「NHKプラス」の申し込み方法についてくわしく解説!

「NHKプラス(NHK+)」とは、NHKの地上放送の番組をインターネットで視聴できるサービスです。今回の記事では「NHKプラス(NHK+)」とはどのようなサービスか、どのように申し込みするとよいかなど手続きや申し込み方法や注意点について詳しく解説していきます。

「NHKプラス」の申し込み方法についてくわしく解説!のイメージ

目次

  1. 1「NHKプラス」の申し込み方法〜入会手続き〜
  2. 利用申し込みの手順
  3. 2「NHKプラス」の申し込み方法〜ハガキ到着後〜
  4. 確認コードの入力手順
  5. 3「NHKプラス」の申し込み方法〜スマホ版〜
  6. スマホアプリからの申し込み手順
  7. 確認コードの入力手順
  8. 4「NHKプラス」のサービス内容
  9. NHKプラスとは
  10. NHKプラスでできること
  11. NHKプラスの利用料金
  12. 5「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違い
  13. NHKプラスとNHKオンデマンドの比較表
  14. NHKオンデマンドとは
  15. 6「NHKプラス」の申し込み時の注意点
  16. 申し込みの際に気をつけること
  17. 合わせて読みたい!動画配信サービスに関する記事一覧

「NHKプラス」の申し込み方法〜入会手続き〜

「NHKプラス」とは、NHKの地上放送の番組をインターネットで視聴することができるサービスです。

「NHKプラス」には放送中の番組を視聴できる「常時同時配信」と放送後の番組を視聴できる「見逃し番組配信」があり、スマホやパソコンで視聴することができるのでとても便利です。

今回の記事では「NHKプラス」とはどんなサービスか、また「NHKプラス」の申し込み方法や申し込みにあたっての注意点を詳しく解説していきますので是非参考にしてください。

利用申し込みの手順

NHKの受信料を払っていても手続きを行わない限り「NHKプラス」を利用できませんので申し込みを行いましょう。ではまず「NHKプラス」の利用申し込み方法を詳しく解説していきます。

申し込みページにアクセス

申し込みページ

ではまず、「NHKプラス」の利用申し込みを行います。「NHKプラス」のホームページから「今すぐ利用法録」をクリックし申し込みページにアクセスすることができます。以下のリンクからも「申し込みページ」へ直接アクセスすることができます。

申し込みページ

利用規約を確認

利用規約

申し込みページでは「利用規約」の内容を確認することができます。規約を読み同意できれば「確認して同意」にチェックを入れます。そして「メールアドレス入力へ」をクリックしましょう。

メールアドレスを入力

メールアドレス入力

次にメールアドレスを入力して「確認画面へ」をクリックしましょう。この時のメールアドレスは、メールを受け取ることができればいよいのでhotmailやgmailなどフリーメールでも構いません。

メールアドレス確認

次にメールアドレスの確認画面に移りますので、再度メールアドレスの確認を行い「送信する」をクリックしましょう。

メールに記載されたURLにアクセス

受注メール

登録したメールアドレス宛に「利用手続きメール」が送信されているので確認を行いましょう。そしてメールに記載されているURLをクリックしてアクセスしましょう。メール送信しても受信まで少し時間がかかる場合があるのでしばらく待ってみましょう。

登録情報を入力

登録情報入力画面

受信メールのURLをクリックすると、「ログイン情報等の入力」という画面にアクセスします。ここで以下の登録情報を入力していきましょう。以下の登録情報を入力して「放送受信契約情報の入力へ進む」をクリックしてください。

ちなみにパスワード設定は文字はすべて半角で、英大文字・英小文字・数字・記号から3種類以上組み合わせて設定しましょう。
 

NHKプラスID(※ログイン用/任意のIDを入力:半角英数字記号)
パスワードを入力(※任意のパスワード/組合せ条件有り)
秘密の質問を選ぶ
質問の回答を記入

契約者情報を入力

契約者情報入力画面

次に「放送受信契約情報」の入力を行います。以下の内容を入力して「確認画面へ進む」をクリックしましょう。

ちなみに「お客様番号」とは、NHKから送られる払込用紙や領収書などに記載されている10桁の番号です。もし分かる場合は入力しておくと手続きがスムーズに行えます。
 

放送受信契約者の氏名
受信契約者の住所
電話番号(※任意)
お客様番号(※任意)

利用申し込み

「確認画面へ進む」をクリックすると確認画面に移動します。登録内容を確認して、「利用申し込み」をクリックしましょう。これで申し込みは完了で、登録したメールアドレスに申し込み完了メールとURLが届きますので、そこからサービスを利用できます。

「確認コード」が記載されたハガキの到着を待つ

ハガキ到着を待つ

申し込み後「確認コード」が記載されたハガキが届くのを待ちましょう。「確認コード」が記載されたハガキは記載した受信契約住所に送付されます。

通常到着までは1週間ほどかかるとされていますが、新型コロナウイルス感染防止対策のため通常より時間がかかり1〜5週間程度みておくと良いでしょう。

Thumb「NHKプラス」とは?料金/ネット同時配信の視聴方法を解説!
「NHKプラス(NHK+)」のサービス内容や料金/ネット同時配信の視聴方法を解説します。「N...

