【Twitter】「問題が発生しました」表示の原因/対処法!

Twitterで「問題が発生しました」と表示される原因や対処法について説明します。エラー「問題が発生しました」は、アカウント作成ができない時や検索時に表示される場合が多いです。エラーが表示された方だけでなく、新たにTwitterを利用する方も必見です。

【Twitter】「問題が発生しました」表示の原因/対処法!のイメージ

目次

  1. 1【Twitter】「問題が発生しました」表示の原因
  2. アカウント作成できない時の原因
  3. 検索できない時の原因
  4. 2【Twitter】「問題が発生しました」表示の対処法~アカウント作成~
  5. アカウント作成できない時の対処法
  6. 3【Twitter】「問題が発生しました」表示の対処法~検索~
  7. 検索できない時の対処法
  8. 4【Twitter】「問題が発生しました」表示の対処法~その他~
  9. 他の対処法
  10. まとめ
  11. 合わせて読みたい!Twitterに関する記事一覧

【Twitter】「問題が発生しました」表示の原因

はじめに、Twitterのアカウント作成やツイート検索時を含め、Twitterを利用した時に、「問題が発生しました」とエラーが表示される原因について説明します。

Twitter公式サイト

アカウント作成できない時の原因

まずは「問題が発生しました」と表示され、Twitterのアカウントが作成できない場合の原因についていくつか説明します。

メールアドレスが既に登録済み

アカウント作成で使いたいメールアドレスが、既に所有しているTwitterのアカウントと重複する場合、登録できません。同じユーザーであるアカウントとみなされます。

使い捨てメールアドレスの登録

また、使用期限のある使い捨てメールアドレスはTwitterのアカウント作成で使えないので、注意してください。

認証コードや文字認証の入力間違い

Twitterのアカウント作成時に、SMSに送られた認証コードや文字認証の入力を複数回間違えると、「問題が発生しました」といったエラーになります。

凍結したアカウント情報の使用

Twitterにより凍結されたアカウントの情報は使用できません。また、過去に凍結されたことがあるユーザーは「問題が発生しました」といったエラーが生じる傾向があります。

削除したアカウント情報の使用

Twitter公式によると、30日経過するまで削除したアカウント情報は保存されています。その間は削除したアカウントの情報を使って、新たなアカウントを作成できないことに注意してください。

短期間に複数のアカウント作成

短期間にアカウントを複数作成すると、Twitter公式からスパムであるとみなされ、「問題が発生しました」というエラーが生じる恐れがあります。

パスワードの基準を満たしていない

最後に、基準を満たしたパスワードを設定しないと「問題が発生しました」といったエラーが表示される場合もあります。Twitterのパスワードの設定基準については、後述する対処法で紹介します。

検索できない時の原因

次に、「問題が発生しました」と表示され、Twitterのツイート検索ができない場合の原因について説明します。

アプリやTwitter側のエラー

「問題が発生しました」と表示される理由として、TwitterのサーバーなどのTwitter側に一時的な不具合が発生している場合も考えられます。

一方で、Twitterアプリが原因である場合、アプリのバージョンが古かったりやアプリ内の設定が間違えている可能性があります。

通信環境が悪い

また、ユーザー側の環境が悪い場合も考えられます。主に通信環境が悪いことで、Twitterとのデータのやり取りがうまくいかないケースが考えられます。繋がりにくい場所でのアクセスやユーザーのアクセス集中等でネットワーク接続が悪くなっています。

Thumb【Twitter】DMの文字入れがおかしいバグについて解説!
TwitterのDM(ダイレクトメール)の文字入れがおかしいバグの原因を紹介します。Twit...

【Twitter】「問題が発生しました」表示の対処法~アカウント作成~

Twitterでアカウントを作成する時に、「問題が発生しました」と表示された場合の対処法について説明します。

アカウント作成できない時の対処法

Twitterでアカウント作成できない場合の対処法についていくつか説明していきます。手順が間違えていると、アカウントを作成できません。

新規のメールアドレスを使う

"代わりにメールアドレスを登録する"をタップする

Twitterのアカウント作成画面で、"代わりにメールアドレスを登録する"をタップします。大手のフリーメールサービス等で登録されていない新規のメールアドレスを用意し、それを入力します。

30日間の経過を待つ

前のアカウントが完全に削除されてから、期間を十分に空けて登録してください。約30日間開けることを目安にしてください。

電話番号で作成

凍結されてない電話番号を入力する

アカウント作成画面で電話番号を入力する場合、凍結されたアカウントで使用していない電話番号を入力してください。

認証を間違えない

電話番号でアカウント作成したら、受信したSMSの6桁の認証コードを、焦らず一文字ずつ確認しながら正しく入力してください。

パスワードの基準を満たす

認証がうまくいけば、半角英数字または記号で10文字以上のパスワードを作成してください。基準を満たさないとパスワードを設定できません。

必要な分だけアカウント作成する

アカウントの作成数を増やしてしまうと、スパム認定されてしまうので、必要な分だけアカウントを作成してください。

アカウントの凍結解除

右上にある横三本線アイコンをタップする

Twitterのアカウント凍結を解除する問い合わせの方法について説明します。Twitterの公式ヘルプセンターにアクセスしたら、右上にある横三本線をタップします。

