されれば利用申し込みが完了です。

NHK+(プラス)の登録方法~本登録~

ここからは、NHKプラスの登録方法として「本登録」をする方法についてフォーカスして説明をしていきたいと思います。NHKプラスのサービスを申し込みをしましたら、次のステップである「本登録」を済ませなければ利用をすることはできません。

そこで、NHKプラスの本登録する手順を一つ一つ説明をしていきたいと思います。

ハガキを確認する

ハガキを確認する

NHKプラスの本登録する前に「ハガキを確認する」必要があります。このハガキは、サービスに申し込みが完了してから、約3週間程度で契約住所にハガキが郵送されるようになっています。まだハガキが届いていない人は、待っておく必要があります。

マイページにアクセスする

NHKプラスからハガキが届きましたら、本登録を行って行きます。まずは、マイページにアクセスする必要があります。

ログインする

ハガキが来たら確認コード

公式サイトのトップページの「ハガキが来たら確認コード」をクリックして操作を行っていきます。

ログインします

ログインをしていない場合は、ログイン画面になりますので「ID/パスワード」を入力してログインを行って行きます。

確認コードを確認

画面に送られてきたハガキの確認コードの説明が表示されますので、確認コードの確認をしておきます。

確認コードを入力する

確認コードを入力する

送られてきたハガキの見開きの右上にあるに確認コードを上の画像のように入力をしていきます。そうしたら「確認コード送信」を選択して進んでいきます。

手続き完了

最後に「手続きが完了しました」と表示されれば「本登録」が完了します。

NHK+(プラス)の登録方法~アプリの導入~

ここからは、NHKプラスの登録方法の詳細として「アプリの導入」について注目をしていきたいと思います。NHKプラスの本登録が完了しましたら、アプリで利用できるようになりますので是非とも試してください。

NHKプラスのアプリは、iOSデバイス・Androidデバイスで利用することができますので、スマートフォンやタブレットなどで楽しむことができます。

それでは、NHKプラスのアプリのインストールからログインして利用を開始するまでの手順を一つ一つ説明をしていきたいと思います。

スマホやタブレットでアプリをダウンロードする

まずは、NHKプラスのアプリをスマホやタブレットでアプリをダウンロードしなければなりませんので、ダウンロード・インストール方法から紹介させていただきます。

App Store/Google Playストアアプリを開く

ストアアプリを開く

アプリをダウンロードする場合は、お使いのデバイスからApp Store/Google Playストアアプリを開いていきます。各ストアのトップ画面を開いておいてください。

NHK+アプリを検索する

NHK+アプリを検索する

各ストアの検索欄に「NHK+」と検索していきます。検索候補にアプリが表示されますのでタップして操作を進めていきます。

アプリをインストールする

アプリをインストールする

NHKプラスのアプリ画面になります。ここから「インストール」あるいは「入手」をタップして操作を行ってください。

アプリを起動する

アプリを起動する

インストールが完了しましたら「NHKプラス」アプリを起動させていきます。

チュートリアルを確認する

チュートリアルを確認する

アプリが起動したら自動的に、チュートリアルが開始されます。「今すぐ始める」をタップして次へ進めていきます。

利用規約に同意する

利用規約に同意する

チュートリアルが全て終了しますと、利用規約画面になります。ここで「同意して始める」をタップして進んでいきます。

閉じる

ポップアップ画面が表示されますので「閉じる」をタップしていきます。

ログインを行う

ログイン・利用案内

NHKプラスのトップ画面になります。下の方にある「ログイン・利用案内」をタップして操作を進めていきます。

ログイン

そうしますとログイン画面になります。IDとパスワードを入力して「ログイン」をタップすることで利用が開始できます。

Thumb「NHKプラス」の申し込み方法についてくわしく解説!
「NHKプラス(NHK+)」とは、NHKの地上放送の番組をインターネットで視聴できるサービス...