「NHKプラス」の申し込み方法〜ハガキ到着後〜

では次に「確認コード」が記載されたハガキが到着した後の手続き方法について見ていきましょう。

確認コードの入力手順

ハガキに記載されている「確認コード」を入力方法を紹介します。

マイページにアクセス

マイページ

ではまず「NHKプラス」のサイトから右上画面の「≡」マークをクリックして、「マイページ」という項目をクリックしましょう。または以下のリンクからログインページにアクセスしましょう。

ログインページ

入会時に決めたID/パスワードでログイン

ログイン画面

マイページにアクセスしたら、IDとパスワードを入力します。これは申し込み時に自分で設定したIDとパスワードですので、入力してログインしましょう。

ハガキに記載されている「確認コード」を入力

「確認コード」を入力

ログイン後、画面上にある「設定」から「マイページ」をクリックします。そうすると再びパスワードの入力画面が出るので、もう一度パスワードを入力し「進む」をクリックしましょう。

マイページにログインできたら、「確認コードの入力」からハガキに記載されている確認コードを入力しましょう。「確認コード」を入力したら「確認コード送信」をクリックしましょう。すると手続き完了のページが表示されるので、これで完了となります。

注意点として確認コードには入力期限がありますので、ハガキが届いたらすぐに確認コードの入力を行いましょう。

Thumb「NHKプラス」がサービス開始もID登録が一時停止に!
NHKが地上デジタル放送のネット配信サービス「NHKプラス」の登録を開始しましたがサービス開...

「NHKプラス」の申し込み方法〜スマホ版〜

では次に「NHKプラス」をスマホアプリから申し込む方法を紹介していきます。パソコンの方が入力しやすいという人は先ほど紹介したパソコンからの申し込み方法を参考にしてください。

スマホアプリからの申し込み手順

ではスマホアプリからの申し込みの手順を見ていきましょう。

アプリのダウンロード

「NHKプラス」アプリ

まずスマホに「NHKプラス」のアプリをダウンロードしましょう。iOS版/Android版と用意されていますので以下のリンクからダウンロードを行いましょう。

スマホでは「Safari」などのブラウザから「NHKプラス」を利用可能ですが、アプリをダウンロードした方が便利です。

‎「NHKプラス」をApp Storeで
NHKプラス - Google Play のアプリ

通知の許可設定

通知許可

「NHKプラス」アプリのダウンロードが完了したら「NHKプラス」アプリを起動しましょう。最初に「通知を送信します。よろしいですか?」とメッセージが出ますので、通知を許可しておきましょう。

サービス説明の確認

説明確認

サービスの説明が表示されるので確認後、「今すぐ始める」をタップします。

利用規約の確認

利用規約確認

利用規約を確認して「同意して始める」をタップしましょう。

「設定」から「ログイン」を選択

設定画面

「同意して始める」をタップすると、視聴画面に切り替わります。画面下に表示される「ログイン・利用案内」というメッセージは閉じて問題ありません。

これから利用登録を始めます。画面右下の「設定」をタップして「ログイン」を選択しましょう。

「NHKプラスについて(はじめての方はこちら)」をタップ

はじめての方はこちら

ログイン画面が表示され、IDとパスワードの入力欄があります。下にある「NHKプラスについて」をタップしましょう。ここは「はじめての方はこちら」と表示されている場合もありますのでその場合はそちらをタップします。

利用登録手続きを開始

登録手続き画面

「NHKプラスの使い方」などが表示されていますが、画面をスクロールして「利用登録の手続き」をタップしましょう。

規約同意画面

申し込みページでは「利用規約」の内容を確認することができます。規約を読み同意できれば「確認して同意」にチェックを入れ「メールアドレス入力へ」をタップしましょう。

メールアドレス入力画面

メールアドレスを入力して「確認画面へ」をタップし再度メールアドレスの確認を行い「送信する」をタップしましょう。登録したメールアドレス宛に「利用手続きメール」が送信されているので、メールに記載されているURLにアクセスしましょう。