"お問い合わせ"をタップする

次に、"お問い合わせ"をタップします。

"ログインとアカウントの問題が発生した"をタップする

そして、"ログインとアカウントの問題が発生した"をタップします。

"アカウントがロックされた、または凍結された"をタップする

"アカウントがロックされた、または凍結された"をタップします。

各情報を入力する

最後に、アカウント情報を入力して解除申請したい旨を記入し、送信します。

Twitterの公式ヘルプセンター

【Twitter】「問題が発生しました」表示の対処法~検索~

Twitter上の検索で、「問題が発生しました」と表示される場合の対処法について説明します。

検索できない時の対処法

検索できない時の対処法について説明します。通常Twitterでは、検索結果がない時に「検索結果はありません」と表示されます。

表示設定を変更

右上にある横三本線アイコンをタップする

検索したいツイートが、センシティブ内容として扱われてしまっている場合、Twitterの設定により表示されないことがあります。まず、左上の横三本線をタップしてください。

"設定とプライバシー"をタップする

次に、"設定とプライバシー"をタップする。

"プライバシーとセキュリティ"をタップする

そして、"プライバシーとセキュリティ"をタップする。

"センシティブな内容を含む~"をタップして、ON(青色)にする

最後に、"センシティブな内容を含む~"をタップして、ON(青色)にしてください。

検索設定を変更

記入欄の右隣にあるアイコンをタップする

検索設定を変更することで、ツイートが検索される場合があります。まず検索を行い、検索ワード記入欄の右隣にあるアイコンをタップしてください。

検索設定を適用する

"アカウント"が"すべてのアカウント"、"位置情報"が"すべての場所"として選択されているのを確認したら、"適用する"をタップしてください。これで検索ワードに関する全てのツイートがヒットします。

時間を置く

アプリ側のエラーは時間を置くことで改善される場合があるので、こちら側で出来ることはありません。気長に待ちましょう。

ブラウザ版や別のアカウントを使う

別のアカウントブラウザ版から検索を行うことで、ツイートが正常に表示されるかどうか確認を行ってください。

別のワードで検索し直す

検索ワードが適切ではないのが、原因かもしれません。似た別のワードで検索し直すことで、表示されるかもしれません。

Thumb【Twitter】時間指定の予約投稿についてくわしく解説!
Twitterに実装された予約投稿について紹介します。Web版Twitterの投稿画面に時計...
ThumbTwitterの「モーメント」の作成手順!ネタ収集に役立つ検索術も解説!
Twitterでモーメントを作成する方法をご存じでしょうか?Twitterでモーメントを作成...

【Twitter】「問題が発生しました」表示の対処法~その他~

Twitterのアカウント作成や検索以外で、どうしても「問題が発生しました」と表示される場合の対処法について説明します。

他の対処法

他の対処法について説明します。端末によって操作が異なってきます。最後のリンクを参考にしてください。

アプリや端末の再起動

アプリや端末のエラーが原因の時は、一度再起動すると改善されることが多いです。Twitterアプリのタスクを終了するか、端末の再起動を行ってください。

通信環境を見直す

Wi-Fiに接続し直したり、繋がりやすい場所へ移動したりすることで改善される場合があります。

アプリのアップデート

アプリを更新すると、不具合やバグが改善される場合があるので、エラーの発生率が低くなります。下記リンクから、ストアページに移動できます。

‎「Twitter ツイッター」をApp Storeで
Twitter - Google Play のアプリ

再インストール

アプリを削除してから、再度インストールすることで改善されることがありますが、再ログイン時に登録したメールアドレスやパスワードを入力する必要があります。

キャッシュの削除

定期的にキャッシュを削除しないとアプリの動作に問題が起きることがあります。キャッシュを削除することも重要です。

まとめ

Twitterで「問題が発生しました」と表示される原因や対処法について紹介しました。もしエラーの対処ができたら、嬉しい限りです。

合わせて読みたい!Twitterに関する記事一覧

Thumb【Twitter】「セルフリツイート」のメリット/やり方!ポイントも解説!
Twitterのセルフリツイートをするメリットやセルフリツイートのやり方をご紹介します。Tw...
ThumbTwitterのデータをダウンロードする方法を解説!
自分のTwitter(ツイッター)のデータをダウンロードする方法をくわしく解説します。Twi...
ThumbTwitterの「クオリティフィルター」機能の使い方を解説!
Twitterのクオリティフィルターって知ってますか?通知画面での品質の低いツイートへの対処...
ThumbTwitterの「データ共有設定の変更について」の対処法/注意点など詳しく解説!
最近Twitterを開くと「データ共有設定の変更について」という内容のポップアップが何度も表...

関連するまとめ

Noimage
この記事のライター
blackmaria

人気の記事

人気のあるまとめランキング
インステ