NHK+(プラス)に登録できない時の対処方法

つづきましては、NHKプラスに登録できない時の対処方法について注目をしていきたいと思います。いままで紹介をした登録方法を試しても、途中で登録ができなくなってしまうという人もいるかと思われます。

なぜNHKプラスに登録できないのか原因を突き止めて、各問題に対しての対処方法を一つ一つ紹介をしていきたいと思います。それでは、NHKプラスにどうしても登録できない時の対処方を確認していきます。

確認コードが入力できないときは?

確認コードが入力できずNHKプラスに登録できない場合は、「入力期限が過ぎていないか確認する」必要があります。ハガキが到着してから放置していたい場合は、この入力期限を過ぎている可能性が考えられます。

確認コードの入力期限は、ハガキが到着してから2週間となっています。つまり、2週間を過ぎてしまうと入力エラーになってしまい登録できません。再度登録をし直して、ハガキを発行する必要があります。

認証メールが届かない時は?

認証メールが届かないためNHKプラスに登録できない場合は、「迷惑メールを確認する/別のアドレスを使用する」という対処法があります。認証メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに入っている可能性が考えられます。

また、お使いのメールアドレスによっては認証メールが届かない場合もありますので、別のメールアドレス(Gmail)などを使っておくといいでしょう。

ID登録済みのメッセージが表示された時は?

つづいて、ID登録済みのメッセージが表示されてNHKプラスに登録できない時は「複数のIDを発行」していることが考えられます。ID登録済みのメッセージが表示される意味は「複数IDしか発行している」ことがあげられます。

NHKプラスは、1契約につき1つのIDしか発行することができません。前にNHKプラスに契約をしていた場合は、契約をすることはできません。

問い合わせ方法

どうしてもNHKプラスに登録できない場合は「問い合わせする」という対処法があります。問い合わせをすることで、登録できない問題を解決してくれるかもしれません。問い合わ方法は、メール・電話の2通りあります。

問い合わせ方法

メールで問い合わせをしたい場合は、下のリンクの「ご意見・お問い合わせメールフォーム」にアクセスをして、名前やメールアドレスを記入して問い合わせ内容を記入してください。

みなさまの声にお応えします | ご意見・お問い合わせメールフォーム

電話窓口に問い合わせる

つづきましては、電話窓口に問い合わせる場合です。問い合わせ内容を確認して電話で問い合わせしてください。
 

NHKプラスの利用登録に関するお問い合わせ 契約内容の確認や放送受信料に関するお問い合わせ
ナビダイヤル/0570-099-033
↑のナビダイヤルを利用できない際は
050-3786-5007
午前9時から午後5時(土・日・祝も受付)
ナビダイヤル 0570-077-077
↑のナビダイヤルを利用できない際は
050-3786-5003
午前9時から午後8時(土・日・祝も受付)

利用登録の手続き - NHKプラス

まとめ

以上が、【動画配信】「NHKプラス」の登録方法!特徴も紹介!の記事でした。NHKプラスの登録方法は、サービス申し込みから本登録まで、複雑なので本日紹介をした方法で登録をおすすめします。

合わせて読みたい!動画配信サービスに関する記事一覧

Thumb【動画配信サービス】「Paravi」と「Hulu」を比較!
ParaviとHuluは、日本で人気が集中している動画配信サービスです。そんなParaviと...
Thumb「FOD見逃し無料」がAndroid TVやFire TVに対応!テレビで視聴できるように
フジテレビが運営する動画配信サービス「FOD見逃し無料」がAndroid TV・Fire T...
Thumb「テレ朝キャッチアップ」アプリをくわしく紹介!
テレビ朝日系列で放送中の番組や過去に放送した番組を視聴できるアプリ、テレ朝キャッチアップにつ...
Thumb「TBS FREE」アプリで見逃し配信を無料で見る方法!
「TBS FREE」アプリをご存知ですか?「TBS FREE」は、テレビで見逃した番組も放送...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
KENERO
インステ