この後の利用登録手順は最初に解説した登録手順と同じ流れになります。利用登録には次の情報の入力が必要ですので、画面の指示通りに進めていきましょう。

申し込みが完了すると1〜5週間後にNHKから「確認コード入力のお願い」というハガキが届きます。
 

NHKプラスID(※ログイン用/任意のIDを入力:半角英数字記号)
パスワードを入力(※任意のパスワード/組合せ条件有り)
秘密の質問を選ぶ
質問の回答を記入
放送受信契約者の氏名
受信契約者の住所
電話番号(※任意)
お客様番号(※任意)

確認コードの入力手順

では次に「確認コード」が記載されたハガキが到着した後の入力手順について見ていきましょう。

ハガキに記載されているQRコードを読み取る

「確認コード」が記載されたハガキを開くと、「マイページで確認コードを入力してください」と記載されていて「QRコード」がありますので、ここから読み取りましょう。

入会時に決めたID/パスワードでログイン

NHKプラスログイン画面

QRコードを読み取って通知のメッセージをタップし、登録した「NHKプラスID」と「パスワード」でログインしましょう。

ハガキに記載されている「確認コード」を入力

次にハガキに記載されている「確認コード」を入力し「確認コード送信」をタップしましょう。「手続きが完了しました」とメッセージが表示されるので、これで完了です。

注意点としてハガキに記載されている確認コードには入力期限がありますので、ハガキが届いたらすぐに確認コードの入力を行いましょう。

ThumbNHKインターネット同時配信「NHKプラス」は4月から!見逃し番組配信も開始!
NHKは2020年4月よりインターネット同時配信「NHKプラス」のサービスを開始することを発...

「NHKプラス」のサービス内容

「NHKプラス」の登録方法を紹介してきましたが、次に「NHKプラス」のサービス内容について解説していきます。「NHKプラス」とはどのようなサービスか、また「NHKプラス」でできることなどを確認しておきましょう。

NHKプラスとは

ではまず「NHKプラス(NHK+)」とはどのようなサービスかを解説します。

NHKの番組をインターネットでも同時配信するサービス

「NHKプラス」とは、2020年3月1日に試験運用が始まり、2020年4月1日から運用が始まった、NHKの地上放送の番組をインターネットで視聴することができる配信サービスです。スマホアプリからとインターネットブラウザで視聴可能です。

NHKプラスでできること

次に「NHKプラス(NHK+)」でできることを見ていきましょう。

放送同時配信

「NHKプラス」ではパソコンやスマートフォン、タブレットで、総合テレビやEテレの番組を放送と同時に視聴することができます

見逃し番組配信

「NHKプラス」では現在放送中の総合テレビやEテレの番組を放送後1週間はいつでも視聴することができます。見逃した時だけでなく、放送時間に合わせてテレビで視聴する必要はなくなるため、後から好きなタイミングで番組を観られるので便利です。

見逃し番組配信では、連続テレビ小説「スカーレット」、大河ドラマ「麒麟がくる」などのドラマや「NHKスペシャル」などのドキュメンタリー、また「チコちゃんに叱られる!」などのエンターテイメントなどが揃っています。

もし番組を見逃した場合は「NHKプラス」で視聴すると良いでしょう。ただ注意点としては、見逃し番組の視聴には、受信契約者であることを確認し利用登録が必要です。

プレイリスト

プレイリスト

「NHKプラス」にはNHKが設定しているプレイリストが収録されています。たとえば、「ドラマ」や「スポーツ」また「新型コロナウイルス関連」などの色々なジャンルの番組がプレイリストにまとめられていて、効率よく情報収集することが可能です。

5画面まで同時再生

「NHKプラス」では、1つのIDにつき最大5画面での同時再生が可能となっています。5画面同時再生可能であれば、家族全員で一斉に利用することも可能なのでとても便利です。大人はニュースを視聴して、子供はアニメを視聴することもできます。

NHKプラスの利用料金

「NHKプラス」を利用するにあたって利用料金はかかるのでしょうか?次は「NHKプラス」の利用料金について見ていきましょう。

NHKの受信料のみで視聴可能

「NHKプラス」とは、「受信料を財源とする放送を補完するサービス」とされています。このため、追加料金が発生したり、受信料金を値上げされたりすることはなく視聴することが可能です。

様々な機能を利用するための利用登録も料金がかからず無料で行うことができます。

ただ注意点として、「NHKプラス」とは受信料金を支払っていることが前提で利用できるサービスです。NHKの受信料金を支払っていない人が利用するには、受信料をきちんと支払う必要があるという点を頭に入れておきましょう。

「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」の違い

では次に「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」とのサービスの違いについて見ていきましょう。利用登録前にどちらが自分に合っているかを確認してみることをおすすめします。

NHKプラスとNHKオンデマンドの比較表

ではまず「NHKプラス」と「NHKオンデマンド」のサービスの比較を一覧で確認しておきましょう。
 

  NHKプラス NHKオンデマンド
料金 無料 月額990円(税込)
対象チャンネル NHK総合
Eテレ
NHK総合
Eテレ
BS1
BSプレミアム
番組数 放送中+過去1週間分 新旧約7,000本
放送形態 「同時配信」と「見逃し配信」 オンデマンド配信

NHKオンデマンドとは

NHKオンデマンド

「NHKプラス」はNHK受信料金を支払っていると無料で視聴できるサービスですが、「NHKオンデマンド」とはどのようなサービスかを解説します。

月額制の動画配信サービス

「NHKオンデマンド」とは、NHKの新旧約7,000本の動画が配信されている月額制の動画配信サービスです。「NHKオンデマンド」では、会員限定で視聴できる無料番組が不定期に配信されています。

番組の単品購入して視聴することも可能ですが、見放題パックも準備されています。この「まるごと見放題パック」とは、月額990円(税込)で「NHKオンデマンド」で配信されている番組が配信期間中いつでも何本でも視聴できるお得なパックです。

これは解約しない限り自動で毎月契約更新されるサービスです。また「NHKオンデマンド」で配信されている番組は、1本あたり110円~330円で単品購入が可能で、購入後は視聴期間(72時間)内であれば何度でも視聴できます。

NHKオンデマンド
Thumb「NHKオンデマンド」を無料で見放題にする方法を解説!
近年は無料動画配信サービスが増え、数多くの動画を視聴できるようになりました。しかし動画配信サ...

「NHKプラス」の申し込み時の注意点

では最後に「NHKプラス」の申し込みを行うにあたっての注意点について見ていきましょう。

申し込みの際に気をつけること

「NHKプラス」の申し込みの際に気をつけることなど注意点を確認しておきましょう。

確認コードには入力期限がある

「NHKプラス」でのハガキで確認コードを送付手続きを行う理由とは、なりすましによるIDの不正利用の防止のためだとされています。確認コードが記載されたハガキは、利用申し込み手続きから通常1〜3週間ほどで到着します。

注意点としてこの確認コードは入力期限があり、期限内に確認コードを入力しないと使えなくなる可能性がありますので、ハガキが届いたらすぐに入力しましょう。

受信料が未払いの場合は利用できない

「NHKプラス」は前述したように「受信料を財源とする放送を補完するサービス」なので、サービスの対象はNHKの受信契約者となっています。テレビがないなどの理由で受信料金を支払っていない場合は利用できません。

注意点として「NHKプラス」を利用するために別途使用料金を支払う必要はありませんが、NHKの受信料金を支払わなければ「NHKプラス」は使えないので、受信契約を済ませましょう。

また「放送受信契約者と生計を共にしている人」も追加料金なく利用可能です。

NHKプラスをかたる詐欺に注意

詐欺注意

「NHKプラス」の利用申し込みにおいて追加料金の請求は不要で、受信料が値上げされることはありません。また銀行口座やクレジットーカードの登録は必要ありません。

注意点として、もし「NHKプラス」という名前を出して、これらの情報や料金の支払いを求められた場合は詐欺を疑いましょう。NHKでは「NHKプラスをかたる詐欺」の発生について公式サイトにて注意喚起しています。

合わせて読みたい!動画配信サービスに関する記事一覧

Thumb【FODプレミアム】メリット/デメリットを解説!
FODプレミアムを利用した際のメリットやデメリットについて紹介していきます。FODプレミアム...
Thumb「TVer(ティーバー)」の使い方をくわしく解説!
今回は、人気動画配信サービスTVer(ティーバー)の使い方を詳しく解説をしていきます。TVe...
Thumb「TBS FREE」アプリで見逃し配信を無料で見る方法!
「TBS FREE」アプリをご存知ですか?「TBS FREE」は、テレビで見逃した番組も放送...
Thumb「テレ朝キャッチアップ」アプリをくわしく紹介!
テレビ朝日系列で放送中の番組や過去に放送した番組を視聴できるアプリ、テレ朝キャッチアップにつ...

関連するまとめ

関連するキーワード

Noimage
この記事のライター
usagifwfw
インステ